一般的な問題のトラブルシューティング手順

Webex Education Connector の問題が発生した場合は、次の手順を試してください。

  • 最近インストールし、問題が発生した場合は、アンインストールしてから再インストールしてください。 LMS のすべてのインストール手順に従ってください。

  • [設定] タブに移動し、[承認する] をクリックして、LMS で Cisco Webex Education Connector を承認します。 キャンバスと D2L の顧客の場合: またタイムゾーンの [同期] をクリックします。

  • 仮想ミーティングに問題がある場合は、Cisco Webex Education Connector からログアウトし、ログインします。

どうすれば Webex Education Connector に録画したミーティングを表示できますか?

ミーティングの録画を Webex Education Connector と同期させるには、必ず、Webex Education の [仮想ミーティング] セクションにサインインする必要があります。

Webex Meetings セッションは、アクティブでない状態が数日続くと期限切れになります。 数週間ごとに Webex Education Connector からサインアウトし、Webex にサインインし直して、セッションをアクティブに維持することを推奨します。 トークンの期限が切れると、次回 Webex Edcuation Connector にアクセスするとき、Webex Meetings にサインインするように求められます。

Moodle でアプリケーションを承認できないのはなぜですか?

Moodle サイトには、承認のための有効な SSL 証明書が必要です。 Web ブラウザーが安全でないことを示している場合、Moodle サイトには有効な SSL 証明書がありません。

Moodle サイトの有効な SSL 証明書を取得するには:

  1. Moodle に管理者としてサインインします。

  2. [サイト管理] > [セキュリティ] > [HTTP セキュリティ] に進みます。

  3. [ログインに HTTP を使用する] ボックスをオンにして、[保存] をクリックします。

エラー「この URL のドメインがブロックされています」が表示されます。 初めて仮想ミーティングを開始する場合は、サイト管理者に連絡してください。

  1. 追加の URL ドメイン名を許可するように Cisco Webex サイトを設定します。

    • Cisco Webex サイト管理で管理されているサイトについては、Webex サイト管理にサインインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。

    • Cisco Webex Control Hub で管理されたサイトについては、https://admin.webex.com のカスタマービューから [サービス] に移動し、[ミーティング] の下の [サイト] を選択します。 設定を変更する Webex サイトを選択し、[サイトの構成] > [共通設定] > [サイトのオプション] を選択します。

  2. [セキュリティ オプション] [その他] セクションまで下方へスクロールします。

  3. http://lti.educonnector.io/」を [次の URL ドメイン名を許可する] フィールドに入力します。

  4. [アップデート] をクリックします。

オフィス アワーの決定方法は?

インストラクタがいずれかのコースでオフィス アワーを設定すると、インストラクタの他のコースには、特に設定しなくても、同じ時間帯が適用されます。 これにより、インストラクタが同じ時間に 2 つの異なるコースを予約してしまうことを防げます。

オフィス時間または仮想ミーティングをスケジュールしようとするとエラーが発生します。

  • [設定] タブに移動し、[承認する] をクリックして、LMS で Cisco Webex Education Connector を承認します。 キャンバスと D2L の顧客の場合: またタイムゾーンの [同期] をクリックします。

  • 仮想ミーティングに問題がある場合は、Webex Education Connector 内の Webex からログアウトし、その後ログインして戻ります。

    ログアウトするには、 Webex Education Connector の右上の [Webex のログアウト] をクリックします。

成績はどのように機能しますか?

[セットアップ] タブを使用して Cisco Webex Education Connector での成績を有効にすると、「Webex Meetings 出席課題」というグレードブックに課題が表示されます。

成績の計算式は次のとおりです。

(現在のスコア)*(受講者の合計出席回数)+(欠席スコア)*(受講生が欠席合計回数)/(ミーティング総数*現在のスコア)

ミーティングの出席者には、誰が参加しているかが表示されるようになります。

ユーザーが LMS を通じて Webex Education Connector を使用してミーティングに参加すると、出席者が録画されます。 誰かが LMS 外のリンクを通して Webex に参加した場合、その出席者は録画されません。

複数の学生でオフィス時間をスケジュールするにはどうすればよいですか?

オフィス時間のミーティングの目的は、学生がインストラクターとの 1 対 1 のミーティングをスケジュールすることです。 複数の学生が必要な場合は、オフィス時間機能を使用する代わりに、仮想ミーティングをスケジュールして、「オフィス時間」という名前を付けます。

どうすれば Webex Education Connector でミーティング録画同期を有効にできますか。

Webex Education Connector 内から開始されたミーティングの録画は自動的に同期されます。 ミーティングを録画するには、[開始] タブをクリックします。

Webex Education Connector の外部から開始されたミーティングや、クラウドに録画されていないミーティングは同期されません。

ミーティングが LMS Calendar と同期されている場合、そこから開始するミーティングを録画できます。

ミーティングの録画を Webex Education Connector 内から同期させるには、[仮想ミーティング] セクションで Webex Education にサインインする必要があります。

Webex Meetings セッションは、非アクティブな状態が数日続くと、期限切れになります。 数週間ごとに Webex Education Connector からサインアウトし、Webex にサインインし直して、セッションをアクティブに維持することを推奨します。 トークンの期限が切れると、次回 Webex Edcuation Connector にアクセスするとき、Webex Meetings にサインインするように求められます。

キャンバスの Webex Education Connector で使用される API は?

Blackboard の Webex Education Connector に使用される API はどれですか?

  • POST /learn/api/public/v1/courses/{courseId}/contents/createAssignment

  • GET /learn/api/public/v1/courses/{courseId}/contents/{contentId}

  • PATCH /learn/api/public/v1/courses/{courseId}/contents/{contentId}

  • PATCH /learn/api/public/v1/courses/{courseId}/gradebook/columns/{columnId}

  • GET /learn/api/public/v1/courses/{courseId}/users

  • GET /learn/api/public/v1/courses/{courseId}/groups

  • GET /learn/api/public/v1/courses/{courseId}/groups/{groupId}/users

Blackboard の学習ユーザーにはどのような権限が必要ですか?

  • コース/組織のコントロールパネル (ユーザーとグループ) > ユーザー

  • コース/組織のコントロールパネル (ユーザーとグループ) > ユーザー > 一括登録ユーザー

  • コース/組織のコントロールパネル (ユーザーとグループ) > ユーザー > 登録されたユーザーのパスワードを変更する

  • コース/組織のコントロール パネル (ユーザーとグループ) > ユーザー > 受講者のパスワードを変更する

  • コース/組織のコントロール パネル (ユーザーとグループ) > ユーザー > コース/組織のユーザーの空き状況を変更する

  • コース/組織のコントロール パネル (ユーザーとグループ) > ユーザー > コース/組織のユーザーの役割を変更する

  • コース/組織のコントロール パネル (ユーザーとグループ) > ユーザー > ユーザーの作成

  • コース/組織のコントロール パネル (ユーザーとグループ) > ユーザー > ユーザーのプロパティを編集する

  • コース/組織のコントロール パネル (ユーザーとグループ) > ユーザー > ユーザーの登録

  • コース/組織のコントロールパネル (ユーザーとグループ)> ユーザー > コース/組織を削除する

  • コース/組織のコントロール パネル (ツール) >テスト、調査、およびプール > テスト

  • コース/組織のコントロール パネル (ツール) >テスト、調査、およびプール > テスト > ビルド テスト

  • コース/組織のコントロール パネル (グレード センター) > フル コントロール

  • コース/組織 > グループ > すべてのグループの表示

  • コース/組織 (コンテンツ領域) > 資料の編集

  • コース/組織 (コンテンツ領域) > テストとアンケートの展開

  • コース/組織 (コンテンツ領域) > 資料の作成

  • 管理者パネル (ユーザー) > ユーザー

  • 管理者パネル (ユーザー) > ユーザー > 編集 > コース登録の表示

  • 管理者パネル (ユーザー) > ユーザー > 編集 > 組織登録の表示

  • 管理者パネル (ユーザー) > ユーザー > 利用可能/利用不可

  • 管理者パネル (ユーザー) > ユーザー > ユーザーの>バッチ作成

  • 者管理パネル (ユーザー) > ユーザー > ユーザーのバッチ削除ユーザー

  • 管理者パネル (ユーザー) > ユーザー > ユーザーの作成

  • 管理者パネル (ユーザー) > ユーザー > ユーザーの削除

  • 管理者パネル (ユーザー) > ユーザー > 編集 > パスワードの変更