Jabber と Slack を使用して作業している場合は、Cisco Jabber アプリを使用して Slack から直接コールを作成することが容易になりました。このアプリは、Slack のディレクトリからインストールするだけで、Slack において Jabber を使用してネイティブの発信者を有効にできます。Jabber と Jabber with Slack を使用するには、有効な Jabber アカウントが必要です。

始める前に


ワークスペース管理者がワークスペースにこのアプリを既にインストールしている場合、この操作を実行する必要はありません。

下の[Slack に追加(Add to Slack)]をクリックし、ガイドに従います。

始める前に


[Slack] で使用するサインインアドレスは、Jabber へのログインに使用するのと同じアドレスである必要があります。


管理者は、Slack 内の発信オプションとして Jabber を有効にする必要があります。

1

発信するユーザに対して、ダイレクトメッセージ (DM) またはチャネルを開きます。

2

次のいずれかの操作を行います。

  • DM またはチャネルで、[電話 (phone)] アイコンをクリックし、[ Cisco Jabber (Cisco jabber)] を選択します。

  • ユーザープロファイルをクリックし、[通話 (Call)] をクリックし てから Cisco jabber を選択します。

これらのコマンドを、Slack の Cisco Jabber アプリで使用して、Jabber を使用してダイレクトメッセージ、電話番号、または SIP Uniform Resource Identifier (URI) でユーザーを呼び出すことができます。また、余裕期間にアプリコマンドを使用して、Jabber に関するサポート情報を取得することもできます。コマンドを入力すると、ダイレクトメッセージまたはチャネルに、Jabber を起動するためのクリックリンクが作成されます。


Jabber アプリを使用して初めて通話を行うときは、Slack の確認が求められます。コールを発信するたびにこのメッセージが表示されないようにするには、[常に Ciscotelからリンクを開く ( Always Open Links from Ciscotel)] チェックボックスを クリックして [リンクを開く (open Link)] をクリックし ます。

表 1. Jabber のアプリコマンド

コマンド

説明

/jabber

Slack で他のユーザーとダイレクトメッセージをやり取りする場合は、このコマンドを実行すると、そのユーザーを使用して Jabber のコールを開くようにリンクが提供されます。

/jabber @ [searchname]

ディレクトリにある同僚を検索して発信します。

/jabber [number]

入力した電話番号に発信します。

116/jabber [email address]

SIP URI を使用して入力した電子メールアドレスに発信します。

1

Slack で、ワークスペースの管理者アカウントにログインします。

2

下の[Slack に追加(Add to Slack)] をクリックし、ガイドに従います。

始める前に


Slack 無料バージョンを使用している場合は、 [Slack Call (Slack の通話)] ボタンを使用した一つの通話アプリケーションのみを使用できます。有料プラン (Standard、Plus、Enterprise) で作業している場合は、複数の通話アプリを [ 通話(Call)] ボタンに関連付けることができ ます。

1

次のいずれかの操作を行います。

  • Web ブラウザで、[ チームの設定(Teams Setting)] ページに移動します。
  • 左上にあるワークスペース名をクリックして、[ > 設定(settings)] と [管理ワークスペースの設定 ([Workspace Settings])]を選択し ます。

2

[設定 (Settings) ] タブで、ページを下にスクロールし、 [通話 (Calls)] の横にある [展開 (Expand)] をクリックします

3

[ 通話のオプション(Calling Options)] で 、[ Cisco jabber] の横にあるチェックボックスをオンにし ます。

4

保存をクリックします。