ヘッドセットの安全性に関する重要な情報

高音圧:聴覚の障害を防ぐため、長時間大音量で聴き続けることは避けてください。

ヘッドセットを接続する際は、ヘッドセットのスピーカーの音量を下げてからヘッドセットを着用してください。ヘッドセットを外す前に音量を下げるようにすれば、再度ヘッドセットを接続する際に音量は最初から低い状態になります。

周りに注意してください。ヘッドセットを使用すると、特に緊急事態や騒音の多い環境で、外部の重要な音が遮断される可能性があります。運転中にヘッドセットを使用しないでください。人やペットが横切る可能性がある場所にヘッドセットまたはヘッドセット ケーブルを放置しないでください。ヘッドセットまたはヘッドセット ケーブルの近くに子供がいる場合は、常に目を離さないようにしてください。

EU への適合宣言

CE マーキング

機器および包装に次の CE マークが貼付されています。

CE ロゴ

EU への RF 被曝に関する宣言

このデバイスは EU EMF 指令 2014/53/EU の制限に従って評価され、準拠が確認されています。

適合宣言(米国)

一般的な RF 被曝への適合

このデバイスは、人の RF 被曝に関する ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)制限への準拠が評価および確認されています。

Part 15 無線デバイス


Part 15 に適合した無線デバイスは、当該周波数で動作する他のデバイスと干渉のない状態で動作します。Cisco による明確な許可なしに製品への変更を行った場合(Ciscoが生産していないアンテナの使用を含む)、ユーザはこのデバイスの使用を禁止される可能性があります。

カナダの RF 被曝に関する声明

このデバイスは、電波の被曝に関する ISED RSS-102 R5 で参照されている制限事項を満たしています。

お使いの装置には、無線送信機と受信機が含まれています。装置は、カナダ保健省安全規則 6 を参照する RSS-102 で参照されている電波(無線周波電磁界)への暴露に関する一般大衆(非制御)の制限を超えないように設計され、年齢や健康に関係なく、すべての人の安全を確保するための十分な安全マージンが確保されています。

このため、システムは、エンド ユーザが直接アンテナに触れずに操作できるように設計されています。ユーザまたはオペレータの全体的な暴露を減らすように設計されている規制のガイドラインに従って、指定されているユーザからの最低距離を確保できるようにアンテナを設置できる場所にシステムを配置することを推奨します。

デバイスには、無線認証プロセスの一部としてテストが実施され、該当する規制への準拠が確認されています。

Déclaration d'Exposition aux RF Canadienne

CE PÉRIPHÉRIQUE RESPECTE LES LIMITES DÉCRITES PAR LA NORME RSS-102 R5 D'EXPOSITION À DES ONDES RADIO

Votre appareil comprend un émetteur et un récepteur radio. Il est conçu pour ne pas dépasser les limites applicables à la population générale (ne faisant pas l'objet de contrôles périodiques) d'exposition à des ondes radio (champs électromagnétiques de fréquences radio) comme indiqué dans la norme RSS-102 qui sert de référence au règlement de sécurité n°6 sur l'état de santé du Canada et inclut une marge de sécurité importantes conçue pour garantir la sécurité de toutes les personnes、 quels que soient leur âge et état de santé.

En tant que tels、 les systèmes sont conçus pour être utilisés en évitant le contact avec les antennes par l'utilisateur final. Il est recommandé de positionner le système à un endroit où les antennes peuvent demeurer à au moins une distance minimum préconisée de l'utilisateur、 conformément aux instructions des réglementations qui sont conçues pour réduire l'exposition globale de l'utilisateur ou de l'opérateur.

Le périphérique a été testé et déclaré conforme aux réglementations applicables dans le cadre du processus de certification radio.

適合宣言(シンガポール)

IMDA 規格 DB101992 に準拠