ビデオコールの発信

Cisco IP Phone 8845 および 8865 ではビデオ コールを使用できます(ただし通話相手もビデオ電話機を使用している場合)。カメラ外側のリングでシャッターを制御します。

1

カメラのリングを時計方向に回して、シャッターを開きます。

2

(任意) [セルフビュー(Self-view)] を押してカメラを上下に動かし、視野を改善します。

3

コールを発信します。

ビデオの停止

ビデオコール中にシャッターを閉じてビデオ送信を停止することができます。

シャッターを閉じると通話相手から見えなくなりますが、音声は引き続き聞こえます。

1

カメラのリングを反時計回りに回して、シャッターを閉じます。電話機はビデオ送信を停止します。

2

カメラのリングを時計方向に回して、シャッターを開きます。電話機はビデオ送信を開始します。

電話機表示とビデオ表示の切り替え

ビデオ コール中に電話機のデスクトップを表示する場合は、ビデオとデスクトップを簡単に切り替えることができます。ビデオを非表示にすると、ぼやけた状態になりバックグラウンドに移動します。

1

ビデオの非表示にするには、[コール一覧(Call list)] ソフトキーを押します。

2

ビデオを表示にするには、[ビデオの表示(Show video)] ソフトキーを押します。

ピクチャーインピクチャーの位置を調整する

ビデオ コール中は、着信ビデオと送信ビデオを同時に見ることができます。これはピクチャーインピクチャー(PiP)と呼ばれます。通常、着信ビデオは全画面で表示され、はめ込み画面にお使いのカメラのビデオが表示されます。

PiPがオンの場合、はめ込みピクチャを画面の他の場所に移動できます。カメラの映像が画面全体に表示され、はめ込み画面に着信ビデオが表示されるように変更することもできます。

1

[PiP] を押すと、電話画面で PiP(ピクチャ イン ピクチャ)ウィンドウが反時計回りに移動します。または、ナビゲーション リングを使用して PiP ウィンドウを移動させます。

2

(任意) [切替(Swap)] を押すと、全画面表示と PIP 表示が切り替わります。

ビデオ コールのセキュリティおよびトラブルシューティング情報

社外の人物による不正な改ざんからビデオ コールを保護するために、管理者は措置を講じることができます。ビデオ コール中に [保護済み(Secure)] アイコンが表示される場合、プライバシーを保護するよう管理者が操作を行ったことを示しています。

ビデオ コール中にネットワーク帯域幅が不十分な場合、ビデオに不具合が生じる可能性があります。音声は継続しますが、ビデオが停止します。ビデオを見る必要がある場合は、電話を一旦切り、数分待ってから再びコールを開始します。それでも帯域幅が不十分な場合は、管理者に問い合わせてください。