対応するオペレーティング システムとブラウザーの変更

2021 年 10 月 (41.10) のリリースで次の変更が適用されます。

  • Windows OS のサポート対象が Windows 10 以上に変更

  • Mac OS のサポート対象が MacOS 10.13 以上に変更

  • Web の最小サポート Microsoft ブラウザーが Microsoft Edge の最新の 2 つのメジャー リリースに変更される

それ以前のオペレーティング システムやブラウザーに対するバグ修正やアップデートの提供は終了します。 可能な限り最高のエクスペリエンスを実現できるように、オペレーティング システムのアップグレードと最新のブラウザーのインストールを予定してください。

2022 年 1 月 31 日に、Windows の場合は Windows 10 より前、Mac の場合は MacOS 10.13 より前のオペレーティング システムのサポートが終了し、Microsoft Edge より前の Microsoft ブラウザーのサポートが終了します。

この場合でも、Webex アプリにサインインすることができますが、サポートされていないオペレーティング システムまたは以前のブラウザーを使用している場合は、一部のワークフローが機能しない場合があります。

2022 年 4 月以降、旧バージョンのオペレーティング システムやブラウザーを使用すると Webex アプリにサインインできなくなります。

システム要件

これらのシステム要件を再確認し、コンピューター、モバイル会議端末、Web ブラウザー上で Webex アプリを使用できることをご確認ください。


Apple ベータ版ソフトウェア、Windows Insider Program、Google Android Beta、その他の類似プログラムなど、プレリリースまたは早期リリース プログラムでの Webex アプリの使用はサポートされていないことにご注意ください。

Webex アプリのパフォーマンスは、次のような他の要因によっても影響を受ける場合があります。 デバイス上のネットワークの接続性またはその他のアプリケーション。

  • Windows PC で推奨される最小システム要件


    これらの要件は継続的に見直され、変更される場合があります。

  • Mac で推奨される最小システム要件


    これらの要件は継続的に見直され、変更される場合があります。

    • サポート対象の Mac で、MacOS 10.13 以降。 .

    • M1 チップまたは Intel CPU ベース(最小 4 GB の RAM を推奨)。

  • iPhone および iPad - iOS 13.7 以降、および iPadOS 13.7 以降。

  • Android スマートフォン - Oreo 8.0 以降 (3 GB の RAM が必要)。

  • ウェブ—ブラウザのうちの 1 つの最新の 2 つのメジャー リリース: Windows、Mac、または Linux を実行するコンピューターの Google Chrome, Mozilla Firefox, Apple Safari, および Microsoft Edge。


    Firefox、Chrome、Safari を使用して、Web 版の Webex アプリから、ミーティングおよび無料通話 (Webex での通話) 機能を使用できます。

  • Chromebook - Android 版の Webex アプリからのメッセージング、通話、ミーティング機能がサポートされています。

  • Linux - 推奨される最小システム要件

    • コア要件: Intel デュアルコア CPU 2.XX GHz または AMD プロセッサー (最小 4 GB の RAM を推奨)

    • プロトコル: x11、Wayland。

    • デスクトップ環境/ウィンドウマネージャ: GNOME/Mutter および KDE/KWin を推奨。

サポートポリシー

Webex アプリは、サポート対象プラットフォームのオペレーティング システム (OS) の次のバージョンに対して、積極的にテストされています。 Windows、Mac、iOS、Android。 新しい OS バージョンの互換性とサポートは、次の方法で提供されます。

  • 互換性 - 今後の OS バージョンを積極的に監視し、Webex アプリが OS ベータ リリースと互換性があるかどうかを検証します。 テスト中に発見されたブロッキングの問題や非互換性については、最善を尽くして対応します。

    : iOS 14 は 2020 年 9 月にリリースされる予定です。 iOS 版 Webex アプリの現在のバージョンは、iOS 14 ベータ版との互換性が検証されています。 ブロッキングの問題が発見された場合は、iOS 15 GA のリリース日までに iOS 版 Webex アプリのアップデート版で修正されてリリースされます。 ブロッキングの問題が発見されなかった場合、現在の Webex アプリ バージョンは iOS 15 と互換性があると見なされます。


    修正は、シスコのサポートおよびメンテナンスポリシーに従って組み込まれています。

  • サポート - 新しい OS バージョンが正式にリリースされると、新しくリリースされた OS のバージョンで、最新バージョンの Webex アプリを使用した OS 検証テストが行われます。 発見された問題は、次の定期的な機能またはメンテナンスの Webex アプリ リリースの一部として対処されます。

    : iOS 14 は 2020 年 9 月にリリースされています。 最新の iOS 版 Webex アプリの OS 検証テストは、リリースされた iOS 14 GA バージョンを用いて実行されます。 発見された問題は、次のリリースの Webex アプリ リリースで対処されます。 Webex アプリは iOS 14 対応として指定されています。