Webex のミーティングに関する問題を自分の記事にまとめ、Webex ミーティングに関する既知の問題を確認し、問題がそこに記載されているかどうかをチェックします。

問題を解決するための情報が見つからない場合は、フィードバックを送信して、 Webex アプリの改善にご協力ください

Windows OS の最小バージョンは Windows 7 です。

更新中

次のバージョンの Webex アプリでは、管理者が Windows 環境をインストールしたユーザーに対して自動更新が機能しなくなります。

  • 3.x ~ 3.0.9168.0

  • 3.0.8483.0

  • 3.0.8780.0

  • 3.0.8951.0

  • 3.0.9081.0

ユーザーが https://www.webex.com/downloads.html から最新バージョンをダウンロードし、手動でインストールすることをお勧めします。 詳細については IT 管理者に連絡してください。

サインイン

  • Wacom ドライバーまたは Wacom Feel のドライバーがインストールされているデバイスで Webex を開始すると、問題が発生する場合があります。

    回避策: お使いのデバイスの Windows/Wacom で推奨されている最新のドライバーをインストールしてください。 それでも問題が解決しない場合は、Wacom ドライバー/Wacom Feel のドライバーを無効にする必要がある場合があります。

    詳細については、以下を参照してください。

Calling

  • モバイル アプリでコールを保留すると、デスクトップ アプリにウィンドウが表示されます。

  • コールが終了した後でも、状態が通話中として表示されました。

  • 卓上電話でステータスを「応答不可」に設定すると、発信者はボイスメールに到達できません (Webex Calling のみ)。

  • アプリが卓上電話に接続され、[ミーティング] タブから自分の パーソナル会議室 に参加しようとする場合、参加しようとしているように見えますが、電話は鳴りません (Webex Calling のみ)。

  • 電話会議に参加している場合、参加者リストはコールに参加している人を常に反映しているとは限りません。 重複したエントリがあったり、ユーザーが見つからなかったりなどの不整合が表示される場合があります。

  • 卓上電話に接続しているときにパーソナル会議室に参加しようとすると、卓上電話がミーティングをサポートしていない場合にエラーが表示されます。

    回避策: まず卓上電話から切断してから、パーソナル会議室に参加してください。

  • アプリでコールを発信することができるコール サービスと統合されている場合、Webex はコールにプライマリ回線のみを使用します。

    回避策: セカンダリ回線を使用している場合は、プライマリ回線にコールを転送することができます。

  • 1つのアプリケーションを他のユーザーと共有する場合、他のアプリケーションのウィンドウが共有されているアプリケーションの上に配置されている場合、共有コンテンツが見えない場合があります。

    回避策: コール ウィンドウを最小化するか、共有アプリケーション ビューからウィンドウを移動してください。

  • 管理者が Jabber を通話アプリケーションとして設定していて、Jabber にサインインしていない場合、クリックして通話を開始すると、Jabber はサインインするための通知を表示しません。

    回避策: 通話を行う前に Jabber にサインインしてください。

  • 一部の着信で、不明な発信者と表示されます。

  • Wi-Fi で発信できない場合、会社のファイアウォールの設定が誤っているかもしれません。

    回避策:Webex アプリ の Wi-Fi 接続問題。

  • コール中に Webex を閉じた場合、アプリは終了しますが、コールは終了しません。

    回避策: をクリックしてから、アプリウィンドウを閉じます。

  • アプリを使用してノートパソコンから発信する際に、音声の品質問題が発生する可能性があります。

    • Lenovo Carbon X1, Generations 1 から 4。

      • Generations 1 から 3 では音声ドライバのアップデートが必要です。

      • Generation 4 にはソリューションがありません。

    • Lenovo W54、T430、T450、および S21e ではオーディオ ドライバーのアップデートが必要です。

    回避策: 音声ドライバーを最新バージョンに更新してください。

  • 4 人以上の会議通話が機能していません。

  • コール中に別の着信があった場合、2番目のコールのみが 1 回鳴ります。

  • コール中に2番目の着信に応答した場合、2番目のコール ウィンドウが最初のコール ウィンドウの背後に表示されます。

  • 卓上電話コントロールが有効になっている電話にペアリングすることはできません。

  • コールをプルすると、あなたがいる通話の番号に加えて、*11 が表示されます。

  • 会議通話に間違った表示名が示されます。

  • 発信者 ID が通話履歴で矛盾しています。

  • 内線には 3 者通話が機能しません。

  • 管理者が Webex Calling をコーリング アプリケーションとして設定している場合、Webex Calling アプリを使用して発信する場合、Webex でプレゼンスが変更されることはありません。

  • 着信転送が常に有効になっている場合、この設定はモバイル デバイスには表示されません。 また、モバイル デバイスで常に着信転送を設定している場合、Windows コンピューターには表示されません。

  • コールが終了した後でも、状態が通話中として表示されました。

  • 一部のコールは、通話履歴で重複している可能性があります。

  • 電話会議の参加者リストに間違った参加者が表示されます。

  • 卓上電話で [応答不可] が有効になっている場合、着信がボイスメールで終了することはありません。

  • 卓上電話とペアリングされている場合、パーソナル会議室に参加することはできません。

ミーティング

  • ミーティングで Webex アプリの [参加] オプションは、スペースからミーティングに伝播されません。

  • Webex から全機能を備えた Webex ミーティングに参加し、音声のコールバック オプションとして SIP URI を指定した場合、ミーティングに参加すると、音声は接続できず、着信を拒否するか、ミーティングから退出するかのオプションしか選択できません。

メッセージ

  • メッセージに 3 つより多くの反応を追加すると、メッセージの反応の最大数に達したというエラー メッセージが表示されません。

  • 言語が中国語、日本語、または韓国語の場合、表情アイコンを絵文字にすることはできません。

  • Dell Backup and Recovery ソフトウェアがインストールされている場合は、ファイル ブラウザーを使用して、プロファイル写真を変更したり、ファイルを選択してスペースに送ったりすることができません。

ホワイトボード

  • ホワイトボードが開きかけているときに何本か線を引くと、表示に遅延が生じることがあります。

  • Webex で新しいホワイトボードを作成できない場合。

    回避策: OpenGL をバージョン 2.0 以降にアップデートします。

会議室およびデスク デバイス

  • Webex アプリは Webex Room デバイスに自動的に接続しません。

    回避策: このような問題を回避するには、最新のドライバーをインストールするか、または Webex for Windows が Cisco Webex Board とペアリングしない場合の手順に従います。

最小の macOS バージョンは 10.12 です。

更新中

次のバージョンの Webex アプリを使用する管理者がインストールされた Mac 環境では、ユーザーは管理者資格情報を入力して、Webex アプリが新しいバージョンに自動更新することを許可する必要があります。

  • 3.0.13354.0

  • 3.0.13401.0

詳細については IT 管理者に連絡してください。

Calling

  • ステータスは、自分が通話中ではない場合に、現在通話中として表示される場合があります。

  • モバイル アプリでコールを保留すると、デスクトップ アプリにウィンドウが表示されます。

  • 卓上電話でステータスを「応答不可」に設定すると、発信者はボイスメールに到達できません (Webex Calling のみ)。

  • アプリが卓上電話に接続され、[ミーティング] タブから自分の パーソナル会議室 に参加しようとする場合、参加しようとしているように見えますが、電話は鳴りません (Webex Calling のみ)。

  • 電話会議に参加している場合、参加者リストはコールに参加している人を常に反映しているとは限りません。 重複したエントリがあったり、ユーザーが見つからなかったりなどの不整合が表示される場合があります。

  • 卓上電話に接続しているときにパーソナル会議室に参加しようとすると、卓上電話がミーティングをサポートしていない場合にエラーが表示されます。

    回避策: まず卓上電話から切断してから、パーソナル会議室に参加してください。

  • アプリでコールを発信することができるコール サービスと統合されている場合、Webex はコールにプライマリ回線のみを使用します。

    回避策: セカンダリ回線を使用している場合は、プライマリ回線にコールを転送することができます。

  • 1つのアプリケーションを他のユーザーと共有する場合、他のアプリケーションのウィンドウが共有されているアプリケーションの上に配置されている場合、共有コンテンツが見えない場合があります。

    回避策: コール ウィンドウを最小化するか、共有アプリケーション ビューからウィンドウを移動してください。

  • 一部の着信で、不明な発信者と表示されます。

  • Wi-Fi で発信できない場合、会社のファイアウォールの設定が誤っているかもしれません。

    回避策:Webex アプリ の Wi-Fi 接続問題。

  • コール中に Webex を閉じた場合、アプリは終了しますが、コールは終了しません。

    回避策: をクリックしてから、アプリウィンドウを閉じます。

  • Webex が自動的に近くの Room デバイスと Desk デバイスを発見できるように許可する場合、音声品質が悪化することがあります。

    回避策:Cisco Webex Room デバイスまたは Desk デバイスまたは Cisco Webex Board との自動接続を停止してください

  • 4 人以上の会議通話が機能していません。

  • コール中に別の着信があった場合、2番目のコールのみが 1 回鳴ります。

  • コール中に2番目の着信に応答した場合、2番目のコール ウィンドウが最初のコール ウィンドウの背後に表示されます。

  • 卓上電話コントロールが有効になっている電話にペアリングすることはできません。

  • コールをプルすると、あなたがいる通話の番号に加えて、*11 が表示されます。

  • 会議通話に間違った表示名が示されます。

  • 発信者 ID が通話履歴で矛盾しています。

  • 内線には 3 者通話が機能しません。

  • 管理者が Webex Calling をコーリング アプリケーションとして設定している場合、Webex Calling アプリを使用して発信する場合、Webex でプレゼンスが変更されることはありません。

  • 着信転送が常に有効になっている場合、この設定はモバイル デバイスには表示されません。 また、モバイル デバイスで [常に着信転送] を設定している場合、Mac には表示されません。

  • コールが終了した後でも、状態が通話中として表示されました。

  • 一部のコールは、通話履歴で重複している可能性があります。

  • 電話会議の参加者リストに間違った参加者が表示されます。

  • 卓上電話で [応答不可] が有効になっている場合、着信がボイスメールで終了することはありません。

  • 卓上電話とペアリングされている場合、パーソナル会議室に参加することはできません。

メッセージ

  • 言語が中国語、日本語、または韓国語の場合、表情アイコンを絵文字にすることはできません。

  • メッセージを編集しようとして最大数の試行回数に達すると、「メッセージは今回更新できません。」というメッセージが表示され、後でさらに編集が機能しないか、変更が保存されます。

ミーティング

  • ミーティングで Webex アプリの [参加] オプションは、スペースからミーティングに伝播されません。

  • Webex から全機能を備えた Webex ミーティングに参加し、音声のコールバック オプションとして SIP URI を指定した場合、ミーティングに参加すると、音声は接続できず、着信を拒否するか、ミーティングから退出するかのオプションしか選択できません。

会議室およびデスク デバイス

  • Bluetooth ヘッドセットを使用する場合、Webex Room デバイスと Desk デバイスとのペアリングで問題が生じることがあります。

    回避策: Bluetooth を無効にしてペアリングをやり直してください。

最小の iPhone および iPad OS バージョンは 11.0 です

サインイン

  • Webex にサインインすると過去のミーティングの通知が表示される場合があります。

    回避策: サインアウトして再度サインインしてください。

Calling

  • 特定の環境で SIP 180 を受信しない場合、セミコロン転送を使用できません。

  • コールに応答する時にビデオが自動的に無効に設定されている場合、ビデオはまだ共有されています。

  • モバイル アプリで通話を保留すると、Windows アプリにミュート、再開などの通話コントロールを示すポップアップが表示されます。 コールを引き渡していない場合は、デスクトップからモバイル コールをコントロールできないため、ポップアップは表示されません。

  • iOS 電話アプリから [最近] リストに行き、リストからユーザーを選択し、[コール] アイコンを長押しして、[チーム] を選択すると、通話は失敗します。

  • モバイル デバイスで他の人に発信し、別のユーザーを通話に追加すると、電話会議の代わりに各ユーザーとの 1:1 コールになっているかのように見えます。

  • アプリでコールを発信することができるコール サービスと統合されている場合、Webex はコールにプライマリ回線のみを使用します。

    回避策: セカンダリ回線を使用している場合は、プライマリ回線にコールを転送することができます。

  • 通話リストにアクセスするとき、プロファイル画像と番号を表示する際に遅延が発生する場合があります。

  • 超音波を使用して Webex デバイスに接続されている場合、音声品質に問題が発生する場合があります。

    回避策: 超音波を無効にして、デバイスに手動で接続してください。

  • 通話性能は、まだ iPad 用には最適化されていません。

  • Wi-Fi で発信できない場合、会社のファイアウォールの設定が誤っているかもしれません。

    回避策:Webex アプリ の Wi-Fi 接続問題

  • [コールバック] オプションを使用して電話からミーティングに参加するとき、デフォルトの連絡先番号が一覧に表示されません。

    回避策: 連絡先情報を再入力する必要があります。

  • Webex (Unified CM) およびシングルサインオン (SSO) で Webex Calling を使用している場合、SSO 証明書の問題のためにアプリにサイン インできない場合があります。

    回避策: IPhone または iPad で、[設定] > [一般] > [概要] > [証明書の信頼設定] に移動し、 [ルート証明書の完全信頼を有効にする] の下で、SSO 証明書を有効にします。

  • 場合によっては、着信転送するときに、[転送終了] ボタンが消えます。

  • 音声からビデオに切り替えた後、音声に戻ると、コールが予期せず終了します。

  • 通話中に 2 番目の着信を受けた場合、2 番目の着信の発信者 ID には不明な発信者が表示されます。

  • 管理者が Webex Calling をコーリング アプリケーションとして設定している場合、Webex Calling アプリを使用して発信する場合、Webex でプレゼンスが変更されることはありません。

  • 着信転送が常に有効になっている場合、この設定はデスクトップには表示されません。 またデスクトップで [常に着信転送] を設定している場合、iPhone または iPad には表示されません。

メッセージ

  • メッセージに @all を送信すると、@ 記号の代わりに、??? が表示される場合があります。

    回避策: もう一度メッセージを送信してください。

  • 多くのスペースがある場合、スペースの読み込み中にコンテンツを解読する際のメッセージが表示される場合があります。

    回避策:Webex を開いたままにすると、スペースが表示されます。

  • メッセージを読んだ全員のプロフィール写真が表示されない場合があります。

    回避策: このスペースを退出して、またそれに戻ります。

  • 6 人以上のユーザーがメッセージを読むと、プロファイル画像の横に番号が表示されます。 番号をタップすると、メッセージを見た他のユーザーのリストが表示されます。 ただし、三角形が頭の上に表示されるだけで、ほかのものは表示されません。

  • Microsoft OneDrive および SharePoint Online ドキュメントのプレビューをしようとしているときに、時々、常に回転しているアイコンが表示される場合があります。

    回避策: ドキュメント アイコンをタップしてプレビューを表示します。

会議室およびデスク デバイス

  • Webex アプリをバックグラウンドで実行中に、通話をしていないと、赤いアクティビティ バーが表示されることがあります。 これは正常です。 これは、アプリが近くの Webex Room デバイスと Desk デバイスを探していることを示しています。

    回避策:Cisco Webex Room デバイスまたは Desk デバイスまたは Cisco Webex Board との自動接続を停止してください。

  • コールを行うか、 Webex Room デバイスと Desk デバイスのペアリングを行うときには、Webex にモバイル デバイスのマイクへのアクセスを許可する必要があります。

フィードバック

  • フィードバックを送信すると、メール アドレス フィールドが自動的に入力されない場合があります。

    回避策: 手動で、詳細を入力し、その後 mailto:support@ciscospark.com を入力してください。

最小の Android OS バージョンは 7.0 です。

サインイン

  • Webex にサインインすると過去のミーティングの通知が表示される場合があります。

    回避策: サインアウトして再度サインインしてください。

  • サインインした後で、スペース名を表示する際に遅延が発生する場合があります。

    回避策:Webex を開いたままにすると、最終的に、スペース名が表示されます。

  • 正しいユーザー名とパスワードを入力した場合でも、シングル サインオンは失敗する場合があります。

    回避策: パスワードに特殊文字が含まれる場合、Android フォンではシングル サインオン中にパスワードにスペースが挿入される場合があります。 E メールの草稿などの別のアプリでパスワードを入力し、Webex シングル サインオン フォームにコピーして、貼り付けてみてください。

Calling

  • チーム アプリは、バッテリー最適化が有効になっているという理由により、着信のプッシュ通知を受け取りません。

  • 特定の環境で SIP 180 を受信しない場合、セミコロン転送を使用できません。

  • コールに応答する時にビデオが自動的に無効に設定されている場合、ビデオはまだ共有されています。

  • モバイル アプリで通話を保留すると、Windows アプリにミュート、再開などの通話コントロールを示すポップアップが表示されます。 コールを引き渡していない場合は、デスクトップからモバイル コールをコントロールできないため、ポップアップは表示されません。

  • コールを終了してから、データをオンにすると、音が鳴り、ラベルが表示されますが、データをオフにしてから再びオンにすると、音が鳴ったりやラベルが表示されることはありません。

  • モバイル デバイスで他の人に発信し、別のユーザーを通話に追加すると、電話会議の代わりに各ユーザーとの 1:1 コールになっているかのように見えます。

  • アプリでコールを発信することができるコール サービスと統合されている場合、Webex はコールにプライマリ回線のみを使用します。

    回避策: セカンダリ回線を使用している場合は、プライマリ回線にコールを転送することができます。

  • Webex でのコール イン (Webex Calling) —アクティブなコールを行い、別の着信を受けた場合、新しいコールに応答すると、アクティブなコールが終了します。 しかし、元のコールは保留になっているように見えます。

  • 超音波を使用して Webex デバイスに接続されている場合、音声品質に問題が発生する場合があります。

    回避策: 超音波を無効にして、デバイスに手動で接続してください。

  • Wi-Fi で発信できない場合、会社のファイアウォールの設定が誤っているかもしれません。

    回避策:Webex アプリ の Wi-Fi 接続問題。

  • 一部の着信で、不明な発信者と表示されます。

  • 通話リストにアクセスするとき、プロファイル画像と番号を表示する際に遅延が発生する場合があります。

  • [コールバック] オプションを使用して電話からミーティングに参加するとき、デフォルトの連絡先番号が一覧に表示されません。

    回避策: 連絡先情報を再入力する必要があります。

  • 場合によっては、着信転送するときに、[転送終了] ボタンが消えます。

  • 通話中に 2 番目の着信を受けた場合、2 番目の着信の発信者 ID には不明な発信者が表示されます。

  • 管理者が Webex Calling をコーリング アプリケーションとして設定している場合、Webex Calling アプリを使用して発信する場合、Webex でプレゼンスが変更されることはありません。

  • 着信転送が常に有効になっている場合、この設定はデスクトップには表示されません。 またデスクトップで常に着信転送を設定している場合、Android デバイスには表示されません。

メッセージ

  • ミーティングまたは通話中にアクティビティ メニューが表示されないので、メッセージを送信できません。

    回避策: 新しいスペースを作成して、ミーティングまたは通話後にメッセージを送信したり、メッセージを送信したりすることができます。

  • メッセージを読んだ全員のプロフィール写真が表示されない場合があります。

    回避策: このスペースを退出して、またそれに戻ります。

  • Microsoft OneDrive および SharePoint Online ドキュメントのプレビュー時に、常にスピン中のアイコンが表示される場合があります。

    回避策: ドキュメント アイコンをタップしてプレビューを表示します。

フィードバック

  • フィードバックを送信すると、メール アドレス フィールドが自動的に入力されない場合があります。

    回避策: 手動で、詳細を入力し、その後 mailto:support@ciscospark.com を入力してください。

  • お使いの Android デバイスにより、音声およびビデオ性能は異なります。 特定のモデルで問題が生じた場合は、Webex アプリを通してフィードバックを送信してください。

Google Chrome、Mozilla Firefox、Apple Safari、または Microsoft Edge の最新の2つの主要なバージョンの 1 つを使用してください。 通話またはミーティング機能を使用するには、Chrome、Firefox、または Safari を使用する必要があります。 Webex を最新バージョンにするには、ブラウザーを更新します。

Calling

  • 切り替えサーバーを使用し、通話中の再ネゴシエーションをサポートしないウェブ接続用の Webex によるコール。 結果として、通話品質が低下するか、ネットワーク状況が変化すると切断される場合もあります。

  • Wi-Fi で発信できない場合、会社のファイアウォールの設定が誤っているかもしれません。

    回避策:Wi-Fi 接続問題

  • VPN に接続している場合は、発信ができません。

    回避策: VPN から切断し、発信します。

  • 再ネゴシエーションをサポートするアプリを使用して、誰かと通話に接続している場合、ウェブ版 Webex が帯域幅条件によりその他のアプリを制約します。 これらの制約は、画面共有などの機能に対して特に認識できます。

  • 一部の着信で、不明な発信者と表示されます。

  • 発信は Mozilla Firefox、Google Chrome、Safari からのみ発信できます。 その他のブラウザーでウェブ版 Webex を使用する場合、コール アイコンが表示されます。それをクリックすると、 Webex アプリまたは Firefox、Chrome、またはSafari をダウンロードするためにリダイレクトされます。

  • ウェブ版 Webex とその他のアプリケーションに接続するとき、一方通行のビデオを経験する場合があります。

    回避策: 常に音声を有効にします。

  • AdBlockPlus がある場合、 サインイン画面を開くために無効にすることが必要な場合があります。

メッセージ

  • @メンションを使用するときに、プロファイル画像が表示されるステータス インジケーターを'一時的にオフにします。

  • iPhone 版または iPad 版の Webexからメッセージを投稿する際に、リターン キーを押して改行する場合、ウェブ版 Webex でメッセージを表示すると改行が見えません。

  • 無償の Webex アカウントがある場合は、メッセージを検索しても結果が表示されません。

  • Webex への接続が切断された場合は、再接続後でも「再接続」メッセージが消えない場合があります。

    回避策: ブラウザーを更新します。

  • Windows 7上で Firefox 39.0 を使用する場合、スペースをダウンロードする際に突然終了する可能性があります。

    回避策: Google Chrome を使用してください。

  • Excel ドキュメントとテキスト ファイルのプレビューは、現在サポートされていません。

  • Mozilla Firefox を使用して、スペースに画像を貼り付けることはできません。

    回避策: Google Chrome を使用してください。

ブラウザ

  • ウェブ版 Webex アプリは、Web Real-Time Communication (WebRTC) を使用して、Webex を使用できるアプリの間でメディアを送信します。 WebRTC は確定した基準がなく頻繁に変更されるため、ブラウザーごとに異なる解釈を行います。 ブラウザーが最新バージョンの WebRTC を解釈する方法に応じて、ウェブ版 Webexの問題を生じさせるバグを導入する場合があります。

  • ウェブ版 Webex は、次を含むモバイル ウェブ ブラウザーではサポートされていません。 Safari、 Microsoft Edge、SeaMonkey、Opera、 Microsoft Surface タブレットでは、サポートされていません。