キオスク モードでは、Webex デバイスのホーム画面を、ホストおよび管理する独自のカスタム Web アプリケーションに置き換えられます。


キオスク モードは、デスク ハブまたは DX ではサポートされていません。

たとえば、キオスク モードは、Webex デバイスでのユーザ エクスペリエンスを制御しながら、独自のロゴを表示して初めてエクスペリエンスを向上させる受信領域で使用できます。

デバイスをキオスク モードに設定すると、ホワイトボードやスクリーン共有などのビデオ以外の機能を無効にし、ユーザがデバイスの設定を変更防ぐ事が可能になります。

キオスク使用例の一般的なフロー:

キオスク モードでも、デバイスでコールを行えます。 通話中は、ユーザ エクスペリエンスは通話と同じですが、通話が終了するとすぐにデバイスはキオスク Web アプリに戻されます。

典型的な使用例は、次の通りです。

  • 仮想の機能を持つ

  • 訪問登録

  • ファシリティの概要

  • リモート エキスパート サービス

キオスク モードの設定

xAPI を介してキオスク モード用にデバイスを設定します。

  1. Web アプリケーションの表示に必要な Web エンジンを有効にすることで開始します。

    xConfiguration WebEngine モード: オン

  2. Web アプリの URL を指定します。

    xConfiguration UserInterface キオスク URL: 「www.cisco.com」

    キオスクが URL にアクセスできない場合は、サービス モード ページが表示されます。 ページには、デバイスの IP アドレスと再試行ボタンも表示されます。

  3. キオスク モードをオンにします。

    xConfiguration UserInterface キオスク モード: オン

    Web アプリが新しいホーム画面として表示されます。

推奨設定

xAPI を介して構成を設定することで、デバイスの動作を調整できます。 常に次の設定を行することをお勧めします。

  1. [設定(Settings] パネル) の項目へのアクセス をロック します。 認証が必要な設定には、錠前アイコンが表示されます。

    xConfiguration UserInterface 設定メニュー モード: ロック済み 

    xConfiguration UserInterface セキュリティ モード: 強い


    これには、管理者権限を持つすべてのユーザ アカウントのパスフレーズを設定する必要があります。

  2. 音声アシスタントを無効にします。

    xConfiguration UserInterface Assistant Mode: オフ

  3. 超音波をオフにし、Webex アプリがデバイスとペアリングされるのを防ぐためです。

    xConfiguration Audio の超音波最大録音: 0

コールの許可

Web アプリから電話を出す場合に許可するには、SIP URL の処理者設定をオンにします。

  • xConfiguration WebEngine の機能 SipUrl7r: オン

その後、sip プロトコルを使用して Web アプリにリンクを追加できます。 次に例を示します。

  • <href="sip:erica.talking@ivr.vc">コール・リカ</a>

[設定(Settings) ] パネルへのアクセス

デバイス がキオスク モードの場合、[設定(Settings ] パネルは表示されません)。 管理者ユーザは、管理者にアクセスして、アドレス、診断 IP その他の設定を表示できます。 [設定(Settings] パネルを 開く場合は、画面に 3 本指 3 回タップします。

この操作は、セキュリティ機能として使用されるのではなく、設定に不注意な変更を加える可能性を減らすだけの目的です。 このリスクをさらに軽減するには、[設定(Settings) ] パネル を次 の条件でロックします。

  • xConfiguration UserInterface 設定メニュー モード: ロック済み 
  • xConfiguration UserInterface セキュリティ モード: 強い

その他の設定

キオスク モードでは、システムは半分のスリープ解除状態に入りますが、指定された分数の後にスタンバイになります。 スタンバイ モードを無効にするには、次のコマンドを実行します。

  • xConfiguration スタンバイ制御: オフ

場所とキオスクの使用に理にかなっているものに対して、設定をさらに調整できます。 たとえば、ノイズ除去を有効にするには、次の手順を実行します。

  • xConfiguration オーディオ マイク ノイズリモーション モード: 有効

たとえば、スピーカー トラッキングを無効にできます。

  • xConfiguration カメラの SpeakerTrack モード: オフ

標準の通話中ボタンを非表示にする場合は、次の操作を実行します。

  • xConfiguration UserInterface の機能 HideAll: True

または、たとえば、特定のボタンを非表示にする場合は、次の操作を実行します。

  • xConfiguration UserInterface 機能のコール エンド: 隠さ れた
  • xConfiguration UserInterface 機能の共有の開始: 隠さ れた

各ユーザの後にキオスクを復元する

数分非アクティブ状態の後、Web アプリがキオスクをホーム画面に復元します。

これは、Web ページの本文要素でタッチ イベントをリッスンし、ユーザが画面をタッチするごとにタイマーをリセットし、タイマーが 0 に達した場合はキオスクをリセットするなどの、一般的な Web パターンで実行できます。