通話転送の設定方法は、使用している電話サービスによって異なります。 不明な場合に、簡単にわかる方法があります

通話転送の設定が表示されない場合は、セルフケア ポータルの最初にオンにする必要があります。 [セルフケア] ポータルを使用して、電話のオプションをセットアップすることに慣れているかもしれません。Webex アプリこれらの設定を使用して、アプリから簡単に追加することができます。

1

プロファイル画像から、[設定] (Windows) または [環境設定] (Mac) を選択して、[Calling] をクリックします。

2

[その他の通話設定] までスクロールして、[コールの詳細設定] をクリックして、Web ブラウザーでポータルを開きます。

3

[自分の電話] を選択し、指示に従って、転送先の電話番号を追加します。

4

通話転送をオンにした後は、アプリのフッターの に進み、通話を転送する場所を選択できます。 そこから、ボイスメール、複数の回線がある場合は別の作業回線、または以前に設定した番号に通話を転送できます。 または、新しい番号を追加するには、 に進み、[通話の基本設定を開く] を選択して、セルフケア ポータルに戻ります。

電話と転送の設定が緑に変わり、設定を [コールを転送しない] に戻すまでその状態を維持します。

1

プロファイル画像から、[設定] (Windows) または [環境設定] (Mac) を選択して、[Calling] をクリックします。

2

[通話転送] に進み、通話の転送先に番号を追加するか、通話をボイスメールに転送するかを選択します。

通話転送をオンにした後、アプリのフッターの電話と転送の設定は緑に変わるので、設定を [転送しない] に戻すまでそのまま残されます。 そこから通話転送を管理できます。

1

プロファイル画像をタップし、[設定] > [通話] に移動してからボイスメールや以前に設定した番号など、通話の転送先を選択します。 または別の番号を追加することもできます。

終了したら、アプリの下部にある [通話] アイコンの外観が変わり、[通話] リストの上部に通話が転送されている場所を示すバナーが表示されます。