VoIP 使用の推奨されるベストプラクティスは?

この記事を使って、ミーティングでの VoIP の使用に関するベスト プラクティスを学びます。

VoIP 使用の推奨されるベストプラクティスは?

VoIP のみの会議の最大参加者数は?

ダイヤルアップ接続で VoIP を使用できますか?

VoIP を使用する際の帯域幅のガイドラインは?

解決方法:

統合型 VoIP により、主催者、トレーナー、またはイベントプロデューサーは、インターネット(またはプライベート IP ネットワーク)を使用して、ミーティング、ライブのオンライントレーニング、または大型イベントの音声機能を提供できます。 参加者は、従来の音声会議を使用するのではなく、コンピューターに接続されたヘッドセットとスピーカーを使用して、ミーティングの音声機能に参加します。 従来の音声会議と比較すると、多くの VoIP ソリューションには遅延や品質の問題があります。

統合型 VoIP の容量制限:
 

サービスWBS 39.4 以降
Webex Meetings1000
Webex Events3000
Webex Training1000
Webex サポート500

広帯域音声(HD 音声)

標準の狭帯域 VoIP よりはるかに高い音声品質により音声機能を改善

  • 広帯域音声は Webex VoIP の出席者に対する新しいデフォルトの標準です。
  • Windows、Mac、Linux のデスクトップクライアント、iOS および Android モバイルデバイスに対応
  • VoIP とハイブリッド音声の両方が広帯域音声に対応
  • Opus 音声コーデックを使用

広帯域音声のサポート対象外

  • デスクトップ Solaris および Windows モバイルデバイス
  • サポートされていないデバイスが会議に参加すると、すべての参加者の VoIP 音声が低品質の狭帯域標準 VoIP に切り替わります
     

マイクの割り当て:

お使いの Webex サイトのバージョンについては次の記事を参照してください: Webex バージョン番号の確認

  • 最大 500 台のマイクを自動的に割り当てます(主催者を含む)。
  • 最もアクティブな 3 つのオーディオストリームのみが混合されます。
VoIP セッション前に従うべきガイドライン:
  • プレゼンタが適切な音量を決定できるよう、ドライランを実行します。
  • イベント開始前に音声をテストするために、音声ファイルを出席者のコンピューターに送信することを強くお勧めします。 これは招待時に送信するか、ミーティングの開始時に出席者に音声ファイルをプッシュすることで実行できます。
  • 広帯域音声をサポートするシステム要件にご注意ください。 Windows モバイルユーザーが会議に参加すると、音声品質が標準の狭帯域音声に低下します

VoIP セッション中に従うべきガイドライン:

  • アクティブな VoIP マイクを介して音楽を再生するのは避けます。
  • 周囲のノイズをなくします。
  • 通常、PC のマイクよりもヘッドセットのほうが高品質であるため、ヘッドセットを使用するよう話者に推奨します。 PC のマイクは非常に敏感で、周囲のノイズを拾う傾向があります。 また、一部の環境や設定では、マイクとスピーカーの間で高いゲインのフィードバックループが生じます。 これにより、内蔵のエコーキャンセル機能が対応しきれなくなり、大きなエコーの原因となるフィードバックループが生じます。
  • すべての会議でヘッドセットのプロファイルを常に使用します。
  • マイクレベルは自動的に設定されます。 この設定は、VoIP の設定ウィザードを使って手動で上書きできます。 デフォルトの自動ゲインコントロールおよびエコーキャンセル設定は変更しないことを推奨します。
  • ゆっくりと発言し、スライドの切り替え中は発言しないようにします。 これは、帯域幅の使用率を管理し、ネットワークの混雑を最小限に抑えるのに役立ちます。
­

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事
arrow up