MPP 電話メニューのユーザー体験の更新

この表は、ユーザーメニューオプションの変更をリストします。

サービスプラットフォーム: Webex Calling
市場: NAMER, カナダ, EU/EUN, AU, 日本
メンテナンスウィンドウ:

2022 年 4 月 19 日 ~ 20 日

カナダ - CA CDT: 2022 年 4 月 19 日 ~ 8:00:00 PM

NAMER - 米国 ET: 2022 年 4 月 19 日 ~ 8:00:00 PM

EMEA - GMT: 2022 年 4 月 19 日 ~ 8:00:00 PM

日本 - 日本: 20/4/2022 - 9:00:00 PM

アジアパシフィック - 一番古い: 20/4/2022 - 9:00:00 PM

情報: 電話ユーザー メニューの更新
影響モデル:

IP Phone

MPP 68xx シリーズ 6821、6841、6851、6861、

MPP 78xx シリーズ 7811、7821、7841、7861

MPP 88xx シリーズ 8811、8841、8845、8851、8861、8865

変更される情報: コントロール ハブのデバイス設定機能により構成された電話パラメータを設定するユーザーの機能を削除するために、MPP の電話ユーザー インターフェイス メニューが更新されました
変更の詳細:

ユーザー設定メニュー/通話基本設定サブメニュー

  1. ボイスメール番号 – このパラメータは読み込み専用です。

  2. 通話待機 – ユーザーは待機中の通話を有効/無効にできます。

  3. セキュアコール – このパラメータはメニューから削除されます。

  4. 自動応答ページ – このパラメータがメニューから削除されます。

  5. ダイヤル アシスタンス – このパラメータがメニューから削除されます。

ユーザー設定メニュー/画面基本設定サブメニュー

  1. スクリーンセーバー – このパラメータはユーザーメニューから削除されます。

  2. スクリーンセーバーの設定 – このメニューへのユーザーアクセスが削除されます。

  3. 設定タイマー – このパラメータはメニューから削除されます。

  4. 壁紙 – このパラメータがメニューから削除されます。

ユーザー設定メニュー/アテンダント コンソール 基本設定 サブメニュー

  1. 表示モード – このパラメータは読み込み専用です。

  2. BLF リスト – このパラメータが削除されます。

ネットワーク設定メニュー/イーサネット設定サブメニュー

  1. 802.1x - このメニューとコンテンツは読み取り専用です。

  2. CDP – このパラメータがメニューから削除されます。

  3. LLDP-MED – このパラメータはメニューから削除されます。

  4. VLAN – このパラメータがメニューから削除されます。

  5. VLAN-ID – このパラメータがメニューから削除されます。

  6. PC ポート VLAN ID – このパラメータはメニューから削除されます。

ネットワーク設定メニュー/WiFi 設定サブメニュー

  1. WiFi Enable – このパラメータは読み取り専用です。

  2. WiFi プロファイル – このメニューは読み取り専用です。

  3. WiFi ステータス – このメニュー データは読み取り専用です。

ネットワーク設定メニュー/Web サーバーサブメニュー

Web Server – このパラメータは読み取り専用です

デバイス管理/日付/時間サブメニュー

このサブメニューが削除されます

「最近」ソフトキーが 2 に追加され、連絡先ソフトキーの後にソフトキーページが追加されます

エンドユーザーの影響: デバイスは夜の再同期ウィンドウの間に自動的にアップデートされます。

Cisco ATA デバイスファームウェアのアップデート

このテーブルは、Cisco ATA 11.2.2SR1 ファームウェア アップグレードの変更をリストします。

サービスプラットフォーム: Webex Calling通信事業者、SP、VAR
市場: 米国、カナダ、EMEA、アジアパシフィック、日本
メンテナンスウィンドウ:

カナダ - CA CDT: 6/6/2022 - 9:00:00 p.m.

NAMER - 米国 ET: 6/6/2022 - 9:00:00 p.m.

EMEA - GMT: 2022 年 7 月 7 日 - 9:00:00 p.m.

日本 - 日本: 2022 年 8 月 8 日 ~ 9:00:00 p.m.

アジアパシフィック - 一番古い: 2022 年 8 月 8 日 ~ 9:00:00 p.m.

情報:

Webex Calling CPE エンジニアリング チームは、デバイスのダウンロードに対して新しい Cisco ATA 191/192 ファームウェアを設計します。

影響モデル:

Cisco ATA 191 / 192 ATA とマルチプラットフォーム ファームウェア

変更される情報:

Cisco ATA 191 / 192 とマルチプラットフォーム ファームウェア – アップグレード

新機能:

11.2.1 からファームウェア アップグレード --> 11.2.2SR1

  1. リモートPRT生成の機能が追加されました

  2. SIP msg 経由で通話統計を送信する機能を追加しました

  3. イーサネットブリッジポートモード VLAN の修正

  4. サポート DNS 名前権限ポインタ (NAPTR)

  5. DNS クエリーの最大 6 つの NAPTR レコードと 12 SRV記録のサポートを増やします

エンドユーザー要件

Webex Calling - エンド ユーザーは、設定変更を適用するために、Cisco ATA 191 / 192 ATA を再同期するか、手動で再起動する必要があります。

Webex Calling SP、VAR - Cisco ATA 191 / 192 ATA は、スケジュールされた夜に同期した後で更新されます。

リリース ノート Cisco ATA 191/192 マルチプラットフォーム アナログ電話アダプタ - ATA 190 シリーズ アナログ電話 Adapater

Cisco MPP ファームウェア アップグレード - リリース 11.3.7

この表はファームウェア アップグレードの変更をリストします。

サービスプラットフォーム: Webex 通信キャリアおよびWebex Calling VAR / SP
市場:

NAMER、カナダ、EMEA、アジアパシフィック、日本

メンテナンスウィンドウ:

11.3.7 ファームウェア アップグレード

カナダ - CA CDT: 7/7/22 09:00:00 PM

EMEA - GMT: 7/7/22 19:00:00 PM

EUN - GMT: 7/7/22 08:00:00 PM

NAMER - 米国 ET: 7/7/22 08:00:00 PM

日本 - 日本: 7/7/22 09:00:00 PM

アジアパシフィック - 一番古い: 7/7/22 08:00:00 PM

情報:

Cisco MPP ファームウェアを 11.3.7 にアップグレード

影響モデル:

Cisco MPP 6800、7800、および 8800 シリーズ

変更される情報:

MPP ファームウェア アップグレード 11.3.6 → 11.3.7

アップグレードの詳細:

HTTP プロキシのサポートを追加する (WxC および WxC キャリア)

ユーザー パスワードが設定された場合、通話ステータスで通話レコードを保護する (WxC と WxC キャリア)

デバイス上での一目で確認できる一覧 - モバイル デバイスプロバイダー PSTN対応している場合にのみ利用できます (WxC および WxC キャリア)

CUBE 17.x と互換性のある MPP enable ICE (WxC のみ)

既存のユーザーメニューオプションを「管理パスワードなしで MPP をファクトリー リセット」に有効にする (WxC のみ)

エンドユーザー要件:

WxC VAR/SP – デバイスは夜の再同期ウィンドウの間に自動的にアップデートされます。

WxC キャリア - デバイスはメンテナンス アクティビティの日付後に再起動する必要があります。

ドキュメント

MPP リリースノート

6800 リリースノート

7800 リリースノート

8800 リリースノート