機能ボタン

これらのボタンは、Cisco IP 8800 シリーズ電話機の多くの機能プロセスの重要な鍵です。

  • ナビゲーション クラスター – ナビゲーション クラスターは、電話の中心にある丸いボタンです。 上または下を押してオプション、リスト、メニューをスクロールします。 ハイライト表示されているアイテムを選択するには、[センター] ボタンを押します。

  • ソフトキー – メインディスプレイの下にあるソフトキーが、各ソフトキーの上に直接表示されるさまざまな機能を実行するために使用されます。 ソフトキー機能は、現在のアクティビティをサポートするために変更される場合があります。

  • 回線キー – 回線ボタンは、回線と通話のステータスを示します。 この機能を使用すると、回線が次のかどうかが確認できます。

    • アイドル

    • 呼び出し中

    • 使用中

    • 保留中

    • 未登録

デバイスでの仕組みをご確認ください。 この使い 方のビデオライブラリに アクセスして、Cisco 8800 シリーズおよびビデオに関するビデオの完全な卓上電話。

通話を行う

通話を行う方法:

  • ハンドセットを受話器を取り上げ、番号をダイヤルします。

  • ヘッドセットがデバイスに接続されている場合は、ヘッドセット ボタンを押して、番号をダイヤルして通話を発信します。

実際の例を見てみましょう。 Cisco 6800/7800 または Cisco 8800 デバイスで通話する方法についてのビデオデモを卓上電話

通話に応答する

着信通話に応答するには:

  • ハンドセットを持ち上げます。 [応答] ソフトキーボタン または [ スピーカーフォン] ボタン を押 することもできます。

通話を拒否する

着信を拒否するには:

  • [拒否 ] ソフトキーを押します - 着信は直ちにボイスメールに転送するか、無応答先に転送します。

アクティブな通話中に通話に応答する

アクティブな通話中に着信に応答するには:

  • [Answer] ソフト キー を押します。 アクティブな通話は自動的に保留状態になります。

着信を拒否するには:

  • [拒否] ソフトキー を押します。 着信は即座にボイスメールを転送するか、応答先の無い通話に転送します。

実際の例を見てみましょう。 Cisco 6800/7800 または Cisco 8800 デバイスで通話に応答する方法についてのビデオ卓上電話。

通話保留

アクティブな通話を保留にします。

  • [保留] ボタン または [保留] ソフト キーを 押します。

実際の例を見てみましょう。 Cisco 6800/7800 または Cisco 8800 デバイスで通話を保留する方法についてのビデオデモを卓上電話。

保留した通話を再開する

保留にした通話を受け取る場合は、次のいずれかを実行します。

  • [再開] ソフト キー ボタンを押します。

  • 通話が行われる回線ボタンを押します。 これは、赤の点滅するライトにより示されます。

N-Way 通話

アクティブな通話中に、N-Way 通話を開始します。

  • [詳細 ] または > ボタン を押します。

  • 希望の内線番号または電話番号を入力します。

  • [通話] ソフトキー を押します。 呼び出された番号が応答すると、再び [会議] を押 して、3 者通話に接続します。

    3 者通話を終了するには、電話を切るか、通話終了ソフトキー 押します。

実際の例を見てみましょう。 Cisco 6800/7800 または Cisco 8800 デバイスで、n-way 通話を開始する方法についてのビデオデモを卓上電話。

通話転送を有効にするには:

  • [進む] ソフトキー を押します。

  • [進む] オプションを選択します。

  • [選択] をクリックします。

  • 2 番目の [すべて転送] フィールドに発信した場合と同様に、番号をダイヤルします。


この設定を初めて行う場合は、ナビゲーション矢印を最初の [すべて転送] に押します。

  • [設定] を押 して有効にしてください。

表示された場合、回線は転送先番号に転送されます。

ブラインド転送を行う

発信者についてプライベートに話さずに別のユーザーに通話を転送します。

アクティブな通話中:

  • [詳細] ソフト キー を押します。

  • [ブラインド転送 ] ソフトキーを 押します。

  • 電話番号を入力し、[通話] ソフトキー を押して転送を完了します。

コンサルティングの転送を行う

転送する前に、通話についてプライベートに話します。

  • アクティブな通話中に、[転送] ボタンまたは [転送] ソフトキーを押します。

  • 電話番号を入力し、[通話] ソフト キーを 押します。 最初の通話は自動的に保留され、宛先パーティの電話は鳴っています。

  • 接続先のパーティが応答すると、転送する前に通話についてプライベートに話をすることができます。

  • 転送を完了するには、[転送] ボタンまたは [転送] ソフトキー再度押します。

ボイスメールへの直接転送を行います

別のユーザーのボイスメールに直接通話を転送します。電話の呼び出し音は鳴らします。

アクティブな通話中:

  • [詳細] ソフト キー を押します。

  • [ブラインド転送 ] ソフトキーを 押します。

  • 通話 を転送する内線番号に続いて、*55 にダイヤルします。 これによりボイスメールへの転送が完了します。

実際の例を見てみましょう。 Cisco 8800 プロファイルを使ってボイスメールに直接通話を転送する方法についてのビデオ卓上電話。

取り込み中を有効にするには:

  • [詳細 ] ソフトキーまたは > (DND) ソフトキーを 押します。


応答不可が有効になっているとき、すべての着信はボイスメールまたは着信転送無応答の宛先に転送されます。 取り込み中を無効にするには、[詳細] ソフトキーを押し、次に [取り込み中](DND)ソフトキーを再び押します。

配置通話履歴回答、および質問に対するアクセス不在着信。

  • [情報と設定 ] ボタンを押 します。

  • 最近の 通話では 2 を押してください。 ここから、次の中から選択できます。 すべての通話、着信ミス、通話の受信、通話の受け取り。

  • ナビゲーション矢印を使用して、希望のリストまでスクロールし、[選択] ソフトキー を押して、選択します。

通話を行う場合は、希望の番号までスクロールして、[通話] ソフト キーを 押します。

最も最近の通話をすぐに行う場合不在着信 コール リターン ソフトキーを 押します。


このキーは、最近電話を逃し、ショートカット機能が不在着信に設定されている場合にのみ表示されます。 この設定を確認するには、情報と設定ボタン、[ユーザー設定]、次に [通話基本設定] を選択します。

実際の例を見てみましょう。 Cisco 8800 ビデオシステムでビデオを通話履歴する方法について、このビデオのデモを卓上電話。

コール パークは、1 つの電話で通話を「パーク」し、別の電話で取得できる共有保留です。 たとえば、アーカイブしたファイルに関する質問を顧客から受け取った場合、通話をパークし、ファイルルーム電話から通話を取得してアカウントの質問に答えることができます。

通話のパーク:

  • [転送] ソフト キーを押して、*68 (*68) と入力します。

  • [通話] を 押します

  • # (#) キーを押して、プロンプトを合図します。 通話をパークする内線番号 を入力するか、# (#) キーを押して、自分の内線番号に対して通話をパークします。

任意の電話からパークされた通話を取得する:

  • [詳細] を 押します

  • ピックアップ ソフトキー 押します。

通話プル機能は、ユーザーがアプリ デバイスから通話を通話デバイスにプルすることにより、モバイル ソフトフォン アプリケーションですでにアクティブな会話を継続卓上電話。

デスクトップまたはモバイル ソフトフォン アプリケーションでアクティブな通話中に通話プルを実行します。

  • デスクトップフォンでハンドセットをピックアップし、*11 (Star 11) にダイヤルします。

  • アクティブ通話はデスクトップ電話に移動しました。

ボイスメールを設定する

ボイスメールを設定するには:

  • 会社のボイスポータルに電話するか、[メッセージ] ボタンを します。

  • メールボックス ID を入力し、# (#) キーを押 します。

  • パスコードを入力します。


    パスコードは通常、6 桁の数字と # (#) キーが続 きます。

  • メニューオプションのプロンプトが開始します。

  • 1 を押してボイスメールボックスにアクセスしてください。

ボイスメールにアクセスする

ボイスメールにアクセスするには:

  • [メッセージ] ボタン 押します。

  • 音声ガイドに従い PIN を選択し、名前を録音し、自分の挨拶メッセージを録音します。

ボイスメールを取得します

ボイスメールを取得するには:

  • [メッセージ ] を 押して、ボイス プロンプトに従ってボイスメールの PIN を入力します。