Skype for Business (Lync Online) を使用して、Cisco Webex Video Platform にコールインすることができません。

Skype for Business (Lync Online) を使用して、Cisco Webex Video Platformにコールインすることができません。

Skype for Business から Cisco Webex Video Platform ミーティングにダイヤルインするときに、コールが接続されません。

Skype for Business から Cisco Webex Video Platform に接続するコールが接続されません。

Skype for Business から Cisco Webex Video Platform ミーティングに接続できません。

Google Chrome 拡張機能を使用している Cisco Webex Meetings、Internet Explorer 用の Webex スケジューラ、Webex と IBM Lotus Notes のインテグレーション、Skype for Business、および IBM Sametime のサポート終了

2020 年 12 月 31 日に、Google Chrome 拡張機能を使用している Cisco Webex Meetings、Internet Explorer の Webex スケジューラ、Webex と IBM Lotus Notes のインテグレーション、Skype for Business、および IBM Sametime のサポートを正式に廃止します。 これらは、2021 年 1 月 1 日からダウンロードすることができなくなります。 Google Chrome 拡張機能を使用している Cisco Webex スケジューラユーザーは、G Suite アドオンの新しいバージョンの Cisco Webex に移行する必要があります。

メモ: CMR クラウドは Cisco Webex Video Platform に名前を変更しました。 CMR クラウドの名前を引き続き参照しているリンクやテキストもありますが, 情報は従来どおり, 名称が変更されたサービスにも適用されます。


Cisco Webex Video Platform バージョン 1 以降

Skype for Business (Lync) サポートについての詳細は、次を参照してください。


解決方法:

Cisco Webex Video Platform ミーティングにコールインするには、Skype for Business 側で B2B (ビジネス間) コールを有効にする必要があります。

B2B コールを有効にするには:

  1. オンライン アカウントにログインするか、または管理者にログインさせます。
  2. 左パネルの [管理] オプションの下で [Skype for Business] をクリックします。
  3. 新しい画面から、左の [組織] をクリックします。
  4. 上から [外部通信] をクリックします。
  5. ドロップダウンは [オン] オプションの 1 つで表示する必要があります。ブロックされているドメインを除いてオンになっていることが望ましいです。 提供されたスクリーンショット

    許可されたドメインにのみ [オン] オプションを使用する場合、許可されたドメイン リストに Webex.com を追加してください。 それ以外の場合、コールは引き続き失敗します。 スクリーンショットが提供されます

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事
上矢印