はじめる前に

組織のセキュリティポリシーに従ってデジタル証明書を作成していることを確認してください。

 

デジタル証明書を生成するには、『 Salesforce DX 開発者ガイド』の 秘密鍵と自己署名デジタル証明書の作成 を参照してください

1

Salesforce にログインしてください

2

ページの右上隅にある [セットアップ] をクリックします。

3

[ クイック検索 ] フィールドに「 App Manager」と入力し、次に [ App Manager] をクリックします。 Lightning Experience アプリマネージャに移動します。

4

[新しい接続済みアプリ] をクリックします。

5

接続アプリケーション名やメールアドレスなど、必要に応じて基本情報を指定します。

6

OAuth 設定を有効にする チェックボックスを選択してください。

7

[コールバック URL] フィールドに http://localhost:1717/OauthRedirect を入力します。

8

デジタル署名を使用する チェックボックスを選択します。

9

[ファイルの選択] をクリックして、デジタル (X.509) 証明書をアップロードします。

10

以下のデフォルト OAuth 範囲を追加します。

  • API (api) でユーザデータを管理する

  • ウェブブラウザ経由でユーザデータを管理する (ウェブ)

  • 任意の時点でリクエストを実行する (refresh_token、offline_access)

詳細は、Salesforce ドキュメントの OAuth トークンとスコープ を参照してください。

11

ウェブサーバフローのシークレットが必要 チェックボックスのチェックを解除します。

12

[保存] をクリックします。

13

[ #dntr_bifejjhhjz (OAuth 設定を有効にする) ] セクションで [ コピー ] をクリックし、コンシューマーキーを保存します。 コンシューマー キーを使用し、Control Hub で Salesforce コネクタを設定します。 詳細については、Cisco Webex Contact Center のインテグレーション コネクタのセットアップ記事の コネクタの設定 を参照してください。


 

コンシューマー キーはクライアント ID と同じです。

14

[管理] > [ポリシーの編集] をクリックします。

15

OAuth ポリシー セクションで [ 管理者承認済みユーザは許可ユーザに対して事前認証する ] を選択します。 許可されたユーザ ドロップダウンリストにカーソルを合わせ、[ OK] をクリックします。 詳細については、Salesforce ドキュメントの 接続アプリの OAuth アクセスポリシーを管理する を参照してください。

16

[保存] をクリックします。

17

[ プロファイルの管理 ] > 権限セットの管理をクリックします。

18

事前承認済みのユーザプロファイルと、接続済みアプリへのアクセスに使用される権限セットを選択します。 詳細は、Salesforce ドキュメントの 権限セット を参照してください。


 

詳細については、 Salesforce DX 開発者ガイドDev Hub 組織の接続アプリケーションを作成するを参照してください。