ロケーションの発信者 ID を設定する

ロケーションの外部発信者 ID 名を設定できます。 設定すると、そのロケーションに割り当てられたユーザーとワークスペースに、ロケーションの外部発信者 ID 名を選択できるようになります。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [Calling] > [ロケーション] に移動します。

2

変更するロケーションを選択します。

3

右側のパネルで [外部発信者 ID 名] を選択し、名前を入力します。

4

[保存] をクリックします。

ユーザーの発信者 ID を設定する

ユーザーが外発信を行う際に表示される発信者 ID 情報を指定できます。 ユーザーは外部への発信時に、自分の名前または電話番号を表示するか、ロケーションの代表番号または代表名を表示するかを選択できます。 ユーザーの発信者 ID の設定は、一括管理することもできます。


ユーザー名は内部通話に対して残ります。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ユーザー] にアクセスし、発信者 ID 情報を指定するユーザーを選択します。

2

[通話 番号] > 発信者 ID ] を 選択 します。

3

このユーザーが発信したときに、どの外部発信者 ID 電話番号を表示するか選択します。

  • 直通回線 - このオプションを選択すると、ユーザーの電話番号が表示されます。
  • ロケーション番号 - このオプションを選択すると、このユーザーが割り当てられているロケーションの代表番号が表示されます。
  • ユーザーの場所から割り当てられた番号— このオプションは、ドロップダウン メニューから選択した割り当てられた番号を表示します。
4

このユーザーが発信したときに、どの外部発信者 ID 名を表示するか選択します。

  • 直通回線 - このオプションを選択すると、ユーザー名が表示されます。
  • ロケーション外部発信者 ID 名—このオプションは、このユーザーが割り当てられている場所に構成された名前を表示します。

     
    ロケーション の発信者 ID の名前を設定 する方法については、「ロケーションの発信者 ID を構成する」を参照してください。
  • 他の外部発信者 ID 名—このオプションは、このフィールドに入力されている名前を表示します。
5

(オプション) ユーザーの発信者 IDの姓名を変更します。


 

PSTN プロバイダーによっては、Webex Calling の発信者 ID 名の設定が反映されない場合があります。

6

(オプション)[転送された通話の発信者 ID をブロック]をオンにすると、転送された電話を受ける際に、ユーザーのIDがブロックされます。

7

[保存] をクリックします。

ワークスペースの発信者 ID を設定する

ワークスペースから外部発信をする際に表示される発信者 ID 情報を指定できます。 ワークスペースでは、自分のステーション名や外部発信用の電話番号を表示したり、ロケーションの代表名または代表番号を表示したりできます。


内部発信については、ワークスペースの名前が引き続き表示されます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [ワークスペース] に移動し、発信者 ID 情報を指定するワークスペースを選択します。

2

[Calling] > [発信者 ID] を選択します。

3

このワークスペース デバイスから発信したときに、どの外部発信者 ID 電話番号を表示するか選択します。

  • 直通回線 - このオプションを選択すると、ワークスペースの電話番号が表示されます。
  • ロケーション番号 - このオプションを選択すると、このワークスペースが割り当てられているロケーションの代表番号が表示されます。
  • ワークスペースのロケーションに割り当てられた番号 - このオプションを選択すると、ワークスペースのロケーションから割り当てられた番号が表示されます。この番号は、ドロップダウン メニューから選択できます。
4

このワークスペース デバイスから発信したときに、どの外部発信者 ID 名を表示するか選択します。

  • 直通回線 - このオプションを選択すると、ワークスペースの名前が表示されます。
  • ロケーション外部発信者 ID 名 - このオプションを選択すると、該当のワークスペースが割り当てられているロケーションに設定されている名前が表示されます。

     
    ロケーション の発信者 ID の名前を設定 する方法については、「ロケーションの発信者 ID を構成する」を参照してください。
  • その他の外部発信者 ID 名 - このオプションを選択すると、該当のフィールドに入力されている名前が表示されます。
5

(任意) ワークスペースの名前と詳細を変更します。


 

PSTN プロバイダーによっては、Webex Calling の発信者 ID 名の設定が反映されない場合があります。

6

(任意) [転送された通話の発信者 ID をブロック] をオンにすると、転送された電話を受ける際にこのワークスペースの ID をブロックします。

7

[保存] をクリックします。


ロケーションがローカル ゲートウェイを使用 し、デュアル アイデンティティ設定が有効になっている場合、これらの設定はロケーションの発信元 ID には適用されません。