インストール ディレクトリ

インストール方法

OS

WBS39.10 の前

WBS39.10 から

大量と手動インストール

Windows

C:\Program Files (x86)\Webex\Webex\Applications

生産性向上ツール: C:\Program Files (x86)\Webex\Plugins

デスクトップ アプリ (プレミーティング): C:\Program Files (x86)\Webex\Webex\Applications

Mac

/Applications/Webex

生産性向上ツール: /Applications/Webex Productivity Tools

デスクトップ アプリ (プレミーティング): /Applications

ミーティング終了後の自動インストール

Windows

C:\Users\username\AppData\ Local\Webex\Webex\Applications

生産性向上ツール: C:\Users\username\AppData\LocaWebex\Plugins

デスクトップ アプリ (プレミーティング): C:\Users\username\AppData\LocaWebex\Applications

Mac

/Applications/Webex

生産性向上ツール: /Applications/Webex Productivity Tools

デスクトップ アプリ (プレミーティング): /Applications

Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリの使用の詳細については、ここをクリックしてください。

管理者権限

アプリケーション

Windows

Mac

手動インストールの場合 (Webex サイトの [ダウンロード] に移動)

デスクトップ アプリ

はい

はい

生産性向上ツール

はい

はい

大量展開 (新規インストールまたはアップグレード)

* IT 管理者ユーザー

デスクトップ アプリ

はい*

はい*

生産性向上ツール

はい*

はい*

自動更新

デスクトップ アプリ

いいえ

いいえ

生産性向上ツール

いいえ

はい

ミーティングに参加 (自動ダウンロード/インストール)

デスクトップ アプリ

いいえ

いいえ

生産性向上ツール

適用外

適用外

顧客のタイプ

コンピュータ管理者権限を持たないエンド ユーザー

コンピュータ管理者権限を持つエンド ユーザ

Webex Meetings のプレミーティングまたはインミーティング デスクトップ アプリまたは生産性向上ツールの用意ができていない新規ユーザー

デスクトップ アプリは、ミーティングに参加または開始するときに、Windows および Mac に自動的にインストールされます。

生産性向上ツールが大量展開されます。

デスクトップ アプリは、ミーティングに参加または開始するときに、Windows および Mac に自動的にインストールされます。

ユーザーは生産性向上ツールをインストールまたは大量展開することができます。

プレミーティング アプリは必須であり、デスクトップ アプリ パッケージの一部として自動的にインストールされます。

それで、顧客が大量展開しない場合は、プレミーティング アプリが自動的にインストールされます。 プレミーティング アプリのバージョンは、ミーティングがホストされたサイトによって異なります。

Microsoft Outlook プラグインまたは Outlook プラグインとデスクトップ アプリを使用しているユーザー (WBS33.x-WBS39.9)

WBS39.10 アップデートでは、IT 管理者は Microsoft Office の統合を保持するために、Webex Meetings デスクトップ アプリ Webex 生産性向上ツールの両方を展開する必要があります。 デスクトップ アプリと生産性向上ツール パッケージは Webex サイトの [ダウンロード] ページからダウンロードできます。

生産性向上ツールのバージョンを WBS39.10 に保つため、Webex サイト管理または Webex Control Hub では、[新しいバージョンが利用可能になったら、Webex 生産性向上ツールを自動的にアップグレードする] はオフのままにしておいてください。 その後、IT 管理者は、サポートされているバージョンの生産性向上ツールを定期的に展開する必要があります。

IT 管理者は、ユーザーが Windows 環境にいる場合に、生産性向上ツールを自動的にアップグレードすることを選択できます。 ただし、生産性向上ツールのアップグレードには Mac の管理者権限が必要なので、Mac ユーザーがいる場合は、自動アップグレードを有効にしないでください。

対処 1 (推奨):

Webex サイト管理または Webex Control Hub で、[新しいバージョンが利用可能になったら、Webex 生産性向上ツールを自動的にアップグレードする]をオンにします。

Outlook インテグレーションおよびデスクトップ アプリはアップグレード後も保持されます。

対処 2:

Microsoft Office の統合を保持するために、Webex Meetings デスクトップ アプリと Webex 生産性向上ツールの両方を展開します。 デスクトップ アプリと生産性向上ツール パッケージは Webex サイトの [ダウンロード] ページからダウンロードできます。

対処 3:

ユーザーは Webex サイトの [ダウンロード] ページに移動して、Webex Meetings デスクトップ アプリを手動でインストールすることができます。

プレミーティング デスクトップ アプリが必要ですが、パラメータを使用して非表示にすることができます。 詳細は、『Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリの大規模展開の IT 管理者ガイド』を参照してください。

プレミーティング デスクトップ アプリは、インミーティング デスクトップ アプリと同じ設定で管理されているため、両方とも同じバージョンに保持されます。

Webex Meetings デスクトップ アプリまたは生産性向上ツール パッケージのいずれかをインストールすると、以前のバージョンのデスクトップ アプリはアンインストールされます。

ユーザーが以前のバージョンのミーティング デスクトップ アプリを使用しているが、Microsoft Outlook プラグインおよびプレミーティング デスクトップ アプリがない場合

対処 1 (推奨):

Webex Meetings デスクトップ アプリ パッケージを大量展開します。これにはプレミーティングとインミーティングの両方のエクスペリエンスが含まれます。 デスクトップ パッケージは Webex サイトの [ダウンロード] ページからダウンロードできます。

対処 2:

サイトを WBS39.10 にアップグレードする WBS39.10 サイトで Webex ミーティングを開始または参加すると、Webex Meetings デスクトップ アプリ パッケージが自動的にインストールされます。 このパッケージには、プレミーティング前とインミーティングのエクスペリエンスが含まれています。

対処 1 (推奨):

WBS 39.10 Webex Meetings デスクトップ アプリ パッケージを大量展開します。これにはプレミーティングとインミーティングの両方のエクスペリエンスが含まれます。

対処 2:

サイトを WBS39.10 にアップグレードする WBS39.10 サイトで Webex ミーティングを開始または参加すると、Webex Meetings が自動的にプレミーティング アプリをインストールします。

対処 3:

ユーザーは Webex サイトの [ダウンロード] ページに移動して、Webex Meetings デスクトップ アプリを手動でインストールすることができます。

顧客のタイプ

コンピュータ管理者権限を持たないエンド ユーザー

コンピュータ管理者権限を持つエンド ユーザ

Webex Meetings のプレミーティングまたはインミーティング デスクトップ アプリまたは生産性向上ツールの用意ができていない新規ユーザー

デスクトップ アプリは、ミーティングに参加または開始するときに、Windows および Mac に自動的にインストールされます。

Office 365 アドインは大量展開されます。

デスクトップ アプリは、ミーティングに参加または開始するときに、Windows および Mac に自動的にインストールされます。

ユーザーは Office 365 アドインをインストールまたは大量展開することができます。

プレミーティング アプリは必須であり、デスクトップ アプリ パッケージの一部として自動的にインストールされます。

それで、顧客が大量展開しない場合は、プレミーティング アプリが自動的にインストールされます。 プレミーティング アプリのバージョンは、ミーティングがホストされたサイトによって異なります。

Microsoft Outlook プラグインまたは Outlook プラグインとデスクトップ アプリを使用しているユーザー (WBS33.x-WBS39.9)

Microsoft Office 365 アドインを配布して、Webex Meetings デスクトップ アプリ パッケージを大量展開します。これには、プレミーティングとインミーティングの両方のエクスペリエンスが含まれます。 デスクトップ パッケージは Webex サイトの [ダウンロード] ページからダウンロードできます。

管理者権限は必要ありません。 Office 365 アドインおよびプレミーティングとインミーティング デスクトップアプリは最新バージョンに保持されます。

対処 1 (推奨):

Microsoft Office 365 アドイン (Microsoft AppSource store から) および Webex Meetings デスクトップ アプリ パッケージの両方を大量展開。これには、プレミーティングとインミーティングの両方のエクスペリエンスが含まれます。 デスクトップ パッケージは Webex サイトの [ダウンロード] ページからダウンロードできます。

対処 2:

ユーザーは手動で Microsoft Office 365 アドイン (Microsoft AppSource store から) および Webex Meetings デスクトップ アプリ パッケージをインストールすることができます。これには、プレミーティングとインミーティングの両方のエクスペリエンスが含まれます。 デスクトップ パッケージは Webex サイトの [ダウンロード] ページからダウンロードできます。

Office 365 アドインはエンドユーザーのコンピュータに展開する必要はありません。

Office 365 アドインのアップグレードを管理する必要はありません。 新しいバージョンが利用可能になったら、最新バージョンに更新されます。

プレミーティング デスクトップ アプリは、インミーティング デスクトップ アプリと同じ設定で管理されているため、両方とも同じバージョンに保持されます。

Webex Meetings デスクトップ アプリまたは生産性向上ツール パッケージのいずれかをインストールすると、以前のバージョンのデスクトップ アプリはアンインストールされます。

プレミーティング デスクトップ アプリが必要ですが、パラメータを使用して非表示にすることができます。 詳細は、『Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリの大規模展開の IT 管理者ガイド』を参照してください。