ユーザーがカレンダーにセッション情報を追加できます

この手順は、Webex Meetings 、Webex Training 、および Webex Events (クラシック) のみを使用 します。 この操作を行うことでサイトで iCalendar 機能を有効にすると、Webex セッション情報ページに [自分のカレンダーに追加] ボタンが表示されます。iCalendar は標準的なカレンダー形式です。 iCalendar を使えばユーザーはカレンダー情報を使ってスケジュールを自動更新することができます。

1

左側ナビゲーションバーで、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。

2

[サイト オプション] セクションで [マイ カレンダー iCalendar Meetings、Training および Events (クラシック) に追加を表示] チェック ボックスを オンにします。

3

[更新] を選択します。

Unified MeetingPlace ユーザーによる外部ミーティングへの参加を許可する

この操作は Meetings Center が 必要です。 インターネットから出席者がミーティングに参加することを許可するか否かで、ミーティングスケジューラおよび生産性向上ツールスケジューラの既定のビヘイビアを設定します。 外部出席者がミーティングに参加することを許可するには、まずミーティング主催者のオプションを有効にする必要があります。 スケジューラで設定が選択されていない場合、同じ内部ネットワーク上の出席者のみがミーティングに参加できます。

始める前に

このオプションは、Webex サイトで次 設定がされている場合にのみ利用できます:

  • Unified MeetingPlace 連携オプション

  • MCS オプション用の Webex ノード

1

新規ユーザーを設定するには、左側ナビゲーションバーで、[ユーザー] > [ユーザーの追加] を選択します。 既存ユーザー アカウントを更新するには、[ユーザー] > [ユーザーの編集] の順に選択し、ユーザーを選択します。

2

[権限] セクションまでスクロールします。

3

[Meeting Center] のとなりで、[外部の出席者を許可する] を選択します。

4

[追加] または [更新] を選択して変更を保存します。

5

左側ナビゲーションバーで、[構成] > [共通のサイト設定] を選択します。

6

[Unified MeetingPlace ファイル] までスクロールインテグレーションの設定

7

外部出席者を受け入れるには、[デフォルトの MP 外部出席者] にチェックを入れます。

8

[更新] を選択して変更を保存します。

ユーザーによるテキストメッセージの使用を許可する

1

左側ナビゲーションバーで、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。

2

[サイト オプション] の下で [テキストメッセージ (SMS) を有効にする] ボックスをオンにします。

3

[更新] を選択します。

ユーザーが他のユーザーのためにミーティングおよびトレーニング セッションをスケジュールできる

この手順は、Webex Meetings および Webex にのみ適用されます。

始める前に

ミーティングをスケジュールするユーザーには Webex 主催者アカウントが必要です。

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。

2

[ミーティングのスケジュール オプション] セクションで、[自分の代理として他のユーザーがミーティングをスケジュールすることができる] を選択します。

3

[更新] を選択します。

ユーザーによる共有ファイルの印刷および保存を許可する

この手順は 、MeetingsEvents (クラシック) および Training にのみ 対応 します。

1

Webex サイト管理にサインインし[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に移動します。

2

[サイトオプション ] セクションで [ドキュメント共有 の印刷/保存を許可する] チェックボックスにチェックを 入します。

3

[更新] を選択します。

このオプションのチェックを解除すると、共有中に出席者が印刷およびダウンロードすることができなくなります。