Windows 8.1 および Internet Explorer 11 で Webex を使用する場合の既知の問題は?

Webex は Windows 8.1 および Internet Explorer 11 を正式にサポートしています。既知の問題については、この記事を参照してください。

Windows 8.1 および Internet Explorer 11 で Webex を使用する場合の既知の問題は?

Windows 8.1 で Webex を使用する場合の制限は?

Windows 8.1 でファイルを共有すると、空白の画面が表示されます。

Windows 8.1 で .PDF/.TXT ファイルを共有すると、共有コンテンツがブランクになります。

Windows 8.1 で Microsoft Office ファイルを共有すると、共有コンテンツがブランクになります。


注意:

  • Internet Explorer 10 のサポートは終了しています。
  • .PDF、.TXT、または Office ファイルを他のユーザーから共有すると、正常に機能する場合があります。 ただし、プレゼンタとしてコンテンツを共有すると、ミーティングウィンドウに空白のページだけが表示されます。
  • タッチスクリーン機能は、現在 Webex でサポートされていません。 タッチスクリーンのデバイスまたはモニターを使用している場合、Webex アプリケーションの操作にはキーボード/マウスを使用する必要があります。
  • Adobe は 2020 年 12 月 31 日に Flash Player のサポートを終了します。詳細については、次を参照してください。 https://www.adobe.com/products/flashplayer/end-of-life.html

解決方法:

Webex は Windows 8.1 および Internet Explorer 11 を正式にサポートしています。既知の問題がいくつかあります。

既知の問題は、次のとおりです。

Internet Explorer 11デスクトップ版の Internet Explorer 11 の拡張保護モードには対応していません。 このモードではプラグインフリーのブラウザ体験を提供するため、Weex アドオンが無効になり、Active X および Java ダウンロードの方法は使用できません。 ユーザーは一時フォルダソリューション (TFS) を使ってミーティングに参加できます。 あるいは、ユーザーは Enhanced Protected Mode をオフにすることで通常通りにミーティングに参加することができます。
Windows 8 および Windows 8.1
  • ユーザーは、Excel 32 ビット/64 ビットを使用して Windows 8/8.1 の 32 ビット/64 ビットで Excel ファイルを共有することはできません。
  • ファイル共有で PDF を共有するには、Adobe Acrobat Reader が必要です。
  • プリンタドライバモードで Microsoft PowerPoint ファイルを共有すると、特定のコンテンツが表示されなくなります。 代わりに、標準の UCF モードを使用してください。
  • 64 ビットの Word および Excel ファイルの共有は、
    Windows 8.1 でのみサポートされていません
  • ドキュメントがブランクで表示されることがあるため、Office 2010 32 ビットでの Word ドキュメントの共有はサポートされていません。 この症状はすべてのマシンで再現されるわけではないため、ブロックされません
  • アプリケーション共有/デスクトップ共有 - フローティングパネルに黄色のワッフル画面が表示されます。 
 

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事
arrow up