1 月

2021 年 1 月 12 日のリリースに関する情報を共有し、今後の予定を確認することができます。 現在の 12 月のリリースに関する詳細は、以下で確認できます。

ファイルが添付されたメッセージを編集する-Windows、Mac、iPhone、iPad、および Android

メッセージは、最初にホワイトボード、ファイル、GIF などの添付ファイルに含まれている場合でも、編集できます。 今のところ、添付ファイルに変更を加える必要はありません。メッセージ自体のみ編集できます。

管理者が設定したコーリング サービスにより、使用できる通話機能が決まります。

次に、各新機能がどのコーリング サービスに適用されるかを示しました。 どのコーリング サービスを使用しているかわからない場合は、「Webex Teams | 利用できるコーリング サービスを確認する」を参照してください。

サービス プロバイダーによりホストされた Unified CM、Webex Calling、および Calling

コールを発信または応答する前に音声をテストする — Windows および Mac

コールに入る前に、スピーカーとマイクをテストして、最高の音声を利用できることを確認できます。

Cisco ヘッドセットのアップグレードの進行状況を表示する—Windows および Mac

Cisco ヘッドセットのバージョンを最新リリースにアップグレードする場合、リアルタイムでアップグレードのステータスを確認できます。

コール履歴の改善—Windows、Mac、iPhone、iPad、および Android

コールに関するより関連性のある詳細の確認を容易にするために、ユーザーのインターフェイスが合理化されました。

  • 同じエントリからの複数のコールを 1 つのエントリに統合します。

  • 通話時間が、詳細の代わりに、履歴に表示されます。

Unified CM

コールのパークおよび取得—Windows、Mac、iPhone、iPad、および Android

コールを 1 つのデバイスにパークすると、自分または他の誰かが別のデバイスからコールを受け取る可能性があります。

コール コントロールを表示する場所を選択します—Windows および Mac

すべての着信で、すぐに利用できるように、コール コントロール ウィンドウを自動的に前面に表示するようにプッシュする設定を選択できます。 あるいは、これらのコール コントロールにアクセスする必要がない場合は、ウィンドウを常に非表示にするか、共有回線で通話を保留状態にだけすることができます。

サービス プロバイダーによりホストされたコール

電話のコールの録画—Windows、Mac、iPhone、iPad、および Android

コールの録画を使用すると、通話中に重要な詳細を見失う心配はありません。 誰もがこの機能を使用できないようにするために、使用するためにはあらかじめ管理者がコール録画を設定する必要があります。

また、設定に応じて、特定のコールを録画するか、すべてのコールを自動的に録画するかを選択することができます。 いずれの場合でも、コールが録画されているときにそれを知らせるビジュアル インジケーターが表示されます。

ミーティングに参加する前に音声をテストする—Windows および Mac

ミーティングに入る前に、スピーカーとマイクをテストして、音声ができうる最高の状態にあることを確認できます。

2020 年 12 月 10 日

Windows および Mac 用の 12 月のアプリ バージョンを更新しました。

以下のアプリ バージョンが、本日のリリースに対応しています。 これらのリリースで解決された問題についての詳細は、Webex| リリース ノートを参照してください。

  • Windows—40.12.0.17322

  • Mac—40.12.0.17322

2020 年 12 月 8 日

Webex Teams が新しく Webex となりました

Webex Teams の名前は変わっても、心配ありません。Webex Teams の機能はすべて引き続きご利用いただけるほか、さらに多くの強化された機能が加わります。 デスクトップとモバイル アプリの両方の名前が、今日のリリースで更新されました。 ロゴは同じですが、今は会社ロゴに変更をWebex Meetings アプリ行う必要があります。

詳細については、「まったく新しい Webex」を参照してください。

Webex 2021 リリース日

2021 年には、Webex のリリースのタイミングが変更されます。 Webex は毎月最終木曜日ではなく、第 1 火曜日にリリースされます。 1 月のみ例外があり、12 日にリリースする予定です。

新機能の変更

この記事では、少し動かして、必要な情報を見つけやすくしました。 通知では、更新を含むか、アプリ全体に影響を与える変更(UI の変更など)について通知します。 ミーティング、メッセージング、コーリングに関連する機能の詳細は、毎月、ほとんどの詳細を記入します。

リリースの約 2 週間前に次の月に予定されている情報に関する更新を投稿します。 1 月については、12 月 22 日に更新を延期する予定です。

更新済みアプリ バージョン

以下のアプリ バージョンが、本日のリリースに対応しています。 これらのリリースで解決された問題についての詳細は、Webex| リリース ノートを参照してください。 最近、レビューのためにアプリ ストアにモバイル アプリを提出しました。この最新バージョンは、承認されて投稿されるとすぐにダウンロードできるようになります。

  • Windows—40.12.0.17293

  • Mac—40.12.0.17293

  • iPhone および iPad—40.12

  • Android — 40.12

プロファイルとスペースのカバー写真を設定する— Windows および Mac

プロファイルや名刺、スペースの背景画像を選択して、自分らしさを表現しましょう。 一連の定義済み画像から選択できますが、カスタム画像のサポートをまもなく追加する予定です。

詳細については、「スペースの名前、画像、およびカバー画像を更新する」を参照してください。

季節的な絵文字のリアクション—Windows および Mac

お祝いの歓声を加えるために、リアクションを季節ごとに変えます。 12 月 8 日から 1 月 7 日まで Windows と Mac 上のすべてのリアクションに対するこれらの変更が表示されます。(モバイルでは、リアクションは Android または iOS 絵文字を使用しますので、それらのリアクションを更新する必要があります。)

このオプションをオフにする場合は、12 月 10 日までに、feature-feedback@cisco.com に連絡してください。

これは 12 月のリリース ビルドでのみ利用できます。

拡張された取り込み中オプション—Windows および Mac

休暇と休日を中断することなくお楽しみください。 7日間 または 14 日間、ステータスを取り込み中 (DND) に設定するためのいくつかの新しいオプションが導入されました。 設定が完了すると、デスクトップまたはモバイルでは いかなる の通知を受け取らなされません。

詳細については、「取り込み中であることを他のユーザーに知らせる」を参照してください。

リアクション数の制限が増加しました—iPhone および iPad

1 つのメッセージに送ることができるリアクションの回数を 2 回から 3 回に増やしました。 満足のいくリアクション!

詳細については、「メッセージに絵文字のリアクションを追加する」を参照してください。

フル機能のミーティング

Webex アプリからフル機能を備えたミーティング エクスペリエンスを選択した新規顧客と既存の顧客については、ブレイクアウト セッション、ライブ ストリーミング、録画議事録などの機能を取得できます。 詳細については、「Webex を使い始める」を参照してください。

ミーティングの設定

Webex アプリで利用可能なデスクトップ アプリWebex Meetings ミーティングの設定を行いました。デフォルトの Webex サイトを設定し、パーソナル会議の詳細を表示し、Webex アプリからミーティングのデフォルトの音声とビデオを選択できます。

2020 年 11 月 25 日

以下のアプリ バージョンが、本日のリリースに対応しています。 これらのリリースで解決された問題についての詳細は、Webex Teams |リリース ノートを参照してください。 最近、レビューのためにアプリ ストアにモバイル アプリを提出しました。この最新バージョンは、承認されて投稿されるとすぐにダウンロードできるようになります。

  • Windows—40.11.0.17133

  • Mac—40.11.0.17133

  • iPhone および iPad—40.11.0.180

  • Android—40.11.1.227

2020 年 11 月 19 日

誕生日ボット—Windows、Mac、iPhone、iPad、および Android

新しいバースデーボットで、チームの誕生日を追跡し、お祝いするための超簡単な方法を作成しました。 こちらを確認してください。 https://apphub.webex.com/messaging/applications/birthdaybot-cisco-systems

2020 年 11 月 17 日

スペースで重要なコンテンツが容易に見つかる—Windows および Mac

ウェブサイトのショートカットを持つタブに変更を行い、この機能はデフォルトで有効になっています。 組織に対してこの機能を無効にするには、「Webex Teams のウェブサイトのショートカットでタブを無効にする」を参照

2020 年 11 月 9 日

Windows 版 Webex の更新をリリースしました。「Webex Teams | リリースノート」を参照して、解決した問題に関する情報を入手してください。 本日の更新に対応するアプリ バージョンは以下のとおりです。

  • Windows—40.10.1.16961

2020 年 11 月 5 日

まもなく Windows で Webex Teams アップデートをリリースし、一部の改善を行う予定です。 今後の更新についてお知らせします。更新が利用できるようになった時点で再度投稿します。

2020 年 11 月 4 日

Mac 版 Webex の更新をリリースしました。「Webex Teams | リリース ノート」を参照して、解決した問題に関する情報を入手してください。 本日の更新に対応するアプリ バージョンは以下のとおりです。

  • Mac—40.10.1.16903

新しく、よりカラフルなテーマを選択する—Windows、Mac、iPhone、iPad、および Android

新しいテーマの 1 つを選択することでもっと多くのカラーを追加します。たとえば、ブロンズ、ジェイド、ラベンダーなどです。 新しいテーマは、これまでのライトテーマやダークテーマと同じ [設定] で見つかります。

Webex Teams | 色のテーマを変更する」を参照してください。

リアクションの制限が増加しました—Windows、Mac、および Android

1 つのメッセージに送ることができるリアクションの回数を 2 回から 3 回に増やしました。 満足のいくリアクション!

Webex Teams | メッセージに絵文字のリアクションを追加する」を参照してください。

最新のメッセージを素早く編集する— Windows および Mac

最新のメッセージを素早く編集しますか? 今後、上向きの矢印のショートカットを使用して、スペースで最後に送信したメッセージを編集できます。

Webex Teams | メッセージの編集」を参照してください

Webex から Skype for Business のユーザーとチャットする — Windows および Mac

Webex から直接 Skype for Business を使用する人とチャットできます。

この新しいエキサイティングな機能の詳細と、組織に対してそれを有効にする方法の詳細については、Webex Teams の SIP インタードメイン フェデレーションをご覧ください。

メッセージの送信方法を理解するには、「他のインスタント メッセージ アプリでメッセージを相手に送信する」を参照してください。

新しいスペース内の設計 - iPhone、iPad、および Android

スペース内での作業方法を再設計しました。 3 月にデスクトップのスペース内の設計を更新し、モバイルに導入しています。 スペースでのコールまたはミーティングの開始をタップする数が少なくなり、新しいスペース内アクション メニューを使用して、発見のしやすさ、使いやすさ、およびスケーラビリティを向上させることができます。

管理者が設定したコーリング サービスにより、使用できる通話機能が決まります。

次に、各新機能がどのコーリング サービスに適用されるかを示しました。 どのコーリング サービスを使用しているかわからない場合は、「Webex Teams | 利用できるコーリング サービスを確認する」を参照してください。

次の機能がサービス プロバイダーによりホストされた Webex Calling と Calling に適用されます

相手の応答の前に転送を完了する— Windows、Mac、iPhone、iPad、および Android

電話を転送するときに、転送を完了するために、相手の応答を待つ必要がなくなりました。 呼び出し音が鳴り続けている間に、転送を完了でき、結果として時間を節約できます。 これは非常に多くのコールを受けているか、相手の応答を待つにはとても忙しい場合に、非常に役に立ちます。

Webex | コールを転送する」を参照してください。

上司の通話を管理する (エグゼクティブ アシスタントとも呼ばれる)—Windows および Mac

管理者は上司へのコールをスクリーニングすることを許可できます。 上司のコールに応答し、代理でコールを発信し(発信者 ID が相手に表示されます)、着信を上司にプッシュできます。

Webex | 上司の通話を処理する」を参照してください。

次の機能は、Webex Calling に適用されます

通話の録画—Windows、Mac、iPhone、iPad、および Android

管理者は、通話を録画する上でどの程度、コントロールできるのか決定します。 設定に応じて、着信および発信が自動的に録画される場合と、録画するコールを選択できる場合があります。 管理者があなた自身のコールを録画することができる場合、あなたの独自の裁量で録画を一時停止および停止することができます。 コールの録画中に、コールを別のデバイスに移動するか、通話を別のアクティブなコールとマージする場合でも、また電話会議を行う場合でも、録画は継続されます。 コールが録画されているときには、それを知らせるビジュアル インジケーターが表示されます。

Webex | コールを録画する」を参照してください。

ミーティングの背景のノイズが気になりますか?

心配ありません。 キーボード、ドアの呼び鈴、隣の部屋のオンライン学習といった音を気にせずに、ミーティングやコールに参加しましょう。

2020 年 10 月 30 日

まもなく Mac で Webex Teams の更新をリリースし、一部の改善を行う予定です。 今後の更新についてお知らせします。更新が利用できるようになった時点で再度投稿します。

2019 年 10 月 29 日

以下のアプリ バージョンが、本日のリリースに対応しています。 これらのリリースで解決された問題についての詳細は、Webex Teams |リリース ノートを参照してください。 最近、レビューのためにアプリ ストアにモバイル アプリを提出しました。この最新バージョンは、承認されて投稿されるとすぐにダウンロードできるようになります。

  • Windows—40.10.1.16875

  • Mac—40.10.1.16875

  • iPhone および iPad—40.10.0.1054

  • Android—40.10.1.255

Webex Teams バージョン スキームが 40.x.y.z に更新されました

現在、Webex Teams アプリはデスクトップの 3.0.x バージョン スキームとモバイルの 4.x.y バージョン スキームに従っています。 Webex Meetings および Jabber を通じて以前に利用可能であった高度なミーティングおよび通話機能を Webex Teams に統合して、バージョン管理パラダイムを調整したいと考えています。 10 月のリリースから、40.X.Y.Z バージョン スキームに合わせてデスクトップとモバイル アプリを移行します。 以下が適用される場所:

  • 40—年を示します

  • X - システム リリース月

  • Y — システム リリース内のサブバージョンまたはパッチ バージョン

  • Z—コンテンツを識別するために内部的に使用

例えば、Webex Teams の最初の 10 月リリースのバージョンは、バージョン 40.10.1.z です。

Microsoft Intune といくつかの MAM ポリシーのサポート—iPhone、iPad、および Android

安全なアプリケーションという約束を継続するために、複数の AppConfig ポリシーのサポートを追加して、Google Play および iOS アプリ ストアの Microsoft Intune 管理コンソールのボックスから Webex Teams を利用することができます。 これにより、ユーザーは会社のデバイスを使用して自由にコラボレーションし、会話とデータを保護するためのコントロールを与えることができます。 デバイスの登録に Microsoft Intune を活用するか、別のサードパーティ サービスを使用するか選択できます。 AppConfig を使用してサポートされるポリシーの一部には、シングル サインオン、コピー/ペーストの無効化、アプリのバックアップの防止、ドキュメント共有の管理、管理されていないアプリの実行の禁止、パスコードベースの入力などがあります。

設定と基本設定—iPhone、iPad、および Android

モバイルの設定を見つけるのに役立つように、デスクトップ設定に合わせて設定の階層を更新しました。 全般、通知、音声、ビデオ、アカウント、カレンダー、メッセージ、ミーティング、コール設定があります。

2020 年 10 月 7 日

Mac でこのリリースの Webex Teams の更新をリリースしました。 Cisco Webex Control Hub でカスタムの更新スケジュール設定を有効にした組織で利用可能な 9 月のアプリ バージョンを更新しました。 本日の更新に対応するアプリ バージョンは以下のとおりです。

  • Mac—3.0.16651.0

2020 年 10 月 6 日

まもなく Mac で更新をリリースし、一部の改善を行う予定です。 今後の更新についてお知らせします。更新が利用できるようになった時点で再度投稿します。

分類スペース—Windows、Mac、iPhone、iPadおよび Android

新しいスペースに分類ラベルを追加する新しい設定を追加しました。 これにより、誰もがこれらのスペースで共有できる情報と、そのスペースに参加できる人を容易に確認できるようになります。 管理者は、この機能を有効にし、選択できる分類ラベルを設定できます。

リメモリーボット—Windows、Mac、iPhone、iPad、および Android

リメモリーは、長い間、人々が重要な項目についてフォローアップするためにリマインダーを設定する上で役立っています。 毎日、毎週、または毎月の定期的なリマインダーでも、スペースでチェックするように促す 1 回だけリマインダーでも、リメモリーがお手伝いします。 最新版のアップデートでは、ボットが今まで以上に簡単に使用できるようになりました。 こちらを確認してください https://apphub.webex.com/teams/applications/rememory-cisco-systems

Microsoft OneDrive および SharePoint Online への Azure の条件付きアクセスのサポート— Windows および Mac

組織が Azure Conditional Access を使用すると、組織内から Microsoft OneDrive および SharePoint Online コンテンツ管理に Webex Teams からサインインできるようになりました。

スペースで重要なコンテンツが容易に見つかる—Windows および Mac

タブを使って、重要なウェブサイトをスペースに移動することができます。 スペースには [メッセージ] や [コンテンツ] タブが表示されるので、[追加 +] をクリックするだけで、任意のウェブサイトの URL ショートカットを作成できます。

デスクトップ アプリのモバイル QR コード—Windows および Mac

いつでも、どこでもコラボレーション。 デスクトップ アプリに QR コードを追加しています。 お使いのモバイル デバイスで QR コードスキャンすると、最新のモバイル アプリを簡単にダウンロードできます。

メッセージングへのクイック アクセスのキーボード ショートカット— Windows

このリリースでは、メッセージ送信に使用されるアプリの重要な領域に素早く移動することができる 3 つのキーボード ショートカットを追加しました。

  • Alt + Shift + A—[すべて] タブに移動し、[スペース] リストにフォーカスを表示します。 上/下矢印を使ってスペースを選択します。

  • Ctrl+Shift+I—メッセージを入力するメッセージエリアにフォーカスを表示します。

  • Ctrl +H—現在のスペースで最後に受信したメッセージにフォーカスを表示します。

メッセージに追いついて、読み、応答するときのアクセシビリティを向上していきます。 これらの新しいキーボード ショートカットは、スペース リスト、メッセージ作成領域、メッセージ履歴の間を移動して、さらに生産性を高めることができます。

新しい絵文字エクスペリエンス—Windows

Windows で使用される絵文字が、全く新しい外観になりました。

  • メッセージを書いていたり、カスタム ステータスを設定するときに絵文字ピッカーを使用すると、まったく新しい絵文字のセットが表示されて、それから選択できます。

  • また、絵文字ピッカーに新しい検索ボックスが表示され、最適な絵文字を数秒で見つけることができることがわかります。

  • この更新では、1 つの絵文字(スペースなし)でメッセージを送信するときに、送信をタップした後で、絵文字がスペースにより大きく表示されます。

  • まったく新しいカテゴリ (フラグ) も追加されました。

  • ショートカットを使用して、絵文字ピッカーに素早くアクセスしましょう。 CTRL + Shift + D

Microsoft OneDrive および Microsoft SharePoint Online フォルダーをスペースにリンクする— iPhone, iPad、 Android

この機能はすでにデスクトップでリリースされており、現在、モバイルに追加しています。 モバイル クライアントから OneDrive & Sharepoint Online フォルダーをスペースにリンクしたり、リンク解除することができます。

設定と基本設定—iPhone、iPad、および Android

モバイルの設定を見つけるのに役立つように、デスクトップ設定に合わせて設定の階層を更新しました。 全般、通知、音声、ビデオ、アカウント、カレンダー、メッセージ、ミーティング、コール設定があります。

長押しメニューの更新—iPhone および iPad

iPhone と iPad の長押しメニューを Android のメニューに揃えました。

スレッド付きメッセージのフィルター — iPhone および iPad

この機能はデスクトップと Android でリリースされており、iPhone と iPad でスレッド フィルターを追加しています。 開始したスレッドのリストと返信したスレッドのリストを表示する上で役立ちます。

ファイルの圧縮 — Android

送信する前にファイルを圧縮するためのオプションを追加しました。 ファイルの圧縮を行うかどうかを選択するか、各ファイルが追加されるたびにプロンプトが表示されるか、送信する前に毎回ファイルを圧縮するように選択するかを選択することができます。

管理者が設定したコーリング サービスにより、使用できる通話機能が決まります。

次に、各新機能がどのコーリング サービスに適用されるかを示しました。 どのコーリング サービスを使用しているかわからない場合は、「Webex Teams | 利用できるコーリング サービスを確認する」を参照してください。

Webex Teams での Calling (Webex Calling および Unified CM) に次の機能を適用する

コール履歴の右クリック オプション—Windows および Mac

コール履歴のエントリを右クリックして、指先でいくつかの便利なオプションにアクセスできます。 ユーザーにコールバックしたり、連絡先リストにユーザーを追加したり、メッセージを送信したり、メールを送信したり、ミーティングを開始することができます。

Webex Teams |コールとミーティング履歴の表示」を参照してください。

コーリングへのクイック アクセスのキーボード ショートカット— Windows および Mac

アプリのヘッダーで、誰かの名前を検索するか、番号を入力し、キーを組み合わせて音声またはビデオ コールを発信できます。

  • 音声コール — Option + Command + C (Mac);Ctrl + Alt + C (Windows)

  • ビデオ コール — Option + Command + U (Mac); Ctrl + Alt + V (Windows)

Webex Teams | キーボードのナビゲーションとショートカット」を参照してください。

Webex Teams での Calling (Webex Calling) に次の機能を適用する

コール キュー—Windows、Mac、iPhone、iPad、および Android

コール設定ページで [コール キュー] リンクを選択することで、コール センター キューに対して自動コール分布 (ACD) ステータスを設定できます。

Webex Teams | コール キューにサインインする方法」を参照してください。

卓上電話の説明を変更する-Windows および Mac

デスクトップ アプリから直接、卓上電話の説明にアクセスし、その説明を自分に意味のあるものにパーソナライズすることができます。 電話の説明の上にカーソルを合わせ、 をクリックして、名前を変更します。 アプリに複数台数の卓上電話を接続している場合は、それぞれの説明をカスタマイズすると役立ちます。

Webex Teams | コールを処理するために、卓上電話に接続する」を参照してください。

連絡先リストからの他のユーザーにコールする— iPhone、iPad、および Android

Webex Teams の連絡先リストに誰かを追加した後で、外部連絡先であっても、モバイル アプリからそれらの人に発信できます。

詳細については https://help.webex.com/z3397j/

モバイル セルラー ネットワークを使用してアプリからコールを発信する — iPhone、iPad、および Android

管理者が、単一番号リーチ (BroadWorks Anywhere) とコール バックをセットアップした場合、環境に応じてWebex Teamsでコールの仕方を選択できます。 携帯電話接続を使用して仕事の通話を行うオプションがあります。これにより、データが使用できなくても、中断されることなく通話できます。 どのオプションを選択しても、職場の電話番号が常に発信者 ID として使用されます。ユーザーは簡単にユーザーを識別できます。

Webex Teams | コールバックを使用して仕事のコールを発信する」を参照してください。

次の機能は、Webex Teams (Webex Calling) の Calling に適用されます

ダイヤル文字列に一時停止を追加する-iPhone、iPad、および Android

電話番号を入力するときに一時停止を追加することができます。これは、電話会議に参加しようとしている場合、また、自動化システム応答する場合に必要となることがあります。 番号にコンマ (,) を追加すると、ダイヤルが 1 秒遅延します。 行に複数のコンマを追加すると、遅延が長くなります。 たとえば、次のように入力することができます。 95556543123,,,,56789.

Webex Teams | ミーティングに参加する前に音声とビデオの設定を選択する」を参照してください。