ビデオメッシュの監視ツール

テストを実行すると、ツールはシミュレートされたミーティングを作成します。 テストが終了すると、レポートにトラブルシューティングのヒントを含むシンプルな合格または不合格の結果が表示されます。 テストを定期的に実行するようにスケジュール設定することも、オンデマンドでテストを実行することもできます。

即時テストを実行する

この手順を使用して、Control Hub 組織に登録されているクラスター内のすべてのビデオメッシュノードで、オンデマンドのメディア正常性監視テストを実行します。 結果は Control Hub にキャプチャされます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[トラブルシューティング] に移動し、[ステータス] をクリックし、[ビデオメッシュ] セクションで [監視ツール] の隣にある [詳細の表示] を選択します。

2

[テストを設定] にカーソルを合わせるか、クリックして、[今すぐ実行] をクリックします。

3

[OK] をクリックしてテストを開始します。

次に行うこと

結果は、Control Hub の監視ツールの概要ページにデータとして表示されます。 タイムライン上のドットにカーソルを合わせると、テスト結果を確認できます。 各ノードのテスト結果も確認できます。

時間単位のテストを構成する

この手順を使用して、1 時間ごとのメディアの正常性監視テストを設定し、開始します。 これらのテストは、クラスター全体、クラスター固有、またはノード固有のレベルで実行できます。 結果は Control Hub にキャプチャされます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[トラブルシューティング] に移動し、[ステータス] をクリックし、[ビデオメッシュ] セクションで [監視ツール] の隣にある [詳細の表示] を選択します。

2

[テストを設定] にカーソルを合わせるか、クリックして、[時間単位] をクリックします。

3

オプションを選択します。

  • Control Hub 組織に登録されているクラスター内のすべてのビデオメッシュノードでテストを実行する場合は、[すべてのクラスター] をオンにします。
  • Control Hub 組織に登録されている特定のクラスターにあるすべてのビデオメッシュノードでテストを実行する場合は、個々のクラスター名をオンにします。 オンにされていないクラスターエントリはテストから除外されます。
  • 個々のクラスター内で、Control Hub 組織に登録されている特定のクラスターにある個々のノード名をオンにします。 オンにされていないノードエントリはすべてテストから除外されます。
4

[次へ] をクリックします。

5

1 時間ごとのテストを実行するクラスターとノードのリストを確認します。 問題ない場合は、[構成] をクリックして現在の構成でスケジュールを設定します。

次に行うこと

結果は、Control Hub の監視ツールの概要ページにデータとして表示されます。 タイムライン上のドットにカーソルを合わせると、テスト結果を確認できます。 各ノードのテスト結果も確認できます。

監視ツールのテストを無効にする

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[トラブルシューティング] に移動し、[ステータス] をクリックし、[ビデオメッシュ] セクションで [監視ツール] の隣にある [詳細の表示] を選択します。

2

[テストを設定] にカーソルを合わせるか、クリックして、[時間単位] をクリックします。

3

無効にするテストのチェックを外し、[次へ] を選択します。

4

[構成] をクリックします。