Cisco Webex Video Platform のシステム要件は?

Cisco Webex Video Platform のシステム要件は?

Cisco Webex Video Platform と互換性のある Webex バージョンは?

 

Google Chrome 拡張機能付きの Cisco Webex スケジューラ、Webex Scheduler for Internet Explorer、Webex IBM Lotus Notes インテグレーション、Skype for Business、IBM Sametime のサポート終了

シスコでは、Google Chrome 拡張機能付きの Cisco Webex スケジューラ、Internet Explorer 向け Webex Scheduler、Webex IBM Lotus Notes インテグレーション、Skype for Business、IBM Sametime のサポートを 2020 年 12 月 31 日に正式に終了します。 2021 年 1 月 1 日以降、これらアプリケーションはダウンロードできなくなります。 Google Chrome 拡張機能を使用している Cisco Webex スケジューラユーザーは、G Suite アドオンの新しいバージョンの Cisco Webex に移行する必要があります。

メモ:

  • Cisco TelePresence Server または Cisco Meeting Server などのビデオ会議ブリッジから Cisco Webex Video Platform のミーティングへのカスケードは、サポートされていません。
  • シスコでは、Secure SIP トランザクション向けの Transport Layer Security バージョン 1.0 および 1.1 のサポートを全面的に停止しました。 Cisco Webex ビデオプラットフォームは TLS 1.2 のみをサポートします。
  • Lync または Skype for Business サーバーに登録されているユーザーについては、Polycom ビデオ デバイスはサポートされていません。
ビデオ プラットフォーム v1 および Video Platform v2 でサポートされる暗号機能

2018 年 8 月 3 日以降、Cisco Webex は以下の TLS 1.2 暗号機能のみをサポートします
Cipher Suite: TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_256_CBC_SHA384 (0xc024)
Cipher Suite: TLS_DHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA256 (0x006b)
Cipher Suite: TLS_DHE_DSS_WITH_AES_256_CBC_SHA256 (0x006a)
Cipher Suite: TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA384 (0xc028)
Cipher Suite: TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA256 (0x003d)
Cipher Suite: TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256 (0xc02f)
Cipher Suite: TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256 (0xc023)
Cipher Suite: TLS_DHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256 (0x0067)
Cipher Suite: TLS_DHE_DSS_WITH_AES_128_CBC_SHA256 (0x0040)
Cipher Suite: TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256 (0x003c)
Cipher Suite: TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA (0x002f)

次の署名アルゴリズムはサポートされていません:
SSLv3、RC4、Md5withRSA、DH Keysize < 768、EC Keysize < 224。

ハードウェアとソフトウェア要件は以下の通りです

音声:

  • Webex 音声 (クラウド接続音声を含む)
  • Webex VoIP のみ、Cisco Webex ビデオプラットフォームでもサポートされます

検証済みの音声プロバイダパートナーの最新リストを含む、Webex 音声に関する詳細は、 Cisco アカウントマネージャに問い合わせてください。

ネットワーク アクセス

Cisco Expressway-E、Cisco Expressway、その他のエッジトラバーサル端末とファイアウォールのポート範囲では以下が可能になります。

  • UDP 経由での Webex Cloud からのインバウンド メディア トラフィックの RTR ポート範囲は 36000 – 59999 です。
  • TCP 経由での Webex Cloud からのインバウンド シグナル トラフィックのポートは 5060 および 5061 です。
  • UDP 経由での Webex Cloud からのアウトバウンド メディア トラフィックの RTR ポート範囲は 36000 – 59999 です。
  • ポート 5060 ~ 5070 向けの Webex Cloud への TCP 経由でのアウトバウンド暗号トラフィック

    Webex Cloud で使用される地域別の IP アドレス範囲は次を参照してください。 WBX264 - マイ ネットワークで Webex Meetings トラフィックを許可するには?

ネットワーク帯域幅

望ましいビデオ品質とプレゼンテーションデータを提供するために必要なネットワーク帯域幅の量は各ビデオデバイスの要件によって決まります。
快適に視聴するには、スクリーンごとに 1.5 Mbps 以上をお勧めします。 デバイスに応じて、高レートのメリットが活かされる場合もあれば、低レートでも問題ないサービスもあります。

Cisco Webex 帯域幅要件のテクニカル ペーパーについては、次を参照してください。 Cisco Webex Network 帯域幅のテクニカル ペーパー

サービス品質

送信ゲートウェイは次の DSCP マーキングに対応している必要があります:

  • ビデオトラフィックが RFC 2597 使用で DSCP AF41 でマーキングされる
  • ビデオトラフィックが RFC 3246 使用で DSCP EF でマーキングされる

サポートしているハードウェア:

通話コントロールおよびファイアウォール トラバーサル

  • Cisco Unified Communications Manager
  • Cisco Video Communication Server (VCS) または Cisco Expressway version X8.5.3 以降 (古いバージョンはサポートされていません)
  • その他ベンダー
 

ビデオ会議システム

  • Cisco Telepresence エンドポイントでは暗号化オプションキーが必要です。
  • Cisco TelePresence Endpoints (CTS ソフトウェア バージョン 1.10.10 以降で実行)
  • Cisco Webex 会議室デバイス
  • 標準ベースの SIP ビデオ会議システム:
  • RFC 2833 経由で DTMF をサポート
  • ファイアウォール トラバース機能により、SIP プロキシを利用します
  • SIP スタンドアロン (プロキシなし) はサポートされていません
  • 標準ベースの H.323 ビデオ会議システム:
  • アネックス-O (URI) ダイヤリング、または IP アドレス ダイヤル (サポートされた Webex サイト上) をサポート
  • H.245 UserInputIndication メソッド 「DTMF」または「basicString」をサポート。 
  • generalString、iA5String、hookflash、およびその他のメソッドはサポートされていません
  • 以下のデプロイメント シナリオの 1 つを利用:
    • ファイアウォール トラバーサルによる H.323 ゲートウェイ
    • ゲートウェイとして動作する H.323 対応ファイアウォールによる H.323 スタンドアロン
    • ポート転送と装置のインターネット ルート可能な IP アドレスによる H.323 スタンドアロンをデバイスで設定 (直接またはデバイスの NAT 対応設定経由)
  • Cisco Jabber, Skype for Business (Lync) 2010 / 2013 のようなソフト - クライアント
 

Webex Meetings Clients

  • Cisco Webex デスクトップ クライアント
  • Cisco Webex Mobile クライアント - iPhone/iPad のみ、iOS 6、7、8 のみ

Webex Meetings ビデオ会議は Webex Meetings に含まれます。 Cisco Webex ビデオプラットフォームがお使いの Webex サイトで有効かどうかを確認するには、担当の Webex サイト管理者にお問い合わせください

その他ネットワーク インフラストラクチャを含むシステム必要条件の詳細については、以下を参照してください。 Cisco Webex Meetings

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事
arrow icon