Webex 監視サービスを使用するには、Control Hub で Webex 監視サービスソフトウェアをダウンロードし、次に、Webex サービスとの組織のネットワーク接続を監視するためにエージェントとして使用するコンピュータまたはサーバーにソフトウェアをインストールする必要があります。 ソフトウェアを再利用して複数のコンピュータまたはサーバーにインストールし、さらにエージェントを作成することができます。 組織でエージェントを設定したら、[ https://help.webex.com/n8oae7w/ トラブルシューティング] タブで Webex 監視サービスデータを表示することができ ます。 オプションとして、 オンプレミスのビデオデバイスを追加して 、Webex サービスとの接続を監視することもできます。

Webex サービスでオンプレミスビデオデバイスを監視する

また、Webex 監視サービスは、組織内のオンプレミスのビデオデバイスを、Webex ミーティングに参加するために使用される場合に、メディア品質のメトリックスに対して監視することもできます。 Control Hub の [トラブルシューティング] タブで、参加者がミーティングに参加するために使用したオンプレミスのビデオデバイスのデータを表示することができ ます。

オンプレミスのビデオデバイスは、Webex 監視サービスと連動するために静的な IP アドレスを持っている必要があります。 オンプレミスのビデオデバイスの IP アドレスが、Webex 監視サービスのセットアップ後に変更された場合、Control Hub のデバイスを新しい IP アドレスに更新する必要があります。

Webex 監視サービスは、Cisco コラボレーションエンドポイント (CE) ソフトウェア、Cisco テレプレゼンスエンドポイント (TE) ソフトウェア、または Cisco テレプレゼンスコラボレーション (TC) ソフトウェアのバージョン7.3.10 以降を実行しているすべての SX、MX、DX、EX、または Room デバイスで機能します。

要件

Webex 監視サービスを使用するには、以下の最小要件を満たす専用マシンを使用する必要があります。

  • 64ビット版 Windows Server 2016 以降

  • 物理または仮想マシンで音声ドライバーが有効になっている必要があります

  • 4コアプロセッサ以降

  • 8 GB の RAM

  • 20 GB の空き容量

Control Hub の Webex 監視サービスソフトウェアをダウンロードし、ソフトウェアをコンピュータまたはサーバーにインストールして、エージェントをセットアップする必要があります。 エージェントを設定したら、エージェントが監視するオンプレミスのビデオデバイスを追加して、ミーティングに参加する際に使用するデバイスのメディア品質メトリックを確認することができます。

Webex 監視サービスエージェントを設定する

Webex 監視サービスエージェントは、既存の組織の Nat またはファイアウォールを通じて、Cisco Webex クラウドの IPv4 アドレス、およびポート443に到達できる必要があります。 Monitoring agent は、Webex Cloud および IPv6 アドレスに到達するために、web プロキシを通した通信をサポートしていません。

マシンで使用されているアンチウイルスソリューションが監視エージェントに干渉しないことを確認してください。


組織ごとに最大4つの担当者を持つことができます。

始める前に


エージェントとしてセットアップする物理または仮想マシンは、インストールが正常に完了するために、音声ドライバーが有効になっている必要があります。

Microsoft Remote Desktop を使用して仮想マシンにリモートサインインする場合、WMS ソフトウェアをインストールする前に、[ デバイス & 音声] タブで、このリモート PC に再生の音声設定を設定する必要があります。

1

Https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動して、 Webex 監視サービス カードで設定をクリックし ます。

2

連絡窓口のメールと電話番号を入力し、[次へ] をクリックし ます。

この連絡先は、問題が検出された場合に、ネットワークの品質に関して Cisco がコンタクトしている人を指します。

3

[ダウンロード] をクリックして Webex 監視サービスソフトウェアをダウンロードし、エージェントとしてセットアップするコンピュータまたはサーバーにソフトウェアをインストールします。


 

ダウンロードが完了すると、ソフトウェアは自動的にインストールされます。 そうでない場合は、ソフトウェアを開いてインストールを開始します。

最初のエージェントを設定した後で、 ソフトウェアを再度ダウンロードしてエージェントを追加する場合は、Webex 監視サービスカードに戻ることができ ます。

これで、コンピュータまたはサーバーに Webex 監視サービスエージェントがインストールされ、Control Hub で管理できるようになりました。

Webex 監視エージェントを管理する

組織内の各 Webex 監視サービス担当者について、設定した担当者を追跡するために、詳細な説明と場所を追加することをお勧めします。

1

Https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ https://admin.webex.comサービス] に移動し、Webex 監視サービスカードで、担当者の隣の番号を クリックし ます。

2

担当者 の隣にある [詳細] をクリックします。

3

実行するアクションを選択します。