Remote Accessが Windows Server 2003 で接続されない

Remote Accessが Windows Server 2003 で接続しません。

Remote Accessエージェントが Windows Server 2003 で点滅します。

Windows Server 2003 Remote Accessエージェントが接続しません。


メモ:

Remote Access (RA) エージェントが wininet API を呼び出して、Webex RA サーバーへの SSL 接続を作成した後、wininet API は SSL ハンドシェイク応答を受け取ります。 確立されると、wininet API は証明書サーバーへの新しい接続を作成し、証明書失効リスト (CRL) を更新します。 ユーザーのプロキシまたはファイアウォール内に例外がない場合、RA サーバーへの接続が終了する場合があります。

原因:

ほとんどのファイアウォールとプロキシ サーバーは、証明書サーバーへのダイレクト接続を許可しません。 この問題は、ユーザー (RA) Remote Accessが Webex サーバーへの直接接続を試みる場合に発生する可能性があります。

ソリューション:

この問題を解決するには、プロキシ例外リスト(crl.verisign.com および/または 12.158.80.10)に次を追加します。

    この投稿記事は役に立ちましたか?