Webex AssistantMeetings で利用できます。

41.5 のアップデートから、Events (新)ウェビナー モードが Webex Assistant に対応します。

41.7 のアップデートで、MeetingsEvents (新) に加えて、Webex アプリでも Webex Assistant を利用できるようになります。スペースから開始または参加したミーティングでは Webex Assistant はサポートされません。

政府版 Webex は Webex Assistant をサポートしていません。

この機能には、ビデオ システムから会議に参加できる Cisco Webex ビデオ プラット フォーム バージョン 2.0 が必要です。 使用しているバージョンを確認するには、「お使いの Cisco Webex Meetings のバージョン番号を確認する」を参照してください。

ミーティングの主催者は、ミーティング中に Webex Assistant をオンまたはオフにできます。 ミーティングの開始時、常に Webex Assistant をオンにする場合は、[スケジュール] 設定の [Webex Assistant] オプションをオンにします

1

Webex サイトで、左側のナビゲーションバーで [基本設定] をクリックします。

2

[スケジュール] タブを選択します。

3

[ミーティングハイライト、録画、議事録をミーティング参加者と自動的に共有し、また編集を許可する] チェックボックスをオンにします。

ミーティングまたはウェビナーが終了し、Webex Assistant が有効になった場合、ミーティングまたはウェビナーがハイライトし、録画、議事録がすべての出席者に送信されます。
一度に最大で 20 個の独立したハイライトを追加できます。

1

左ナビゲーション バーの [ミーティング] に移動し、次に、[完了済み] タブを選択します。

完了したミーティング
2

ハイライトを共有したいミーティングまたはウェビナーを見つけて選択します。


 

共有する前に、ミーティングまたはウェビナーの名前と録画の名前をわかりやすいものに変更したい場合は、[ミーティングの編集] をクリックし、変更を加えてから、[変更を保存] をクリックします。 [録画のトピックを新しいミーティングのトピックと一致させる] チェックボックスがオンになっていることを確認して、[はい] をクリックします。

3

共有したいハイライトのとなりのボックスをオンにします。

4

[ハイライトの共有]ハイライトを共有する を選択し、[参加者と招待者からユーザーを選択] をクリックします。

5

ミーティングまたはウェビナーのコンテンツを共有する各人の隣にあるチェックボックスをオンにして、[選択] をクリックします。

6

[共有] をクリックします。

1

左ナビゲーション バーの [ミーティング] に移動し、次に、[完了済み] タブを選択します。

2

共有したいミーティングまたはウェビナーを見つけて選択します。


 

共有する前に、ミーティングまたはウェビナーの名前と録画の名前をわかりやすいものに変更したい場合は、[ミーティングの編集] をクリックし、変更を加えてから、[変更を保存] をクリックします。 [録画のトピックを新しいミーティングのトピックと一致させる] チェックボックスがオンになっていることを確認して、[はい] をクリックします。

3

ミーティングまたはウェビナーのトピックの隣で、[ミーティングの共有] をクリックし、[メール] を選択します。

4

コンテンツを共有する相手の名前またはメールアドレスを入力します。

5

[権限] をクリックし、[ビューア] または [エディター] を選択して、各ユーザーがコンテンツを表示または編集できるかどうかを指定します。

6

[戻る] をクリックします。

7

(オプション) メールに含めるイントロメッセージを入力します。

8

[共有] をクリックします。

ミーティング後またはウェビナーのコンテンツを Webex アプリの既存のスペースに共有できるのは、バージョン 41.6 以降のサイトのみです。

1

左ナビゲーションバーの [ミーティング] に移動し、[過去] タブを選択します。

2

ミーティングまたはウェビナーを見つけて選択します。

共有する前に、ミーティングまたはウェビナーと録画の名前をわかりやすいものに変更したい場合は、[ミーティングの編集] をクリックし、変更を加えてから、[変更を保存] を選択します。 [録画のトピックを新しいミーティングのトピックと一致させる] チェックボックスがオンになっていることを確認して、[はい] をクリックします。
3

ミーティングまたはウェビナーのトピックの隣にある[ミーティングの共有] をクリックし、[Webex] を選択します。

4

ミーティングまたはウェビナーのコンテンツを共有するスペースの名前を検索バーに入力し、[共有] をクリックします。

ミーティング後またはウェビナーのコンテンツを Webex アプリの新しいスペースに共有できるのは、バージョン 41.6 以降のサイトのみです。

1

左ナビゲーションバーの [ミーティング] に移動し、[過去] タブを選択します。

2

ミーティングまたはウェビナーを見つけて選択します。

共有する前に、ミーティングまたはウェビナーの名前と録画の名前をわかりやすいものに変更したい場合は、[ミーティングの編集] をクリックし、変更を加えてから、[変更を保存] をクリックします。 [録画のトピックを新しいミーティングのトピックと一致させる] チェックボックスがオンになっていることを確認して、[はい] をクリックします。
3

ミーティングまたはウェビナーのトピックの隣にある[ミーティングの編集] をクリックし、[Webex] を選択します。

4

検索バーで入力を開始し、[スペースの作成] を選択します。

5

スペースに名前を付け、ユーザーを追加します。


 

[参加者と招待者からユーザーを選択] をクリックして、ミーティングまたはウェビナーの出席者を新しいスペースに追加します。

6

[共有] を選択します。

1

[ミーティング情報] ページで、 をタップします。

[ミーティング情報] ページへの移動方法については、「Webex Assistant によって作成されたミーティングおよびウェビナーをコンテンツの表示」を参照してください。


 

共有する前に、ミーティングまたはウェビナーと録画の名前をよりわかりやすいものに変更する場合は、ミーティングが編集します をタップし、変更を加えてから 変更を保存します をタップします。 [録画のトピックを新しいミーティングのトピックと一致させる] チェックボックスがオンになっていることを確認します。

2

ミーティングまたはウェビナーのコンテンツを共有する相手の名前またはメール アドレスを入力するか選択して、[共有] をタップします。


 

他のユーザーとのコンテンツ共有を終了するには、[ミーティングを共有する] をタップして、[権限] をタップします。 ユーザーの名前の隣にあるドロップダウン矢印をタップし、[削除] をタップし ます。

全員とのミーティングまたはウェビナーのコンテンツの共有を停止するには、[共有を停止] をタップします。 コンテンツを共有していたすべてのユーザーが、ミーティングまたはウェビナーのコンテンツにアクセスできなくなります。