ライセンス テンプレートに関する質問

自動ライセンス割り当てを使用する必要がある理由

  • サービスを使用するための適切なライセンスが新しいユーザーに自動的に付与されます。

  • 時間のかかる手動のライセンス割り当てが不要になります。

グループテンプレートと組織テンプレートについて

組織全体に対してライセンス テンプレートを設定できますか?

はい。組織全体に対してライセンス テンプレートを設定できます。

組織内の特定のグループに対して、ライセンス テンプレートを設定することができますか?

はい。組織内の特定のグループに対して、ライセンス テンプレートを設定することができます。

この機能を使用するには、AD と Webex のグループを同期する必要があります。 「Cisco Directory Connector」を参照してください。

両方のタイプのテンプレートを一緒に使用できますか?

いいえ。組織で有効にできるオプションはいずれか 1 つのみですが、いつでもオプションを変更できます。

ライセンス割り当てモードを選択するオプションを表示する Control Hub の [ライセンス] ページのスクリーンショット。

組織ベースのテンプレートからグループベースのテンプレートに範囲を変更する場合は何が起こりますか?

適用範囲をグループから組織ベースの割り当て(またはその逆)に変更すると、Webex によって既存のライセンステンプレートが削除されます。 その後、新しいテンプレートを定義して、その時点から新規ユーザーにライセンスを自動的に割り当てます。

組織テンプレートからライセンスを取得する人は?

組織全体にライセンス テンプレートを適用する場合、割り当てられたサービスをすべての新規ユーザーが受け取ります。

グループ テンプレートからライセンスを取得する人は?
ライセンステンプレートをグループに適用する場合、AD グループの新規ユーザーはグループに割り当てられたサービスを受け取ります。

ライセンステンプレートの仕組み

既存ユーザーのライセンスを変更できますか?
はい。ユーザーのライセンスは手動でいつでも上書きできます。
既存のユーザーにサービスを割り当てまたは削除するためにテンプレートを使用できますか?
いいえ。ライセンス テンプレートを適用または変更しても、すでに組織内に存在するユーザー、または組織内のグループには影響がありません。
ライセンス割り当てテンプレートを変更すると何が起こりますか?

テンプレートからサービスを削除する、またはテンプレートを削除する場合、最初にテンプレートからライセンスを付与されたユーザーは、元々割り当てられたすべてのサービスを維持します。

修正されたテンプレートからライセンスを付与された新規ユーザーは、削除したサービスを利用できなくなります。 テンプレート全体を削除すると、新規ユーザーはライセンスを自動的に受け取りません。

ネストされたグループは親グループからライセンス テンプレートを継承できますか?

いいえ。Active Directory のグループの直接的なメンバーである新規ユーザーにのみ、グループのテンプレートからライセンスが割り当てられます。 ネストされたグループのユーザーには、親グループのテンプレートのライセンスは付与されません。

AD グループ間でユーザーを移動する方法は、ライセンスに影響しますか?

ある AD グループから別のグループにユーザーを移動すると、そのユーザーは元のグループのライセンスをそのまま保持し、新しいグループのライセンスも取得します(割り当てが重複する場合を除く)。

ユーザーが元のグループから退出した場合、またはそのテンプレートからサービスを削除した場合でも、ユーザーは元のグループのライセンスを保持します。

ユーザーがライセンス テンプレートのある 2 つ以上の AD グループに属している場合はどうなりますか?

複数の AD グループに属しているユーザーは、属しているすべてのグループに適用されるテンプレートからライセンスを取得します(割り当てが重複する場合を除く)。


ただし、ユーザーが同じミーティング サイトで主催者ライセンスと出席者のロールを割り当てている複数のライセンス テンプレートを使用している場合、そのミーティング サイトでは主催者ライセンスのみが割り当てられます。 ただし、主催者ライセンスが不足している場合、出席者のロールになります。

* これまでは、ライセンスが使用可能であっても、テンプレートによって出席者のロールが割り当てられていました。 更新により、ユーザーに主催者ライセンスが割り当てられるようになりました。

出席者ロールと主催者ライセンスの両方を割り当てているグループ ライセンス テンプレートに属する新規ユーザーは、主催者ライセンスが使用不可能な場合でも出席者のロールを取得します。 主催者ライセンスが使用可能な場合、これらのユーザーは主催者ライセンスを取得します。

ユーザーが両方のグループから同じライセンスを受け取っている場合はどうなりますか? 2 つのライセンスを消費しますか?

いいえ。ユーザーに同じサービスを複数回割り当てることはできません。

ただし、このルールには次の例外があります。 複数のミーティングサイトがある場合、ユーザーに複数のミーティングライセンス(各サイトに 1 つずつ)を付与できる場合があります。

ライセンス テンプレートを使用してユーザーに Webex Calling のライセンスを割り当てることはできますか?

いいえ。Webex Calling では自動ライセンス割り当てはサポートされていません。 ライセンステンプレートで Webex Calling を選択することはできません。

Control Hub の Meetings ライセンスはどうですか?

Control Hub で管理されているサイトに Meetings ライセンスを割り当てることができるか

はい。 [サイトの管理] からリンクされたユーザーは自動ライセンス付与の対象になります。

そのため、組織ベースの割り当てを行っている場合、新たにリンクされたユーザーは、Control Hub 組織に加入する際に、テンプレートで指定されたライセンスを自動的に受け取ります。

複数の Meetings サイトがある場合は何が起こりますか?

ミーティングサイトごとにライセンスが分かれています。 そのため、AD グループテンプレートがそれぞれ異なるサイトが 2 つある場合、1 つの AD グループから別の AD グループにユーザーを移動すると、これらのユーザーは両方のミーティングサイトのライセンスを取得することになります。

出席者ロールをライセンス テンプレートで割り当てられますか?

はい。 テンプレートに Meetings ライセンスが設定されている場合は、ライセンス テンプレートを使用して出席者ロールを割り当てるオプションが表示されます。


出席者としてユーザーを割り当てるには、Webex サイトで出席者アカウント機能が有効になっている必要があります。 CSV ファイルに [出席者アカウント] 列が表示されない場合は、 カスタマー サクセス マネージャー (CSM)、パートナー サクセス マネージャー (PSM)、または Cisco テクニカル アシスタンス センター (TAC) に連絡して、Webex サイトでこの機能を有効にしてください。

ライセンス割り当てウィザード。主催者と出席者の役割の間で選択するオプションを表示します

Webex が複数のサブスクリプションからライセンスを割り当てる仕組み

複数のサブスクリプションから同じテンプレートにライセンスを適用することができます。 最初に 100 個のメッセージングライセンスのサブスクリプションを購入してから、Webex を希望するユーザーが増えたためサブスクリプションを 50 個追加購入した場合などがこれに当てはまります。

このような場合、ライセンスをすべて使い切るまで、Webex によって古いサブスクリプションから順番に割り当てられます。 Control Hub でサブスクリプションの作成日を確認できます。

ライセンス割り当てテンプレートはデフォルトで組織全体に適用されます。 Active Directory ユーザーを Webex と同期している場合は、代わりにグループベースのライセンス付与を選択できます。

1

Control Hub にサインインします。

2

[組織設定] > [ライセンスの割り当て] に移動します。

3

ライセンスの割り当て範囲を選択します。

  • 組織ベースの管理(デフォルト)
  • グループベースの管理

次に行うこと

組織ベースの管理を選択する場合は、[セットアップ] をクリックして、組織全体に適用するライセンス割り当てテンプレートを作成します。 「新規ユーザーのために組織ベースの自動ライセンスを設定する」を参照してください。

グループベースの管理を選択する場合は、選択内容を保存し、グループに適用するテンプレートを構成します。 「Active Directory グループで新規ユーザーの自動ライセンス取得を構成する」を参照してください。

1

Control Hub 組織 https://admin.webex.com にサインインし、[ユーザー] ページに移動します。

2

右上隅にある [ライセンス] をクリックします。

3

[組織ベースの管理] を選択してから [セットアップ] を選択します。

4

利用可能なサービス(Calling、Meetings、Messaging)から選択します。

Webex Meetings ライセンスを選択すると、ウィザードのページが 1 つ増えます。 [次へ] をクリックしてアカウントの種類を選択します。

  • 主催者: このテンプレートによって管理される新しいユーザーには主催者権限が自動的に付与され、ミーティングライセンス数が 1 つ減ります。
  • 出席者: このテンプレートによって管理される新しいユーザーには、出席者権限が自動的に付与されます。 ミーティングライセンス数は減りません。

 

Webex サイト管理者ロールを持つユーザーは出席者アカウント タイプを利用できません。 これらのユーザーに出席者アカウントを割り当てるには、Webex Meetings サイトの管理者権限をユーザーから削除する必要があります。

5

テンプレート内のライセンスを確認し、[保存] をクリックします。

ライセンス テンプレートは有効化されており、新規ユーザーが追加されると、ライセンスが自動的に割り当てられます。

Webex 組織と Active Directory を同期すると、対象グループのテンプレートで選択したライセンスがすべての新規ユーザーに付与されます。

未検証のドメインのアクティブではないユーザーにライセンスを割り当てた場合、ユーザーが初めてサインインしてアクティブになるまでライセンスは有効になりません。

ドメインが検証済みまたは要求済みで、サインインする前に新規ユーザーが Webex サービスを使用できるようにする必要がある場合、シングル サインオン(SSO)を構成し、Cisco Directory Connector によってユーザーが Webex クラウドに同期される前に自動メールが送信されないようにする必要があります。

始める前に

グループベースの自動ライセンス管理を選択する必要がある場合があります。「ライセンステンプレート範囲の選択」を参照してください。

1

https://admin.webex.com にサインインし、[ユーザー] > [グループ] の順に移動します。

2

管理するグループを見つけてクリックし、[ライセンスの割り当て] セクションを見つけます。

3

[セットアップ] をクリックします。

4

このグループの新規ユーザーに割り当てるサービスを、使用可能なサービス(Calling、Meetings、Messaging)から選択します。

Webex Meetings ライセンスを選択すると、ウィザードのページが 1 つ増えます。 [次へ] をクリックしてアカウントの種類を選択します。

  • 主催者: このテンプレートによって管理される新しいユーザーには主催者権限が自動的に付与され、ミーティングライセンス数が 1 つ減ります。
  • 出席者: このテンプレートによって管理される新しいユーザーには、出席者権限が自動的に付与されます。 ミーティングライセンス数は減りません。

 

Webex サイト管理者ロールを持つユーザーは出席者アカウント タイプを利用できません。 これらのユーザーに出席者アカウントを割り当てるには、Webex Meetings サイトの管理者権限をユーザーから削除する必要があります。

5

[保存] をクリックします。

これでライセンステンプレートが有効になりました。 関連するサービスは、アクティブになると、このグループの新しいユーザーに自動的に割り当てられます。
テンプレートによって割り当てられたライセンスを変更するには、組織テンプレートまたはグループテンプレートと同じ手順に従います。この方法でもライセンス割り当てウィザードにアクセスすることができます。

1

https://admin.webex.com の組織にサインインし、[ユーザー] ページを開きます。

2

ライセンス割り当てテンプレートに移動します。

  • AD グループの新しいユーザーにライセンスを自動的に割り当てる場合は、[グループ] をクリックします。
  • 組織内のすべての新しいユーザーにライセンスを自動的に割り当てる場合は、[ライセンス] をクリックします。
3

[変更]をクリックします。

4

このテンプレートにより割り当てられているサービス(Calling、Meetings、Messaging)を変更します。

Webex Meetings ライセンスを選択すると、ウィザードのページが 1 つ増えます。 [次へ] をクリックしてアカウントの種類を選択します。

  • 主催者: このテンプレートによって管理される新しいユーザーには主催者権限が自動的に付与され、ミーティングライセンス数が 1 つ減ります。
  • 出席者: このテンプレートによって管理される新しいユーザーには、出席者権限が自動的に付与されます。 ミーティングライセンス数は減りません。

 

Webex サイト管理者ロールを持つユーザーは出席者アカウント タイプを利用できません。 これらのユーザーに出席者アカウントを割り当てるには、Webex Meetings サイトの管理者権限をユーザーから削除する必要があります。

5

テンプレート内のライセンスを確認し、[保存] をクリックします。

ライセンステンプレートを削除するには、組織テンプレートまたはグループテンプレートと同じ手順に従います。手順が異なるだけで結果は同じです。 ライセンス割り当てモードを変更すると、モードから移動するテンプレートは自動的に削除されます。

1

https://admin.webex.com の組織にサインインし、[ユーザー] ページを開きます。

2

ライセンス割り当てテンプレートに移動します。

  • グループテンプレートを削除する場合は [グループ] をクリックします。
  • 組織テンプレートを削除する場合は [ライセンス] をクリックします。
3

[削除] をクリックします。

警告を受け入れて続行します。