特定の発信者、特定の時間の通話を承認できます。

1

https://settings.webex.com に移動し、[Webex Calling] を選択します。

2

Calling ユーザー ポータルで [通話設定] に移動します。

3

[選択的にコールを受け入れる] に移動し、トグルをオンにします。

4

ドロップダウン メニューから事前定義されたスケジュールを選択します。

この設定に使用するスケジュールが表示されない場合は、[スケジュール] タブにスケジュールを追加できます。 詳細については、「通話設定に適用するスケジュールの作成」を参照してください。

5

[スケジュールを追加] をクリックして次のパラメータを設定します。

  • [When]:ドロップダウン リストからコールを受け入れるタイミングの事前定義されたスケジュールを選択します。
  • [からのコール(Calls from)]:任意の電話番号または電話番号の選択{5}からのコールを受け入れるかどうかを選択します。 [選択した電話番号] を選択する場合は追加の詳細を入力します。
  • 承認または承認しない - これらのパラメータに該当する通話の承認または拒否を選択します。
6

[保存] をクリックします。

スケジュールが [承認] または [承認しない] テーブルに追加されます。 必要に応じてテーブルからスケジュールを編集または削除できます。


 
「Don't Accept 」が「Accept」より優先されます。
実際の例を見てみましょう。 このCallingユーザーポータルで選択的に着信を受け入れる機能を設定する方法については、ビデオデモをご覧ください。

特定の発信者、特定の時間の通話を拒否できます。 この設定は、[選択的にコールを受け入れる(Selectively Accept Calls)] よりも優先されます。

1

https://settings.webex.com に移動し、[Webex Calling] を選択します。

2

Calling ユーザー ポータルで [通話設定] に移動します。

3

[選択的にコールを拒否] に移動し、トグルをオンにします。

4

ドロップダウン メニューから事前定義されたスケジュールを選択します。

この設定に使用するスケジュールが表示されない場合は、[スケジュール] タブにスケジュールを追加できます。 詳細については、「通話設定に適用するスケジュールの作成」を参照してください。

5

[スケジュールを追加] をクリックして次のパラメータを設定します。

  • [When]:ドロップダウン リストからコールを拒否するときの、事前定義されたスケジュールを選択します。
  • [からのコール(Calls from)]:任意の電話番号転送、または電話番号の選択{7}からのコールを受け入れる場合に選択します。 [選択した電話番号] を選択する場合は追加の詳細を入力します。
  • 拒否または拒否しない - これらのパラメータに該当する通話を拒否するかしないか選択します。
6

[保存] をクリックします。

スケジュールは [拒否する] または [拒否しない] テーブルに追加されます。 必要に応じてテーブルからスケジュールを編集または削除できます。


 
拒否しない は、「拒否」よりも優先されます。
実際の例を見てみましょう。 Calling ユーザー ポータルで選択的に拒否する通話を設定する方法については、このビデオ デモンストレーションをご覧ください。

特定の発信者、特定の時間の通話を転送できます。 この設定は通話転送よりも優先されます。

1

https://settings.webex.com に移動し、[Webex Calling] を選択します。

2

Calling ユーザー ポータルで [通話設定] に移動します。

3

[選択的にコールを転送(Selectively Forward Calls)] に移動し、トグルをオンにします。

4

通話の転送先の電話番号を入力します。

5

すべての通話をボイスメールに転送するには、[ボイスメールに送信] チェックボックスをオンにします。

[ボイスメールに送信] オプションは、内部電話番号または内線番号に対してのみ使用できます。

6

これらのコールの呼び出しリマインダを有効にするには、[呼び出しリマインダを使用] チェックボックスをオンにします。

7

ドロップダウン メニューから事前定義されたスケジュールを選択します。

この設定に使用するスケジュールが表示されない場合は、[スケジュール] タブにスケジュールを追加できます。 詳細については、「通話設定に適用するスケジュールの作成」を参照してください。

8

[スケジュールを追加] をクリックして次のパラメータを設定します。

  • 転送先 - このスケジュールの間に通話を転送する電話番号を入力します。
  • [スケジュール(Schedule)]:ドロップダウン リストからコールを転送するときに、事前に定義されたスケジュールを選択します。
  • [からのコール(Calls from)]:任意の電話番号または電話番号の選択{5}からのコールを受け入れるかどうかを選択します。 [選択した電話番号] を選択する場合は追加の詳細を入力します。
  • 転送 または 転送しない—これらのパラメータに該当するコールを転送するかどうかを選択します。
9

[保存] をクリックします。

スケジュールは [転送] または [転送しない] テーブルに追加されます。 必要に応じてテーブルからスケジュールを編集または削除できます。


 
「Don't Forward」 が「Forward」より優先されます。
実際の例を見てみましょう。 このCallingユーザーポータルで選択的に着信転送機能を設定する方法については、ビデオデモをご覧ください。

特定の発信者、特定の時間の通話を承認できます。

1

User Hubにサインインし、 をクリックします。 設定 > 通話 > 通話設定

2

[選択的にコールを受け入れる] に移動し、トグルをオンにします。

3

ドロップダウン メニューから事前定義されたスケジュールを選択します。

この設定に使用するスケジュールが表示されない場合は、[スケジュール] タブにスケジュールを追加できます。 詳細については、「通話設定に適用するスケジュールの作成」を参照してください。

4

[スケジュールを追加] をクリックして次のパラメータを設定します。

  • [スケジュール(Schedule)]:ドロップダウン リストから、コールを受け入れる際の事前定義されたスケジュールを選択します。
  • [からのコール(Calls from)]:任意の電話番号または電話番号の選択{5}からのコールを受け入れるかどうかを選択します。 [選択した電話番号] を選択する場合は追加の詳細を入力します。
  • 承認または承認しない - これらのパラメータに該当する通話の承認または拒否を選択します。
5

[保存] をクリックします。

スケジュールが [承認] または [承認しない] テーブルに追加されます。 必要に応じてテーブルからスケジュールを編集または削除できます。


 
「Don't Accept 」が「Accept」より優先されます。

特定の発信者、特定の時間の通話を拒否できます。 この設定は、[選択的にコールを受け入れる(Selectively Accept Calls)] よりも優先されます。

1

User Hubにサインインし、 をクリックします。 設定 > 通話 > 通話設定

2

[選択的にコールを拒否] に移動し、トグルをオンにします。

3

ドロップダウン メニューから事前定義されたスケジュールを選択します。

この設定に使用するスケジュールが表示されない場合は、[スケジュール] タブにスケジュールを追加できます。 詳細については、「通話設定に適用するスケジュールの作成」を参照してください。

4

[スケジュールを追加] をクリックして次のパラメータを設定します。

  • [スケジュール(Schedule)]:ドロップダウン リストからコールを拒否するときに、事前に定義されたスケジュールを選択します。
  • [からのコール(Calls from)]:任意の電話番号転送、または電話番号の選択{7}からのコールを受け入れる場合に選択します。 [選択した電話番号] を選択する場合は追加の詳細を入力します。
  • 拒否または拒否しない - これらのパラメータに該当する通話を拒否するかしないか選択します。
5

[保存] をクリックします。

スケジュールは [拒否する] または [拒否しない] テーブルに追加されます。 必要に応じてテーブルからスケジュールを編集または削除できます。


 
拒否しない は、「拒否」よりも優先されます。

特定の発信者、特定の時間の通話を転送できます。 この設定は通話転送よりも優先されます。

1

User Hubにサインインし、 をクリックします。 設定 > 通話 > 通話設定

2

[選択的にコールを転送(Selectively Forward Calls)] に移動し、トグルをオンにします。

3

通話の転送先の電話番号を入力します。

4

すべての通話をボイスメールに転送するには、[ボイスメールに送信] チェックボックスをオンにします。

[ボイスメールに送信] オプションは、内部電話番号または内線番号に対してのみ使用できます。

5

これらのコールの呼び出しリマインダを有効にするには、[Cisco IP 電話の呼び出しリマインダを有効にする] チェックボックスをオンにします。

6

ドロップダウン メニューから事前定義されたスケジュールを選択します。

この設定に使用するスケジュールが表示されない場合は、[スケジュール] タブにスケジュールを追加できます。 詳細については、「通話設定に適用するスケジュールの作成」を参照してください。

7

[スケジュールを追加] をクリックして次のパラメータを設定します。

  • 転送先 - このスケジュールの間に通話を転送する電話番号を入力します。
  • [スケジュール(Schedule)]:ドロップダウン リストからコールを転送するときに、事前に定義されたスケジュールを選択します。
  • [からのコール(Calls from)]:任意の電話番号または電話番号の選択{5}からのコールを受け入れるかどうかを選択します。 [選択した電話番号] を選択する場合は追加の詳細を入力します。
  • 転送 または 転送しない—これらのパラメータに該当するコールを転送するかどうかを選択します。
8

[保存] をクリックします。

スケジュールは [転送] または [転送しない] テーブルに追加されます。 必要に応じてテーブルからスケジュールを編集または削除できます。


 
「Don't Forward」 が「Forward」より優先されます。