アプリ内通話のための Webex アプリケーションインテグレーション

専用インスタンス ソリューションでの Webex アプリケーションからの通話の概要

Webex アプリケーションからの通話を専用インスタンス ソリューションに連携することで、通話のエクスペリエンスが向上し、エンド ユーザーは以下が可能になります。

  • Cisco Unified Communications Manager (Unified CM) を使い、Webex アプリケーションから直接通話を発信する

  • コール中機能を使用する

通話を連携すると、Webex アプリケーションを専用インスタンスの Unified CM 通話コントロール環境に直接登録できます。

Webex アプリケーションからダイヤルする場合、ユーザーは、卓上電話と同じダイヤル文字列やプレフィックスを使用できます。 Webex アプリケーションは、Unified CM に登録されている他の卓上電話と同じように機能します。 Webex アプリケーションで確立された Unified CM 通話は、Unified CM デプロイの設定 (ロケーション、帯域幅設定、ポイント ツー ポイント メディアなど) を使用します。

Webex アプリケーションはソフトフォン モードでは、デスクトップの場合は製品タイプが Cisco Unified Client Services Framework (CSF)、モバイルの場合は TCT または BOT、タブレットの場合は TAB の SIP デバイスとして登録されます。 または、Webex アプリケーションは CTI を使用して Unified CM に接続し、ユーザーのエンドポイントをコントロールできます。

連携方法

Unified CM での通話用に Webex アプリケーションを登録するには、ダイレクト ピアリングと Mobile and Remote Access (MRA) の 2 つの方法があります。

  • ダイレクト ピアリング。 専用インスタンスに確立されたダイレクト ピアリング経由で Unified CM と Webex アプリケーションを連携し、通話用の Cisco Unified CM (メッセージングとミーティング用の Webex) を有効にします。

  • MRA。 MRA を使用し、Webex アプリケーションと Unified CM を専用インスタンスで連携し、通話用 Cisco Unified CM (メッセージングとミーティング用の Webex) を有効にして Webex アプリケーションを登録します。

MRA 経由で登録すると、連携により Interactive Connectivity Establishment (ICE) プロトコルもサポートできます。 Cisco Unified CM は、Traversal Using Relay NAT (TURN) と Session Traversal Utilities for NAT (STUN) を利用して、MRA 通話のメディア パスを最適化します。

始める前に

Webex アプリケーションを専用インスタンスと連携する前に、以下の手順を実行します。

  • ユーザーを Active Directory (AD) から Control Hub に同期し、ライセンスを編集する

  • Control Hub シングル サインオン (SSO) を構成して(オプション)、ユーザーがエンタープライズ ID プロバイダーを通して認証します。

  • エンドユーザーの Windows または Mac 端末に最新の Webex アプリケーションをインストールする。

  • Windows または Mac のエンドユーザーデバイスが、Webex アプリケーションのユーザー認証のためのインターネット (直通またはプロキシ経由) に接続可能なデバイスを持っている必要があります。

  • Webex アプリケーションの安全な登録とセキュアなリアルタイム トランスポート プロトコル (SRTP) をサポートするには、Unified CM、Cisco Unity Connection、および Expressway を含むすべてのアプリケーションで SIP OAuth を有効にします。


12.5 Webex アプリケーション リリース以降、クライアントは Certificate Authority Proxy Function (CAPF) をサポートしません。

Webex アプリケーションのインテグレーションの構成

Cisco Unified CM を構成する

このセクションでは、Webex アプリケーションと専用インスタンス ソリューションのインテグレーションに必要な特有の設定について説明します。

  • Unified CM で、[ユーザー管理] > [エンド ユーザー] に移動し、ユーザーのメール ID が設定されていることを確認します。 Cisco Unified CM で設定されたユーザーのメール ID は、Control Hub で設定されたものと同じである必要があります。

  • ユーザーの [サービス設定] の下で、[ホーム クラスタ] チェックボックスをオンにします。

  • ユーザーが Webex アプリケーションにサインインするデバイスに応じて、Cisco Unified CM で以下のデバイス タイプを作成します。

    • Android デバイス (ボット)

    • Chromebook/iPad デバイス (タブ)

    • Windows/MAC デバイス (CSF)

    • iPhone デバイス (TCT)

  • ユーザーと上記で作成したデバイスを関連付けます。

  • CTI が卓上電話のコントロールに必要な場合は、エンド ユーザーに適切なロールを割り当てます。

Webex Control Hub を構成する

  1. 管理者として Webex Control Hub にログインします。

  2. [管理者] ウィンドウの [> UC Manager プロファイルの 設定] Webex Control Hubします。


    UC Manager プロファイルの [音声サービス ドメイン] で設定されるドメインは、Cisco がその特定の専用インスタンス領域に対して提供する音声サービス ドメインである必要があります。

  3. 以下から、[通話動作][Webex (Unified CM) での通話] に設定します。

    1. [組織の設定] > [通話動作]

    2. [ユーザー] > [通話] > [通話動作]

  4. 上で作成した UC Manager プロファイルを選択します。

Webex アプリケーションからの通話のトラブルシューティングと管理情報については、「Webex (Unified CM) での通話の管理とトラブルシューティング」を参照してください。

Webex アプリケーションでサポートされる通話機能

表 1. 基本的な通話機能

機能

説明とドキュメント

デスクトップ

モバイル

着信応答

ビデオ共有なしで通話に応答する

すべての着信に対してビデオをオフにする」を参照してください。

卓上電話のコントロール

卓上電話のコントロール (Webex アプリでのミーティングと通話を含む)—「卓上電話を使って電話をかける」を参照してください。

通話中の DTMF 入力

通話を終了

通話を発信する

ミュート/ミュート解除

「通話中」のプレゼンス

Webex アプリでは、同一組織のユーザーに対し、アクティブな通話中にこのようなプレゼンス インジケータを表示できます。

表 2. 通話中の機能

機能名

説明とドキュメント

デスクトップ

モバイル

コールピックアップ

例えば、顧客サポートのロールを持つユーザーの電話の着信に、その同僚が応答できない場合、この 2 人が同じピックアップ グループに属していれば、サポート担当のユーザーは Webex アプリ で通知を受け取ります。 このユーザーは、アプリに表示される通知から通話に応答できます。また、他のピックアップ グループから通話に応答することもできます。 「別のユーザーへの着信を取る」を参照してください。

通話の録音

通話の録音に対するユーザーの管理権限を指定できます。 設定に応じて、着信通話と発信通話が自動的に録音される場合もあれば、録音する通話を決定できる場合もあります。 ユーザーに通話の録画を許可すると、ユーザーは自身の裁量で録画を開始・停止できます。 通話が録音されているときは、その通話を別のデバイスに移す場合でも、その通話を別のアクティブな通話にマージする場合でも、電話会議の電話をかける場合でも、その録音は続行されます。 通話が録音されているときには、そのことを知らせる視覚的なインジケーターが表示されます。 「通話を録音する」を参照してください。

着信待ち受け

すでに通話中のユーザーを、別の誰かが呼び出した場合、このユーザーは着信通話の処理方法を選択できます。 例えば、アクティブな通話を保留にして、2 番目の通話に応答することができます。 詳細については、「着信待ち受けに応答する」を参照してください。

会議通話

あるユーザーとの通話中に、他のユーザーを通話に追加してすぐに電話会議を開始できます。 この方法を使い、電話会議に最大で 8 人までのユーザーを追加できます。 「電話会議を開始する」を参照してください。

アプリからビデオ デバイスをコントロールする

接続されたビデオ デバイスでのビデオの共有を、アプリから直接開始・停止できます。例えば、Cisco Webex Board に接続していて、ビデオを共有したくない場合は、ボードの場所まで行ってビデオをオフにする必要がなくなります。 アプリから共有をオフにできます。「ミーティング中または通話中に Webex Board、Webex Room、Webex Desk デバイスのビデオをオフにする」を参照してください。

保留/再開

Webex アプリで通話を保留し、再開できます。 「通話を保留にする」を参照してください。

ハント グループ

ユーザーは [通話設定] からハント グループにサインインまたはサインアウトできます。 サインイン状態のときに、所属するグループに着信があった場合、着信通話通知にハント グループ番号が表示されます。 ハント グループにサインインする

マージ

2 つのアクティブな通話に応答し、Webex アプリで単一の会議通話にまとめることができます。 「2 つの通話をマージする」を参照してください。

セルフビューをミラーリング

セルフビューのミラーリング - デフォルトでは、ユーザーが通話中にビデオを共有した場合、ユーザーには自身の姿が鏡を見たときのように表示されます。 背後にテキストがある場合に、これを逆向きではなくそのまま簡単に読めるようにするには、[マイ ビデオ ビューをミラーリング] の設定をオフにできます。 この設定は、ミーティングの他のユーザーに対する自身の見え方には影響しません。 「 セルフビュー ビデオのミラー ビューをオフにする」を参照してください。

通話をミーティングに移動

通話中のユーザーは音声テキスト、リアルタイム翻訳、ノート、アクション アイテム、録画、ホワイトボードなどの高度なミーティング機能を利用できます。 使い方は、通話をミーティングに移動するだけです。 通話をミーティングに移動する前に、他の人をディスカッションに招待することもできます。

マルチライン

Webex アプリで最大 8 つの電話回線を使用し、通話転送、転送、ハント グループ、共有回線、ボイスメールなどの高度な通話機能を利用できます。 また、各回線に異なる着信音を割り当てることもできます。 共有回線のプレゼンスをオンにすることにより、ユーザーに回線ステータスを表示できます。 「通話用のアクティブな回線を変更する」を参照してください。

通話のパークと保留解除

ユーザーがあるデバイスで通話をパークし、自分または他のユーザーが別のデバイスで通話を保留解除できます。

別のデバイスから再開

デスクトップ アプリから通話を保留にし、モバイルで再開できます。 または、モバイルで通話を保留にしてから、卓上電話で再開できます。 卓上電話、モバイル、デスクトップの間で、任意の方向に移動できます。通話を保留にするだけで、都合のよい場所で再開できます。 「通話を保留にする」を参照してください。

画面共有

画面共有 - Webex アプリでの通話中にコンピューター画面からコンテンツを共有します。 ユーザーは画面全体を共有するのではなく、特定のアプリケーションを選んで共有できます。 ユーザーが卓上電話で応答していても、画面共有は可能です。 電話でビデオがサポートされている場合、電話のユーザーには共有画面が表示されます。そうでない場合、アプリで共有画面が表示されます。「通話で画面を共有する」を参照してください。


 

通話相手がクラウドに登録されたデバイスまたはオンプレミスのデバイスのどちらを使用しているかに関係なく、画面を共有できます。 いずれの場合も画面共有は高フレーム レート (30 FPS)、高解像度 (1080p) で送信され、音声が含まれます。

前面カメラと背面カメラの間で切り替える

モバイルフォンまたはタブレットでは、前面カメラと背面カメラの間で切り替えることができます。 「ビデオ設定を変更する」のモバイル セクションを参照してください。

転送

Webex アプリ内で接続された通話をリダイレクトします。 転送先は、通話相手が通話の転送を希望するユーザーです。 「通話を転送する」を参照してください。

仮想カメラ

通話中に、仮想カメラを使用できます。 アプリケーション、ドライバ、ソフトウェアなどの仮想カメラを使用して、ビデオ、画像、フィードのオーバーレイを作成します。

表 3. その他の機能

機能名

説明とドキュメント

デスクトップ

モバイル

ダイヤル文字列に一時停止を追加する

電話番号を入力するときに一時停止を追加できます。これは、電話会議に参加しようとするとき、自動化システムに応答して番号を入力する場合などに必要となることがあります。 番号にコンマ (,) を追加すると、ダイヤルが 1 秒遅延します。 行に複数のコンマを追加すると、遅延を長くできます。 例: 95556543123,,,,56789.

連絡先を追加、連絡先を検索、電話を発信

連絡先リストに同僚を追加しグループ化することで、チャットやコールが必要なときに簡単に見つけられるようになります。

Webex アプリから Outlook 連絡先 (Windows)、ローカル アドレス帳 (Mac)、ローカル電話の連絡先 (iPhone、iPad、Android) を検索することもでき、連絡先を簡単に見つけて通話することができます。

同僚をコンタクト リストに追加すると、自分のプロファイルを編集したり、そのユーザーのために追加の電話番号を追加することができます。 次に、音声またはビデオ コールを行うときに新しい電話番号が表示されるため、代わりの番号で簡単に発信することができます。 「連絡先リストにユーザーを追加する」を参照してください。

自動ゲイン コントロール (AGC)

AGC は、着信音声レベルを聞き取り、音声が大きすぎるまたは小さすぎるときに録音レベルを調整する固有の回路です。 音量が大きすぎる場合は、自動的に音声を小さくします。 音量が小さすぎる場合は、自動的に音声を増幅します。 これは、OS レベルで音量を調整するのではありません。

Webex アプリで発信する

ユーザーは、電話番号を使用して発信するか、Webex アプリの発信機能を使用するかを選べます。 Webex アプリで発信すると、Webex アプリを使用している他の人にすばやく電話できます。 通話中に画面とホワイトボードを共有することは可能ですが、通話の保留、転送、電話でのみ利用可能な機能を使用することはできません。 「Webex アプリ アカウントを持つ任意の相手に発信する」を参照してください。


 

有料コール ライセンスを持っている場合は、ダイヤル パッドにのみアクセスできます。 無料コール ライセンスを持っている場合でも、他の Webex アプリ ユーザーに発信できます。

Webex アプリでの通話のための通話コントロール

Cisco 730 ヘッドセットを使用している場合、USB アダプターまたは Bluetooth を使用して、通話の応答や終了、通話の保留と再開、通話のミュートまたはミュート解除ができます。 「Cisco ヘッドセット 730 への通話の発信と応答」を参照してください。

履歴

組織内の他のユーザーから着信したときには、通話履歴に、相手の電話番号についての詳細が表示されます。 したがって、誰かに折り返し電話をする場合、発信しているのが仕事用の番号かモバイルの番号かを確認できます。

ユーザーは通話履歴の名前または番号の隣にある通話アイコンを選択して、履歴の番号に自動的に電話をかけることができます。 こうすることで相手の電話番号を選択する必要がなくなります。 不在着信に折り返し電話をした後、通話履歴から通話を削除できます。 通話履歴は過去 30 日間の最近の 200 通話のみを表示します。 詳細については、「通話とミーティング履歴の表示」を参照してください。

通話の統計

通話中に、パケット損失、遅延、解像度などの通話統計を確認できます。 「通話の統計情報にアクセスする」を参照してください。

クリックして Outlook からコールする

Windows または Mac のコンピューターを設定して、Webex アプリがアプリの外部 (Microsoft Outlook や Web ブラウザーのリンクなど) で番号をクリックしたときのデフォルト オプションとなるようにできます。 「クリックして別のアプリからコールする」を参照してください。

クライアント識別コード (CMC) と強制認証コード (FAC)

クライアント識別コード (CMC) と強制認証コード (FAC) を使用すると、通話のアクセスとアカウンティングを効果的に管理できます。 CMC はクライアントのコール アカウンティングと請求を支援し、FAC は特定のユーザーが発信できる通話のタイプを制御します。

CMC を使用すると、ユーザーにコードの入力を強制できます。この操作により、通話が特定のクライアントに関連していることを明確に示すことができます。 コール アカウンティングおよび請求を目的として、クライアント識別コードを顧客、学生、その他のグループに割り当てることができます。 FAC を使用する場合、通話が確立する前に、ユーザーは特定のアクセス レベルで割り当てられた有効な認証コードを入力する必要があります。 「環境を準備する」の章を参照 してください。

Contact Center インテグレーション

Webex アプリ は Cisco Contact Center アプリケーションに統合し、Finesse デスクトップ (Unified Contact Center Enterprise または Express) でコントロールできます。 このインテグレーションにより、マルチライン、録音、会議などのコンタクト センターの機能がサポートされます。 サポートされている最新の機能については、「Contact Center インテグレーション」を参照してください。

Webex アプリの診断

接続に問題がある場合、診断ツールを使用して、構成エラーを識別するか、ネットワーク診断レポートをエクスポートできます。 この情報は、起こっている問題をトラブルシューティングするのに役立ちます。 「トラブルシューティング」の章を参照してください。

Dial-via-Office (DVO)

DVO を設定している場合、モバイル電話接続を使用して仕事の電話をかけるオプションがあるため、データ通信が利用できない場合でも通話が中断されることはありません。 選んだオプションにかかわらず、勤務先番号が常に発信者 ID として使用されるため、相手が発信者を簡単に識別できます。 「携帯電話接続を介して仕事の電話を発信する」を参照してください。

ダイヤル プランのマッピング

ダイヤル プランのマッピングを設定すると、Cisco Unified Communications Manager のダイヤル ルールとディレクトリのダイヤル ルールを一致させることができます。 「環境を準備する」の章を参照してください。

緊急コール

Webex アプリで緊急コールを行う場合、通話はデバイスの電話アプリを使用して行われます。これにより、緊急連絡サービスがネットワーク キャリアを通して場所を正確に特定することができます。

Extend and Connect

代替デバイスに接続して、電話の受発信ができるようにセットアップできます。 これらのデバイスは、通話設定の[代替デバイス]に表示されます。 ここで、デバイスの電話番号を追加または編集できます。 「代替デバイスから電話をかける」を参照してください。

高速フェール オーバー (MRA)

制御されたシャットダウン、ノードの障害、ネットワーク障害など、Webex アプリケーションは障害を素早く検出し、ユーザーの生産性に影響を与えないので、MRA を通してバックアップパスにシームレスに失敗します。 「環境を準備する」の章を参照してください。

電話サービス ステータスのヘルス チェッカー

電話サービスが正常に機能しているかどうかわからない場合は、アプリから電話接続のステータスを確認できます。Windows では、プロファイル画像をクリックして、[ヘルプ] > [ヘルス チェッカー] に移動します。 Mac では、[ヘルプ] > [ヘルス チェッカー] に移動します。 ヘルス チェッカーが接続をテストし、問題があるかどうかを知らせます。

高画質 (HD) ビデオ

HD ビデオを有効または無効にするには、プロファイル画像をクリックし、[設定] (Windows) または [環境設定] (Mac) に移動して、[ビデオ] を選択し、設定を有効または無効にします。 コンピューターの CPU 使用率が高くなっている場合、通話中やミーティング中にネットワーク帯域幅を節約したい場合に、HD ビデオを無効にすることができます。

ロケーションの監視

ユーザーが Webex アプリケーションから緊急サービスに電話する (例: 911) ときに、場所が自動的に緊急対応担当者と共有される、ロケーションの監視をオンにできます。

不在着信

[通話] タブの赤のバッジ カウンターで、不在着信の数を確認します。 [通話] タブには、着信および発信のリストが表示され、通話履歴から他の人にコールバックできます。 スケジュール済みミーティングは [ミーティング] タブに一覧表示されるため、2 種類のコミュニケーションを簡単に区別できます。

その他の通話オプション

ユーザーはアプリのどこからでも、ビデオ アドレス (例、bburke@biotechnia.com) に発信できます。 コールの種類 (例、ユーザーを検索して発信、またはそのユーザーのスペースでのやり取り) にかかわらず、その場から発信できます。

ネットワーク ハンドオフ (Wi-Fi から LTE)

Webex のアクティブな通話中、通話を続けながらネットワークを変更する必要がある場合でも、通話品質への影響や中断もなく、自動的に変更されます。 (「環境を準備する」の「Unified CM 機能」を参照してください)

名刺の電話番号

勤務先番号と携帯電話番号は Active Directory から同期され、Webex アプリで選択可能な項目として表示されます。(Cisco Directory Connector でユーザーの電話番号属性を Webex クラウドに同期させる必要があります)

電話サービス接続エラーとアクション

電話サービスが切断すると、Webex アプリのフッターに、より詳細なエラー メッセージが表示されます。 「通話のエラー メッセージ」を参照してください。

通話ウィンドウのポップアウト

ユーザーが誰かに発信すると、通話ウィンドウがポップアウトし、どちらのユーザ-も通話機能にアクセスできます。 通話中でも、重要なメッセージに応答できます。

インドのモバイル アプリ ユーザー向け PSTN 通話

インドのユーザーは、企業ネットワークに接続できないときにこれを使用して電話をかけることができます。 Webex モバイル アプリには、デバイスの通話アプリを使用するオプションがあります。 付録のカスタマイズ ポリシー パラメーターの「MRAで通話ダイアル オプションを有効にする」を参照してください。

パーソナル モード デバイスの PSTN

ハイブリッド通話を活用することで、ユーザーのパーソナル モード デバイスが PSTN にアクセスできるようにします。 『Cisco Webex デバイス用のハイブリッド コール導入ガイド』を参照してください。

緊急コールに関する RedSky ロケーションレポート

レイバウム法に準拠するため、ユーザーはオフィス外にいる場合に、正確なロケーション情報を示す必要があります。

セルフ ケア ポータル - 通話転送

別の番号で仕事の電話を受ける必要がある場合は、Webex アプリから通話転送を設定することができます。 通話転送番号を入力するだけで、その番号で通話の呼出音が鳴ります。 「通話を転送する」および「その他の通話設定にアクセスする」を参照してください。

セルフ ケア ポータル - 単一番号リーチ (SNR)

Webex アプリからセルフ ケア ポータルにアクセスし、エンタープライズ ディレクトリの番号と同時に鳴らしたいデバイスの番号を追加できます。 「任意の番号で受信する」と「その他の通話設定にアクセスする」を参照してください。

Cisco 500 シリーズおよび 700 シリーズ (Bluetooth) ヘッドセットのサポート

Cisco 700 シリーズ ヘッドセットを使用している場合、USB アダプターを使用して通話への応答と終了、通話の保留と再開、通話のミュートまたはミュート解除ができます。

Webex アプリで Cisco ヘッドセットを使用する場合、Webex Control Hub で追跡できます。 これにより、インベントリの追跡や問題のトラブルシューティングを行うことができます。 (展開の章を参照してください)

Jabra ヘッドセットのサポート

サポートされているモデルの Details%20about%20Headset%20Support を参照してください。

プレゼンテーション中や DND が有効になっているとき、すでに通話またはミーティングに参加しているときに、通知を抑制する

着信通知をミュートすることで、着信を見たり聞いたりできなくします。 ボイスメールが設定されている場合は、発信者はメッセージを残すことができます。 スペース リストと通話履歴には着信が表示されます。

Webex アプリケーションからモバイルフォンアプリに切り替える

Webex アプリケーションでアクティブな通話中に通話を実行したい場合は、Webex アプリケーションから携帯電話アプリに通話を切り替える必要があります。[詳細] からクイック スイッチを作成する間、通話を短い一時停止だけで、接続性と通話品質を維持します。 (「展開」の章および「通話を携帯電話アプリに切り替える」を参照してください)

tel、sip、clicktocall プロトコル

この概要の章の関連セクションを参照してください。

ボイスメール

Webex アプリを使用すると、電話を取りそびれることがなくなります。 ボイスメールは [通話] タブで管理できます。 赤のバッジのカウンターがあり、ボイス メッセージの数を確認できます。 メッセージの詳細の確認、再生、既読としてマーク、削除、送信者にコール バックなどを実行できます。 Webex アプリまたは卓上電話でメッセージを聞くと、赤のバッジが消えます。 「ボイスメール」を参照してください。

ビジュアル ボイスメール

ビジュアル ボイスメール - Webex アプリを使用すれば、電話を取りそびれる心配がなくなります。 ユーザーは専用のボイスメール タブ を使用してすべてのボイスメールを管理できます。 赤のバッジのカウンターがあり、ボイス メッセージの数を確認できます。 メッセージの詳細の確認、再生、既読としてマーク、削除、送信者にコール バックなどを実行できます。 Webex アプリまたは卓上電話でメッセージを聞くと、赤のバッジが消えます。 「ボイスメール」を参照してください。

表 4. 展開機能

機能名

説明とドキュメント

デスクトップ

モバイル

Apple および Android のプッシュ通知 (APN)

iPhone、iPad、Android デバイスで、プッシュ通知により Webex アプリでの着信をユーザーに通知します。(「環境を準備する」の章を参照してください)


 

中国の規制により、iPhone および iPad のユーザーは、モバイル端末がロックされている場合に、スライドで着信に応答するオプションを使用できなくなりました。 代わりに、アラート通知を受け取り、最初に画面のロックを解除してから、通知をタップして着信に応答する必要があります。

サービス ドメインの自動検出

Control Hub を使用して UC Manager プロファイルを設定すると、Webex アプリのユーザーの電話サービス設定に自動的にサービス ドメインを追加できます。 これにより、ユーザーは手動でドメインを入力する必要がなく、すぐにサインインできます。(展開の章を参照してください)

セルフ ケア ポータル リンクの設定

アプリの [通話設定] からアクセスするためのポータル リンクを選択できます。(構成ファイル手順については展開の章を、関連するポリシー パラメーターについては付録を参照してください)

仮想背景のカスタマイズ

仮想背景に使用する独自の画像を最大 3 つ追加できるよう、ユーザーに許可できます。 「Webex アプリ ユーザー向けに仮想背景を設定する」を参照してください。

緊急ダイヤル免責事項のカスタマイズ

緊急ダイヤル免責事項の内容をカスタマイズして、さまざまな地域や状況における規制やビジネスのニーズを満たすことができます。

免責事項のポップアップの頻度を変更したり、緊急時対応インフラが整備されていない場合は免責事項を非表示にしたりできます。 (付録でカスタマイズ可能なパラメータを参照してください)

すべての 1 対 1 通話のビデオを無効にする

コンプライアンス、プライバシー、ネットワーク上の理由がある場合、Control Hub を使用して通話のビデオを無効にしたり、デフォルトでビデオをオフに設定したりできます。

Webex アプリの Expressway Mobile Remote Access (MRA)

MRA を使用すると、VPN を通して会社のネットワークに接続することなく、Webex アプリ トラフィックに安全に接続できます。(『Cisco Expressway による Mobile and Remote Access 導入ガイド』を参照してください)

安全で暗号化された通話

暗号化された通話は Unified CM から構成可能で、ロック アイコン Webex アプリに表示されます。(展開の章を参照してください)

サービス検出

サービス検出によって、クライアントは企業 (内部) および MRA (外部) ネットワークのサービスを自動的に検出し、見つけることができます。 (展開の章を参照してください)

簡素化された通話オプション (通話オプションを有効または無効にして注文する)

必要に応じてユーザーの通話オプションを設定できます。 例えば、Webex アプリで電話をかける必要がなく、勤務先番号、携帯電話番号、SIP URI アドレスを使用して同僚とのみ通話する必要がある場合に、 Webex アプリで通話を無効にすると、通話を行う際にこのオプションが表示されなくなります。 「Control Hub で組織の通話設定を構成する」を参照してください。

SIP (URI) アドレス ルーティング

この設定は Control Hub で構成でき、Webex クラウドを経由してルーティングされる SIP アドレスを決定します。 デフォルトは、Webex サービスを除き、すべての SIP URI がUnified CM によりルーティングされます。組織の SIP アドレス ルーティングの設定」を参照してください。

シングル サインオン (SSO)

IdP、プレミス環境、Webex クラウドの間の SSO インテグレーションにより、ユーザーは 1 セットの資格情報で異なるアプリケーションにサインインできます。 (「環境を準備する」の章を参照してください)

仮想カメラ (macOS)

Webex Control Hub を使用して、Webex アプリでの通話とミーティングにおける仮想カメラの使用を有効または無効にできます。ユーザーはアプリケーション、ドライバー、ソフトウェアなどの仮想カメラを使用して、ビデオ、画像、フィードのオーバーレイを作成できます。

✓ (macOS のみ)

リソース

API プロビジョニング

Cisco では Cisco Webex Calling 専用インスタンスでホストされるアプリケーション用のコラボレーション API 一式をパートナーに提供しています。 パートナーはこれらの API を使用して、複雑な統合の解決、カスタム ソリューションの開発、パートナーと顧客向けコラボレーション サービスの拡張が可能になります。

https://www.cisco.com/c/dam/td-xml/en_us/voice-ip-comm/ucm_cloud/WebexCallingDI_Islands/Cisco_WxCDI_API_Provisioning_Guide.pdf

E911 の設定

Emergency Responder を全国 E911 サービス プロバイダーで設定する

Cisco Emergency Responder は、その国の E911 サービス プロバイダーと統合できます。たとえば、ロケーションの更新に RedSky、ユーザー入力ロケーションと通話完了に MSAG (Master Street Address Guide) といったサービスを利用できます。 Emergency Responder は、E911 規制を順守できるように、移動するすべてのデバイスを会社全体で自動的に検出し、緊急サービスを派遣するロケーションを追跡します。

https://www.cisco.com/c/dam/td-xml/en_us/voice-ip-comm/ucm_cloud/WebexCallingDI_Islands/National_E911_for_DedicatedInstance.pdf

Unified Communications Manager を Nomadic E911 サポート用に設定する

Nomadic E911 サービスを利用するとユーザーが自分のロケーションを Webex アプリでネイティブに更新可能になるため、管理者はレイ バーム法の要件に対応できます。

https://www.cisco.com/c/dam/td-xml/en_us/voice-ip-comm/ucm_cloud/WebexCallingDI_Islands/National_E911_WebexApp_AdminGuide.pdf