メールで作業を送信するオプションを利用するには、Web インターフェイスを通して構成する必要があります。 ウェブ インターフェイス にアクセスする方法 に関する詳細は、「高度な設定」の記事をお読みください。

1

デバイスのウェブ インターフェイスが開いた後、[ 設定] タブを選択し、[ホワイトボードをメールに送信] および [ウィザードの開始] を選択します。

2

サーバー アドレス、暗号化方法、およびポート番号を入力します。 選択した暗号化は、メールサーバーによってサポートされている必要があります。

  1. TLS および STARTTLS 暗号化の両方法はサーバー証明書を必要とします。 ほとんどの場合、サーバー証明書はデバイスに事前にインストールされている CA リストを使用して検証できます。 接続をテストした後、メールウィザードの指示に従い、必要に応じて証明書をアップロードします。

  2. 暗号化方法フィールド で [ なし] を選択した場合は、証明書をアップロードする必要は一切必要ではありません。 [テスト 接続] を 選択して、次のステップへ進みます。

3

ユーザー名、パスワード、ホワイトボードまたは注釈が送信される場所のメール アドレスを入力します。 暗号化方法フィールドで [ なし] を選択した場合は、メール アドレスのみを入力する必要があります。

4

[確認] を選択し、[保存] を選択します 。 デバイスはメールでホワイトボードと注釈を送信するように設定されています。