まもなくリリースされる Webex Expert on Demand へのアップグレードの準備のために必要な手順については、以下の「通知」タブを参照してください。

Webex Expert on Demand の概念の概要

Expert on Demand は、専門知識とスキルを持つ専門家からのアドバイス、ガイダンス、アシスタンスをリアルタイムで活用できるようにすることを目的としています。 このソリューションは知識の共有と問題解決を促し、物理的にその場にいなくても個人や組織がリモートで専門知識を入手できるように設計されています。 Expert on Demand はエンドツーエンドの暗号化、画面の共有、1080p の機能などをサポートする Webex プラットフォームの力を活用して、ユーザーと専門家の間のシームレスなやり取りを実現します。

Webex Expert on Demand ではアシステッド リアリティ (AR) のハンズフリー ハードウェア機能を使用しており、さまざまな地域に分散する専門家やサービス チームを、ユーザーが最も必要とする場所で活用できるようになり、物理的な移動を減らすことができます。 現場の社員は、両手を自由に使えるようにしたままヘッド トラッキングの動きと音声コマンドを使用してマルチパーティの音声コールやビデオコールに参加し、リアルタイムでガイドしてもらったり、コンテンツやドキュメントをリアルタイムの注釈付きで共有したりできます。これにより、よりスピーディな問題解決やエクスペリエンスの改善、安全性の向上につながります。

Expert on Demand バージョン 2.1 に更新


 
重要: すべての顧客は、コンテンツ共有の問題を回避するために、Webex Expert on Demand バージョン 2.1 に更新する必要があります。 これは、最新の RealWear ファームウェア バージョンに更新した、または更新する予定のお客様に特に適用されます。

Google Glass のサポート終了

バージョン 2.1 以降、Google Glass は以前の発表で示されているように、Expert on Demand ではサポートされなくなりました。

Expert on Demand デバイスはすべて Control Hub に登録する必要があります


 
重要: 2024 年 1 月 25 日(2023 年 12 月 15 日から延長)までに Webex コントロール ハブで Expert on Demand 認定デバイス登録を完了できない場合、エンド ユーザーは RealWear デバイスで Expert on Demand アプリケーションにサインインして使用できなくなります。

Expert on Demand が RealWear マーケットプレイスで利用可能に

Expert on DemandアプリケーションがRealWear Marketplaceでご利用いただけるようになりました。

サポートに問い合わせる

ライセンスの移行および新しい顧客主導のトライアル プロセスについてご質問がある場合、またはサポートが必要な場合は、rexar-pteam@cisco.comまでお問い合わせください。 同時に、営業サポートが必要な場合は、このリンクに従って、地域内の適切なCiscoサポートチームにお問い合わせください。

Expert on Demand バージョン 2.0 がリリースされました。

Expert on Demandのバージョン2.0は、2023年10月にRealWearマーケットプレイスでリリースされます。 すべての新機能と強化機能については、「リリース ノート」と「新機能」タブを参照してください。


 
新規および既存のお客様は、全体的なエクスペリエンスとパフォーマンスを向上させ、サービスの中断を回避するために、バージョン 2.0 を 1.9.x から更新することを強くお勧めします。

前提条件

Webex Expert on Demand 2.0 にアップグレードするには、次の要件を満たしていることを確認します。

  • RealWear クラウドでの Webex Expert on Demand アプリへのアクセス。
  • Webex Expert on Demand の有料またはトライアルのデバイス ライセンス。
  • Webex Control Hub 管理者アクセス。
  • Control Hub での XoD デバイスのオンボーディングと登録。 詳細については、「管理ガイド」タブの「Expert on Demand デバイスを管理する」を参照してください。

デバイスごとのライセンスの移行

サービス改善への継続的な取り組みの一環として、2022 年 6 月 30 日に Webex Expert on Demand の指定ユーザーベース ライセンスの販売終了とサービス終了を発表しました (「通知」を参照してください)。 Expert on Demand デバイスのライセンスはすでに利用可能であるため、Webex Expert on Demand ライセンスの顧客という既存の有料ユーザー全員に、2024年1月25日2023年12月15日から延長)までにデバイスベースのライセンスごとに移行することを推奨します。


 
2024年1月25日2023年12月15日に延長)までに移行を完了できない場合、Webex Control HubのExpert on Demandオンボーディング機能を使用できなくなり、エンドユーザーはサインインしてExpert on Demandにアクセスできなくなります。

デバイスベースのライセンスに移行するには、こちらのリンクを参照し、該当する Cisco サポート チームにお問い合わせください。必要な手順をご案内します。


 
ライセンスの移行に関する具体的なご質問やサポートについては rexar-pteam@cisco.com にお問い合わせください。

詳細については、「管理ガイド」タブの「デバイスベースのライセンスに移行する」を参照してください。

新規顧客のトライアル プロセス

既存および新規の Webex Expert on Demand トライアルのお客様向けに、60 日間のトライアル期間で 5 つのデバイス ライセンスを含む、新しい自動トライアル プロセスを発表します。 このトライアルは、2023年10月に開始するすべての既存および新規のトライアル顧客に適用されます。

既存および新規のすべての Webex Expert on Demand トライアルのお客様には、トライアル ライセンスへのアクセスと、60 日間のトライアル向けに Webex Control Hub で RealWear デバイスを登録するプロセスを説明する以下の手順を確認することをお願いしています。

次の条件が適用されます。

  • 管理者が最初のデバイスを追加すると、60 日間のトライアル期間が開始します。
  • トライアル期間中に商用ライセンスが購入されなかった場合、トライアル デバイスは 60 日後に自動で有効期日切れの状態に移行します。
  • トライアル期間の有効期日が切れると、Webex Expert on Demand アプリケーションを引き続き利用するには、本番環境のデバイス ライセンスへの移行が必要になります。

前提条件

Webex Expert on Demand トライアルを利用するには、以下が必要です。

  • Nav500、NAV520、HMT-1 などの RealWear ハードウェアデバイス。
  • 登録用の RealWear デバイスのシリアル番号。
  • RealWear クラウドでの Webex Expert on Demand アプリ バージョン 2.0 へのアクセス。
  • Expert on Demand デバイスのオンボーディングとトライアル ライセンス管理のための Webex Control Hub 管理者アクセス。
  • Webex ユーザー ライセンス。
  • Webex Control Hub での Expert on Demand デバイスのオンボーディングと登録。

ライセンスについての注意

次のライセンスについての注意を念頭に置いてください。

  • 既存の Expert on Demand のお客様で有料の Webex Expert on Demand デバイス ライセンス サブスクリプションをお持ちの場合、既存のすべてのライセンスは追加したデバイスにマッピングされます。
  • 追加したデバイスが購入済みのライセンス数を超える場合、これらのデバイスは 60 日間のトライアル期間が設定されたトライアル状態に移行します (移行期間のみ)。
  • 60 日間のトライアルの有効期日を過ぎると、追加の有料ライセンスがない場合、これらのデバイスは有効期日切れとマークされます。
  • トライアル状態のすべてのデバイスが Expert on Demand デバイス ライセンス サブスクリプションにマッピングされるまで、ユーザーは新しいデバイスを追加できません。
  • 60 日間のトライアル期間が終了すると、トライアル状態のすべてのデバイスが有効期日切れの状態に移行します。

新しいデバイスのオンボーディングの詳細については、「管理ガイド」タブの「Expert on Demand デバイスを管理する」を参照してください。

Control Hub でインテグレーション アクセスを管理する

Webex Control Hub を通じて Webex Expert on Demand インテグレーションのユーザー アクセシビリティ コントロールを強化するための具体的な変更をご紹介します。 Webex 管理者は組織内の全員に対して Expert on Demand インテグレーションへのアクセスを許可または拒否できるようになりました。Pro Pack for Control Hub を使用している場合は、特定のユーザーに対して Expert on Demand インテグレーションへのアクセスを設定できます。 この機能は、2023年10月からエキスパート・オン・デマンドで利用できるようになります。


 
Webex Control Hub で、デフォルトですべてのインテグレーションを許可していないお客様は、以下の手順に従う必要があります。この手順に従わない場合は、エンドユーザーが Webex Expert on Demand にログインできなくなります。 Webex ドメインのユーザーがインテグレーションにアクセスできるように、すべてのユーザーに Expert on Demand インテグレーションへのアクセスを許可することをお勧めします。

前提条件

インテグレーションを管理するには、次の要件を満たす必要があります。

  • Webex Control Hub 管理者アカウント。
  • オプション: 特定のユーザーの Expert on Demand インテグレーションをコントロールする場合は、Webex Control Hub Pro-Pack。 Pro Pack for Control Hub を参照してください。

新しいデバイスのオンボーディングについては、「Expert on Demand インテグレーションを管理する」(「管理ガイド」タブ) で参照してください。

2024年5月。

  • Expert on Demand 2.1がリリースされました。ライブアノテーションのサポートと、アプリ内のユーザーの可用性を表示する機能が追加されました。詳細は、「ユーザーガイド」タブの「ライブアノテーション」および「ユーザーのプレゼンス/可用性」を参照してください。

2024年3月。

  • Webex Expert on Demand アプリケーション バージョン 1.9.3.0 は、新たにリリースされた RealWear Navigator-520 に対応しています。
  • デバイス管理者とパートナー管理者のロールを持つ Webex 管理者は、Expert on Demand デバイス ライセンスとオンボーディング プロセスを管理できます。 詳細については、「管理ガイド」タブの「Expert on Demand デバイスを管理する」を参照してください。

2023年10月。

Expert on Demand 2.0がリリースされました!

強化

  • テレフォトモジュールとサーマルカメラモジュールは、RealWear 500/520 デバイスシリーズに対応しました。
  • エンドツーエンドで暗号化されたミーティングと拡張されたスペース ミーティングへの参加がサポートされるようになりました。
  • チェコ語トルコ語デンマーク語がサポートされているRealWearデバイスで有効になりました。
  • 送信ビデオ解像度を選択できるようになりました。
  • 非アクティブなセッションの自動サインアウトがサポートされるようになりました。
  • 画面共有がより高い FPS に最適化されました。
  • デバイス検出とアプリ内通知をユーザーにルーティングします。
  • 通話中の低帯域幅/ネットワークドロップに関するユーザー通知。

 
お客様は、Webex Control Hub で XOD 認定拡張現実ハードウェアを登録する必要があります。 「管理」タブの「Expert on Demandデバイスの管理」を参照してください。

新しい顧客トライアル機能

  • 今すぐ無料トライアルにサインアップしてください。営業担当者および承認は必要ありません。
  • トライアルは、新規および既存のWebexをご利用のすべてのお客様にご利用いただけます。

     
    有料の Expert on Demand 顧客はトライアル ライセンスを利用できません。
  • 60日間のトライアル期間中に5つのExpert on Demandデバイスライセンスが提供されます。

     
    ハードウェアは含まれていません。

デバイス ライセンスの更新

  • すべてのエキスパート・オン・デマンド既存および将来の有料顧客に対して、10%のXODデバイスライセンス拡張を追加しました。

2023 年 4 月

RealWear Navigator-520 は Webex Expert on Demand と互換性があります。

Webex Expert on Demand アプリケーション バージョン 1.9.3.0 は、新たにリリースされた RealWear Navigator-520 に対応しています。

Control Hub XoD ライセンス管理は、デバイス管理者とパートナー管理者のロールで利用できるようになりました。

デバイス管理者とパートナー管理者のロールを持つ Webex 管理者は、Expert on Demand デバイス ライセンスとオンボーディング プロセスを管理できます。

詳細については、「管理者ガイド」タブの「デバイスのライセンスおよびアプリのバージョンの詳細を表示」エントリを参照してください。

2023 年 3 月

通知: Google が Google Glass Enterprise Edition の販売終了を発表

Googleは 2023 年 3 月 15 日をもって Glass Enterprise Edition の販売を終了します。 詳細については、こちらのリンクを参照してください。https://support.google.com/glass-enterprise/customer/answer/13417888

質問: Webex Expert on Demand は Glass Enterprise Edition デバイスでも機能しますか? 機能する場合は、どのくらいの期間ですか?

回答: はい。 Webex Expert on Demand は引き続きバージョン 1.9.3 で動作します。サポート対象期間は 2024 年 4 月 1 日までです。 Webex Expert on Demand for Glass Enterprise ではソフトウェア更新を利用できません。

2022 年 12 月 19 日

バージョン 1.9.3

機能の追加

次の新しい機能を追加しました。

  • Control Hub でデバイスを一括追加します。
  • 通話に参加する前に、BNR (周囲のノイズの除去) 機能のオンとオフを切り替えます。

バグフィックス

  • 通話中のすべての参加者に継続的なビデオストリームを提供する際の不整合を修正しました。
  • 通話中、会話内の意図しない番号の使用はダミー コマンドとして認識され、無視されます。

2022 年 8 月 26 日

バージョン 1.9.2

Control Hub のインテグレーション

次の新しい Control Hub 機能を追加しました。

  • 組織に登録されている Google Glass、HMT、Navigator-500 デバイスの詳細を検索する

  • 組織に登録されているアクティブな XoD デバイス ライセンスの合計数を表示する

  • Expert on Demand デバイスの管理:

    • 単一および複数のデバイスの追加

    • デバイスの削除

Expert on Demand が Navigator 500 で利用可能に

Nav500 は、カメラ機能が強化された次世代の高耐久アシステッド リアリティ ソリューションです。

Webex Meetings のサポート拡大

現在の時間からその日の終わりまでのミーティングを表示できるようになりました。 さらに、現在の時間の最大 90 分前に開始するようにスケジュールされたミーティングに参加できます。


 
どのミーティングでも、最も早く参加できるのはミーティング開始の 5 分前です。 それより前に参加しようとすると、「ミーティングはまだ開始されていません」というメッセージが表示されます。

写真をキャプチャして音声専用モードで共有する

音声専用モードの際に写真を共有できるようになりました。 通話の種類に応じて、写真に注釈を付けて直接連絡先と共有したり、スペースに共有したりできます。

2022 年 7 月 13 日

バージョン 1.9.1

通話中の解像度を向上

Expert on Demand では通話中に 1080p ビデオ解像度がサポートされるようになりました。これにより、リモートのエキスパートが共有コンテンツをより鮮明に表示できます。


 
この機能はデフォルトでは利用できません。 アカウント チームに連絡し、組織でこの機能を有効にしてください。

他のユーザーがログインしているかどうかを確認する

Expert on Demand にログインする前に、別のユーザーがすでにログインしているかどうかを確認できます。 これは、複数の人とユーザーアカウント間でデバイスを共有する組織にとって便利です。

2022 年 3 月 30 日

バージョン 1.9.0.1

コンテンツの共有

ローカル ストレージからファイルにアクセスし、スペースまたはミーティング主催者と共有できます。 その後、いつでもそのコンテンツにアクセスし、他のユーザーと同時にコンテンツを分析できます。

詳細については、「コンテンツの共有」を参照してください。

リモートコントロール

Webex アプリのリモートユーザーが Expert on Demand ユーザーとの通話中に Expert on Demand をコントロールできるようになりました。 Expert on Demand ユーザーが画面を共有すると、リモートユーザーがコントロールをリクエストできるようになります。


 

リモートユーザーはデスクトップ バージョンの Webex アプリを使用している必要があります。

詳細については、「通話内コントロール」を参照してください。

通話中のその他のオプション

通話中、帯域幅が低いときにビデオを停止したり、音声専用モードに切り替えたりするなど、音声とビデオのオプションを追加しました。

詳細については、「通話内コントロール」を参照してください。

2021 年 8 月 31 日

バージョン 1.8.0.4

FedRAMP 認証

Webex Expert on Demand は、政府版 Webex のオファーとサイトで利用可能になりました。

2021 年 5 月 27 日

バージョン 1.8.0.3

ミーティングに参加

スケジュールされたミーティングに参加できるようになりました。 また、スケジュールされたミーティングの開始数分前に通知が表示されるため、前もってミーティングに参加することもできます。

詳細については、「ミーティングに参加する」を参照してください。

Augmentir を使った Cisco Webex Expert on Demand

Augmentir を使った Webex Expert on Demand は、現在 RealWear HMT デバイスで Augmentir を使用しているユーザーにご利用いただけます。 この統合により、Webex Expert on Demand アプリから Augmentir を開いて、AI を活用したワークフローとガイド付きの指示を実行できます。

メニューオプション

ホーム画面に新しいメニュー オプションが追加され、次にアクセスできるようになりました。

  • Webex ヘルプ - 一般的に使用されるコマンドの説明。

  • Augmentir - デバイスにインストールされている場合は Augmentir アプリが起動します。

  • サインアウト - Expert on Demand からサインアウトします。

詳細については、「メニュー オプション」を参照してください。

注釈を簡略化

写真に簡単に注釈を付けることができるようになりました。 画面上の注釈カーソルを、頭の動きで動かすことができます。

詳細については、「通話内コントロール」を参照してください。

フォーカス コントロール

画面のコントロールを更新して、通話中に使用できる手動のフォーカス オプションを追加しました。

詳細については、「通話内コントロール」を参照してください。

ズーム コントロール

共有画面でズームインすると、頭の動きで画面を移動できます。

詳細については、「通話内コントロール」を参照してください。

対応言語

タイ語、簡体字中国語、ロシア語、ポーランド語、ポルトガル語、韓国語、ドイツ語、イタリア語、フランス語など、対応言語が追加されました。

ビデオ画質の改善

共有コンテンツのフレーム レートの向上 (15 fps) などを行ってビデオ画質を改善し、キャプチャされたビデオ コンテンツの画像をさらに安定させました。

2020年11月13日水曜日

バージョン 1.7.0

ミーティングに参加

これで、グループスペース内の進行中の会議に参加できます。

詳細については、「進行中の会議に参加する」を参照してください。

露出コントロール機能

画面上のコントロールを更新し、通話中に使用できる露出レベルを追加しました。

詳細については、「通話内コントロール」を参照してください。

QR コード表示の改善

大きなサイズの QR コードを追加し、サインイン時に RealWear HMT-1 デバイスでスキャンしやすくしました。

詳細については、「電源を入れてサインインする」を参照してください。

対応言語

タイ語、ロシア語、ポーランド語、韓国語、ドイツ語、フランス語など、対応言語が追加されました。

2020 年 8 月 7 日

バージョン 1.6.0

このリリースには、次の機能が含まれています。

  • リモートエキスパートによる注釈

  • 中国語、日本語、ポルトガル語、スペイン語の言語サポート

2020 年 6 月 19 日

バージョン 1.5.1

このリリースには、次の機能が含まれています。

  • 新しいブランディング

  • 新しい QR コード認証アプリケーション expert-on-demand.webex.com

  • フラッシュライト機能

  • HMT ユーザーによる注釈

  • ビデオのピン留めを使ったマルチパーティ通話

  • ネットワークステータス

2019 年 12 月 11 日

バージョン 1.4.2

このリリースには、次の機能が含まれています。

  • 1 人の相手との音声/ビデオ通話

  • Expert on Demand (HMT ユーザー)に対する一方向のリモートエキスパート画面共有

  • チームの特定メンバーまたはチーム全体にヘルプメッセージのリクエストを送信する

  • 同じ組織のメンバーを検索する

  • チームの検索と表示

Expert on Demand を使用するには、以下が必要です。

ライセンス プロビジョニング ワークフロー

Expert on Demand サブスクリプションが組織に追加されると、プロビジョニング ワークフロー ウィザードが表示されます。 各ウィザード ページの指示に従って、新しいサブスクリプションをプロビジョニングします。


 
ウィザードは、組織またはパートナー管理者のいずれかによって完了できます。

サブスクリプションのプロビジョニングの詳細については、「Webex サービスサブスクリプションのプロビジョニング」を参照してください。

1

開始するには、https://www.realwear.com/ から RealWear Explorer をダウンロードします。 このアプリでは RealWear HMT をコントロールできます。

2

次に、RealWear Companion を入手して、RealWear HMT を設定する必要があります。 Android および iOS デバイスで利用可能なモバイル アプリです。

  • Android デバイスの場合は、Google Play ストアにアクセスします。
  • iOS デバイスの場合は、Apple App Store にアクセスします。

RealWear の HMT は、利き目をに対して最もうまく機能します。 視線の優先度は、一方の目がもう一方の目よりも優先される傾向を示します。 利き目を見つける上で役立つヒントを紹介します。

1

自分の手で腕の長さに合わせて三角形を作ります。

2

両目が開いている場合、三角形の中央にある距離で任意のオブジェクトに焦点を当てます。

3

三角形の中央にあるオブジェクトに焦点を合わせ、右を閉じます。 オブジェクトがまだ三角形になっている場合は、左目が利き目です。

4

三角形の中央にあるオブジェクトに焦点を合わせ、左目を閉じます。 オブジェクトがまだ三角形になっている場合は、右目が利き目です。

1

利き目に合わせて、ディスプレイ ポッドのあるデバイスを頭に装着します。 ディスプレイを目から遠すぎないまで拡大しないでください。

2

最も良く見えるように、ディスプレイをできるだけ近づけておきます。 頭上のストラップを調整して、HMT が耳の少し上で水平になるようにします。 HMT を、視線の下で「Z」の形になるように動かします。

デバイスが最初にオンになると、セットアップが必要だと示すビープ音が鳴る場合があります。 デバイスでは構成を実行するためにスキャンする QR コードを検索します。 モバイル デバイスで RealWear Companion を開き、QR コードを生成します。

1

デバイスの横にある電源ボタンを長押しして、オンにします。

2

[構成] を選択し、[初回セットアップ] を選択して、デバイスのステップに従います。

3

QR コードが生成されたら、HMT のカメラを向けます。

4

デバイスが設定されていることを確認するには、「ホームに戻る」と発話し、時間と日付、ワイヤレス ネットワークを確認します。

一部の組織では、Webex Expert on Demand がインストールされたウェアラブル デバイスを複数の人とユーザーアカウント間で共有しています。

Webex Expert on Demand にログインする前に、別のユーザーがすでにログインしているかどうかを確認します。


 

Webex Expert on Demand がすでにオンで設定済みの共有ウェアラブル デバイスに適用されます。

1

メニュー」と発話します。

メニュー リストの上部に、現在ログインしているユーザーの名前が表示されます。

2

ログアウト」と発話すると、そのユーザーがアプリケーションからログアウトします。

3

その後、手順に従って Webex Expert on Demand にログインします。

1

コードをスキャン」と発話します。

2

コードを取得する方法はいくつかあります。

  • モバイル デバイスで Realwear Companion アプリを開きます。
  • モバイル、タブレット、またはデスクトップ ブラウザから https://expert-on-demand.webex.com/ にアクセスします。

 

Webex Expert on Demand 1.9 以降を利用している場合は、必ずチェック ボックスをオンにします。

3

[コードの生成] をクリックします。

4

Webex アプリのユーザー名とパスワードでログインします。

5

RealHm HMT-1 でコードをスキャンします。

セキュリティを強化するため、Expert on Demandで自動サインアウト機能を有効にすることができます。これにより、ユーザーが指定した期間にExpert on Demandアプリで非アクティブになっている場合、自動的にサインアウト操作を実行できます。 Expert on Demand アプリで共有デバイスを使用している場合、後続のユーザーが以前にサインインしたユーザーのアカウントを使用できなくなります。

  1. Expert on Demand アプリにサインインした後、自動サインアウト機能を許可して設定するかどうかを尋ねられます。 自動サインアウトを有効にするには「ALLOW」と発話します。 自動サインアウトを有効にしない場合は、「CANCEL」と発話します。

    周囲のテキストによる説明画像。


     
    このオプションは、最初のサインイン後に 1 回だけ表示されます。 最初のプロンプトを解除した後、後で自動サインアウトにアクセスする場合は、「MENU」コマンドの後に「AUTO SIGN-OUT」コマンドを実行します。
  2. ALLOWを選択すると、自動サインアウトオプションが表示されます。

    周囲のテキストによる説明画像。

  3. オプションのオン/オフを切り替えるには、「自動的にサインアウト」と発話します (必要に応じて、RealWear ユーザーは「項目 1 を選択」というコマンドを発話できます)。
  4. 自動タイムアウト期間を選択するには、「非アクティブ時間」と発話します(必要に応じて、RealWear ユーザーは「アイテムを選択 2」というコマンドを発話できます)。

    周囲のテキストによる説明画像。

    定義済みの 3 つのオプション、1、6、または 12 時間から、「1 時間」、「6 時間」、または「12 時間」と選択できます(RealWear ユーザーは、項目 X を選択できます。X12、または 3 です)。 カスタムタイムアウト期間を選択するには、「カスタマイズ」と発話し、「EDIT」と発話し、希望する値を時間単位で入力します。

     
    許容される最小値は .1 時間で、最大値は 500 時間です。 小数値を入力すると、内部で対応する時間に変換されます。 たとえば、.1 時間を入力すると、6 分のタイムアウトに変換されます。 同様に、1.5時間は90分に変換されます。
  5. 設定後、自動タイムアウトのしきい値に達すると、トースト メッセージが表示され、アプリケーションが閉じられます。

    周囲のテキストによる説明画像。

    アプリを再起動すると、サインイン画面に戻ります。


 
自動サインアウト設定はデバイスにローカルに保存されるため、サインアウト操作が行われた後、ステータスと継続時間の両方が消去されます。
1

ユーザー名とパスワードを入力」と発話します。

2

項目 1 を選択」と発話し、キーボードを表示します。

3

Webex ユーザー名とパスワードを入力し、「送信」と発話します。

Webex Expert on Demand ではアップグレードのプロンプトを自動で表示できます。後で実行することもできます。

 
Webex for Government では自動アップグレードはサポートされていません。

始める前に

デバイスで不明なソースからのインストールを許可する必要があります。
1

新しいバージョンが利用できるようになると、Webex Expert on Demand にアップグレードを促すプロンプトが表示されます。

2

更新」と発話して最新のインストール ファイルをダウンロードするか、「閉じる」と発話して後で実行します。

3

ダウンロードが完了したら、「インストール」と発話し、指示に従って Webex Expert on Demand をアップグレードします。

Expert on Demand では、ビデオ伝送解像度を 1080p、720p、または 360p に設定するように設定できます。 帯域幅が不足している領域では、低解像度を使用できます。 デフォルトでは、解像度はすべてのユーザーに対して 720p に設定されています。


 
解像度の設定はデバイスにローカルに保存され、サインアウトするたびに 720p にリセットされます。
  1. 解像度設定を変更するには、音声コマンドのMENUを使用してアプリメニューを開きます。
  2. コマンドの解決を言います。
  3. 解像度設定を変更するには、[SELECT ITEM X]コマンドを使用します。ここで、Xは、1~1080p、2~720p、および3~360pの解像度に対応するオプションです。

    周囲のテキストによる説明画像。

  4. 解像度を選択したら、「CLOSE」と発話してポップアップを消去します。

Expert on Demandの解決サポートに関する以下の点に注意してください。

  • 現在、解決の選択設定は、通話またはミーティングに参加する前に適用する必要があります。 この設定を変更するには、アクティブな通話またはミーティングを切断する必要があります。
  • 必要な帯域幅の要件を満たす場合、選択した解像度は、Expert on Demandアプリのビデオが送信される最大の解像度です。 ネットワークが不安定な場合は、選択した設定よりも低い解像度でビデオを送信できます。
  • 選択した解像度設定でビデオを送信できるネットワーク上にいる場合、受信ユーザーは、その解像度でビデオを受信できるように、必要なネットワーク帯域幅と Webex クライアント用に設定された各機能フラグを使用できる必要があります。 必要な条件の1つ以上が満たされていない場合、ビデオストリームはより低い解像度で表示されます。 たとえば、Expert on Demandが1080pで送信している場合がありますが、いくつかの条件がないため、Webexデスクトップは720pで受信できるだけです。

Expert on Demand では、アプリの使用時に他のユーザーの空き状況が表示され、サポートのために連絡または連絡する前に、誰かが利用可能なかどうかを確認できるようになりました。


 
可用性情報は、組織内のユーザーに対してのみ表示されます。

プロファイル画像が表示されるたびに、最近の連絡先やチームにリストされているかどうか、検索中、またはヘルプまたはコールのリクエストで連絡を取る場合でも、誰かの可用性情報を確認できます。

周囲のテキストの説明画像。

可用性アイコンと関連するステータスの詳細については、次を参照してください。 ユーザーの空き状況を確認します

1

ホーム画面で、「直接」と発話します。

2

ユーザーの名前を発話するか、「項目の選択」と名前の隣にある番号を発話します。

3

発信」と発話します。

1

ホーム画面で「スペース」と発話します。

2

アイテムを選択」と発話してから、グループスペースの横の番号を発話します。

3

発信」と発話します。

1

ホーム画面から「チーム」と発話するか、「項目の選択」とチーム名の隣の番号を発話します。

2

チーム メンバーから、ユーザーの名前を発話するか、「項目の選択」と名前の隣の番号を発話して「発信」と発話します。

バックグラウンドでアプリを開いているときに、スケジュールされていない通話を受け取った場合は、通知バナーが表示されます。 通知には通話中のユーザーの名前、またはグループ通話の場合はスペースの名前が表示されます。

承認」を発話して着信するか、「拒否」と発話して着信を拒否します。

1

ホーム画面で「スペース」と発話します。

2

アイテムを選択」と発話してから、グループスペースの横の番号を発話します。

3

発信」と発話します。

1

ホーム画面で「スペース」と発話します。

進行中のすべてのミーティングが表示されます。

2

アイテムを選択」と発話してから、参加するミーティングの横の番号を発話します。

3

通話に参加」と発話します。

ミーティング開始予定時刻が近づくと、画面上部に通知が表示されます。

  • 通話に参加」と発話すると、前もってミーティングに参加できます。

  • 通話を無視」と発話すると、通知を拒否します。

さらに、ミーティング開始予定時刻が近づくと、スペースまたはメンバーの名前の横にカウントダウン タイマーが表示されます。

招待されているパーソナル会議室 (PMR) またはコラボレーション会議室 (CMR) にも参加できます。

1

ホーム画面で「ミーティング」と発話します。

進行中および今後のすべてのミーティングが表示されます。

2

アイテムを選択」と発話してから、参加するミーティングの横の番号を発話します。

3

通話に参加」と発話します。

エンドツーエンド暗号化ミーティングに参加する

エンドツーエンド暗号化が有効になっているスケジュール済みミーティングのユーザーは、アプリケーション ホーム画面の [ミーティング] タブから [オンデマンドのエキスパート] アプリケーションから参加できます。


 
Expert on Demand アプリケーションは、スケジュールされたミーティングを表示してミーティングに参加する場合に限り、現在ミーティングをスケジュールできません。

他のソースからエンドツーエンドで暗号化されたミーティングをスケジュールする方法の詳細については、「エンドツーエンド暗号化で Webex ミーティングをスケジュールする」を参照してください。

Webex スペースに関連付けられた強化されたミーティングに参加する

Expert on Demand ユーザーは、スペースに関連付けられた強化されたミーティングに参加できるようになりました。 強化されたミーティングの詳細については、Webex アプリ – スペースに関連付けられたミーティングの改善を参照してください。

1

[ダイレクト スペース] 画面から「検索」と発話し、ディレクトリを開きます。

2

名前をスペルアウトし、「承諾」と発話してディレクトリを検索します。

3

検索結果から、ユーザーの名前を発話するか、「項目の選択」と名前の隣の番号を発話して「ヘルプを要求」と発話します。

リクエストは Webex アプリ スペースの相手に送信されます。

1

ホーム画面から「チーム」と発話し、チーム名を発話します。

2

チーム メンバーの名前を発話するか、「項目の選択」と名前の隣の番号を発話して「ヘルプを要求」と発話します。

リクエストは Webex アプリ スペースの相手に送信されます。

Webex Expert on Demand には、通話中に使用できる基本的なオンスクリーン コントロールがあります。

フラッシュの使用、Wi-Fi ステータスの表示、画面の共有、一時停止、通話の終了、写真の撮影などができます。 設定メニューを開き、フォーカス、ズーム、露出、音量レベルを変更することもできます。

  • 通話中に「設定」と発話して、設定メニューを開きます。

    次から選択できます:

  • ズーム - 通話中に「ズーム レベル 1」と発話し、リモート エキスパートにより共有された画面を拡大します。

    ズーム レベルは 1 から 5 までです。

拡大したら、頭の動きで画面の周りをパンできます。

  • フォーカス - 「手動でフォーカス」と発話します。 デフォルトでは、カメラは自動フォーカス モードになっています。

    [手動フォーカス] を選択すると、9 つのフォーカス ポイントが表示されます。 「フォーカス ポイント 1 ~ 9」と発話し、特定領域にフォーカスします。 「フォーカス ポイントを非表示」と発話し、非表示にします。

    コントロールを表示」と発話し、「自動フォーカス」と発話して自動フォーカス モードに戻ります。

  • 音量 - 「音量レベル 1」と発話します。

    音量レベルは 1 から 5 までです。

  • 露出 - 「露出レベル 1」と発話します。

    露出レベルは 1 から 5 までです。

  • 選択を行った後は「コントロールを非表示」と発話してメニューを閉じます。

  • フラッシュ - 通話中に「フラッシュをオン」と発話します。

    フラッシュをオフにするには「フラッシュをオフ」と発話します。
  • ネットワーク ステータス - 通話中に [メディア接続不良] の通知を確認した場合。

    これは、Wi-Fi 信号が 2 本のバー以下に落ちた場合に表示されます。

  • 通話を一時停止 - 通話中に「通話を一時停止」と発話します。

    通話の音声とビデオが停止されますが、通話はアクティブなままです。

  • 写真を撮影 - 通話中に「写真を撮る」と発話します。

    RealWear HMT で写真が撮影されると、アクティブ コールの Webex アプリ スペースに自動的に追加され、HMT の [マイ写真] フォルダに保存されます。

  • 通話の終了 - 通話中に「通話を終了」と発話して通話を終了します。

    RealWear HMT はスペースを出ます。

HMT ユーザーが 3 名以上とのビデオ通話を行っている場合、共有画面として通話のすべてのエキスパートにビデオをストリーミングできます。 これは、通話中の発言者に関係なく、すべてのエキスパートが HMT ビデオを確認する必要がある場合に便利です。


 
Expert on Demandアプリケーションは、最大30fpsの高フレームレートでモーションおよびビデオコンテンツ共有を最適化することをサポートし、コンテンツを視聴するリモートエキスパートがよりスムーズなエクスペリエンスを実現します。 共有解像度はわずかに低下し、フレームレートが高くなります。
1

ビデオ通話で「画面共有」と発話します。

2

HMT 画面の共有を開始するには「今すぐ開始」と発話します。

プロンプトを再び表示しない場合、「再度表示しない」と発話して、ボックスをオンにします。

3

画面の共有が終了したら、「共有を停止」と発話します。

リモートコントロールは Expert on Demand ユーザーと Webex アプリ デスクトップ ユーザー間のダイレクト通話中に利用できます。 Expert on Demand で画面を共有すると、Webex アプリのリモートユーザーがコントロールできるようになります。

1

Expert on Demandユーザーとの通話中に、[リモートコントロールをリクエスト]をクリックします。です。

Expert on Demand ユーザーが画面を共有すると、リモートユーザーがコントロールをリクエストできるようになります。

2

Expert on Demand で [承認] をクリックして、Webex アプリのユーザーが画面をコントロールできるようにします。

Expert on Demand で、Webex アプリのリモートユーザーがデバイスをコントロールしていることが通知されます。

リモートユーザーは Expert on Demand 以外のデバイスの他のアプリケーションにアクセスすることはできません。 コントロール中に利用可能な任意の通話中オプションは使用できます。 リモートユーザーはボタンをクリックし、ズーム、音量、露出レベルを段階的に上げることができます。 フォーカス ポイントもクリックできます。

3

任意のタイミングでコントロールを取り戻すには、「コントロールを取り戻す」と発話します。

画面の共有を停止すると、リモートコントロール セッションも終了します。

RealWear HMT では [マイ 写真] フォルダに写真が保存されます。 これには RealWear HMT で撮影した写真とスクリーンショットが含まれます。

1

ホームに戻る」と発話し、「マイファイル」と発話します。

2

マイ写真」と発話し、写真を選択して、「項目の選択」と対応する写真の番号を発話します。

始める前に


 
Webex の最近のバックエンドの修正、Webex Meetings の収束とライブ注釈機能により、ユーザーが Expert on Demand アプリで画面を共有している間にリモートエキスパートが注釈を開始できる機能は現在利用できません。 新しい注釈機能の導入は、v2.0 リリース後に続く Expert on Demand リリース (暫定的に 2023 年 10 月末) で実装されます。
1

通話中に「写真を撮る」と発話し、その後「注釈」と発話して注釈を開始します。

2

頭の動きで画面上の注釈カーソルを動かします。 カーソルの位置を修正するには「位置」と発話します。

  • 別のカーソル色を選択するには、「」と発話し、メニューから色の名前を発話して、その後「色を閉じる」と発話してメニューを終了します。

  • 別のカーソルの形を選択するには、「」と発話し、メニューから形の名前を発話して、その後「形を閉じる」と発話してメニューを終了します。

  • 1 つの写真に複数の注釈を追加できます。 注釈に満足していない場合:

    • 元に戻す」と発話 - 最後の注釈を元に戻します

    • 破棄」と発話 - 注釈を破棄します

3

注釈が終了したら、「完了」と発話し、「写真を保存」と発話します。

写真は RealWear HMT の [マイ写真] フォルダーに保存されます。 これには RealWear HMT で撮影した写真とスクリーンショットが含まれます。

4

注釈された写真をエキスパートに通話で送信する場合は、「共有」と発話します。

注釈された写真が正常に送信されると、通知が表示されます。

Expert on Demandは、ライブビデオストリーム上の注釈をサポートし、ワークフローを明確にし、関心のあるポイントを特定することをより簡単にします。


 
現在、ライブ注釈機能は、統合されたミーティング サイトを使用して実行されるミーティングでのみ利用できます。

ライブ注釈を有効にしてアクセスするには:

  1. 最新バージョンの Expert on Demand に更新した後、アカウントからログアウトして再度サインインして、ライブ注釈機能を有効にします。
  2. ミーティングの画面共有セッション中に、画面共有ビューの右端に注釈ボタンが表示されます。

    周囲のテキストの説明画像。

  3. 注釈ボタンを選択して、画面共有セッションへの注釈を開始します。 画面に描画した注釈がすべての出席者に表示されます。

    周囲のテキストの説明画像。

  4. 注釈モードをクリアおよび終了するには、音声コマンド「CLEAR」を発行して、画面の左上にあるCLEAR機能を有効にします。

     
    ライブ注釈がアクティブな場合、アプリケーション内で他のコントロールや音声コマンドにアクセスすることはできません。 CLEARアクションを使用して、アプリのコントロールを取り戻し、他の機能にアクセスする必要があります。

 
重要: 現在、注釈はアプリケーション内に保存されず、CLEARアクションが開始されるとすぐに削除されます。 注釈の記録を保持する必要がある場合は、スクリーンショットを撮る必要があります。

テレフォトのサポート

RealWear Navigator 500 および 520 シリーズのデバイスは、2x 光学ズームまでの望遠モードを提供し、画像の詳細を失うことなく被写体に近づくことができます。

テレフォト機能にアクセスするには:

  1. ビデオ通話中に、音声コマンド SETTINGS を言って設定メニューを開きます。
  2. ボイスコマンド「TELEPHOTO」を実行して、テレフォト機能のオン/オフを切り替えます。
    • 下の画面では、テレフォトの設定が無効になっています。

      周囲のテキストによる説明画像。

    • 次の画面で、テレフォトの設定が有効になります。

      周囲のテキストによる説明画像。

  3. デバイスのズームレベルを設定するには、音声コマンド「ZOOM LEVEL」の後に「1」から「5」と入力します。
    • 次の画像では、[ZOOM LEVEL 1]コマンドを使用して、ズームレベルが1に設定されています。

      周囲のテキストによる説明画像。

サーマルカメラのサポート

RealWear Navigator 500 および 520 シリーズのデバイスは、オプションのサーマルカメラモジュールを提供します。このモジュールがインストールされ、有効になっている場合、セッションでサーマルイメージングにアクセスできます。


 
サーマルカメラモジュールは、RealWear Nav 500 または 520 デバイスが RealWear モジュラーサーマルカメラに接続されている場合にのみ機能し、RealWear ヘッドセットデバイスの画面がミラーリングされている場合は正しく機能しない場合があります。 問題が発生した場合は、画面がミラーリングされている RealWear デバイスを切断します。

通話中にサーマルカメラにアクセスするには:

  1. 音声コマンドのSETTINGSを実行して、設定メニューを開きます。
  2. 音声コマンドTHERMAL CAMERAを実行して、RealWearのサーマルカメラ用ネイティブインターフェイスを起動します。

    周囲のテキストによる説明画像。

  3. 画面共有を開始するには、「今すぐ開始」コマンドを実行します。

    周囲のテキストによる説明画像。

  4. RealWear サーマルカメラビューが表示されます。

    周囲のテキストによる説明画像。


     
    サーマルカメラモードを終了すると、画面共有が自動的に停止します。 ただし、サーマルカメラにアクセスする前に画面共有セッションがすでに進行中である場合、そのセッションは引き続きアクティブであり、サーマルカメラのみが停止します。
  5. 写真をキャプチャするには、「TAKE PHOTO」コマンドを実行します。 キャプチャした写真を使用して Expert on Demand アプリケーションのインターフェイスに戻り、リモートエキスパートと共有する前に必要に応じて写真に注釈を付けることができます。

    周囲のテキストによる説明画像。

  6. 写真を撮ったり、ビデオを録画してリモート エキスパートと共有したり、Expert on Demand アプリケーションの通話画面に戻ることができます。 「Expert on Demand Application」に戻るには、「NAVIGATE BACK」コマンドを実行します。
  7. EXITコマンドを使用して、ローカルデフォルトのコールビューに戻ります。

始める前に

リモート エキスパートが HMT に画面を共有すると、スクリーンショットを撮ることができます。

画面が共有されているときに、「スクリーンショットを撮る」と発話します。

スクリーン キャプチャは [マイ写真] に保存されます。

ビデオを停止したり、帯域幅が低いときに音声専用モードに切り替えたりするなど、通話中はより多くのオプションを利用できます。

1

通話中に「詳細」と発話します。

[その他のオプション] メニューが表示されます。

2

ここで音声とビデオの設定の一部を変更できます。

  • 音声入力をミュートまたはミュート解除するには、「ミュート」と発話します。
  • ビデオをオフにするには、「ビデオを停止」と発話します。
  • 通話を音声専用モードに切り替えるには、「音声のみ」と発話します。 これにより、着信と発信のビデオストリームと画面の共有が無効になります。 ビデオ モードを再度有効にするには、「音声ビデオ」と発話します。
  • [ファイル] と [ファイルを送信] オプションの詳細については、「Expert on Demand |コンテンツの共有」を参照してください。
3

自分のカメラのビューを、共有している別の参加者のカメラに切り替えるには、「ビデオの切り替え」と発話します。 次に、「項目の選択」と発話してから、ビデオ オプションの横の番号を発話します。

  • [マイ カメラ] では、自分のカメラにビューを切り替えます。

  • [参加者のカメラ] では、アクティブなビデオのある別の参加者のカメラにビューを切り替えます。

  • [共有コンテンツ] では、別の参加者が現在共有しているコンテンツにビューを切り替えます。

ユーザーがログインしたとき、周囲のノイズの除去 (BNR) 機能はデフォルトで有効になっています。 Menu音声コマンドを使用してアプリケーションメニューにアクセスし、「ノイズオフ」と発話して機能をオフにします。

このフィーチャー トグルを無効にすると、メニュー内の対応するスイッチがオフに切り替わります。BNR ステータスも画面右上で無効として表示されます。 周囲のテキストによる説明画像。

BNRを再度有効にするには、メニューにアクセスして音声コマンドのノイズオンと言います。 これにより、メニューのスイッチがオンの位置に変わります。画面右上のステータスアイコンも変わり、機能が有効になっていることが示されます。 周囲のテキストによる説明画像。

  • BNR 機能のオンとオフを切り替えることができるのは、進行中の通話がない場合のみです。 通話中に BNR を切り替えるためのサポートは現時点ではありません。
  • BNR のオンとオフを切り替えるための対応する音声コマンドもサポートされており、メニューを開く必要はありません。 それに応じて、上部のステータスインジケータが現在のステータスを反映するように更新されます。
  • ユーザーが選択した BNR の設定はアプリケーションやデバイスの再起動後も継続しますが、設定はデバイスにローカルで保存されます。 そのため、ユーザーがログアウトすると、アプリケーションは BNR がオンになったデフォルトの状態にリセットされます。

ローカル ファイル ストレージのファイルにアクセスし、スペースで共有できます。 スペースのすべてのユーザーが共有コンテンツを見ることができます。

1

ホーム画面で「ダイレクト」または「スペース」と発話します。

2

項目の選択」と発話してから、名前かスペースの横の番号を発話します。

3

ローカル ファイル ストレージからファイルを共有するには、「ファイルを送信」と発話します。

4

フォルダ名を発話して開きます。 たとえば「マイ ダウンロード」と発話します。

5

項目の選択」と発話してから、ファイル名の横の番号を発話します。

6

共有」と発話して、スペースでコンテンツを共有します。 ファイルはそこに保存されます。

通話中やミーティング中にローカル ファイル ストレージからファイルを共有できます。参加者はそれらを同時に表示して分析できます。 共有するコンテンツのタイプに応じて、さまざまなオプションを利用できます。たとえば、ビデオの一時停止や停止、ドキュメントをズームインできます。

1

通話中またはミーティング中に「詳細」と発話します。

2

ファイルを送信」と発話します。

3

フォルダ名を発話して開きます。 たとえば「マイ ダウンロード」と発話します。

4

項目の選択」と発話してから、ファイル名の横の番号を発話します。

5

使用可能なさまざまなコマンドでコンテンツを検証します。

6

共有」と発話して、コンテンツを共有します。

通話中の場合、コンテンツはダイレクト スペースに送信されます。 ミーティングに参加している場合、コンテンツはミーティングの主催者に送信されます。

以前ダイレクト スペースかグループ スペースで共有されたファイルにアクセスし、さまざまなコマンドを使用してそれらを分析します。 表示するコンテンツのタイプに応じて、さまざまなオプションを利用できます。たとえば、ビデオを一時停止または停止したり、ドキュメントにズームインしたりできます。 終了したらスペースに共有して、他のユーザーがそのコンテンツを確認できるようにします。

1

通話中に「詳細」と発話します。

2

ファイル」と発話します。

3

次のページ」または「前のページ」と発話して、ファイル間を移動します。

4

項目の選択」と発話してから、ファイル名の横の番号を発話します。

5

使用可能なさまざまなコマンドでコンテンツを検証します。

6

共有」と発話して、変更したコンテンツを他の参加者とのスペースに保存するか、「ダウンロード」と発話して、そのコンテンツをローカル ストレージに保存します。

以前ダイレクト スペースかグループ スペースで共有されたファイルにアクセスし、さまざまなコマンドを使用してそれらを分析します。 表示するコンテンツのタイプに応じて、さまざまなオプションを利用できます。たとえば、ビデオを一時停止または停止したり、ドキュメントにズームインしたりできます。 終了したらスペースに共有して、他のユーザーがそのコンテンツを確認できるようにします。

1

ホーム画面で「ダイレクト」または「スペース」と発話します。

2

項目の選択」と発話してから、名前かスペースの横の番号を発話します。

3

ファイル」と発話します。

4

次のページ」または「前のページ」と発話して、ファイル間を移動します。

5

項目の選択」と発話してから、ファイル名の横の番号を発話します。

6

使用可能なさまざまなコマンドでコンテンツを検証します。

7

共有」と発話して、変更したコンテンツをスペースに保存するか、「ダウンロード」と発話して、そのコンテンツをローカル ストレージに保存します。

以下で、ビジュアル キーボードの使い方について説明します。

  • 文字をスクロールするには、頭を左右に動かします。

  • 文字を入力するには、入力する文字の下にある単語を発話します。 たとえば、b という文字を入力するには、ブラボーと発話します。

  • 対応する単語をまとめて発話すると、一度に複数の文字を入力できます。 たとえば、Becky という名前を入力するには、Bravo Echo Charlie Kilo Yankee と発話します。

  • テキスト フィールドへのデータの入力方法を変更するには 、A B C モード記号、または数字と発話します。

  • テキストの入力が完了したら、画面に表示される送信アクションのコマンドを発話します。 たとえば、上記の例では、送信アクションは送信です。

  • 入力を消去するには、バックスペースと発話すると最後の文字が削除され、クリアテキストと発話するとすべて削除されます。

  • 最後の入力を元に戻すには、元に戻すと発話します。


 

文字が画面に表示されていなくても、入力できます。

ディクテーションでは、自然な言葉を使って情報を入力できます。

1

追加の入力オプションを表示するには、その他のオプションと発話します。

2

ディクテーション モードに切り替える場合は、ディクテーションと発話します。

3

入力する単語を発話します。


 

ドットコムと発話すると、.com というテキストを入力できます。

4

ディクテーションが完了すると、HMT がレンダリングされたテキストを画面に表示します。

戻る」や「ホームに移動」などの特定のグローバル音声コマンドは、どの画面からでも認識およびアクティブ化できます。

ログイン

音声コマンド

アクション

コードをスキャン

QR コードを使用して認証

ユーザー名とパスワードを入力

ユーザー名とパスワードを使用して認証

主な機能

音声コマンド

アクション

メニュー

メニュー オプションを表示

Webex ヘルプ

一般的に使用されるコマンドの説明

ログを送信

デバイスからログをアップロード

サインアウト

Expert On Demand からサインアウト

前のページ / 次のページ

左 / 右に 1 ページ移動

直通

直接スペースを検索し、連絡先をリスト化

スペース

グループ スペースを検索

Teams

既存のチームを表示

項目の選択 <item number="">

指定した項目番号に関連する項目を選択

検索

ダイレクト スペース、チーム、チーム メンバーを検索

ヘルプをリクエスト (選択したチームから)

すべてのチーム メンバーにヘルプのリクエストを送信

通話を発信する

選択した連絡先に発信

ヘルプをリクエスト (選択した連絡先から)

選択した連絡先にヘルプのリクエストを送信

通話をキャンセル

通話をキャンセル

コール

音声コマンド

アクション

コントロールを表示 / コントロールを非表示

コントロール メニューを表示 / 非表示

手動フォーカス

手動フォーカス モードに切り替え

フォーカス ポイント 1…9

画面のフォーカス ポイントを選択

自動フォーカス

自動フォーカス モードに切り替え

露出レベル 1…5

露出レベルを変更

音量 レベル 1…5

音量を変更

ズーム レベル 1…5

ズームレベルを変更

写真を撮る

現在のカメラ ビューの写真を撮影

注釈

注釈モードを開始

注釈の色メニューを開く

注釈の形メニューを開く

通話を一時停止 / 再開

通話が再開されるまで音声とビデオの信号を一時停止

スクリーンショットを撮る

共有画面のスクリーンショットを撮る

通話に参加

スケジュールされた通話に参加

通話を終了

通話を終了

承認

スケジュールされていない通話を承認

拒否

スケジュールされていない通話を拒否

キーボード コマンド

音声コマンド

アクション

文字

キーボードをアルファベット キーボードに切り替えて文字を入力

番号

キーボードを数字キーボードに切り替えて数字を入力

記号

キーボードを記号キーボードに切り替えて記号を入力

ABC モード

キーボードを ABC モード キーボードに切り替え

オプションを表示 / オプションを非表示

キーボード オプションを表示 / 非表示

セキュア入力

入力モードをセキュアに切り替え

通常入力

入力モードを通常に切り替え

ディクテーション

ディクテーションをアクティブ化し、音声認識に基づいてテキストを入力

コードをスキャン

QR コードをスキャン

懐中電灯をオン / オフ

懐中電灯のオン / オフを切り替え

キーボードを閉じる

キーボードを閉じる

バックスペース

最後の文字を削除

テキストを消去

入力ボックスのテキストを削除

元に戻す

最後に行った入力を元に戻す

承認

入力した情報を承認

ファイル共有

音声コマンド

アクション

ファイル

以前スペースで共有されたファイルを選択

ファイルを送信

ローカル ストレージからファイルを選択

項目の選択 <item number="">

特定のファイルを選択

前のページ / 次のページ

ファイルを選択するときに左/右に 1 ページ移動するか、ドキュメントのページ間を移動

一時停止

ビデオを一時停止

停止

ビデオ プレーヤーを停止して閉じる

再生

終了後にビデオを再生

巻き戻し

ビデオを 10 秒巻き戻す

早送り

ビデオを 10 秒早送りする

ズーム レベル 1…5

コンテンツを表示しているときにズーム レベルを変更

共有

スペースまたはミーティング主催者にコンテンツを共有

次の Webex サイトから

ファイルをローカル ストレージにダウンロード

グローバル コマンド

音声コマンド

アクション

ホームに戻る

ホーム画面に戻る

戻る

前の画面に戻る

マイ コントロール

システムのコントロール パネルに移動

マイクをミュートする

一時的にマイクをミュート

私の通知

通知セクションを開く

最近使用したアプリケーション

バックグラウンドで実行中のアプリケーションを開く

ヘルプを表示

現在の画面に関連付けられたコマンドのヘルプを示すポップアップ ウィンドウを表示

メニュー オプションを開くには、「メニュー」と発話します。

次から選択できます:

  • Augmentir - ご使用の HMT デバイスに Augmentir がインストールされている場合のみ使用できます。

    Augmentir」と発話してアプリを起動すると、簡略化されたワークフローとガイド付きの指示が提供されます。

  • ヘルプ - 「ヘルプ」と発話すると、一般的に使用されるコマンドの説明が表示されます。

    • ログ - 「ログの送信」と発話すると、デバイスからログをアップロードします。

  • サインアウト - 「サインアウト」と発話すると、Expert On Demand からサインアウトします。

デバイスベースのライセンスに移行するには、Cisco パートナーの連絡先担当者、Cisco アカウント マネージャー、またはカスタマー サクセス マネージャーにお問い合わせください。 該当する問い合わせ先がない場合は、こちらのリンクを参照し、適切な Cisco サポート チームにお問い合わせください。必要な手順をご案内します。


 
ライセンスの移行に関する具体的なご質問やサポートについては rexar-pteam@cisco.com にお問い合わせください。

前提条件

デバイスベースのライセンスに移行するには、次の要件を満たしていることを確認します。

  • Webex Expert on Demand の指定ユーザー有料ライセンス。
  • Webex Control Hub への管理者アクセス。

Expert on Demand デバイスベース ライセンスのセットアップ

Expert on Demand サブスクリプションが Webex 組織に追加されたら、次の手順に従ってサブスクリプションのセットアップを完了します。

  1. 管理者の資格情報を使用して Webex Control Hub にログインします。

    Expert on Demand サブスクリプションのセットアップを完了するよう促すプロンプトが表示されます (他のサブスクリプションと一緒に)。

  2. [次へ] を選択し、[送信] を選択します。
  3. [今すぐセットアップ] を選択します。

手順に従ってライセンスのセットアップを完了します。

Control Hub の設定のデバイス管理を使用すると、組織内の Expert on Demand デバイスを管理できます。 Webex Expert on Demand デバイスを管理するには、次の前提条件を満たす必要があります。

  • フル管理者かデバイス管理者のいずれかのロールを持つ顧客組織の管理者である必要があります。 適切な権限を持つパートナー管理者に代理でライセンスを処理してもらうこともできます。
  • もちろん、サポートされている以下の Expert on Demand デバイスが必要です。
    • RealWear HMT-1
    • RealWear HMT-1Z1
    • RealWear Navigator 500
    • RealWear Navigator 520
    • Google Glass 2

Webex on Demand デバイスを管理するには、次の手順に従います。

  1. お客様の組織が Expert on Demand の既存ユーザーか新規ユーザーかに応じて、最初のデバイス管理のプロセスがわずかに異なる場合があります。

    https://admin.webex.com の顧客ビューから、[管理] > [デバイス] の順に移動します。周囲のテキストの説明画像。


     
    Control Hub インテグレーションを使用するには、特定のフィーチャー トグルを有効にする必要があります。 サポートが必要な場合は、Cisco カスタマー サクセス チームにお問い合わせください。
  2. [XOD デバイス] タブをクリックします。

    ユーザーは IDタイプ名前でデバイスを検索できます。フリー テキストで検索することもできます。周囲のテキストによる説明画像。

単一の XoD デバイスを追加する

単一の XoD デバイスを追加するには、次の手順に従います。

  1. デバイスの追加 をクリックします。


     
    Expert on Demand アプリを使用するには、ここにデバイスを追加する必要があります。
  2. [単一のデバイス] を選択します。

    周囲のテキストによる説明画像。

  3. 次のデバイス情報を入力します。
    • ドロップダウンリスト メニューに表示されるオプションから [デバイス タイプ] を選択します。周囲のテキストの説明画像。

    • デバイスのシリアル番号を入力します。
    • 必要に応じて、カスタムのデバイス名を入力します (例: トムの RealWear HMT-1)。
  4. [完了] をクリックして、単一のデバイスを追加します。周囲のテキストの説明画像。

複数の XoD デバイスを追加する

複数の XoD デバイスを追加するには、次の手順に従います。

  1. デバイスの追加 をクリックします。


     
    これらのデバイスで Expert on Demand アプリを使用するには、ここにデバイスを追加する必要があります。
  2. [複数のデバイス] を選択します。

    周囲のテキストの説明画像。

  3. 追加するデバイスごとに、単一のデバイスを追加する場合と同じ情報を入力します。

XoD デバイスを削除する

各デバイスの横にあるごみ箱アイコンをクリックするか、複数のデバイスを選択して一括削除を選択すると、デバイスを削除できます。周囲のテキストの説明画像。

シンプルなフォーマットのコンマ区切り値 (CSV) ファイルを使用して、Expert on Demand レジストリに複数のデバイスを簡単に追加できます。

Expert on Demand レジストリにデバイスを一括追加するには、次の手順に従います。

  1. 左側のナビゲーションの [管理][デバイス] を選択し、[XoD デバイス] タブを選択します。 デバイスの追加 をクリックします。

    周囲のテキストによる説明画像。

  2. [デバイスの一括インポート/アップロードCSVファイル] を選択します。

    周囲のテキストによる説明画像。

  3. [デバイスの一括追加] ダイアログで、[ファイルのダウンロード] をクリックして、サンプルの CSV テンプレートをダウンロードします。

    周囲のテキストによる説明画像。

  4. サンプル CSV ファイルのフィールドに以下を入力します。
    • serialNumber: デバイスのシリアル番号 必須です。
    • deviceModel: デバイスのモデル 必須です。
    • deviceName: デバイスの親しみやすい名前です。 オプションです。

    サポートされているデバイスは次のとおりです。

    • RealWear HMT-1
    • RealWear HMT-1Z1
    • RealWear Navigator 500
    • RealWear Navigator 520
    • Google Glass 2

     
    [デバイス モデル] 列のエントリは、それらの名前のいずれか 1 つと完全に一致する必要があります (大文字と小文字は区別しません)。

    CSV ファイルの例:

    サンプル CSV ファイルの画像。

  5. CSV ファイルを作成したら、[ファイルを選択] をクリックして移動し、ファイルを選択します。[OK] をクリックしてサーバーにアップロードします。

    周囲のテキストによる説明画像。

  6. ファイルをアップロードしたら、[インポート] をクリックしてファイルのインポートを実行します。

    周囲のテキストによる説明画像。


     
    シリアル番号の重複、書式設定エラー、不明なデバイスなどのエラーが検出されると、ダイアログが表示されます。 エラーを修正し、ファイルを再アップロードします。

    周囲のテキストによる説明画像。

  7. エラーが見つからない場合、デバイスは XoD レジストリに追加されます。 [XoD デバイス] タブに移動して、新しく追加されたデバイスを確認します。
  8. 追加された各デバイスについて、デバイスの追加中に入力された情報とは別に、次の 3 つのフィールドが表示されます。
    • バージョン - そのデバイスで実行されている現在の XOD アプリのバージョンを示します。
    • ステータス - デバイスのライセンスステータスを示します。
    • Last seen - デバイスによって最後のライセンス検証が実行された時期を示します。

     
    バージョンおよび最後に表示されたフィールドは、デバイスがControl Hubに追加された後、XoDアプリを開いたにのみ入力されます。

Webex on Demand インテグレーションへのアクセスをコントロールする方法については、Control Hub のドキュメントを参照してください。


 
変更を行った後、その変更が反映されて有効になるまでに約 2 時間かかります。

Expert on Demand にアクセスしたことがない場合は、最大 5 台のサポート対象デバイスに対して 60 日間のトライアルが提供されます。 最初のデバイスを追加すると、トライアル期間が開始します。 組織のトライアル機能の使用可否やトライアル期間の開始通知は、Control Hub のデバイス管理ページのバナーに表示されます。 トライアル期間が終了すると、追加したデバイスは有効期日切れの状態になります。ただし、Expert on Demand デバイス ライセンス サブスクリプションを購入した場合を除きます (トライアルはサブスクリプションを購入するとすぐに終了します)。

Control Hub アカウントに 1 台以上の Expert on Demand デバイスをすでに追加している既存の組織 (Expert on Demand デバイス ライセンス サブスクリプションの有無にかかわらず) には、別のトライアル期間は提供されません。 ただし、組織が購入したサブスクリプション ライセンス数よりも多くのデバイスを追加した場合、それらの追加デバイスは 60 日間のトライアル期間に追加されます。 既存の組織に追加のトライアルは提供されません。

新しいデバイスのオンボーディング

デバイスの追加の詳細については、「管理ガイド」タブの該当するエントリを参照してください。

デバイスのライセンスとサブスクリプションのステータスを確認する

Control Hub でデバイスのリストを表示している場合、[ステータス] フィールドには追加した各デバイスの現在のライセンス ステータスが表示されます。

Expert on Demand デバイス ライセンスと各デバイスのサブスクリプションのステータスを表示するには、次の手順に従います。

  1. 管理者の資格情報を使用して Webex Control Hub にログインします。
  1. [デバイス] を選択し、[XoD デバイス] タブを選択します。
  2. デバイスの Expert on Demand アプリのバージョンは、デバイス リストの [ステータス] 列に表示されます。

    周囲のテキストの説明画像。

使用できるステータスは以下のとおりです。

  • トライアル - デバイスがトライアル ライセンスに関連付けられていることを示します。
  • 有料 - デバイスが有料サブスクリプションの 1 つに関連付けられていることを示します。
  • 有効期日切れ - デバイスに関連付けられているライセンスが有効期日切れであることを示します。

[XOD デバイス] ページには、今後 28 日以内に発生する今後のライセンスやサブスクリプションの有効期日に関するバナーが表示されます。 同様に、各デバイスの [ステータス] フィールドの横にあるデバイスレベルにはライセンスの有効期日インジケータも表示されます。ここにはライセンスの有効期日 (年と月) が表示されます。 有効期日は、最初に追加したデバイスから開始します。


 
Expert on Demand アプリケーションは、ライセンスのないデバイスでは使用できません。 ライセンス ステータスが有効期日切れになっているデバイスについては 60 時間の猶予期間があり、この期間は Expert on Demand アプリを使用できます。 この猶予期間が終了した後もデバイスに有効なライセンスがない場合、XoD アプリを使用することはできなくなります。

ライセンスの使用状況の概要

使用可能なライセンス数の横に表示される [詳細] テキストには、ライセンスの使用状況の概要のポップアップが表示されます。 組織のトライアル期間が進行中の場合、この概要にはトライアルに関連する情報が表示されます。 組織が Expert on Demand デバイス ライセンス サブスクリプションを購入した場合、概要には購入済みのライセンス、使用中のライセンス、使用可能なライセンスの数が表示されます。

周囲のテキストの説明画像。

ボーナス デバイス ライセンス

Cisco では現在、Expert on Demand ライセンス サブスクリプションを購入したお客様に既存のライセンス数の 10% に相当するライセンスの追加を提供しています。 これらの追加のボーナス ライセンスの正確な数も概要に表示されます。

周囲のテキストの説明画像。

Expert on Demand クライアント バージョンを確認する

各デバイスの Expert on Demand アプリのバージョンを表示するには、次の手順に従います。

  1. 管理者の資格情報を使用して Webex Control Hub にログインします。
  2. [デバイス] を選択し、[XoD デバイス] タブを選択します。
  3. デバイスの Expert on Demand アプリのバージョンは、デバイス リストの [バージョン] 列に表示されます。

    周囲のテキストの説明画像。

Webex Expert on Demand の使用事例とは

この表では、想定される Expert on Demand の使用事例をいくつか挙げています。

業界使用事例 ROI
製造
  • メンテナンスとエンジニアリングの社員がリモートのエキスパートとやり取りできる機能
  • 停止、メンテナンス、修理をサポート
  • リモートでの R&D 製品テスト
  • リモート監査と工場訪問
  • 現場の社員の生産性を最大化
  • オンボーディングと知識の共有を高速化
  • エキスパートのリーチとスピードを問題解決に活用
  • 現場の社員の安全性を向上
  • 運用コスト削減
  • 製造の稼働時間を向上

石油・ガス

鉱業

  • X ワーカーがリモートのエキスパートとすぐにやり取りできる機能
  • 現場の社員がハンズフリーで作業できるソリューションで安全上の懸念に対処
  • 遠隔地での学習をリモートでトレーニングし、加速する機能
  • 現場の社員の生産性を最大化
  • オンボーディングと知識の共有を高速化
  • エキスパートのリーチとスピードを問題解決に活用
  • 現場の社員の安全性を向上
  • 運用コスト削減
  • 製造の稼働時間を向上
  • 業務の品質コンプライアンスを向上

エネルギー、

電力、

サービスプロバイダー、

現場サービス

  • ますます複雑になる環境で現場の社員が遠隔地のエキスパートとやり取りできる機能
  • 事前および事後の損傷評価機能
  • 制約のある環境下で現場の社員がハンズフリーで作業できるソリューション
  • 現場の社員の生産性を最大化
  • オンボーディングと知識の共有を高速化
  • エキスパートのリーチとスピードを問題解決に活用
  • 現場の社員の安全性を向上
  • 運用コスト削減
  • 顧客満足度の向上
  • 応答時間と修理時間を改善
  • 車両の移動と二酸化炭素排出量を削減
医療・初期対応
  • リモートでの監督とバーチャルでの巡回
  • 医療従事者向けの医療処置や医療機器の学習をリモートでトレーニングし、加速する機能
  • 初期対応者がより質の高い患者ケア、救助、治療をスピーディに行う
  • 現場の社員の生産性を最大化
  • オンボーディングと知識の共有を高速化
  • エキスパートのリーチとスピードを問題解決に活用
  • 現場の従業員の安全性と効果を向上

新しいライセンスの変更がロール アウトされると、Control Hub に追加された組織の既存の XoD デバイスはどうなりますか?

すでに Control Hub アカウントにデバイスを追加した組織の場合、追加したデバイスは、その組織の購入済みの XoD デバイス ライセンス サブスクリプションのライセンスにマッピングされます。 組織がサブスクリプションを購入していない場合や、購入したライセンスよりも多くのデバイスがある場合、超過分のすべてのデバイスは 60 日間のトライアル期間に移行します。

デバイス ライセンスのないユーザーにはどのような影響がありますか?

Expert on Demand バージョン 2.0 の場合、アプリを使用するにはデバイス ライセンスが必須です。デバイス ライセンスがない場合、ユーザーはアプリケーションからログアウトされます。

ライセンスの有効期日が切れた場合、Expert on Demand アプリはどうなりますか?

デバイス ライセンスの有効期日が切れた場合、Expert on Demand アプリにはデバイスに対する 60 時間の猶予期間があります。その間に、管理者はデバイスを有効なライセンスに関連付けることができます。 通常 Expert on Demand アプリは、この 60 時間の時間枠で使用できます。 猶予期間が終了してもデバイスに有効なライセンスがない場合、Expert on Demand アプリは機能しなくなります。

ユーザーが Control Hub にアクセスできない場合はどうなりますか?

通常、Webex Control Hub にアクセスできるのは管理者のみです。 ユーザーは組織の管理者に連絡してデバイスのライセンスを取得できます。 組織を管理するパートナーに問い合わせることもできます。

新規顧客がトライアルをリクエストするにはどうすればよいですか?

新規のお客様については、組織の Webex Control Hub の XOD デバイス ページで、デフォルトで Expert on Demand のトライアルを利用できます。Control Hub ページにバナーが表示されます。 最初のデバイスを追加すると、トライアル期間が開始します。

トライアル期間中はどのような制限があり、期間はどのくらいですか?

Expert on Demand アプリケーション側では、トライアル ライセンスを実行する場合と有料ライセンスを実行する場合で機能に違いはありません。 トライアル期間は 60 日間で、デバイス数の上限は 5 台です。 最初のデバイスを Webex Control Hub 経由で追加すると、60 日間のトライアル期間が開始します。

現在 XoD でサポートされているのはどのデバイス モデルですか?

現在 Expert on Demand でサポートされているデバイス モデルは次のとおりです。

  • RealWear HMT-1
  • RealWear HMT-1Z1
  • RealWear Navigator 500
  • RealWear Navigator 520
  • Google Glass 2 (販売終了のお知らせ)

Google Glass デバイスのシリアル番号はどこにありますか?

Google Glass デバイスのシリアル番号は 16 文字の英数字の文字列です。 シリアル番号を見つけるには、次の手順に従います。

  • Glass Enterprise Edition のポッドの内側からスキャンするか読み取ります。

    または

  • [設定][デバイス情報] カードのビルド ID で確認します。

    周囲のテキストによる説明画像。

詳細については、 Glass Enterprise Edition ヘルプを参照してください。

RealWear デバイスのシリアル番号はどこにありますか?

RealWear Navigator シリーズのデバイスのシリアル番号は、バッテリ コンパートメントにあります。 RealWear HMT シリーズのデバイスのシリアル番号は、デバイス バンドの内面にあります。 シリアル番号を入力する際、 S/N または WK1234 です。 たとえば S/N 123456789012345 WK1234 の場合は、 123456789012345 です。

RealWear デバイスのシリアル番号は、[デバイス情報] アプリケーションでも確認できます。周囲のテキストの説明画像。

デバイスの警告が根付いています。 どうすればよいでしょうか?

電話を発信するには、管理権限を取得し、ユーザーがメーカーの制限を超えてシステムファイルや設定にアクセスして変更できるようにする必要があります。 カスタマイズの機会と高度な機能へのアクセスを提供しますが、ルート化には潜在的なマルウェア感染や特定のアプリやサービスとの非互換性など、セキュリティリスクが伴います。 デバイスがルート化されている場合、次のセキュリティ警告が表示されます。

周囲のテキストによる説明画像。

デバイスの使用を続行するには[YES]を、アプリケーションを閉じてサインアウトするには[NO]を選択します。 このセキュリティ警告の詳細については、組織管理者または RealWear にお問い合わせください。

ビデオストリームがオフになっています。 何が起こっているのですか。

通話またはミーティング中にネットワーク帯域幅の変動が発生し、ビデオ ストリームがオフになっている場合、次の通知が表示されます。

周囲のテキストによる説明画像。

ネットワークが安定したら、「START VIDEO」コマンドを実行してビデオストリームを再度有効にします。

2024年5月10日。

バージョン 2.1


 
Expert on DemandアプリケーションはRealWear Marketplaceで入手できます。

新機能

  • 新しいライブ注釈機能は、ミーティング内の画面共有セッション中のライブ ビデオ ストリーム上のユーザーの注釈をサポートします。 詳細については、「ユーザーガイド」タブの「ライブ注釈」を参照してください。
  • ユーザーのプレゼンス/可用性がアプリケーションに直接表示されるようになりました。 詳細については、「ユーザーガイド」タブの「ユーザーのプレゼンス/アベイラビリティ」を参照してください。
  • 以前の発表によると、Google Glassのサポートは削除されました。

修正

  • ファームウェア v2.0 を実行している RealWear NAV-5XX デバイスでリモートユーザーの画面共有を表示しようとするとクラッシュする問題を修正しました。

2023年10月3日。

バージョン 2.0


 
Expert on DemandアプリケーションがRealWear Marketplaceでご利用いただけるようになりました。

修正

  • 切断/再接続なしで接続された有線ヘッドフォンにコール音声がルーティングされない問題を修正しました。
  • ビデオ送信が無効になっている場合、フリーズ画面ではなく UI インジケータが表示されます。
  • サインインしたユーザーの [Expert on Demand] メニューに表示される空白のユーザー名と画像が修正されました。
  • さまざまな追加パフォーマンスと安定性の強化を行いました。

2023 年 4 月 4 日

Version 1.9.3 (バージョン変更なし)

RealWear Navigator-520 は Webex Expert on Demand と互換性があります。

Webex Expert on Demand アプリケーション バージョン 1.9.3.0 は、新たにリリースされた RealWear Navigator-520 に対応しています。

Control Hub XoD ライセンス管理は、デバイス管理者とパートナー管理者のロールで利用できるようになりました。

デバイス管理者とパートナー管理者のロールを持つ Webex 管理者は、Expert on Demand デバイス ライセンスとオンボーディング プロセスを管理できます。 詳細については、「管理ガイド」タブの該当する項目を参照してください。

2022 年 12 月 19 日

バージョン 1.9.3

Expert on Demand レジストリにデバイスを一括追加する

シンプルなフォーマットのコンマ区切り値 (CSV) ファイルを使用して、Expert on Demand レジストリに複数のデバイスを簡単に追加できます。 詳細については、「管理ガイド」タブの「デバイスを一括追加」を参照してください。

周囲のノイズの除去 (BNR) を切り替える

ユーザーがログインしたとき、周囲のノイズの除去 (BNR) 機能はデフォルトで有効になっています。 「メニュー」の音声コマンドを使用してアプリケーション メニューにアクセスし、「ノイズ除去をオフ」と発話して機能をオフに切り替えます。 詳細については、「ユーザーガイド」タブの「周囲のノイズの除去 (BNR) を切り替える」を参照してください。

2022 年 8 月 26 日

バージョン 1.9.2

解決済みのバグ

  • 着信コールと発信コールの両方について、着信音の不一致の問題を修正しました。

  • ビデオ/リモート画面共有ストリームでまれに発生する空白画面を修正しました。

  • ローカルの音声/ビデオストリームのオンとオフを切り替える際に発生する断続的なクラッシュを修正しました。

  • デバイスがスリープ状態またはロックされている場合に、着信通話 (および関連する着信音) が利用できない問題を修正しました。

Control Hub のインテグレーション

Control Hub のデバイス管理

Control Hub の設定のデバイス管理を使用すると、組織内の Expert on Demand デバイスを管理できます。 詳細については、「管理ガイド」タブの「Expert on Demand デバイスを管理する」を参照してください。

2022 年 7 月 13 日

バージョン 1.9.1

このリリースで解決されたバグは次のとおりです。

  • スペース ミーティング中、共有コンテンツがスペースで共有される代わりに、スペース ミーティングの開始者に送信される。

2022 年 3 月 30 日

バージョン 1.9.0.1

このリリースで解決されたバグは次のとおりです。

  • 遠隔地のエキスパートが共有したコンテンツをズームインすると、Expert on Demand ユーザーにぼやけて表示される。

  • Wi-Fi ネットワークの変更が Expert on Demand で正しく反映されない。

既知の問題

  • 米国に居住するユーザーのアバターが、EU に居住するユーザーにロードされない。

  • 米国に居住するユーザーが作成したチームのメンバーシップが、EU に居住するユーザーに表示されない。

2021 年 10 月 11 日

バージョン 1.8.1.0

このリリースで解決されたバグは次のとおりです。

  • 一部のユーザーが通話で Webex DX-80 会議端末を使用するときに、Expert on Demand からのビデオを表示できない。

2021 年 8 月 31 日

バージョン 1.8.0.4

FedRAMP 認証 - Expert on Demand が政府版 Webex のサイトで利用可能になりました。

既知の問題 - リモート エキスパートが画面共有に注釈を付けた場合に、Expert on Demand のユーザーにはその注釈がライブでは表示されません。 両方のユーザーが FedRAMP で Webex アプリを使用している場合にも、同様の動作が見られます。 今後の更新情報を確認してください。

2021 年 5 月 27 日

バージョン 1.8.0.3

このリリースで解決されたバグは次のとおりです。

  • ヘッドセットを左目に装着すると、写真のプレビューが上下逆に表示されます。

  • ズームが有効である場合、写真の撮影および送信はできません。

  • モバイル デバイスでリモート エキスパートが共有コンテンツにズーム インまたはズーム アウトすると、ヘッドセット ユーザーの画面がゆがみます。

  • 一部のユーザーは写真を送信できません。

  • 一部のユーザーは 14 日後にサインアウトされます。

2020年11月13日水曜日

バージョン 1.7.0

このリリースで解決されたバグは次のとおりです。

  • リモートエキスパートが通話を拒否した場合でも、カメラビューがヘッドセットに表示される。

  • スペースでの通話中、一部のユーザーに注釈が表示されない。

  • 通話が接続された後でも、通話画面がヘッドセットで開いたままになる。

  • ヘッドセットユーザーが通話を拒否すると、不正なゲートウェイメッセージが表示される。

  • EMEAR 地域の一部のユーザーは、さまざまな組織のユーザーを連絡先に追加できない。

  • 通話が一時停止されると、ヘッドセットユーザーの共有画面が表示される。

  • 通話が接続される前にユーザーが通話画面から離れても、アプリが引き続き通話を接続しようと試みる。

  • プロキシサーバーを介してネットワークに接続するユーザーは画面共有を使用できず、アプリを起動できない場合もある。

2020 年 8 月 7 日

バージョン 1.6.0

このリリースで解決されたバグは次のとおりです。

  • 一部の地域のユーザーがメッセージを送信したり、電話をかけたりすることができない。

  • リモートエキスパートがホワイトボードの共有を停止すると、ビデオ通話が終了し、Webex Expert on Demand アプリが異常な動作を示す。

  • 最近の連絡先をロードしているときに、ソフトウェアで無限ループが発生する。

  • サインイン中にエラーが発生した場合、サインイン画面に戻ることができない。

  • デバイスの時刻と日付が正しいにもかかわらず、誤りがあるというエラーメッセージが表示される。

2020 年 6 月 19 日

バージョン 1.5.1

Cisco Webex Expert on Demand の新しいバージョンをリリースしました。 新機能の詳細については、「Cisco Webex Expert on Demand の新機能」 をご確認ください。

2019 年 12 月 11 日

バージョン 1.4.2

このリリースで解決されたバグは次のとおりです。

  • 仮想キーボードによって、パスワードサインインフィールドの半分がおおわれている。

  • エラーメッセージが表示されるとパスワードフィールドが押し下げられ、仮想キーボードと重なる。

  • アプリケーション内でアイテムを選択するため使用されるアイテム番号が正しく配置されていない。 通常、仮想キーボードを閉じた後に発生する。

  • 着信者のプロフィール写真が表示されない。

  • APP がバックエンド(ホームページ)から取り消された後、仮想キーボードがチームメンバーのページにポップアップ表示される。

  • 管理者ユーザーが別の組織の管理者ユーザーにメッセージを送信できない

  • シスコアカウントでサインインすると、ディレクトリ検索でエラーメッセージが表示される