Webex のミーティングに関する問題を独自の記事に整理しました。「Webex Meetings の既知の問題」をチェックして、問題がリストにないかどうかを確認してください。

問題を解決するための情報が見つからない場合は、フィードバックを送信して、Webex アプリの改善にご協力ください。

Windows OS の最小バージョンは Windows 7 です。

更新中

  • 管理者がインストールした Windows 環境では、更新された Webex ロゴは自動更新では表示されません。 ショートカットとスタート メニューには古いロゴと名前が表示されます。

    回避策: 管理者は新しいアプリのフル インストールを実行する必要があります。

  • 更新された Webex ロゴの自動更新により、[プログラムの追加または削除] には古い名前とアイコンが表示されます。

    回避策: 管理者がインストールした環境では、管理者は新しいアプリのフル インストールを実行できます。その他の環境では、ユーザーが MSI を使用してフル インストールを実行できます。

  • Webex アプリが Microsoft Outlook の OST ファイルにアクセスするため、Microsoft Outlook を開始できなくなる場合があります。

    回避策:Webex アプリを終了し、Outlook を起動して、Webex アプリを再起動します。

  • 次のバージョンの Webex アプリでは、管理者が Windows 環境をインストールしたユーザーに対して自動更新が機能しなくなります。

    • 3.x ~ 3.0.9168.0

    • 3.0.8483.0

    • 3.0.8780.0

    • 3.0.8951.0

    • 3.0.9081.0

    ユーザーは https://www.webex.com/downloads.html から最新バージョンをダウンロードし、手動でインストールすることを推奨します。 詳細については IT 管理者に連絡してください。

Calling

  • コール キューの 2 番目の通話に応答できません。

  • 通話中に、誰か他の人に転送された場合、画面を共有しようとすると通話がドロップされます。

  • モバイル アプリでアクティブな通話の緑のタイマー ボタンをクリックすると、Webex がクラッシュする場合があります。

    回避策:通話をモバイル アプリからデスクトップ アプリに移動します。

  • デスクフォンでステータスを応答不可に設定しているとき、発信者がボイスメールに回されません(Webex Calling とサービス プロバイダーによってホストされる通話のみ)。

  • アプリがデスクフォンに接続されていて、[ミーティング] タブから自分のパーソナル会議室に参加しようとすると、参加できそうに見えるものの、電話が鳴りません(Webex Calling とサービス プロバイダーによってホストされる通話のみ)。

  • デスクフォンに接続され、パーソナル会議室に参加しようとすると、デスクフォンがミーティングをサポートしてない場合にエラーを受け取ります。

    回避策: まずデスクフォンの接続を解除してから、パーソナル会議室への参加に進みます。

  • アプリで通話を行うコール サービスと統合されているが、Webex が通話にプライマリラインのみを使用します。

    回避策: セカンダリ ラインがある場合は、通話をプライマリ ラインに転送できます。

  • 1 つのアプリケーションを他のユーザーと共有する場合、共有されているアプリケーションの上に他のアプリケーションのウィンドウが配置されていると、共有コンテンツが表示されないことがあります。

    回避策: 通話ウィンドウを最小化するか、共有アプリケーションビューからウィンドウを移動します。

  • 一部の着信で、不明な発信者と表示されます。

  • Wi-Fi で発信できない場合、会社のファイアウォールの設定が誤っているかもしれません。

    回避策:Webex アプリの Wi-Fi 接続問題

  • 通話中に Webex を閉じた場合、アプリは終了しますが、通話が終了しません。

    回避策: をクリックしてから、アプリウィンドウを閉じます。

  • アプリを使用してノートパソコンから発信する際に、音声の品質問題が発生する可能性があります。

    • Lenovo Carbon X1, Generations 1 から 4。

      • Generations 1 から 3 では音声ドライバのアップデートが必要です。

      • Generation 4 にはソリューションがありません。

    • Lenovo W54、T430、T450、および S21e ではオーディオ ドライバーのアップデートが必要です。

    回避策: 音声ドライバーを最新バージョンに更新してください。

  • 通話を移動すると、通話している電話番号の数に加えて、*11 が表示されます。

  • 会議通話で間違った表示名が表示されます。

  • 通話履歴で発信者 ID が一致しません。

  • 内線への 3 者通話が機能しません。

ミーティング

  • Webex から全機能を備えた Webex ミーティングに参加し、音声のコールバックオプションとして SIP URI を指定した場合、ミーティングに参加すると音声は接続できず、着信を拒否するか、ミーティングから退出するかのオプションしか選択できません。

メッセージング

  • 言語が中国語、日本語、または韓国語の場合、表情アイコンを絵文字にすることはできません。

  • Dell Backup and Recovery ソフトウェアがインストールされている場合は、ファイル ブラウザーを使用して、プロファイル写真を変更したり、ファイルを選択してスペースに送ったりすることができません。

ホワイトボード

  • ホワイトボードが開きかけているときに何本か線を引くと、表示に遅延が生じることがあります。

  • Webex で新しいホワイトボードを作成できない場合。

    回避策: OpenGL をバージョン 2.0 以降にアップデートします。

会議室およびデスク デバイス

最小の macOS バージョンは 10.12 です。

更新中

  • 管理者がインストールした Mac 環境では、更新された Webex ロゴは自動更新では表示されません。 ショートカットとスタート メニューには古いロゴと名前が表示されます。

    回避策: 管理者は新しいアプリのフル インストールを実行する必要があります。

  • 次のバージョンの Webex アプリのある、管理者がインストールした Mac 環境では、ユーザーは管理者資格情報を入力して、Webex アプリの新しいバージョンへの自動更新を許可する必要があります。

    • 3.0.13354.0

    • 3.0.13401.0

    詳細については IT 管理者に連絡してください。

Calling

  • コール キューの 2 番目の通話に応答できません。

  • 通話中に、誰か他の人に転送された場合、画面を共有しようとすると通話がドロップされます。

  • モバイル アプリでアクティブな通話の緑のタイマー ボタンをクリックすると、Webex がクラッシュする場合があります。

    回避策:通話をモバイル アプリからデスクトップ アプリに移動します。

  • デスクフォンでステータスを応答不可に設定しているとき、発信者がボイスメールに回されません(Webex Calling とサービス プロバイダーによってホストされる通話のみ)。

  • アプリがデスクフォンに接続されていて、[ミーティング] タブから自分のパーソナル会議室に参加しようとすると、参加できそうに見えるものの、電話が鳴りません(Webex Calling とサービス プロバイダーによってホストされる通話のみ)。

  • デスクフォンに接続され、パーソナル会議室に参加しようとすると、デスクフォンがミーティングをサポートしてない場合にエラーを受け取ります。

    回避策: まずデスクフォンの接続を解除してから、パーソナル会議室への参加に進みます。

  • アプリで通話を行うコール サービスと統合されているが、Webex が通話にプライマリラインのみを使用します。

    回避策: セカンダリ ラインがある場合は、通話をプライマリ ラインに転送できます。

  • 1 つのアプリケーションを他のユーザーと共有する場合、共有されているアプリケーションの上に他のアプリケーションのウィンドウが配置されていると、共有コンテンツが表示されないことがあります。

    回避策: 通話ウィンドウを最小化するか、共有アプリケーションビューからウィンドウを移動します。

  • 一部の着信で、不明な発信者と表示されます。

  • Wi-Fi で発信できない場合、会社のファイアウォールの設定が誤っているかもしれません。

    回避策:Webex アプリの Wi-Fi 接続問題

  • 通話中に Webex を閉じた場合、アプリは終了しますが、通話が終了しません。

    回避策: をクリックしてから、アプリウィンドウを閉じます。

  • Webex が自動的に近くの会議室デバイスとデスク デバイスを発見できるように許可すると、音声品質が悪化することがあります。

    回避策:Cisco Webex Room デバイスまたは Desk デバイスまたは Cisco Webex Board との自動接続を停止してください

  • 通話を移動すると、通話している電話番号の数に加えて、*11 が表示されます。

  • 会議通話で間違った表示名が表示されます。

  • 通話履歴で発信者 ID が一致しません。

  • 内線への 3 者通話が機能しません。

メッセージング

  • OneNote のテキストをコピーして Webex に貼り付けすると、コピーされたテキストが画像ファイルに変換され、アプリに投稿されます。

    回避策:[システム環境設定] > [キーボード] > [ショートカット] > [アプリのショートカット] を開きます

    • Webex Message のショートカットを作成します。

      メニューアイテム 貼り付けてスタイルに合わせる

      キーボードショートカット: command + v

    • Webex Message の 2 番目のショートカットを作成します。

      メニューアイテム 貼り付け

      キーボードショートカット: command + shift + X

  • 言語が中国語、日本語、または韓国語の場合、表情アイコンを絵文字にすることはできません。

  • メッセージを編集しようとして最大試行回数に達すると、「今回はメッセージを更新できません」というメッセージが表示され、それ以上の編集ができなくなり、変更が保存されます。

ミーティング

  • Webex から全機能を備えた Webex ミーティングに参加し、音声のコールバックオプションとして SIP URI を指定した場合、ミーティングに参加すると音声は接続できず、着信を拒否するか、ミーティングから退出するかのオプションしか選択できません。

会議室およびデスク デバイス

  • Bluetooth ヘッドセットを使用したときに、Webex Room とデスク デバイスとのペアリングで問題が生じることがあります。

    回避策: Bluetooth を無効にしてペアリングをやり直してください。

最小の iPhone OS は 13.0、最小の iPad OS は 13.1 です

iOS デバイスに関する通知

Apple の要求に従い、アプリは iOS デバイスに通知を配信するための新しいルールに従います。 以下は、お客様に通知される可能性があるいくつかの変更点です。

  • 別の Webex アプリからの読み取りとしてメッセージをマークすると、通知は iOS デバイスのロック画面ですぐには破棄されません。

  • ロック画面で、新しいメッセージがある、または新しいミーティングがある場合に、新しいメッセージまたはミーティング通知が表示される場合があります。

  • ホーム画面のバッジカウントは、アプリを前面に持って来るまで、ただちには更新されません。

Calling

  • 4 名以上のユーザーが参加する電話会議が失敗します。

  • 通話中に、誰か他の人に転送された場合、画面を共有しようとすると通話がドロップされます。

  • 通話を転送する相手は、転送を完了する前に電話に応答する必要がある場合があります(Webex Calling とサービス プロバイダーによってホストされる通話のみ)。

  • iOS 電話アプリから [最近] リストに移動し、リストからユーザーを選択して、[通話] アイコンを長押しして、[Teams] を選択すると、通話が失敗します。

  • モバイル デバイスで誰かに発信し、別の人を通話に追加すると、電話会議ではなく各ユーザーと 1 対 1 の通話を行っているかのように表示されます。

  • アプリで通話を行うコール サービスと統合されているが、Webex が通話にプライマリラインのみを使用します。

    回避策: セカンダリ ラインがある場合は、通話をプライマリ ラインに転送できます。

  • 通話リストにアクセスするとき、プロファイル画像と番号を表示する際に遅延が発生する場合があります。

  • 超音波を使用して Webex デバイスに接続されている場合、音声品質に問題が発生する場合があります。

    回避策: 超音波を無効にして、デバイスに手動で接続してください。

  • 通話性能は、まだ iPad 用には最適化されていません。

  • Wi-Fi で発信できない場合、会社のファイアウォールの設定が誤っているかもしれません。

    回避策:Webex アプリの Wi-Fi 接続問題

  • [コールバック] オプションを使用して電話からミーティングに参加するとき、デフォルトの連絡先番号が一覧に表示されません。

    回避策: 連絡先情報を再入力する必要があります。

  • Webex とシングルサインオン(SSO)で Webex Calling を使用している場合は、SSO 証明書の問題のためにアプリにサインインできない場合があります。

    回避策: iPhone または iPad で、[設定] > [一般] > [概要] > [証明書の信頼設定] に移動し、[ルート証明書の完全信頼を有効にする] で SSO 証明書を有効にします。

  • 音声からビデオに切り替えるときに通話が予期せず終了し、その後音声に戻ります。

メッセージング

  • 多くのスペースがある場合、スペースの読み込み中にコンテンツを解読する際のメッセージが表示される場合があります。

    回避策:Webex を開いたままにすると、スペースが表示されます。

  • メッセージを読んだ全員のプロフィール写真が表示されない場合があります。

    回避策: このスペースを退出して、またそれに戻ります。

  • Microsoft OneDrive および SharePoint Online ドキュメントのプレビューをしようとしているときに、時々、常に回転しているアイコンが表示される場合があります。

    回避策: ドキュメント アイコンをタップしてプレビューを表示します。

会議室およびデスク デバイス

  • Webex アプリをバックグラウンドで実行中に、通話をしていないと、赤いアクティビティバーが表示されることがあります。 これは正常です。 これは、アプリが近くの Webex Room デバイスとデスク デバイスを探していることを示しています。

    回避策:Cisco Webex Room デバイスまたは Desk デバイスまたは Cisco Webex Board との自動接続を停止してください。

  • Webex Room デバイスと デスク デバイスで通話を行うとき、またはペアリングを行うときは、Webexにモバイル デバイスのマイクへのアクセスを許可する必要があります。

フィードバック

  • フィードバックを送信すると、メール アドレス フィールドが自動的に入力されない場合があります。

    回避策: 手動で詳細を入力して、mailto:support@ciscospark.com に送信します。

最小の Android OS バージョンは 8.0 です。

サインイン

  • サインインした後で、スペース名を表示する際に遅延が発生する場合があります。

    回避策:Webex を開いたままにすると、スペース名が表示されます。

  • 正しいユーザー名とパスワードを入力した場合でも、シングル サインオンは失敗する場合があります。

    回避策: パスワードに特殊文字が含まれる場合、Android フォンではシングル サインオン中にパスワードにスペースが挿入される場合があります。 メールの下書きなど別のアプリでパスワードを入力し、Webex シングル サインオン フォームにコピーして貼り付けます。

Calling

  • 通話中に、誰か他の人に転送された場合、画面を共有しようとすると通話がドロップされます。

  • 通話を転送する相手は、転送を完了する前に電話に応答する必要がある場合があります(Webex Calling とサービス プロバイダーによってホストされる通話のみ)。

  • 通話を終了してデータをオンに戻した後、音声が聞こえてラベルが表示されますが、データをオフにしてから再びオンにした場合、サウンドやラベルが表示されません。

  • モバイル デバイスで誰かに発信し、別の人を通話に追加すると、電話会議ではなく各ユーザーと 1 対 1 の通話を行っているかのように表示されます。

  • アプリで通話を行うコール サービスと統合されているが、Webex が通話にプライマリラインのみを使用します。

    回避策: セカンダリ ラインがある場合は、通話をプライマリ ラインに転送できます。

  • Webex でのコールイン(Webex Calling とサービス プロバイダーによりホストされる通話) - アクティブな通話の最中に別の着信があった場合に、新しい通話に応答するとアクティブな通話が終了します。 しかし、元のコールは保留になっているように見えます。

  • 超音波を使用して Webex デバイスに接続されている場合、音声品質に問題が発生する場合があります。

    回避策: 超音波を無効にして、デバイスに手動で接続してください。

  • Wi-Fi で発信できない場合、会社のファイアウォールの設定が誤っているかもしれません。

    回避策:Webex アプリの Wi-Fi 接続問題

  • 一部の着信で、不明な発信者と表示されます。

  • 通話リストにアクセスするとき、プロファイル画像と番号を表示する際に遅延が発生する場合があります。

  • [コールバック] オプションを使用して電話からミーティングに参加するとき、デフォルトの連絡先番号が一覧に表示されません。

    回避策: 連絡先情報を再入力する必要があります。

メッセージング

  • ミーティングまたは通話中にアクティビティ メニューが表示されないので、メッセージを送信できません。

    回避策: 新しいスペースを作成して、ミーティングまたは通話後にメッセージを送信したり、メッセージを送信したりすることができます。

  • メッセージを読んだ全員のプロフィール写真が表示されない場合があります。

    回避策: このスペースを退出して、またそれに戻ります。

  • Microsoft OneDrive および SharePoint Online ドキュメントのプレビュー時に、常にスピン中のアイコンが表示される場合があります。

    回避策: ドキュメント アイコンをタップしてプレビューを表示します。

フィードバック

  • フィードバックを送信すると、メール アドレス フィールドが自動的に入力されない場合があります。

    回避策: 手動で詳細を入力して、mailto:support@ciscospark.com に送信します。

  • お使いの Android デバイスにより、音声およびビデオ性能は異なります。 特定のモデルで問題が生じた場合は、Webex アプリを通してフィードバックを送信してください。

Google Chrome、Mozilla Firefox、Apple Safari、または Microsoft Edge の最新の2つの主要なバージョンの 1 つを使用してください。 通話またはミーティング機能を使用するには、Chrome、Firefox、または Safari を使用する必要があります。 Webex を最新バージョンにするには、ブラウザを更新します。

Calling

  • Web 版 Webex は切り替えサーバーを使用して接続し、通話中の再ネゴシエーションをサポートしていません。 結果として、通話品質が低下するか、ネットワーク状況が変化すると切断される場合もあります。

  • Wi-Fi で発信できない場合、会社のファイアウォールの設定が誤っているかもしれません。

    回避策:Wi-Fi 接続に関する問題

  • VPN に接続している場合は、発信ができません。

    回避策: VPN から切断し、発信します。

  • 再ネゴシエーションをサポートするアプリを使用して通話に接続している場合、Web 版 Webexが帯域幅条件によりその他のアプリを制約します。 これらの制約は、画面共有などの機能の使用時に特に顕著です。

  • 一部の着信で、不明な発信者と表示されます。

  • 発信は Mozilla Firefox、Google Chrome、Safari からのみ発信できます。 他のブラウザで Web 版 Webex を使用すると、[通話] アイコンは表示されますが、それをクリックすると、Webex アプリまたは Firefox、Chrome、Safari のダウンロード ページにリダイレクトされます。

  • Web 版 Webex でその他のアプリケーションに接続するとき、ビデオが 1 方向になる場合があります。

    回避策: 常に音声を有効にします。

  • AdBlockPlus がある場合、 サインイン画面を開くために無効にすることが必要な場合があります。

メッセージング

  • @メンションを使用するときに、プロファイル画像が表示されるステータス インジケーターを一時的にオフにしました。

  • iPhone 版と iPad 版 Webex からメッセージを投稿する際に、リターン キーを押して改行すると、Web 版 Webex でメッセージを表示したときに改行が表示されません。

  • 無償の Webex アカウントの場合に、メッセージを検索しても結果が表示されません。

  • Webex への接続が切断された場合に、再接続後したにもかかわらず「再接続」のメッセージが消えないことがあります。

    回避策: ブラウザーを更新します。

  • Windows 7上で Firefox 39.0 を使用する場合、スペースをダウンロードする際に突然終了する可能性があります。

    回避策: Google Chrome を使用してください。

  • Excel ドキュメントとテキスト ファイルのプレビューは、現在サポートされていません。

  • Mozilla Firefox を使用して、スペースに画像を貼り付けることはできません。

    回避策: Google Chrome を使用してください。

ブラウザ

  • Web 版 Webex アプリは、Web のリアルタイム コミュニケーション(WebRTC)を使用して、Webex 対応アプリの間でメディアを送信します。 WebRTC は確定した基準がなく頻繁に変更されるため、ブラウザーごとに異なる解釈を行います。 お使いのブラウザが最新バージョンの WebRTC を解釈する方法に応じて、Web 版Webex の問題を生じさせるバグが発生する場合があります。

  • Web 版 Webex は、モバイル ウェブ ブラウザ(例: Safari、 Microsoft Edge、SeaMonkey、Opera)、または Microsoft Surface タブレットではサポートされていません。