パーソナル会議室を有効にする

サイトでパーソナル会議室を有効にした後で、Webex サイト管理者は新規ユーザー用のパーソナル会議室 ID の作成方法を指定することができます。


Webex パーソナル会議室、テレプレゼンス、Pro-End to End Encryption_VOIPonlyのセッション タイプではパーソナル会議室は利用できません。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] の下の [サイト] を選択します。

2

設定を変更する Webex サイトを選択し、[サイトの構成] をクリックします。

3

[共通設定] の下で、[サイト オプション] をクリックします。

4

[サイトのオプション] セクションで [パーソナル会議室を有効にする (有効になっている場合は、個々のユーザーに対してオン/オフを指定することができます)] チェックボックスをオンにします。

5

以下のオプション設定を指定します:

  • 主催者が電話からパーソナル会議室ミーティングを開始することを許可する。

  • ホーム ページとして主催者のパーソナル会議室を使用する (このオプションは「デフォルトでこのサービスをすべてのユーザーに表示する」設定を上書きします)。

  • 主催者 PIN の長さ

  • 主催者によるパーソナル会議室 URL の変更を許可する。

  • 主催者によるパーソナル会議室の壁紙のアップロードを許可する。

6

以下を使用して新規ユーザーに パーソナル会議室 ID を生成するため、次の設定のうちいずれか 1 つを選択します。 オプション:

  • メール アドレス接頭辞

  • 名の頭文字、姓 (名と姓に英文字が使用されていない場合は、名と姓が使用されます"pr" + システムにより自動生成される数字が使用されます。)

  • pr とパーソナル会議室番号の組み合わせ。

7

[パーソナル会議室のセキュリティ] 設定で、ロック動作とその他のセキュリティ機能を選択します。

  • ミーティングのロックが解除されている時。 組織内のユーザーは誰でもロック解除されているミーティングにいつでも参加できる。 組織外のゲストのための操作性を選択します。 次のオプションがあります。 ゲストは直接参加することができゲストは主催者が許可するまでロビーで待機しゲストは参加できません

  • ミーティング開始から [n] 分後にミーティングを自動的にロックします。 ミーティングが始まったら自動的にロックできます。 この設定をオンにして、ミーティングをロックするまでの時間を分単位で選択するだけです。

    この設定は、主催者が独自の自動ロック設定を設定していない場合に、ミーティングに適用されます。

  • ミーティングがロックされる時。 参加者がロビーで待機しているか、ミーティングがロックされているときに参加できないかを選択します。 次のオプションがあります。 参加者は主催者が許可するまではロビーで待機し誰もミーティングに参加することはできません

  • 出席者が主催者のパーソナル会議室に入室したときに CAPTCHA を表示する。

  • 出席者がパーソナル会議室のロビーで待機していることを主催者に知らせることを許可します

  • 出席者が未許可のまま [n] 分待機するとロビーから自動的に削除される。 参加者は、ここで何分間指定したとしてもその間、ロビーで待機した後に自動的に削除されます。 通常、主催者に出席を許可するためにより多くの時間が必要な場合は、より大きい数字を選択します。 主催者が参加者をロビーから出席者に入室を許可する予定がない場合は、小さい数字を選択します。

8

[アップデート] をクリックします。

ユーザーのパーソナル会議室を編集する

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ユーザー] に移動し、パーソナル会議室を有効にするユーザーを選択します。

2

[サービス] の下で、[ミーティング] を選択します。

3

ユーザーのパーソナル会議室のための Webex サイトを選択し、[ユーザー権限] を選択します。

4

[その他の権限] の下で [パーソナル会議室] チェックボックスをオンにします。

5

[保存] をクリックします。

ユーザーのパーソナル会議室の URL を変更する

サイト管理者は、ユーザーの既存のパーソナル会議室の URL を変更できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ユーザー] に移動し、パーソナル会議室を有効にするユーザーを選択します。

2

[サービス] の下で、[ミーティング] を選択します。

3

ユーザーのパーソナル会議室のための Webex サイトを選択し、[ユーザー権限] を選択します。

4

[詳細設定リンク] をクリックし、[ユーザー設定] の下で、[パーソナル会議室 URL] フィールドで行う変更を入力します。

5

[アップデート] をクリックします。

ユーザーのパーソナル会議室を中断する

アカウントの異常なアクティビティが疑われる場合、または主催者が PIN を失う場合、主催者が PIN をリセットするまで、パーソナル会議室を中断できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ユーザー] に移動し、パーソナル会議室を中断するユーザーを選択します。

2

右側に開くパネルで [サービス] セクションで、[ミーティング] を選択します。

3

[Webex ミーティング サイト] で、パーソナル会議室がある Webex サイトを選択します。

4

[詳細設定] リンクをクリックし、[ユーザー設定] の下 の [中断] をクリックします。

5

[保存] をクリックします。

パーソナル会議室を有効にする

サイトでパーソナル会議室を有効にした後で、Webex サイト管理者は新規ユーザー用のパーソナル会議室 ID の作成方法を指定することができます。


Webex パーソナル会議室、テレプレゼンス、Pro-End to End Encryption_VOIPonlyのセッション タイプではパーソナル会議室は利用できません。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] の下の [サイト] を選択します。

2

設定を変更する Webex サイトを選択し、[サイトの構成] をクリックします。

3

[共通設定] の下で、[サイト オプション] をクリックします。

4

[サイトのオプション] セクションで [パーソナル会議室を有効にする (有効になっている場合は、個々のユーザーに対してオン/オフを指定することができます)] チェックボックスをオンにします。

5

以下のオプション設定を指定します:

  • 主催者が電話からパーソナル会議室ミーティングを開始することを許可する。

  • ホーム ページとして主催者のパーソナル会議室を使用する (このオプションは「デフォルトでこのサービスをすべてのユーザーに表示する」設定を上書きします)。

  • 主催者 PIN の長さ

  • 主催者によるパーソナル会議室 URL の変更を許可する。

  • 主催者によるパーソナル会議室の壁紙のアップロードを許可する。

6

以下を使用して新規ユーザーに パーソナル会議室 ID を生成するため、次の設定のうちいずれか 1 つを選択します。 オプション:

  • メール アドレス接頭辞

  • 名の頭文字、姓 (名と姓に英文字が使用されていない場合は、名と姓が使用されます"pr" + システムにより自動生成される数字が使用されます。)

  • pr とパーソナル会議室番号の組み合わせ。

7

パーソナル会議室セキュリティオプションに対して、次の設定のうちいずれか 1 つを選択します。

  • ロックがかかっていない会議室には誰でも入室できます

  • サインイン済みの出席者はロック解除されている会議室に入室できますが、認証されていない出席者は主催者が手動で許可するまでロビーで待機する必要があります


     

    また、次の例外を有効にすることもできます。 未認証の出席者が過去 [n] 週間以内にサインインしている場合に、ロック解除された会議室に入室することを許可します

  • サインインしていないユーザーが会議室またはロビーに入室することを許可しません

  • 出席者が主催者のパーソナル会議室に入室したときに CAPTCHA を表示する。

  • 出席者がパーソナル会議室のロビーで待機していることを主催者に知らせることを許可します

  • [基本設定] > [マイ パーソナル会議室] > [自動ロック[設定] を定義していない任意のユーザーに対して、ミーティングが開始された後に、自動的にパーソナル会議室を [n] 分間ロックします。

8

[アップデート] をクリックします。

ユーザーのパーソナル会議室を編集する

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ユーザー] に移動し、パーソナル会議室を有効にするユーザーを選択します。

2

[サービス] の下で、[ミーティング] を選択します。

3

ユーザーのパーソナル会議室のための Webex サイトを選択し、[ユーザー権限] を選択します。

4

[その他の権限] の下で [パーソナル会議室] チェックボックスをオンにします。

5

[保存] をクリックします。

ユーザーのパーソナル会議室の URL を変更する

サイト管理者は、ユーザーの既存のパーソナル会議室の URL を変更できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ユーザー] に移動し、パーソナル会議室を有効にするユーザーを選択します。

2

[サービス] の下で、[ミーティング] を選択します。

3

ユーザーのパーソナル会議室のための Webex サイトを選択し、[ユーザー権限] を選択します。

4

[詳細設定リンク] をクリックし、[ユーザー設定] の下で、[パーソナル会議室 URL] フィールドで行う変更を入力します。

5

[アップデート] をクリックします。

ユーザーのパーソナル会議室を中断する

アカウントの異常なアクティビティが疑われる場合、または主催者が PIN を失う場合、主催者が PIN をリセットするまで、パーソナル会議室を中断できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ユーザー] に移動し、パーソナル会議室を中断するユーザーを選択します。

2

右側に開くパネルで [サービス] セクションで、[ミーティング] を選択します。

3

[Webex ミーティング サイト] で、パーソナル会議室がある Webex サイトを選択します。

4

[詳細設定] リンクをクリックし、[ユーザー設定] の下 の [中断] をクリックします。

5

[保存] をクリックします。