クラウド登録デバイスの OBTP

クラウドに登録されたデバイスで OBTP がどのように機能する

図 1. Expressway ベースの Calendar Connector を持つクラウド登録デバイスの OBTP
  1. キーワードまたはビデオ アドレスを使用してミーティングをスケジュールし、会議室リソース カレンダーによりクラウドに登録されたビデオ エンドポイントを招待します。

  2. その時点でエンドポイントが利用可能な場合、Microsoft Exchange は自動的に招待を受け入れるのです。

  3. Microsoft Exchange からの EWS 通知は、ミーティングがスケジュールされた Calendar Connector に警告します。

  4. Webex ミーティングについては、Hybrid カレンダー サービス Webex クラウドから参加の詳細を取得し、ミーティングの招待を更新します。

  5. ミーティング時間より前に、クラウド登録済みデバイスがクラウドから OBTP 情報を受け取ります。

クラウド登録デバイス展開タスク フローの OBTP

始める前に

ハイブリッド ハイブリッド サービスをセット アップしていない場合カレンダー サービスWebex ハイブリッド アプリ の展開ガイドをハイブリッド カレンダー サービス。 サービスが実行中の場合、これらの指示に従って、クラウド登録された Room デバイスと Boards に OBTP を追加します。

  コマンドまたはアクション 目的
1

Webex Room、Desk、Board デバイスでワークスペースにハイブリッド カレンダーを追加する

デバイスのカレンダー サービスをトグルし、会議室のメールボックスのメール アドレスを設定します。

2

パーソナル会議室を Webex アプリと関連付ける

Webex サイトが Control Hub で管理されている場合、または Webex サイトのユーザーが Webex アプリ をリンクしている場合、このタスクをスキップできます。

3

Room デバイスと Webex Boards を持つ OBTP をテストする

カレンダーからミーティングをスケジュールし、クラウドに登録されたデバイスを追加します。

Webex Room、Desk、Board デバイスでワークスペースにハイブリッド カレンダーを追加する

始める前に

このタスクは、Webex Room、Desk、または Board デバイスに既に作成されている場所を前提にしています。 Workspace を作成する必要がある場合、共有デバイスおよび サービスを Workspace に追加する を参照してください

1

https://admin.webex.com/login の顧客ビューにサインインします。

2

左側のナビゲーションペインの [管理] の下の [ Workspaces ] をクリックし、修正するワークスペースを選択します。

3

ユーザーが Webex デバイスから One Button to Push (OBTP) を使用できるよう、[カレンダー] に進み、[カレンダーの追加] をクリックします。

4

ドロップダウンメニューからカレンダー サービスを選択します。

5

会議室のメールボックスのメール アドレスを入力するか、貼り付けます。 (このメール アドレスを見つけるには、Microsoft Docs web サイトの『会議室のメールボックスの作成と管理』を参照してください)。

これはミーティングをスケジュールするために使用されるメール アドレスになります。

6

[保存] をクリックします。

パーソナル会議室を Webex アプリと 関連付ける

Webex パーソナル会議の ミーティングをスケジュールするときに、Webex Room、Desk デバイス、Webex Boards に参加ボタンを提供するには、ユーザーは Webex アプリ アカウントに関連付けられたパーソナル会議を持つ必要 があります。 以下のいずれかの方法で発生する可能性があります。

1

の顧客ビューにサイン インします https://admin.webex.com

2

左側ナビゲーションペインの [管理] の下の [ユーザー] をクリック します

3

[ユーザーの 管理] をクリックします

4

詳細 https://help.webex.com/en-US/article/e2okky/Modify-Users-in-Control-Hub-with-the-CSV-Template については CSV インポート/エクスポートの手順を参照してください。

5

CSV エディターを使用して、すべてのユーザーまたは 一部のユーザーに対して preferredWebexSite 属性を変更します。

6

CSV ファイルをインポートします。

Room デバイスと Webex Boards を持つ OBTP をテストする

1

Outlook、Outlook Web Access、または https://mail.office365.comで、新しいミーティングを作成し、@meet または @webex[ロケーション] フィールドに追加します。

2

[スケジュール アシスタント] に進み、[会議室を追加する] をクリックし、追加するデバイスを選択します。

3

必要に応じてほかの会議情報を記入し、招待を送信します。

4

会議の開始スケジュールが設定されるとき、[参加] ボタンがデバイスに表示されます。

オンプレミス登録デバイスの OBTP

OBTP がオンプレミスで登録されたデバイスで動作する方法

図 2. Expressway ベースの Calendar Connector を持つプレミス登録デバイスの OBTP
  1. ユーザーはキーワードまたはビデオ アドレスを使用してミーティングをスケジュールし、会議室リソース カレンダーによってプレミス登録済みのビデオエンドポイントを招待します。

  2. その時点でエンドポイントが利用可能な場合、通常、Microsoft Exchange は自動的に代理で招待状を受け入れます。

  3. Exchange からの EWS 通知メールは、ミーティングがスケジュールされたカレンダー コネクタと Cisco TMSXE にアラートを送ります。

  4. Cisco Webex ミーティングの場合、ハイブリッド カレンダー サービスは Cisco Webex クラウドから参加の詳細を取得し、ミーティングの招待状を更新します。

  5. カレンダーコネクタは、利用可能なすべての参加の詳細と共に [説明] フィールドに情報を入力し、ユーザー属性 "TMS: ExternalConferenceData" の値をミーティングの SIP URI に設定します。

  6. Exchange からの EWS 通知メールは、Cisco TMSXE ミーティングが更新されたことについてのアラートを送ります。

  7. Cisco TMSXE は Cisco TMS のミーティングを外部的にホストされるように更新し、OBTP のダイヤル文字列を設定します。

  8. Cisco TMS は今後のミーティングのための OBTP 情報をエンドポイントに送信します。

オンプレミス登録デバイスに OBTP をセットアップする

プレミスに登録済みエンドポイントの場合、OBTP は、次のような方法で、ミーティング招待状のためのハイブリッド カレンダー サービスおよび生産性向上ツール プラグインとともに機能します。

  • ハイブリッド カレンダー サービス (スケジューリング キーワードまたはサポートされているビデオ アドレス) は、ユーザー属性 "TMS:ExternalConferenceData" に TMS のSIP URI を入力して、OBTP ダイヤル文字列を設定します。

  • 生産性向上ツール プラグインは、属性 "UCCapabilities" に TMS の SIP URI を入力して、OBTP ダイヤル文字列を設定します。

1

Microsoft Exchange インテグレーションで、Cisco TMS 15.0 と Cisco TMSXE 5.0 以上をセットアップします。 「Cisco Collaboration Meeting Rooms (CMR) ハイブリッド構成ガイド (TMS 15.0 - WebEx Meeting Center WBS30)」を確認してください。.

2

会議室を Microsoft Outlook/Exchange でスケジュール可能にするには、オンプレミスで会議したかのように、XE でそれらを構成してください。 Exchange で会議室を構成するためには、「Cisco TelePresence Management Suite Extension for Microsoft Exchange 管理ガイド」を使用してください。

3

TMS と TMSXE のライセンスを取得します。

TMS と XE ライセンスの付与は、オンプレミスのリソースを使用する場合と同じです。 OBTP を使用するエンドポイントの数に対応する十分な数のライセンスが必要です。 TMS ライセンスはエンドポイントを管理し、スケジュールされた会議のときに、タッチパッドのスピード ダイヤル ボタンを押す必要があります。 TMS-XE ライセンスは、Exchange でスケジュールされるエンドポイントに必要です。

4

Office 365 でハイブリッド Exchange 環境を展開する予定がある場合、Exchange Online のリモートドメインの TNEF を有効にします。 TNEF を無効にすると、Exchange Online は、ExternalConferenceData および UCCapabilities 属性を削除するため、Unified CM 登録エンドポイントの OBTP は無効になります。

オンプレミス会議を行う場合、Cisco Webex Meetings で OBTP を追加することが、同時に両方を実行できます。 OBTP 機能のみをサポートします。自動接続は使用可能ではありません。

[参加] ボタンのトラブルシューティングを行う

オンプレミスで登録されているデバイスの [参加] ボタンはありません

問題 ハイブリッド Exchange 環境では、オンプレミスの登録済みデバイスに [参加] ボタンが表示されません。

考えられる原因 ハイブリッド Exchange 環境では、リモート ドメインの TNEF を無効にすると、Exchange Online は、ミーティングの ExternalConferenceData および UCCapabilities ユーザー属性を削除します。 これにより、インテグレーションされた Unified CM に登録済みエンドポイントの OBTP が破損します。 これらの属性が存在しなくなると、Cisco TMSXE は Cisco TMS のミーティングを更新することはできず、Cisco TMS はミーティングの OBTP ダイヤル文字列を設定することができなくなります。

対処方法 対処方法この状態を修正するには、リモート ドメインに対して TNEF が許可されていることを確認してください。 詳細については「https://docs.microsoft.com/en-us/exchange/mail-flow/content-conversion/tnef-conversion」を参照してください。

特定のデバイス上の [参加] ボタンはありません

問題 ミーティングがまもなく開始されようとしているときに、デバイスには [参加] ボタンが表示されません。

考えられる原因 デバイスはミーティング招待状を自動的に承諾しません。

対処方法 デバイスの リソースカレンダーをチェックし、ミーティングの招待を承諾したかどうかを確認します。 していない場合は、デバイスのリソース メールボックスを、ミーティングの要求を自動的に承諾するように構成します。