モダン ビュー

Webex サイトをモダン ビューで使用すると、よく使うサイトの操作パネルにダッシュボードから直接アクセスできます。 Webex パーソナル会議室のミーティングを開始したり、開催予定のミーティング、イベント トレーニング セッションに参加したり、新規のミーティングをスケジューリングすることができます。

モダン ビューでは、ダッシュボードがホームページとなります。 左のナビゲーション バーの ホーム を選択することにより、いつでも戻すことができます。

モダン ビューは月間パッチにより継続的に更新され、既存の Webex サイトのクラシックビューの機能がモダン ビューに追加されます。 詳細については、「Cisco Webex モダン ビュー サポート マトリクス」を参照してください。


Facebook、Google、または Microsoft Office 365 のアカウントを使用して Webex にサインインすると、それがデフォルトのサインイン方法になります。 サイト管理者は、これらのサードパーティのサインイン機能を無効にすることができます。

パーソナル会議室は、Webex Meetings サービスを導入しているサイトでのみ利用できます。

ダッシュボードのパーソナル会議室セクションから、パーソナル会議室で、[ミーティングの開始] を選択し、パーソナル会議室内でミーティングを開始します。 詳細については、「モダンビューでの Cisco Webex パーソナル会議室ミーティングの開始」をご覧ください。 ミーティング開始前に各種設定をあなたの好みに調整してミーティングに参加することができます。 詳細については、「モダン ビューで Webex ミーティング に参加する方法を選択する」を参照してください。

[その他の参加方法] を選択し、電話により参加や、ビデオ デバイスから参加など、パーソナル会議室のミーティングに参加するその他の方法を表示できます。

パーソナル会議室名の隣にある [コピー] を選択し、この情報をコピーしてメールや会話に貼りつけることができます。

[ミーティングと録画の検索] テキストボックスから、参加するミーティング、イベント、トレーニング セッション、会議室の番号またはパーソナル会議室を入力できます。 テキストボックスにミーティング、イベント、またはトレーニング セッションの番号またはパーソナル会議室 ID を入力したら、[] ボタンを選択して参加します。


主催者のパーソナル会議室 ID はパーソナル会議室リンクから確認することができます。 例えば、パーソナル会議室のリンクが company.webex.com/meet/jparker である場合、パーソナル会議室 ID は、jparker になります。

9 桁のミーティング番号はメール招待状に記載されています。

[最近のパーソナル会議室] リストで、プロファイル画像 の 1 個を選択して、最近参加した会議室に入室できます。

リストにもっとも重要なパーソナル会議室をピン留めすることで、[最近のパーソナル会議室会議室] リストをカスタマイズできます。 パーソナル会議室をピン留めするには、ピン留めするプロファイル画像の上にマウスを置き、プロファイル画像の上に表示されるピン アイコン を選択します。 クリックすると、ピン アイコンがオレンジ色に変わります。


招待されていないがミーティング情報は持っているミーティングに参加している場合、参加する前にミーティング パスワードを入力する必要があります。

ミーティングに参加したら、Webex サイトの [Meetings] ページにミーティングの詳細が表示されます。 ミーティングに参加する別の方法については、『Cisco Webex ミーティングに参加する』を参照してください。

ダッシュボードのパーソナル会議室セクションから、ミーティングを開始またはスケジュールするすることができます。

[ミーティングの開始] を選択すると、すぐにパーソナル会議室でミーティングが開始します。 ドロップダウン矢印にマウスを置き、[デスクトップアプリを使用] または [Web アプリを使用] を選択して、ミーティングにアクセスする方法を選択します。

[スケジュール] を選択し、スケジューリングページに移動し、ミーティングと出席者情報を入力します。 ミーティングの開始日時、継続時間を選択します。

ページ下部で [開始] を選択してすぐにミーティングを開始するか、または [スケジュール] を選択し、今後のミーティングのスケジューリングを行います。 詳細については、「モダンビューでの Cisco Webex ミーティングのスケジュール」をご覧ください。

[ミーティング スケジュール] ダイアログ ボックス

ダッシュボードの「開催予定のミーティング」セクションでは、最大 4 件の開催予定のミーティング、イベント、またはトレーニング セッションを確認できます。 あなたが主催者の場合、ミーティングを開始する準備ができたら [開始] を選択できます。 他の人のミーティングに参加する場合は、時間が来たら [参加] を選択します。

より多くの開催予定のミーティング、イベント、またはトレーニング セッションを表示するには、左下隅にある [全ミーティングを表示する] を選択し、ミーティング リストを表示できます。

[マイ Webex Meetings] ページを表示するには、左のナビゲーションバーで [Meetings] を選択します。 ミーティング、イベント、トレーニング セッションのリストをソートして、指定の日付範囲内のミーティングのスケジュールのみを表示することができます。

詳細については、「モダン ビューで開催予定のミーティングを表示する」 をご覧ください。

Webex サイトで自分のプロファイルを編集するには、Webex サイトの右上にある自分の名前を選択し、[マイ プロファイル]を選択します。 [マイ Webex プロファイル] ページで、[マイ People Insights を表示] を選択して、ミーティングで使用されるユーザーの People Insights を編集または管理することができます。 [マイ プロファイルの編集] を選択し、名、姓、プロファイル画像を編集できます。

マイ Webex プロファイル

[編集] を選択して、メール アドレスとパスワードを編集します。

マイ WebEx プロファイルを編集する

左のナビゲーション バーで [録画] を選択して録画にアクセスすることができます。 [マイ録画ミーティング] ページには、開催した Webex ミーティング、イベント、トレーニング セッションの録画の一覧が表示されます。 他のホストがお客様と共有している録音もリストに表示されます。

ミーティングが終了すると、Webex が録画の生成を開始します。 Webex が録画を処理している間、録画の横に [生成中] ステータスが表示されます。

各録画について、Webex は以下の情報を提供します。

  • 名前

  • セキュリティの設定

  • 日付とタイムスタンプ

  • 長さ

  • ファイルサイズ

  • 形式

マイ録画ミーティング

マイ録画ミーティング ページで、次のことができます。


録画の議事録を有効にするには、[基本設定] > [録画] に移動し、[録画の議事録] チェック ボックスをクリックします。

左のナビゲーション バーで [基本設定] を選択して基本設定を編集することができます。 [基本設定] ページには、次の 5 つのタブがあります。 [全般][マイ パーソナル会議室][音声とビデオ][スケジューリング]、および [録画]

[全般] タブでタイムゾーン、言語、地域、アカウントのリンクを編集することができます。


ミーティングがサードパーティのカレンダーからスケジュールされていても、パーソナル会議室のミーティングで確認できます。 パーソナル会議室のミーティングは、次の方法でミーティングをスケジュールする場合でも、スケジュール済みの Webex ミーティングと同じように表示されます。 次の方法を使用する

  • Google カレンダー

  • Cisco Webex Meetings スケジューラ

  • Cisco Webex 生産性向上ツール

  • Cisco Meetings デスクトップ アプリ

コールバック プロンプトについては、Webex は お客様のWebex 言語設定を使用します。 詳細については、「Cisco Webex Meetings のモダン ビューで基本設定を行う」を参照してください。

[マイ パーソナル会議室] タブで、パーソナル会議室の名前を編集し、パーソナル会議室のリンクを表示し、主催者 PIN を編集し、パーソナル会議室を自動的にロックし、ほかの人がパーソナル会議室のミーティングを開催できるようにし、通知設定を変更することができます。 詳細については、「Cisco Webex Meetings のモダン ビューで、パーソナル会議室の基本設定を行う」を参照してください。

ミーティングをミーティングが開始してから 0 分を自動的にロックするように設定した場合、ビデオ デバイスではなく、Webex Meetings アプリからミーティングを開始するようにお勧めします。 ビデオ デバイスからミーティングを開始する場合、ミーティングのロックを解除することはできず、参加者を受け入れることはできません。 使用しているバージョンを確認するには、[Cisco Webex Meetings バージョン番号の確認] を参照してください。

[音声とビデオ] タブで、音声接続タイプおよび入室と退室トーンの設定を編集し、出席者に無料通話番号を表示するか、グローバルなコールイン番号を表示するか、およびビデオ システムの詳細を追加するかを選択することができます。 詳細については、「Cisco Webex Meetings のモダン ビューで、音声とビデオの基本設定を行う」を参照してください。

[スケジュール] タブでは、録画を自動的に共有することを許可し、他の主催者があなたに代わってミーティングをスケジュールすることを許可できます。 [ミーティング タイプ] および [スケジュール権限] を除くすべての設定は、モダン ビューでスケジュールされたミーティングにのみ適用されます。 詳細については、「Cisco Webex Meetings のモダン ビューで、スケジュールの基本設定を行う」を参照してください。

[録画] タブでは、新しい MP4 録画のために自動的に議事録を作成し、新しい MP4 録画の画面レイアウトを選択することができます。 詳細については、「Cisco Webex Meetings のモダン ビューで録画の基本設定を行う」を参照してください。

ミーティング主催者として、ダッシュボードの [Insights] から毎週のミーティング概要を表示できます。

Insights ページ

左のナビゲーション バーの [インサイト] を選択し、インサイト ページにアクセスできます。

[インサイト] ページで、主催したミーティング数、ミーティングの合計時間 (分)、ミーティング当たりの平均出席者数などを確認できます。

Insights

詳細については、「モダン ビューでの Webex Meetings Insights を表示」をご覧ください。

左のナビゲーション バーの [サポート] を選択し、Webex ヘルプ センターにアクセスできます。 ヘルプ記事を検索し、リリース ノートを表示し、チュートリアルを視聴し、サポート担当者に連絡できます。

カスタマイズされたサポートと連絡先情報は、Cisco Webex Control Hub 対応サイト、またはコントロール ハブにリンクされている Cisco Webex サイト管理対応サイトに対して表示される場合があります。 お客様のサイトの詳細についてはサイト管理者までお問い合わせください。

1

Cisco Webex サイトにサインインし、モダンビューで Webex サイトの右上にある自分の名前を選択し、[マイレポート] を選択します。


 

Webex プランによっては、 サイトで利用できる [マイ レポート] が表示されない場合があります。

2

生成するレポートを選択します。

  • 全サービス

    このリンクをクリックすると、Webex サービス のレポートが生成されます。

    音声に接続する参加者は、エクスポートされたレポートに 2 回表示されます。 最初のエントリには参加者に関する情報が含まれます。これには、招待されているかどうか、またはミーティングに登録されているかどうかなどの情報が含まれます。 2 番目のエントリには、[音声タイプ] 列の音声接続タイプが含まれます。


     

    参加者が複数の音声接続で参加した場合、または接続を変更した場合は、その数だけ音声接続のエントリが追加されます。

  • Access Anywhere

    このリンクをクリックすると、Access Anywhere のレポートが生成されます。
  • Webex Meetings

    このリンクをクリックすると、Webex Meetings のレポートが生成されます。
  • Webex Events (クラシック)

    このリンクをクリックすると、Webex Event (クラシック) のレポートが生成されます。
  • Webex Events (新規)このリンクをクリックすると、Webex Events (新) のレポートが生成されます。

  • Webex Support

    このリンクをクリックすると、Webex Support のレポートが生成されます。
  • Webex Training

  • このリンクをクリックすると、Webex Training のレポートが生成されます。
3

検索条件を指定し、[レポートの表示] を選択します。

4

リンクをクリックして、レポートの詳細を確認します。

5

カンマ区切り値 (CSV) 形式でレポートデータをエクスポートするには、[レポートのエクスポート] または [エクスポート] を選択します。

詳細については、「Cisco Webex モダン ビュー サポート マトリクス」を参照してください。 モダンビューの既知の問題は次の通りです。

音声とビデオの基本設定

音声接続タイプとして [その他の電話会議サービス] を選択していた場合 ([基本設定] > [音声とビデオ])、その設定は、[Webex パーソナル会議][基本設定][スケジューリング] でデフォルトの [ミーティング タイプ] として選択されている場合、Webex パーソナル会議室ミーティングには適用されません

スケジューリング設定

エンドツーエンド暗号化タイプが有効になっているミーティングのタイプを ([基本設定][スケジューリング] で) 選択していた場合、パーソナル会議室のミーティングはサポートされません。

予定されているアップデート

これらはアップデートされる制限と機能です。

  • 基本設定[音声とビデオ] タブと[スケジュール] タブで行った設定変更は、モダン ビューとクラシック ビューの両方に適用されます。 しかし、クラシック ビューで行った変更の設定は、モダン ビューには適用されません。

予定されているアップデートがありません

これらはアップデートされない制限と機能です。

  • 顧客タイプ-Meetings Server および Cisco Unified MeetingPlace サイト

  • Insight–FedRAMP 認定の Webex Meetings サイトは、ミーティングのインサイトをサポートせずに、これには毎週のミーティング reportタイルとインサイト ページが含まれます。

  • サイトの設定Cisco Webex Web アプリが無効になっているモダン ビューのサイトは、この設定を維持できなくなりました。 Web アプリを有効にすると、デバイス、プラットフォーム、またはオペレーティング システムに関係なく、モダン ビューのユーザーが会議に参加できるようになります。 モダン ビューのユーザーは、例外なく Web アプリにアクセスできます。

  • カスタム リンク – カスタム リンクは利用できませんが、サイト管理者は [サポート][ダウンロード] リンクをカスタマイズして、自分のページにリダイレクトすることができます。