Cisco Webex Video Platform バージョン 2 既知の問題


このセクションは、クラウドコラボレーションミーティングルームのサイトオプションで選択可能なメディアリソースタイプがある Webex Meetings にのみ適用されます。 詳細は管理者に問い合わせてください。

コンテンツ共有は H.264 ビデオ コーデックに対応していません

コンテンツ共有は、H.264 ビデオ コーデックを使用してのみサポートされます。 H.264 コーデックをサポートしない古いビデオシステムは、コンテンツ共有ができません。

ミーティング中のビデオ サムネイル体験

Webex Meetings のカスケードは、いずれかの方向に一度に最大 6 ストリームまでに制限されています。 たとえば、Webex Meetings 参加者が表示できる Webex ビデオプラットフォームユーザーのビデオストリームの最大数は 6 です(ユーザーが Webex Cisco WebexWebex Room および Desk デバイス、Skype for Business などの SIP または H.323 デバイスを通じてミーティングに接続している場合)。 同様に、Webex ビデオプラットフォームユーザーには、デスクトップ、モバイル、Web アプリを含む、Webex Meetings アプリを使用する最大 6 人の参加者だけが表示されます。 また、Webex ビデオメッシュノードを通じて接続されている参加者は、特定の Webex ビデオメッシュノードと Webex クラウドまたはその他の Webex ビデオメッシュノードに直接接続されているデバイスまたはアプリの間でも同じ制限があります。

オンプレミスに登録されたビデオデバイスの登録リスト

オンプレミスに登録されたビデオデバイスの登録リストは、表示できる参加者数に上限があります。 よってその登録リストには、Webex Meetings デスクトップアプリに反映されているとおりのミーティングの合計参加者数が表示されない場合があります。

Cisco Webex Video Platform バージョン 1 既知の問題

ビデオ端末でコールバックを受ける

出席者に [1] を押すことが要求され、さらに RMS がない、またはトラバーサルライセンスが Customer Expressway-C および Expressway-E のペアにインストールされていない場合、[ビデオコールバック] のオプションは失敗する場合があります。

FedRAMP の Webex Events に参加できないビデオ システム

FedRAMP プラットフォームが現在 Video Platform 1 を実行しているため、ビデオ システムは FedRAMP プラットフォームで Webex Events に参加することができません。

表示名

Webex ミーティングのビデオウィンドウでビデオ会議システムのユーザーの表示名が表示されません。 この問題は今後の更新で対応されます。

パーソナル会議室からの退出と再参加

場合により、主催者がパーソナル会議室から退出したことで Webex ビデオプラットフォームバージョン 1 ミーティングが終了し、さらに数秒以内にパーソナル会議室に再参加すると、無効なミーティングを伝える音声プロンプトが流れることがあります。 この場合、主催者はいったん電話を切り、数秒待ってから再度パーソナル会議室にダイヤルしてください。

12 時間制限

スケジュール済みの Webex ビデオプラットフォームバージョン 1 ミーティングを 12 時間以上継続することはできません。 主催者と参加者はミーティングに再参加するか、またはスケジュールし直します。

ビデオ システムの表示名が切れている

ユーザーのビデオ システムでネットワーク帯域幅の劣化がある場合、そのビデオ解像度は現在のネットワーク条件をうまく満たすことができるサイズに縮小することができます。 そのシナリオでは、参加者の表示名がビデオ エンドポイントのアクティブな プレゼンス ビューで切れて表示される場合があります。 これは、ビデオ ストリームのビデオ解像度が低いためで、この場合、参加者名を表示するためのピクセルの数に制限があります。

ミーティング中のビデオ体験

WBS33 で開始すると、Webex Meetings アプリのデフォルトでは、各参加者がサムネイル品質のビデオストリームを送信できることが求められるフィルムストリップのレイアウトになっています。 ビデオプラットフォームのバージョン 1 は、Webex Meetings へのアクティブなスピーカービデオの送信のみをサポートしているため、ビデオプラットフォームのユーザーはビデオをフィルムストリップに表示しません。

iOS ミーティングの参加者は、ビデオシステムからのビデオストリームを 1 x 2 ポートレートモードでのみ表示できます。

暗号化なしのビデオシステム参加

出席者が、暗号化シグナルリンクがセットアップされていない、または暗号化されたメディアリンクが使用されないビデオシステムを使ってミーティングに参加する場合、安全ではない接続が使用される端末が含まれるため、ミーティングは安全ではない可能性があります。

コールレグセキュリティ

Telepresence Interoperability Protocol (TIP) または Call-Info セキュリティ属性が使用される暗号化されたミーティングのステータスアイコンはミーティングの暗号化状態を適切に示しません。 すべての呼レッグは暗号化されていた場合でもこのアイコンは非暗号化ミーティングと示します。

Microsoft Lync or Microsoft Skype for Business Applications のサポート

  • Webex ビデオプラットフォームバージョン 1 ミーティングで共有されるコンテンツは Lync および Skype for Business クライアントのメインビデオチャネルにコード変換されます

  • Mac OS 環境の Lync 2011 を含む RTV ビデオコーデック使用のクライアントには対応していません。

  • Lync または Skype for Business サーバーに登録されているユーザーについては、Polycom ビデオ デバイスはサポートされていません。

  • ミーティングの双方向ビデオを確実にするために、ユーザーはビデオを選択し、それから、ミーティングに参加する前にアプリケーション上で [ビデオの開始] を選択します。

  • ミーティングに参加したら、ユーザーは再度 [ビデオの開始] を選択する必要があります。

IP アドレスをダイヤルしてミーティングに参加する

最新の相互運用互換性テストの結果については、互換性ドキュメントの IP ダイヤルのセクションを参照してください。 https://collaborationhelp.cisco.com/article/ipxxr2

Cisco Webex で Webex Meetings ビデオプラットフォームのバージョン 1 を使用する際の既知の問題

  • Cisco Webex と Mozilla Firefox

    Mozilla Firefox の Cisco Webex ユーザーが画面を共有すると、共有コンテンツの代わりに Webex ユーザーに黒い画面が表示されます。 Webex ユーザーが画面を共有すると、Firefox の Webex ユーザーは共有コンテンツを見ることができます。

  • Cisco Webex Calling サービスに登録された Cisco IP Phone 8800 シリーズのビデオフォンでのビデオコールバック

    ミーティングで Webex Calling サービスに登録されている Cisco IP Phone 8800 シリーズのビデオフォンにビデオコールバックを実行しても、ミーティングへの接続のために DTMF キー 1 が必須とサイトが設定されている場合、この接続は失敗します。 これらの端末での回避策は、DTMF キー 1 を押してミーティングに接続する要求を無効にすることです。

  • Webex アプリケーションからビデオ会議システムまたはアプリケーションにビデオを送信する

    Webex Meetings ビデオは、常にビデオシステムと Webex Meetings アプリケーション間での最高ビデオ解像度で開始されます。 HD ビデオが利用できる場合、すべての参加者に適用されます。 Webex Meetings 側の参加者のネットワーク接続条件が十分ではない場合、その参加者に対応するために、ビデオシステムと Webex Meetings アプリケーションの間の解像度が下げられます。 このため、すべての参加者に低い解像度で表示されます。 Webex Meetings アプリケーションがビデオと同時にアプリケーション共有または画面共有(旧「デスクトップ共有」)を行うために Webex Cloud から受信する最小ビットレートは 1.2 Mbps である必要があります。 これ以下だと Webex Meetings アプリケーションはアプリケーション共有または画面共有のみを表示します。

    Webex ビデオプラットフォームバージョン 1 ミーティングで推奨される帯域幅設定の詳細については、「Cisco Webex ネットワーク帯域幅のテクニカルペーパー」を参照してください。

  • プレゼンテーションとデータ共有の品質

    十分な帯域幅を確保できない場合、Webex Meetings ビデオでのプレゼンテーションとデータ共有は、XGA(1024 x 768)で 5 フレーム/秒(FPS)まで下がります。

    すべての Webex Meetings アプリケーションが少なくとも 2Mbps の帯域幅が確保されていれば、ユーザーは 720p かつ 5 FPS でコンテンツ共有を実行できます。

    Webex Meetings アプリケーションに少なくとも 3 Mbps の帯域幅が確保されている場合、コンテンツ共有が 1080p かつ 3 FPS で提供されます。

  • フルスクリーンビデオビュー

    プレゼンターが画面、アプリケーション、ドキュメントの共有中にフルスクリーンのビデオに切り替えると、出席者側の共有が一時停止されます (最後の共有画面で停止します)。 プレゼンタがフルスクリーンビデオ表示を終了すると、共有が自動的に再開されます。

    プレゼンターが共有を停止し、フルスクリーンビデオビューから自動的に退出し、プレゼンターが共有を再開しても、出席者にはフルスクリーンのビデオビューが映されたままとなります。

    Webex Meetings デスクトップアプリケーションに 2 台のモニターがある場合、ユーザーはビデオウィンドウをドラッグしてもう一方のモニターに移動し、[フルスクリーンビューですべての参加者を表示する] アイコンを選択し、1 台のモニターにフルスクリーンを表示し、もう 1 台のモニターにアプリケーション共有を表示することができます。

  • プレゼンターが故意にではなくすべての参加者のビデオを無効にすることができる

    ミーティングのプレゼンターである Webex Meetings ユーザーがミーティングオプションのダイアログボックスでビデオオプションにチェックを入れていない場合、Webex Meetings アプリケーションからの参加者か、またはビデオ会議システムからの参加者からか関係なく、すべての参加者でビデオが無効になります。 すべての参加者でビデオを復元するには、ミーティング主催者またはプレゼンターが[ミーティング オプション] ダイアログ ボックスで [ビデオ] オプションにチェックを入れる必要があります。

  • 他の電話会議の音声

    音声接続オプションである他社の電話会議の音声Webex Meetings ビデオ会議には対応しません。

  • Webex Meetings 機能

    ビデオシステムを含むミーティングを管理している場合、次のミーティング機能を利用することができます:

    • ホワイトボード

    • ドキュメント共有

    • 投票

    • ファイル転送

対応するビデオ システムとアプリケーションの一覧は、「Webex Meetings ビデオの互換性とサポート」を参照してください。