ユーザーを Active Directory などのディレクトリから同期する場合、Control Hub にユーザーを手動で追加する際には、自分のディレクトリにも追加する必要があります。


ユーザーを追加する際に、名と姓には拡張 ASCII 文字または<,>:%、#、<、>、\、/、"を使用することはできず、最大文字数は 30 文字です。 また、名と姓の最初の文字に + 、 - 、 = 、 @ は使用できません。

始める前に

トライアル アカウントを作成するために自分のメール アドレスを使用したユーザーを追加しようとするとエラーが発生します。 組織に追加する前に、ユーザーが組織を削除してください。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [ユーザー] に移動し [ユーザーの管理] をクリックします。

2

[手動でユーザーを追加または変更する] を選択します。

3

(オプション)自動的にようこそメールを送信する場合には、[次へ] をクリックします。

4

いずれかを選択して、[次へ] をクリックします。

  • [メール アドレス] を選択し、最大 25 個のメール アドレスを入力します。
  • [名前とメール アドレス] を選択し、最大 25 個の名前とメール アドレスを入力します。

 

組織に変換できるユーザーを追加できます。

5

ライセンス契約:

  • アクティブなライセンス テンプレートがある場合は、新しいユーザーにライセンスが自動的に割り当てられ、ライセンスの概要を確認できます。
  • 割り当てるサービスを選択します。 複数の申請がある場合は、一覧から申請を選択します。


 

Contact Center のライセンスを割り当てる場合は、[Webex Teams] を選択し、次に [プレミアムとスタンダード エージェント] オプションを使用して [カスタマー ケア] を選択します。 スーパーバイザーを追加するには、[プレミアム][スーパーバイザー] の両方のオプションを選択します。 ユーザーはスーパーバイザーに指名しない限り、エージェントとして扱われます。

6

コンテンツ管理

  • エンタープライズ コンテンツ管理でグローバル アクセスを選択した場合、コンテンツ管理は自動的にユーザーに割り当てられます。
  • ユーザーごとにコンテンツ管理オプションを選択します。

7

[保存] をクリックします。

  • 参加するための招待メールが各ユーザーに送信されます。

  • Control Hub では、ユーザーが最初にサイン インするまでは、ユーザーは「招待保留中」の状態で表示されます。 ユーザーが最初にサインインした後にライセンスが割り当てられます。または、要求されたドメインで Cisco Directory Connector を使用する場合、ユーザーの作成時にライセンスが割り当てられます。

8

(オプション) Calling をユーザーに追加した場合、ロケーション、電話番号、内線を割り当てます。

9

処理されたレコードの要約ページを確認し、[完了] をクリックします。


 

通話ユーザーを追加した直後に、ユーザーの通話設定を選択する際にエラーが発生した場合は、Webex Calling のライセンスを削除してから、ユーザーにコール ライセンスを割り当て直すことをおすすめします。

次に行うこと

組織のユーザーに、管理者権限を付与することができます。

始める前に

組織に複数の CSV ファイルがある場合、1 つのファイルをアップロードし、タスクが完了したら、次のファイルをアップロードできます。

アジア太平洋地域 ( 日本、中国、香港を含む ) の顧客については、[発信者 ID] は [名] および [姓] フィールドから自動入力され、[発信者 ID の名] および [発信者 ID の姓] フィールドは、CSV アップロードで無視されます。


スプレッドシート エディターの中には、.csv を開くと + 記号が削除されるものがあります。 .csv を更新する際には、テキスト エディターを使用することをお勧めします。 スプレッドシート エディターを使用する場合には、セルの書式をテキストにして、削除された + 記号があれば戻すようにしてください。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [ユーザー] に移動し、[ユーザーの管理] をクリックして [CSV を追加するかユーザーを修正する] を選択します。

2

[エクスポート] をクリックしてファイルをダウンロードし、CSV ファイルの新規ラインにユーザー情報を入力できます。

  • サービスを割り当てるには、サービスの列に [TRUE] を追加します。サービスを除外するには、[FALSE] を追加します。 [ユーザー ID/電子メール (必須)] 列のみが必須フィールドです。 それぞれの新規ユーザーに特定のディレクトリおよび外線番号を割り当てる場合には、外線番号に他の文字を含めずに先頭の + だけを含めます。

    アクティブなライセンス テンプレートがある場合は、すべてのサービス列を空白のままにしておけば、その行に新しいユーザーのテンプレートが自動的に割り当てられます。


     

    エンタープライズ コンテンツ管理の権限を、ライセンス テンプレートを使用しているユーザーに割り当てることはできません。詳細については、「Cisco Webex Control Hub でエンタープライズ コンテンツ管理を設定する」を参照してください。

  • ロケーションを割り当てるには、[ロケーション] カラムに名前を入力します。 このフィールドを空白にしておくと、ユーザーはデフォルトの場所に割り当てられます。

  • Cisco Webex Contact Center のスーパーバイザーとしてユーザーを追加する場合は、ユーザーを手動で追加する必要があります。 標準とプレミアムの役割は、CSV でのみ割り当てることができます。

 

ユーザー名を入力する際には、姓が含まれていることを確認してください。そうしなければ、問題が発生する可能性があります。

3

[インポート] をクリックし、自分のファイルを選択して [開く] をクリックします。

4

[サービスのみ追加] または [サービスの追加および削除] のいずれかを選択します。

アクティブなライセンス テンプレートがある場合は、[サービスのみ追加] を選択します。

5

[送信] をクリックします。

CSV ファイルがアップロードされ、タスクが作成されます。 ブラウザーまたはこのウィンドウを閉じると、タスクが引き続き実行されます。 タスクの進行状況を確認するには、「Cisco Webex Control Hub でのタスクの管理」をご覧ください。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [ユーザー] に移動します。

2

ユーザーを選択し、[サービス] > [ライセンスの編集] をクリックします

3

複数の申請がある場合は、一覧から申請を選択します。

4

追加または削除するサービスを選択し、[次へ] をクリックします。

5

Webex Meetings ライセンスを割り当てた場合、各 Webex Meetings サイトに対してユーザーを割り当てるアカウントを選択し、[保存] をクリックします。


 

出席者としてユーザーを割り当てるには、Webex サイトで出席者アカウント機能が有効になっている必要があります。 CSV ファイルに [出席者アカウント] 列が表示されない場合は、 カスタマー サクセス マネージャー (CSM)、パートナー サクセス マネージャー (PSM)、または Cisco テクニカル アシスタンス センター (TAC) に連絡して、Webex サイトでこの機能を有効にしてください。

Webex サイト管理者ロールを持つユーザーは出席者アカウント タイプを利用できません。 これらのユーザーに出席者アカウントを割り当てるには、Webex Meetings サイトの管理者権限をユーザーから削除する必要があります。


 

通話ライセンスを追加した直後に、ユーザーの通話設定の選択時にエラーが発生した場合は、Webex Calling のライセンスを削除してから、ユーザーにライセンスを割り当て直すことをおすすめします。

始める前に

組織に複数の CSV ファイルがある場合、1 つのファイルをアップロードし、タスクが完了したら、次のファイルをアップロードできます。

ユーザーを削除したり、CSV テンプレートでユーザーに割り当てられているロケーションを変更したりすることはできません。


スプレッドシート エディターの中には、.csv を開くと + 記号が削除されるものがあります。 .csv を更新する際には、テキスト エディターを使用することをお勧めします。 スプレッドシート エディターを使用する場合には、セルの書式をテキストにして、削除された + 記号があれば戻すようにしてください。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [ユーザー] に移動し、[ユーザーの管理] をクリックして [CSV を追加するかユーザーを修正する] を選択します。

2

(オプション)自動的にようこそメールを送信する場合には、[次へ] をクリックします。

3

[エクスポート] をクリックして、ファイルをダウンロードします。 以下のいずれかの方法で、ダウンロードしたファイル (exported_users.csv) を編集できます。

  • 既存のユーザーを変更するには、[ユーザー ID/電子メール] (必須)[ロケーション] 以外の列を更新できます。 たとえば、[ユーザー ID/電子メール] を変更すると、新しいユーザーが作成されます。

  • ロケーションを割り当てるには、[ロケーション] カラムに名前を入力します。 このフィールドを空白にしておくと、ユーザーはデフォルトの場所に割り当てられます。

  • サービスを割り当てるには、サービスの列に [TRUE] を追加します。サービスを除外するには、[FALSE] を追加します。

  • 複数のサブスクリプションがある場合、列見出しのサブスクリプション ID を使用して、追加するサービスを識別します。 たとえば、同じサービスの 2 つのサブスクリプションがある場合は、ユーザーに適用される特定のサブスクリプションからサービスを指定できます。

4

特定のユーザーに対してコールが発生する方法を変更する場合は、[通話動作] 列に値を入力します。 以下のオプションのいずれかを入力できます。各設定の詳細については、「Webex Calling の動作設定する」を参照してください。

  • USE_ORG_SETTINGS - 組織全体の設定を使用するには、この文字列を入力します。

  • NATIVE_WEBEX_EAMS_CALLING - [Webex Teams で通話] オプションを使用するには、この文字列を入力します。

  • CALL_WITH_APP_REGISTERED_FOR_WEBEXCALLTEL - [Webex Calling アプリ] オプションを使用するには、この文字列を入力します。

5

[発信者 ID 番号][発信者 ID 名][発信者 ID の姓] を入力します。 [発信者 ID 番号][発信者 ID の名]、および [発信者 ID の姓] 列が空欄の場合、ユーザーが発信する [名][姓][電話番号] 列の内容が表示されます。 発信者 ID 番号を空白にした場合、ユーザーが発信すると、ロケーションの代表番号が表示されます。


 

[発信者 IDの 名] および [発信者 ID の姓] 列に特殊文字を使用することはできません。 [発信者 ID 名] または [発信者 ID 姓] に特殊文字が含まれている場合、名前の簡素化されたバージョンが使用されます。

6

CSV ファイルを保存した後で、[インポート] をクリックして、変更したファイルを選択し、[開く] をクリックします。

7

[サービスのみ追加のみ] または [サービスの追加および削除] のいずれかを選択し、[提出] をクリックします。


 

ユーザーは 2 つの通話ライセンスを保有できないため、組織が複数のサブスクリプションを保有し、ユーザーを新しいサブスクリプションに移動する場合は、[サービスの追加と削除] オプションを選択します。 サービスを追加するには、セルを TRUE に設定し、これらのセルを FALSE に設定してサービスを削除します。

CSV ファイルがアップロードされ、タスクが作成されます。 ブラウザーまたはこのウィンドウを閉じると、タスクが引き続き実行されます。 タスクの進行状況を確認するには、「Cisco Webex Control Hub でのタスクの管理」をご覧ください。

管理者招待メールを抑制しない場合、新規ユーザーはアクティベーション メールを受信します。

随時ユーザーのデバイスに番号、内線番号、または両方を割り当てることができます。 割り当てられた内線は、電話のディスプレイに表示されます。

複数の電話番号が同じ電話に着信するように、代替番号を構成することもできます。 各番号に異なる呼出音を指定して、どの回線が呼び出されているかを区別することができます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ユーザー] にアクセスし、番号の割り当て先を選択します。

2

[通話] をクリックし、[番号の追加] をクリックします。

3

利用可能な電話番号のリストから番号を選択します。 拡張機能を割り当てるオプションもあります。

すでにユーザーに番号が割り当てられている場合は、ユーザーに追加された番号は代替番号として追加されます。 1 人のユーザーに最大 10 個の代替番号を追加できます。

4

(オプション) 特定の電話番号からの着信を識別するために、特徴的な着信パターンを割り当てることができます。 有効にするには、[着信音パターンの区別] の下のトグルをクリックします。

5

[保存] をクリックします。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから、[ユーザー] に移動し、[ステータス] 列をフィルタリングして、[招待保留中] ステータスになっている人を表示します。

2

[アクション] の下で、[招待保留中] ステータスになっている人について、[詳細] >[招待の再送信] を選択します。

組織でディレクトリ同期化を使用している場合には、Control Hub で削除オプションを使用することは使用できません。ユーザー アカウントを Active Directory から削除しておく必要があります。 また、ユーザーアカウント情報が同期された際、Cisco Directory Connector は、組織のユーザーリストを更新します。

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ユーザー] に移動して、さらに ボタンをクリックしてから [ユーザーの削除] をクリックします。

ユーザーは Webex サイトにサインインできなくなり、割り当てられていた Webex サービスは削除されます。また、参加しているスペースやチームから削除されます。 スペースで作成したコンテンツは削除されません。コンテンツには、各スペース所有者が実装した保持に関するポリシーが適用されます。

ユーザーを無効化して、Webex Calling のサービスを含む Webex サービスを停止することができます。 ユーザーの削除とは対照的に、ユーザーの無効化では、ユーザーはユーザー リストに残るため、必要に応じていつでも再有効化できます。

1

https://admin.webex.com/ の顧客ビューから [ユーザー] に移動します。

2

[その他] ボタンをクリックします。

3

[ユーザーを無効化] をクリックします。

このユーザーに対して、Webex サービス (Webex Calling サービスなど) が無効化されました。

無効化されると、Webex アプリと Webex Calling アプリのユーザーは両方ともセッションからサインアウトされます。 https://settings.webex.com/ および Control Hub へのすべてのユーザー アクセスが許可されなくなります。 管理者がユーザーに対してコール インターセプトを有効にしない限り、MPP 電話は、短時間の発信および着信通話を引き続きサポートします。 コール インターセプトの詳細については、「Cisco Control Hub の Webex Calling のためにユーザーのコール インターセプトを構成する」を参照してください。

別の権限レベルを持つ顧客管理者を設定できます。 それらの管理者として、フル管理者、サポート管理者、読み取り専用管理者またはコンプライアンス オフィサーなどを設定できます。 フル管理者権限があれば、1 つまたは複数のロールを組織のユーザーに割り当てられます。


ユーザーおよびデバイス管理者を、またはデバイス管理者ロールを割り当てた人は、Webex Calling を管理することはできません。

Control Hub では、異なる権限レベルについて情報を得た上で、顧客管理者を設定できます。 顧客管理者としては、フル管理者、サポート管理者、ユーザーおよびデバイスの管理者、デバイス管理者、読み取り専用管理者、またはコンプライアンス オフィサーがあり得ます。 フル管理者権限があれば、1 つまたは複数のロールを組織のユーザーに割り当てられます。

通常、1 組織に対して複数の管理者を設けるのがよいでしょう。 それはベスト プラクティスで、管理者の 1 人が使用できない場合、いつでも管理的な変更を行うことができます。

組織のユーザーには、特定の管理ロールを割り当てて、表示できるもの、および Control Hub にアクセスできるかどうかを判断できます。 管理者の特定の役割を割り当てるときには、管理者の責任を合理化して、その責任を負いやすくしてください。 コンプライアンス担当者は、社内の特定のユーザーを検索し、彼らが共有したコンテンツを検索するか、特定のスペースを検索して、検索結果のレポートを生成することができます。


1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [ユーザー] に移動し、ユーザーを選択します。

2

[ロールとセキュリティ] の下で、 [管理者ロール] または [サービスアクセス] をクリックします。

3

そのユーザーに割り当てるロールを選択します。

ユーザーを Webex サイト管理者として指定するには、 [Webex サイト管理者ロール] のとなりにある [編集] をクリックし、 ユーザーが管理する各 Webex サイトのロールを選択します。

4

[保存] を選択します。