Cisco Jabber call ドロップ

Cisco Jabber call ドロップ

通話中に音質が悪くなったり音声が途切れたりする場合は、次のいずれかの理由が考えられます

  • Wi-Fi 信号が弱い:Wi-Fi 接続と信号強度を確認します。Wi-Fi 信号が弱い場合は、モバイル ネットワークに通話を移行します。通話中に ... をタップします>[モバイルに移動(Move to Mobile)] > OK > [回答(Answer)]
  • モバイル データ ネットワークの接続性:モバイル データ ネットワークで Jabber を使用している場合、接続性と通話品質が異なる可能性があります。問題が解決しない場合は、モバイル データ ネットワークを無効にしてください。Cisco Jabber で [設定(Settings)] > [通話(Call)] > [ オーディオとビデオ(Audio and Video)] をタップします。[モバイルデータネットワーク] スイッチをタップしてオフにします。
  • Bluetooth と Wi-Fi の干渉:最適に設計された Wi-Fi ネットワークでも、Bluetooth ヘッドセットなどの他のデバイスによる干渉が発生することがあります。この干渉が通話の中断や音質低下の原因となっていることがあります。Bluetooth ヘッドセットをオフにして、問題が解消するかどうかを確認します。
  • Wi-Fi アクセス ポイント間でのハンドオフ: 職場内を移動すると、Wi-Fi 接続が異なるアクセス ポイント間で転送されることがあります。接続がアクセス ポイント間で転送される間に通話に応答すると、音声が数秒間不明瞭になったり、聞こえなくなったりする場合があります。ハンドオフが完了すると、この問題は自動的に解決します。
  • 電話サービスへの接続の切断: 一般的な原因として、ネットワークに問題が発生したか、サーバが一時的に停止したことが考えられます。問題が解消しない場合は、システム管理者に問い合わせてください。
  • ネットワークの帯域幅の低下: 低帯域幅のワイヤレス ネットワークを介して通話を行う場合は、低帯域幅ネットワーク用に接続を最適化してから、もう一度試してください。Cisco Jabber で [設定(Settings)] > [通話(Call)] > [ オーディオとビデオ(Audio and Video)] をタップします。[低帯域幅モード(Low Bandwidth Mode)] スイッチをタップしてオンにします。

この投稿記事は役に立ちましたか?