始める前に

  • 組織は、選択した通話動作のための適切なサブスクリプションを持っている必要があります。

  • Cisco Jabber を選択する場合は、プロトコル ハンドラー ciscotel に登録されていることを確認してください。

  • ユーザーは有効な電話番号を持っている必要があります。 番号が無効な場合でも、Webex アプリは選択する通話アプリに番号を送りますが、通話は失敗します。

1

https://admin.webex.com/ の顧客ビューから、[管理] > [組織設定] に移動し、[発信動作] までスクロールします。

2

Webex アプリでの通話に組織レベルの設定として使用するアプリを以下から選択し、[保存] をクリックします。

  • Webex での発信 - ユーザーが次のコール サービスの 1 つを使用して Webex アプリ内で直接発信する場合は、このオプションを選択します: Webex CallingWebex Calling(以前の Spark Call)ハイブリッドコーリング

  • Webex (Unified CM) での発信 ‐ ユーザーが保留や再開などの通話機能向けにソフトフォンとして Unified CM に登録されている Webex アプリで直接発信する場合は、このオプションを選択します。 詳細については、「Webex アプリ (Unified CM) の通話の展開ガイド」(https://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/voice_ip_comm/cloudCollaboration/wbxt/ucmcalling/unified-cm-wbx-teams-deployment-guide.html) を参照してください。

    Webex アプリでユーザーに適用するドメインを以下から選択します。

    • 組織のドメインを使用する - デフォルトでは、組織のドメインは Webex アプリのすべてのユーザーに適用されます。

    • 発信に UC Manager プロファイルを使用する - UC Manager プロファイルを作成した場合は、ここで選択して Webex アプリのすべてのユーザーに適用できます。

  • Webex Calling アプリ - 組織が Cisco Webex Calling を利用していて、Webex Calling アプリで PSTN 通話を発信できるようにする場合は、このオプションを選択します。ユーザーが Webex アプリで PSTN 通話を行うと、Webex Calling アプリが起動し、通話に使用されます。


     

    Webex Calling アプリは、一部の顧客のみ利用可能です。

  • Cisco Jabber アプリ - 組織に Cisco Unified Communications Manager が導入され、ユーザーが Cisco Jabber から PSTN 通話を行うことを許可する場合は、このオプションを選択します。 ユーザーが Webex アプリで PSTN 通話を行うと、Cisco Jabber アプリが起動し、通話に使用されます。

  • サードパーティのアプリ - 組織がサードパーティの通話アプリを利用していて、そのアプリで PSTN 通話を発信できるようにする場合は、このオプションを選択します。通常、組織内の Webex アプリのユーザーはこのオプションで無料通話できます。 ユーザーが Webex アプリで PSTN 通話を行うと、サードパーティのアプリが起動し、通話に使用されます。

ユーザーが Webex アプリから PSTN 通話や内線通話を行うには、対応するアプリケーションをインストールしておく必要があります。 どの方式を選択したかということと、 コールを行う際に別のアプリを使用していることをユーザーに知らせてください。


 

組織全体のデフォルトのコールを設定した後で、組織内の個々のユーザーに異なるコーリング サービスを割り当てることができます。 [管理] > [ユーザー] に移動し、[設定] までスクロールして [発信動作] を選択します。 必要に応じて選択して、[保存] をクリックします。