1

通話ウィンドウ プロファイル画像、[設定] &> 通話] に進み、[通話 ウィンドウの 設定] までスクロールします

2

ドロップダウンメニューを使用して、通話管理ウィンドウをポップアップ表示する時間を指定します。


 

Unified CM を使用してセットアップした場合のみ、これらのオプションが表示されます。 ここで選択するオプションは、すべての通話と Webex アプリ通話に適用されます。

  • このコンピューターを通話に使用する場合:

    • すべての通話 - 着信時に、常に通話コントロール ウィンドウをポップアップ表示します。

    • 保留時通話以外のすべての通話 (Unified CM のみ) - 他のユーザーと回線を共有し、他の誰かが通話を保留にしているときには、通話コントロール ウィンドウをポップアップ表示しません。

    • 通話を前面に表示しない - Webex アプリでの通話は、Finess エージェントのデスクトップなど、別のアプリケーションによって制御されます。

  • 卓上電話またはビデオデバイスを通話に使用する場合:

    • すべての通話 - 通話を受け取る際には、常に通話ウィンドウをデスクトップにポップアップ表示します。

    • 保留時通話以外のすべての通話 (Unified CM のみ) - 他のユーザーと回線を共有し、他の誰かが通話を保留にしているときには、通話コントロール ウィンドウをデスクトップにポップアップ表示しません。

    • 通話を前面に表示しない —接続されたデバイスを使用して通話を制御する必要があります。

1

内のリンク プロファイル画像、[通話の設定] > 移動し、[通話] ウィンドウ設定 までスクロールします

2

ドロップダウンメニューを使用して、通話管理ウィンドウをポップアップ表示する時間を指定します。


 

Unified CM を使用してセットアップした場合のみ、これらのオプションが表示されます。 ここで選択するオプションは、すべての通話と Webex アプリ通話に適用されます。

  • このコンピューターを通話に使用する場合:

    • すべての通話 - 着信時に、常に通話コントロール ウィンドウをポップアップ表示します。

    • 保留時通話以外のすべての通話 (Unified CM のみ) - 他のユーザーと回線を共有し、他の誰かが通話を保留にしているときには、通話コントロール ウィンドウをポップアップ表示しません。

    • 通話を前面に表示しない - Webex アプリでの通話は、Finess エージェントのデスクトップなど、別のアプリケーションによって制御されます。

  • 卓上電話またはビデオデバイスを通話に使用する場合:

    • すべての通話 - 通話を受け取る際には、常に通話ウィンドウをデスクトップにポップアップ表示します。

    • 保留時通話以外のすべての通話 (Unified CM のみ) - 他のユーザーと回線を共有し、他の誰かが通話を保留にしているときには、通話コントロール ウィンドウをデスクトップにポップアップ表示しません。

    • 通話を前面に表示しない —接続されたデバイスを使用して通話を制御する必要があります。