Webex Edge Audio の概要

Edge Audio は、エンタープライズ内で発信された通話が社内ネットワークからインターネットや Webex Edge Connect を経由し、クラウドにつながる音声ソリューションです。 同様に、ミーティング中に Webex から開始される通話も インターネットまたは Webex Edge Connect を通してルーティングされ、オンプレミス音声ルーティングを活用します。

Edge Audio を使用した Cisco Unified Border Element (CUBE) は、vCUBE、および CUBE バージョン 16.12.2 以降を実行しているすべての ASR および ISR プラットフォームに対応しています。

CUBE および Cisco Webex Edge Connect での Edge Audio の展開

上の画像は、Webex Edge Connect で CUBE を使用した一般的な Edge Audio の展開を示しています。 Edge Audio 通話は、Unified CM から CUBE を通じて Webex クラウドにルーティングされます。


Edge Audio には専用の CUBE を使用することをおすすめします。

この展開では、以下の点に注意してください。

  1. 推奨されたポートを開きます。

  2. パブリック IP アドレスを持つスタティック NAT。

  3. 推奨される Webex のセキュアな構成を適用します。

  4. 企業に応じて、安全または安全でない信号とメディア。

Edge Connect なしの CUBE を使用した Edge Audio の展開

上の画像は、この構成で CUBE がインターネットに直接接続する方法を示しています。


コールをルーティングするためにインターネットを使用する場合、CUBE は DMZ 内にある必要があります。

内部ファイアウォールのシグナリング ポート 5061 を開いて、CUBE と Unified CM 間の安全な接続を許可します。 CUBE の内部メディア ポート範囲に基づいてメディア ポートを開く必要があります。

この展開では、以下の点に注意してください。

  1. 推奨されたポートを開きます。

  2. パブリック IP アドレスを持つスタティック NAT。

  3. 推奨される Webex のセキュアな構成を適用します。

  4. 企業に応じて、安全または安全ではない接続。

  5. CUBE の内部インターフェイス メディア ポート範囲に基づいて、信号とメディア ポートを開きます。

このガイドでは、Edge Audio のネットワーク コンポーネントを構成する方法について説明します。 エンタープライズ (ダイヤルイン) から Webex クラウドに向かう通話の設定と、Webex から開始されたコールバック通話の処理が含まれます。

Edge Audio を設定するには、ダイヤルイン番号や Lua 正規化スクリプトなど、Cisco Webex サイトの管理または Cisco Webex Control Hub から必要なダイヤルイン情報を得る必要があります。 この情報を使用して、ユーザーが Webex サービスにダイヤルインするのに使用するダイヤルイン番号をセットアップします。


Edge Audio は、この記事で説明されているサイト リンク プロセスをサポートしています。

Edge Audio を使用している Webex サイトの移行に関する考慮事項

Webex サイトを移行する場合、常に以下を行ってください。

  • 新しい Lua スクリプトを生成します。 その後、Edge Audio の設定で使用するたび、古い Lua スクリプトを新しいスクリプトに置き換えます。


    Webex サイトを移行する場合は、Lua スクリプトを再使用しないでください。

  • 古いサイトを削除する前に、すべての国、内線、CUBE DNS SRV を[音声設定] から保存します。

Edge Audio を使用している Lua Script

Edge Audio はグローバル サービスです。 Webex 番号を使用して Webex クラウドに通話をルーティングするには、Unified CM でコール ルーティング ルールを指定する必要があります。 カスタム ダイヤルイン番号を定義して、Edge Audio で特定の国のダイヤル コードと料金タイプに通話をルーティングすることもできます。 カスタム ダイヤルイン番号は PSTN 経由でアクセス可能でなければならず、クラウド接続音声サービス プロバイダー (CCA-SP) の顧客はサポートされていません。

Unified CM でトランクを作成し、適切なルーティングを維持するために、Lua の正規化スクリプトも必要です。 Webex サイトの管理または Control Hub から、Lua スクリプトとすべての電話番号 (自分のカスタム番号、および許可する Webex の所有する番号) にアクセスできます。

Lua スクリプトにより次の通話の翻訳が可能です。

  • 要求 URI のホストの一部を更新して、CUBE が通話を Edge Audio にルーティングできるようにします。

  • パラメータ x-cisco-site-uuid を Webex サイトを参照した要求 URI に追加します。

  • Edge Audio に必要なSIP To ヘッダー ユーザー部分を更新します。

カスタム ダイヤルイン番号の考慮事項

エンタープライズや PSTN からアクセス可能なカスタム ダイヤルイン番号を追加できます。 エンタープライズ内の発信者は、Edge Audio パスを通して直接番号を使用できます。 CUBE を使用した展開の場合、パスは Unified CM、CUBE を通じて、Webex Edge Connect またはインターネットを通過し、Webex クラウドに渡されます。

図 1. PSTN で利用できるカスタム ダイヤルイン番号のあるコール パス
カスタム ダイヤルイン番号コール パス

PSTN からアクセス可能なカスタム番号を作成すると、ネットワーク外の発信者はその番号を使用して、PSTN から Edge Audio パスに発信できます。 パスはセッション ボーダー コントローラーから Unified CM に渡され、CUBE を通じて Webex Edge Connect またはインターネットを通過し、Webex クラウドに渡されます。

カスタム番号がエンタープライズ内でのみ利用可能な場合、ネットワーク外のユーザーはどのコール パスであっても、その番号を使用して Webex Audio にコールインすることはできません。

サイトで最大 100 のカスタム ダイヤルイン番号を有効にすることができます。 カスタム番号は、1 つの Webex サイトに固有でなければなりません。 展開に複数の Webex サイトがある場合、2 つ以上の Webex サイトで同じカスタム番号を使用することはできません。

設定した各番号は、Unified CM の SIP 正規化 (Lua) スクリプトの命令数とメモリ使用量に影響します。 スクリプトのデフォルトは、1000 の命令と 50 キロバイトのメモリしきい値です。 Edge Audio をセットアップすると、Unified CM の Lua 命令のしきい値が 3000 に、メモリしきい値が 200 キロバイトに増加します。

Edge Audio コールインのタスク フローをセットアップする

ステップ

説明

セクション

1

展開のためのダイヤルイン番号と Lua スクリプトを取得します。

Webex サイトの管理からダイヤルイン設定を構成し、Lua スクリプトをエクスポートする

または

Control Hub からダイヤルイン設定を構成し、Lua スクリプトをエクスポートする

2

Unified CM をセットアップします。

Unified CM 構成のタスク フローをセットアップする

3

専用 CUBE をセットアップします。

Edge Audio の CUBE のタスク フローをセットアップする

この図は、タスク フローの詳細なビューを示します。 これらのタスクは、このガイドの後半で説明します。

CUBE 展開タスクフロー

Webex サイトの管理からダイヤルイン設定を構成し、Lua スクリプトをエクスポートする

Webex サイトの管理で Webex サイトを管理している場合やサイト リンク プロセスを完了している場合は、以下の手順を使用します。 ダイヤルイン設定を構成し、ダイヤルイン番号の完全なリストを収集し、Lua スクリプトのコピーをエクスポートします。


許可されている Webex コールイン番号またはカスタム コールイン番号を変更する場合、Unified CM で Lua スクリプトを更新します。

1

Webex サイト管理にサインインし、[構成] > [共通サイト設定] > [音声設定] を選択します。

2

[許可されたコールイン番号] セクションで、Webex が提供するグローバル コールイン番号のうち、主催者と参加者がミーティングへのコールインに使用できる番号を選択します。

  1. 有料または無料の国際コールイン番号を主催者と参加者が使用できないようにするには、ボックスのチェックを外して無効にします。

  2. 変更が完了したら、[保存] をクリックします。

3

カスタムのダイヤルイン番号がある場合には、[Edge Audio カスタム国際コールイン番号] セクションで追加します。 これらは組織が所有する番号で、発信者は特定の国または地域からコールインできます。


 

最大 100 件のカスタム番号を追加することができます。 各カスタム番号は、単一の Webex サイトに固有のものでなければなりません。

  1. ドロップダウン メニューから、国または地域と、料金タイプを選択します。

  2. 国または地域コードの後に数字で番号を入力します。 括弧、ダッシュ、またはドットを入力して、番号の表示方法を変更することもできます。 32 桁まで入力できます。

  3. オプションで、自動生成された電話ラベルを変更または置換します。

  4. [保存] をクリックして、コールイン番号リストにエントリを追加します。

4

番号の追加を完了した後は、[プレビュー] をクリックして、許可されるコールイン番号を確認します。 すべての電話番号を別のファイルに記録しておきます。


 

Unified CM でセットアップするルート パターン設定には、これらの番号が必要です。

5

[Lua スクリプトの生成] をクリックし、[エクスポート] を選択します。

Lua スクリプトは、お使いのコンピューターに .lua 形式で保存されます。

6

[サイトのデフォルト グローバル コールイン番号] セクションで、サイトのグローバル デフォルト値として使用するダイヤルイン番号を 2 つまで選択します。

  1. [デフォルトのコールイン番号を指定する] チェック ボックスをオンにします。

  2. 左側のリストからコールインのオプションを選択し、[追加 >] をクリックします。

    [上へ] および [下へ] ボタンでデフォルトのコールイン番号を整理できます。


     

    [許可されたコールイン番号] セクションで Webex のデフォルトの有料番号を無効にした場合は、このセクションで少なくとも 1 つの有料番号オプションを選択する必要があります。

  3. [保存] をクリックします。


     

    変更がクライアントに送信されるのに最大で 30 分かかります。

7

デフォルトとして主催者の使用する番号を無効化または削除したときに、影響を受ける主催者に Webex から通知するかどうかを[通知] セクションで決定します。

オンにしている場合、Webex は影響を受ける主催者に 24 時間以内にメールを送信して、既存のミーティング、および無効化または削除された番号を使用するデフォルトの基本設定を更新するように知らせます。

次に行うこと

変更は、保存するとすぐに Webex 側で有効になります。 ただし、更新された Lua スクリプトを Unified CM に適用して、コール ルーティングを更新する必要があります。

Control Hub からダイヤルイン設定を構成し、Lua スクリプトをエクスポートする

Control Hub で Webex サイトを管理する場合、以下の手順を使用します。 ダイヤルイン設定を構成し、ダイヤルイン番号の完全なリストを収集し、Lua スクリプトのコピーをエクスポートします。


許可されている Webex コールイン番号またはカスタム コールイン番号を変更する場合、Unified CM で Lua スクリプトを更新します。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] から [サイト] を選択します。

2

Edge Audio を使用して設定するサイトを選択し、[サイトの設定] を選択します。

3

[共通設定] > [音声設定] の順に選択します。

4

[許可されたコールイン番号] セクションで、Webex が提供するグローバル コールイン番号のうち、主催者と参加者がミーティングへのコールインに使用できる番号を選択します。

  1. 有料または無料の国際コールイン番号を主催者と参加者が使用できないようにするには、ボックスのチェックを外して無効にします。

  2. 変更が完了したら、[保存] をクリックします。

5

カスタムのダイヤルイン番号がある場合には、[Edge Audio カスタム国際コールイン番号] セクションで追加します。 これらは組織が所有する番号で、発信者は特定の国または地域からコールインできます。


 

最大 100 件のカスタム番号を追加することができます。 各カスタム番号は、単一の Webex サイトに固有のものでなければなりません。

  1. ドロップダウン メニューから、国または地域と、料金タイプを選択します。

  2. 国または地域コードの後に数字で番号を入力します。 括弧、ダッシュ、またはドットを入力して、番号の表示方法を変更することもできます。 32 桁まで入力できます。

  3. オプションで、自動生成された電話ラベルを変更または置換します。

  4. [保存] をクリックして、コールイン番号リストにエントリを追加します。

6

番号の追加を完了した後は、[プレビュー] をクリックして、許可されるコールイン番号を確認します。 すべての電話番号を別のファイルに記録しておきます。


 

Unified CM でセットアップするルート パターン設定には、これらの番号が必要です。

7

[Lua スクリプトの生成] をクリックし、[エクスポート] を選択します。

Lua スクリプトは、お使いのコンピューターに .lua 形式で保存されます。

8

[サイトのデフォルト グローバル コールイン番号] セクションで、サイトのグローバル デフォルト値として使用するダイヤルイン番号を 2 つまで選択します。

  1. [デフォルトのコールイン番号を指定する] チェック ボックスをオンにします。

  2. 左側のリストからコールインのオプションを選択し、[追加 >] をクリックします。

    [上へ] および [下へ] ボタンでデフォルトのコールイン番号を整理できます。


     

    [許可されたコールイン番号] セクションで Webex のデフォルトの有料番号を無効にした場合は、このセクションで少なくとも 1 つの有料番号オプションを選択する必要があります。

  3. [保存] をクリックします。


     

    変更がクライアントに送信されるのに最大で 30 分かかります。

9

デフォルトとして主催者の使用する番号を無効化または削除したときに、影響を受ける主催者に Webex から通知するかどうかを[通知] セクションで決定します。

オンにしている場合、Webex は影響を受ける主催者に 24 時間以内にメールを送信して、既存のミーティング、および無効化または削除された番号を使用するデフォルトの基本設定を更新するように知らせます。

次に行うこと

変更は、保存するとすぐに Webex 側で有効になります。 ただし、更新された Lua スクリプトを Unified CM に適用して、コール ルーティングを更新する必要があります。

Unified CM 構成のタスク フローをセットアップする

エンタープライズから Webex クラウドに通話をルーティングするには、Unified CM 管理でルーティング ルールとトランクをセットアップします。 次はこの設定の高レベルな手順です。

ステップ

説明

セクション

1

Webex Lua スクリプトを使用して SIP 正規化スクリプトを作成します。

Webex Lua スクリプトを使用して SIP 正規化スクリプトを作成する

2

(オプション) アーリー オファー サポートを使用するために、SIP プロファイルを作成または更新します。

(オプション) 音声通話とビデオ通話に対するアーリー オファーのサポートを設定する

3

SIP トランクのセキュリティ プロファイルを作成します。

SIP トランク セキュリティ プロファイルを作成する

4

(オプション) G.722 コーデックのサポートを追加します。

(オプション) G.722 コーデックのサポートを追加する

5

Unified CM と CUBE の間の新しいトランクを作成します

Unified CM と CUBE の間の新しいトランクを作成する

6

ルート グループを作成します。

ルート グループを作成する

7

ルート リストを作成します。

ルート リストを作成する

8

ルート パターンを作成します。

ルート パターンを作成する

Webex Lua スクリプトを使用して SIP 正規化スクリプトを作成する

Webex サイト管理または Control Hub からエクスポートした Lua スクリプトを使用して、新しい SIP 正規化スクリプトを Unified CM で作成します。

始める前に

後のステップで音声クラスの URI を設定する場合、Lua スクリプトから URI ホスト アドレスが必要になります。 今すぐメモするか、このステップを完了するまで Lua スクリプトを保持してください。 URI ホスト アドレスは、 Update To header セクションから選択します。
   -- Update To header with CCAX URL
    local oldTo1 = msg:getHeader("To")
    local newTo1 = string.gsub(oldTo1, "<sip:(.+)@(.*)>", "<sip:%1@ecccx.<your_region>.webex.com>")
    msg:modifyHeader("To", newTo1)

1

[Unified CM 管理] から、[デバイス] > [デバイス設定] > [SIP 正規化スクリプト] の順に移動します。

2

[新規追加] を選択して、新しい SIP 正規化スクリプトを作成します。

3

スクリプトを明確に識別できる名前を付けます (例: your_site_name_webex_edge_audio)。

4

[ファイルのインポート] を選択して、以前エクスポートした Lua スクリプトを選択します。

Lua スクリプトがインポートされた後、Lua スクリプトに基づいて [コンテンツ] が更新されます。

5

[メモリしきい値]200 に設定します。

6

[Lua 指示しきい値]3000 に設定します。

7

[保存] をクリックします。

次に行うこと

この SIP 正規化スクリプトをユーザーの Unified CM と CUBE の間のトランクに適用します。

(オプション) 音声通話とビデオ通話に対するアーリー オファーのサポートを設定する

Edge Audio のアーリー オファー サポートを使用することをおおすすめしますが、Edge Audio では必要ではありません。 Edge Audio では、ディレイド オファーもサポートしています。

Unified CM 管理設定に SIP プロファイルが含まれていない場合、これらの手順を使用して作成します。

アーリー オファー サポートの既存の SIP プロファイルがある場合、この目的で再使用を試みることができます。 この手順のステップ 4~6 の設定と一致する必要があります。

1

[Unified CM 管理] から、[デバイス] > [デバイスの設定] > [SIP プロファイル] の順に移動して、[検索] を選択します。

2

[Cisco VCS の標準 SIP プロファイル] を選択します。

3

[コピー] を選択します。

4

新しいバージョンを識別するために [名前] を変更します。 例えば、名前に EO_Profile を追加します。

5

[iX アプリケーションメディアを許可する] チェックボックスをオフにします。

6

音声通話とビデオ コールに対する早期オファーのサポートベストエフォート (MTP は挿入されない) に設定します。

7

SIP プロファイルを保存します。

SIP トランク セキュリティ プロファイルを作成する

1

[Cisco Unified CM 管理] から、[システム] > [セキュリティ] > [SIP トランク セキュリティ プロファイル] の順に選択して、[新規追加] をクリックします。

2

SIP トランク セキュリティ プロファイルの名前を指定します。

3

展開のニーズに基づいて、[デバイスのセキュリティ モード][暗号化] または [非セキュア] に設定します。

4

他のエントリと競合しない [着信ポート] のポート値を入力します。

5

プロファイルを保存します。

(オプション) G.722 コーデックのサポートを追加する

Edge Audio は G.722 コーデックをサポートしています。 Edge Audio の Unified CM で G.722 コーデックを設定する必要はありません。 しかし、G.722 は他のコーデックより帯域幅が少ないため、設定すると展開のサービス品質が向上する場合があります。


Webex は、G.722、G.711a、G.711μ 音声コーデックに対応しています。 しかし、Webex は Music On Hold (MOH) などのコーデックの mid call の再ネゴシエーションには対応していません。

1

[Unified CM 管理] から、[システム] > [エンタープライズ パラメータ] の順に移動します。

2

[G.722 コーデックを公開する][有効] を選択し、変更を保存します。

3

[システム] > [リージョン情報] > [リージョン] の順に進み、[新規追加] をクリックします。

4

リージョンに名前を付けて、変更を保存します。

5

[音声コーデック基本設定リスト][工場出荷時のデフォルトのロス] を選択します。

6

[最大音声ビット レート][64 kbps] (G.722、G.711) を選択します。

7

変更を保存します。

次に行うこと


新しいリージョンを Edge Audio のデバイス プールに適用します。

Unified CM と CUBE の間の新しいトランクを作成します。


Edge Audio に使用する新しいトランクを作成します。 既存のトランクは変更しないでください。

1

[Cisco Unified CM 管理] から、[デバイス] > [トランク] の順にアクセスして、[新規追加] を選択します。

2

[トランク タイプ] について、[SIP トランク] を選択し、[次へ] を選択します。

3

デバイス名を入力します。

4

[宛先] の下で、CUBE[宛先アドレス][宛先ポート] を入力します。


 

セキュアでないトランクに対してポート 5060、セキュアなトランクに対してポート 5061 を使用します。

5

SIP トランク セキュリティ プロファイル[SIP トランク セキュリティ プロファイルの作成] タスクで作成したトランクに設定します。


 

Unified CM と CUBE の間で、セキュアな TLS トランクを 1 つのみ使用できます。 詳細については、「宛先への断続的な通話が TLS トランク経由でフェイルする (CSCus63305)」を参照してください。 別の TLS トランクが存在した場合、ここで CUBE で TCP トランクを設定することが必要になります。

6

[SIP プロファイル] を、「(オプション) 音声通話とビデオ通話に対するアーリー オファーのサポートを設定する」タスクで作成した SIP プロファイルに設定します。

7

DTMF 信号方式に対して、RFC 2833 を選択してください。

8

[正規化スクリプト] の場合、「Webex LUA スクリプトを使用して SIP 正規化スクリプトを作成する」のタスクで作成した正規化スクリプトを選択します。

9

トランクを保存します。


 

デバイス プール、メディア リソース グループ リスト、ロケーション、通話検索スペース、通話分類などのその他の設定の場合、展開に適切な設定を割り当てます。 エンタープライズ ポリシーとサービスに基づいて設定を割り当てます。

ルート グループを作成する

1

[Cisco Unified CM 管理] から、[コール ルーティング] > [ルート/ハント] > [ルート グループ] の順に移動します。

2

[新規追加] を選択します。

3

ルート グループ名を指定します。

4

[使用可能なデバイス] について、作成した Edge Audio トランクを選択します。

5

[ルート グループを追加] を選択します。

6

ルート グループを保存します。

ルート リストを作成する

1

[Cisco Unified CM 管理] から、[コール ルーティング] > [ルート/ハント] > [ルート リスト] の順に移動します。

2

[新規追加] を選択します。

3

ルート リストに名前を付けて、宛先を指定します。

4

[Cisco Unified Communications Manager グループ] について、設定に適切な値を選択し、変更を保存します。

5

[ルート リスト メンバー情報] の下で、[ルート グループに追加] を選択し、作成したルート グループを選択します。

6

ルート リストを保存します。

ルート パターンを作成する

以前に保存した電話番号をセットアップする必要があります。 これらは、 Webex ミーティングを開始して参加するためにユーザーがダイヤルする番号です。

これらの番号には、Edge Audio で接続されるすべての番号の候補が含まれます。 構成、国、またはリージョンに応じて、すべての番号のルート パターンを作成したくない場合があります。


電話番号をルート パターンで設定しない場合は、その番号への通話は PSTN または CCA-SP パートナー ネットワーク経由でルーティングされます。

1

[Cisco Unified CM 管理] から、[コール ルーティング] > [ルート/ハント] > [ルート パターン] の順に進み、[新規追加] を選択します。

2

[ルート パターン] で、ユーザーが Webex ミーティングにダイヤルインする電話番号を入力します。


 

ダイヤルアウトに使用されるエスケープ コードまたはプレフィックスを削除します。 電話番号は、先頭にプラス記号が付いているか付いていない、完全修飾の E.164 形式で送信されます。

3

[ゲートウェイ/ルート リスト] の場合、前のタスクで作成されたルート リストを選択します。

4

変更を保存します。

5

前に保存した残りの各電話番号に対して、これらの手順を繰り返します。

これで、Unified CM 設定により選択された番号の通話が CUBE にルーティングされるようになります。

Edge Audio の CUBE のタスク フローをセットアップする

Edge Audio の CUBE のセットアップには、次の作業が必要です。

  • Cisco IOS CLI ベースの設定への理解

  • CUBE 設定への理解

  • 適切な CUBE ライセンス

以下は、Edge Audio の CUBE を設定するための大まかな手順です。

ステップ

説明

セクション

1

CUBE に必要なグローバル設定を行います。

Edge Audio の CUBE グローバル設定

2

Edge Audio で使用するテナントを作成します。

テナントを作成する

3

音声セキュア プロファイルを作成します。

内線コールバックを使用しない場合、代わりにダイヤル ピアを作成できます。

Edge Audio のダイヤル ピア

Edge Audio の CUBE グローバル設定

CUBE をセットアップして Edge Audio 通話を宛先にルーティングするには、以下の変更が必要です。

ステップ

説明

セクション

1

信頼できるアドレス リストで音声サービス VoIP の設定を行います。

音声サービス VoIP を設定する

2

SIP-UA を設定して TLS v1.2 のみを受け入れるようにします。

SIP-UA をセットアップする

3

許可されたコーデックで音声クラスをセットアップします。

音声クラス コーデックをセットアップする

4

音声クラスに必要な SIP プロファイルを作成します。

音声クラス SIP プロファイルをセットアップする

5

音声クラス URI に一致するパターンを設定します。

音声クラス URI をセットアップする

6

音声クラスのための SRTP 暗号化をセットアップします。

音声クラス SRTP 暗号化スイートをセットアップする

7

TCP の最大セグメント サイズを設定します。

TCP の最大セグメント サイズをセットアップする

音声サービス VoIP を設定する

CUBE のセキュリティを確保するには、[音声サービス VoIP モード][IP アドレス信頼リスト] を有効にします。 Webex からの通話のみを受け付けるために、すべての Webex IP アドレス範囲をリストアップします。 Unified CM からの通話を許可するために、リストにすべての Unified CM IP アドレスが含まれるようにしてください。

Edge Audio メディア ポート範囲は、Webex クラウドに向かう外部インターフェイスのためのパブリック IP アドレスで設定する必要があります。

エンタープライズ固有のメディア ポート範囲は、Unified CM への内部インターフェイスのためのプライベート IP アドレスで設定する必要があります。

Webex と Unified CM はこの設定に異なるデフォルト値を持つため、最小セッション タイマー (Min-SE) を更新することをおすすめします。 この変更により、組織から Webex クラウドへの通話に特定の通話エラーが発生するのを回避できます。 以前は、Unified CM での Min-SE 設定の変更を推奨していましたが、このアプローチは長い期間を必要としないその他の SIP フローに影響を与えるものでした。

1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

Cisco Webex Meetings サービスで使用する IP アドレス範囲のリストを設定します。

以下はリストの例です。 ただしこのリンク先を確認して、追加する他の IP アドレスがないことを確認してください。

このコードブロック中のコメントを読み、適切な情報を追加してください。 コメントアウト (!) コマンドを使用するには、コメントを解除する前にカスタマイズが必要です。 キャレット < > の間には、エンタープライズ固有の情報が必要です。

voice service voip
  ip address trusted list
  ipv4 64.68.96.0 255.255.224.0
  ipv4 66.114.160.0 255.255.240.0
  ipv4 66.163.32.0 255.255.224.0
  ipv4 170.133.128.0 255.255.192.0
  ipv4 173.39.224.0 255.255.224.0
  ipv4 173.243.0.0 255.255.240.0
  ipv4 207.182.160.0 255.255.224.0
  ipv4 209.197.192.0 255.255.224.0
  ipv4 216.151.128.0 255.255.224.0
  ipv4 114.29.192.0 255.255.224.0
  ipv4 210.4.192.0 255.255.240.0
  ipv4 69.26.176.0 255.255.240.0
  ipv4 62.109.192.0 255.255.192.0
  ipv4 69.26.160.0 255.255.240.0
  ! check the link to make sure all ip's ranges are covered
  ! ipv4 <CUCM-IP-RANGE>
  rtcp all-pass-through
  address-hiding
  ! enable cube with purchased license capacity
  ! mode border-element license capacity <capacity>
  media disable-detailed-stats
  media stats-disconnect
  ! public-ip of CUBE external interface towards Webex
  ! media-address range <public-ip> <public-ip> port-range 36000 48198
  ! port-range 36000 48198
  ! private-ip of CUBE internal interface towards CUCM
  ! <start> <end> are the media port range that your enterprise wants to use on internal network
  ! media-address range <privateip> <privateip> port-range <start> <end>
  ! port-range <start> <end>
  allow-connections sip to sip
  call-quality
  max-dropout 2
  max-reorder 2
  sip
  min-se 14400 session-expires 14400

SIP-UA をセットアップする

Edge Audio は、署名済み CA 証明書による TLS バージョン 1.2 接続を必要とします。 SIP UA を設定して TLS バージョン 1.2 のみを受け付けるようにし、CUBE を設定して TLS 接続で証明書を送信するようにする必要があります。

コール処理機能を有効にして、CPU の容量に基づいて CUBE のコールをスロットルします。

1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

以下のコマンドを入力します。

sip-ua
 transport tcp tls v1.2
 ! CUBE_CA_CERT is the name of the configured trustpoint

 crypto signaling default trustpoint CUBE_CA_CERT
 call threshold global cpu-5sec low 68 high 75
 call treatment on

音声クラス コーデックをセットアップする

Edge Audio は、G722、G711 u-law、G711 a-law コーデックをサポートしています。 これらのコーデックのいずれかを使用するには、音声クラスコーデックを設定する必要があります。 Edge Audio のセキュアな音声プロファイルまたはダイヤル ピアに音声クラスを適用します。

1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

音声クラス URI を設定します。

例:

voice class codec 3

 codec preference 1 g722-64

 codec preference 2 g711ulaw

 codec preference 3 g711alaw

音声クラス SIP プロファイルをセットアップする

TLS では、CUBE は SIPS URI を使用しますが、Unified CM は SIPS URI をサポートしていません。 したがって、すべての SIPS URI を SIP URI に変換する SIP プロファイルを適用します。

Edge Audio には、Webex クラウドに 1 つ、Unified CM にもう 1 つの 2 つの SIP プロファイルが必要です。

1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

Webex クラウドに向けて、CUBE から次の SIP プロファイルを適用します。

voice class sip-profiles 2340
rule 1 request INVITE sip-header SIP-Req-URI modify "sips:" "sip:" 
 rule 2 request INVITE sip-header To modify "sips:" "sip:" 
 rule 3 request INVITE sip-header From modify "sips:" "sip:" 
 rule 4 request INVITE sip-header Remote-Party-ID modify "sips:" "sip:" 
 rule 5 request INVITE sip-header P-Asserted-Identity modify "sips:" "sip:" 
 rule 6 request ACK sip-header From modify "sips:" "sip:" 
rule 7 request REINVITE sip-header P-Asserted-Identity modify "sips:" "sip:" 
rule 8 request REINVITE sip-header From modify "sips:" "sip:" 
rule 9 request REINVITE sip-header Contact modify "sips:(.*)>" "sip:\1;transport=tls>" 
rule 10 request INVITE sip-header Contact modify "sips:" "sip:" 
3

(オプション) CUBE が静的 NAT の背後にある場合、同じ sip-profile 2340 にこれらのルールを追加します。

この例では、CUBE の外部インターフェイス IP アドレス (パブリック IP) が 10.21.21.21 で、静的 NAT IP が 179.10.11.12 であると仮定しています。

voice class sip-profiles 2340
rule 11 request ANY sip-header Via modify "10.21.21.21" "179.10.11.12" 
rule 12 request ANY sip-header Contact modify "10.21.21.21" "179.10.11.12" 
rule 13 response ANY sip-header Contact modify "10.21.21.21" "179.10.11.12" 
rule 14 request ANY sdp-header Audio-Connection-Info modify "10.21.21.21" "179.10.11.12" 
rule 15 response ANY sdp-header Audio-Connection-Info modify "10.21.21.21" "179.10.11.12" 
4

次の SIP プロファイルを Unified CM に適用します。


 

Webex クラウドから会社に通話があった場合、SIP INVITE メッセージの RequestURI には顧客の DNS SRV レコード含まれているため、この SRV を Unified CM SRV に置き換える必要があります。

voice class sip-profiles 2341
rule 1 request INVITE sip-header SIP-Req-URI modify "sips:" "sip:" 
rule 2 request INVITE sip-header To modify "sips:" "sip:" 
rule 3 request INVITE sip-header From modify "sips:" "sip:" 
rule 4 request INVITE sip-header Remote-Party-ID modify "sips:" "sip:" 
rule 5 request INVITE sip-header P-Asserted-Identity modify "sips:" "sip:" 
rule 6 request ACK sip-header From modify "sips:" "sip:" 
rule 7 request REINVITE sip-header P-Asserted-Identity modify "sips:" "sip:" 
rule 8 request REINVITE sip-header From modify "sips:" "sip:" 
rule 9 request REINVITE sip-header Contact modify "sips:(.*)>" "sip:\1;transport=tls>" 
rule 10 request INVITE sip-header Contact modify "sips:" "sip:" 
! assuming CUCM SRV is test-ccm.sample.com
 rule 11 request INVITE sip-header SIP-Req-URI modify "@(.*);x-cisco-webex-service=audio" "@test-ccm.sample.com" 

音声クラス URI をセットアップする

Edge Audio は、リクエスト URI に基づいてトランクを照合します。 したがって、パターン一致のために、音声クラス URI を構成する必要があります。
始める前に
以下より、URI ホストアドレスを収集します。 Update To header Update To header セクションから URI ホスト アドレスを収集します。
   -- Update To header with CCAX URL
    local oldTo1 = msg:getHeader("To")
    local newTo1 = string.gsub(oldTo1, "<sip:(.+)@(.*)>", "<sip:%1@ecccx.<your_region>.webex.com>")
    msg:modifyHeader("To", newTo1)
1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

次の音声クラスの URI 設定を入力して、Webex から企業へのコールを識別します。

voice class uri INEdgeAudio sip
 pattern x-cisco-webex-service=audio
3

次の音声クラスの URI 設定を入力して、Webex から企業へのコールを識別します。

サイトの管理または Control Hub から収集した URI ホストアドレスを使用します。 この例では 、適宜 <your_region> を AMER、EMEA、または APJC に置き換える必要があります。

voice class uri OUTEdgeAudio sip
 host ecccx.<your_region>.webex.com

音声クラス SRTP 暗号化スイートをセットアップする

音声クラス SRTP 暗号化は、Edge Audio に使用するために、推奨される SRTP 暗号化スイートを割り当てます。 以下の暗号を順に設定します。 音声クラス SRTP 暗号化を Edge Audio のセキュアな音声プロファイルまたはダイヤル ピアに適用します。
1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

次の暗号構成を入力します。

voice class srtp-crypto 234
 crypto 1 AEAD_AES_256_GCM
 crypto 2 AEAD_AES_128_GCM
 crypto 3 AES_CM_128_HMAC_SHA1_80
 crypto 4 AES_CM_128_HMAC_SHA1_32

TCP の最大セグメント サイズをセットアップする

デフォルトでは、CUBE の ServerHello は 1380 バイトの長さです。 リモート側の Webex ではセグメント サイズが小さいと予想しているため、ACK は送信しません。 CUBE が小さいサイズ (1360) で再試行するまでに、通常は 3 秒のハンドシェイク タイマーが終了した後で ACK を受信し、コールが失敗します。 mss の値を 1360 に設定することで、CUBE が最初の試みでセグメントを制限し、Webex から適時の ACK を受信することが保証されます。

1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

次の構成を入力します。

ip tcp mss 1360

テナントを作成する

Edge Audio コール ルーティングは、URI に基づいています。 URI に基づいてダイヤル ピアを一致させるために、コールルート URI を有効にする必要があります。

Edge Audio は発信者 ID の更新をサポートしないため、 no update-callerid を追加する必要があります。

RTP-NTE DTMF パケットにはペイロード インターワーキングは必要ではないため、 asymmetrics payload full を設定します。

1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

次のテナント構成を入力します。

voice class tenant 234
  asymmetric payload full
  no update-callerid
  error-passthru
  call-route url

Edge Audio のダイヤル ピア

Edge Audio コールを処理するには、2 つのダイヤル ピアを構成する必要があります。 一方のダイヤル ピア (外部インターフェイス) は、CUBE と Webex クラウド間の SIP トランクです。 もう一方のダイヤル ピア (内部インターフェイス) は、CUBE と Unified CM の間の SIP トランクです。

CUBE が拡張するコール番号は、混合モード、セキュア モード、非セキュア モードであるエンタープライズ Unified CM モードに基づいて異なります。 企業の展開に基づいて適切な構成を適用する必要があります。

Webex サイトからの通話で Edge Audio の内線コールバックのみを受け付けるように CUBE を設定したい場合は、代わりに (オプション) CUBE の音声セキュア プロファイルを使用します。

混合モードのダイヤル ピアをセットアップする

企業がセキュアおよび非セキュアな展開を行っている場合、混合モード ダイヤル ピア構成を適用します。
1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

内部ダイヤル ピア内の外部ダイヤル ピアと SRTP フォールバックの内側に厳密な SRTP を設定します。

dial-peer voice 23411 voip
 description External Webex edge audio entry or exit dial-peer
 session protocol sipv2
! This DNS SRV should be as per the site-admin / controlhub dial-in settings
 session target dns:ecccx.<your_region>.webex.com
 session transport tcp tls
 destination uri OUTEdgeAudio
 incoming uri request INEdgeAudio
 voice-class codec 3 offer-all
 voice-class sip url sips
 voice-class sip profiles 2340
 voice-class sip tenant 234
 voice-class sip srtp-crypto 234
! This should be CUBE external interface name. In this sample GigabitEthernet2/0/0 is the external interface
 voice-class sip bind control source-interface GigabitEthernet2/0/0
 voice-class sip bind media source-interface GigabitEthernet2/0/0
 voice-class sip requri-passing
 voice-class sip audio forced
 dtmf-relay rtp-nte
 srtp
dial-peer voice 23401 voip
 description Internal mix mode Webex edge audio entry or exit dial-peer
 session protocol sipv2
! This should be the enterprise CUCM / SME SRV / IP address
 session target dns:test-ccm.sample.com
 session transport tcp tls
 destination uri INEdgeAudio
 incoming uri request OUTEdgeAudio
 voice-class codec 3 offer-all
 voice-class sip srtp negotiate cisco
 voice-class sip profiles 2341
 voice-class sip tenant 234
 voice-class sip srtp-crypto 234
!This should be CUBE internal interface name. In this sample GigabitEthernet2/0/1 is the internal interface
 voice-class sip bind control source-interface GigabitEthernet2/0/1
 voice-class sip bind media source-interface GigabitEthernet2/0/1
 voice-class sip requri-passing
 dtmf-relay rtp-nte
 srtp fallback

セキュアなダイヤル ピアをセットアップする

企業の展開が完全にセキュアな場合、セキュアなダイヤル ピア構成を適用します。
1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

外部ダイヤル ピアおよび内部ダイヤル ピアで SRTP パススルーを設定します。

dial-peer voice 23411 voip
description External Webex edge audio entry or exit dial-peer
session protocol sipv2
! This DNS SRV should be as per the site-admin / controlhub dial-in settings
session target dns:ecccx.<your_region>.webex.com
session transport tcp tls
destination uri OUTEdgeAudio
incoming uri request INEdgeAudio
voice-class codec 3 offer-all
voice-class sip url sips
voice-class sip profiles 2340
voice-class sip tenant 234
voice-class sip srtp-crypto 234
! This should be CUBE external interface name. In this sample GigabitEthernet2/0/0 is the external interface
voice-class sip bind control source-interface GigabitEthernet2/0/0
voice-class sip bind media source-interface GigabitEthernet2/0/0
voice-class sip requri-passing
voice-class sip audio forced
dtmf-relay rtp-nte
srtp pass-thru
dial-peer voice 23401 voip
description Internal mix mode Webex edge audio entry or exit dial-peer
session protocol sipv2
! This should be the enterprise CUCM / SME SRV / IP address
session target dns:test-ccm.sample.com
session transport tcp tls
destination uri INEdgeAudio
incoming uri request OUTEdgeAudio
voice-class codec 3 offer-all
voice-class sip profiles 2341
voice-class sip tenant 234
voice-class sip srtp-crypto 234
!This should be CUBE internal interface name. In this sample GigabitEthernet2/0/1 is the internal interface
voice-class sip bind control source-interface GigabitEthernet2/0/1
voice-class sip bind media source-interface GigabitEthernet2/0/1
voice-class sip requri-passing
dtmf-relay rtp-nte
srtp pass-thru

非セキュアなダイヤル ピアをセットアップする

企業が完全にセキュアでない展開を行っている場合、セキュアでないダイヤル ピア構成を適用します。
1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

外部ダイヤル ピアで厳密な SRTP を設定します。 内部ダイヤル ピアには SRTP を設定しないでください。

dial-peer voice 23411 voip
description External Webex edge audio entry or exit dial-peer
session protocol sipv2
! This DNS SRV should be as per the site-admin / controlhub dial-in settings
session target dns:ecccx.<your_region>.webex.com
session transport tcp tls
destination uri OUTEdgeAudio
incoming uri request INEdgeAudio
voice-class codec 3 offer-all
voice-class sip url sips
voice-class sip profiles 2340
voice-class sip tenant 234
voice-class sip srtp-crypto 234
! This should be CUBE external interface name. In this sample GigabitEthernet2/0/0 is the external interface
voice-class sip bind control source-interface GigabitEthernet2/0/0
voice-class sip bind media source-interface GigabitEthernet2/0/0
voice-class sip requri-passing
voice-class sip audio forced
dtmf-relay rtp-nte
srtp
dial-peer voice 23401 voip
description Internal mix mode Webex edge audio entry or exit dial-peer
session protocol sipv2
! This should be the enterprise CUCM / SME SRV / IP address
session target dns:test-ccm.sample.com
session transport tcp
destination uri INEdgeAudio
incoming uri request OUTEdgeAudio
voice-class codec 3 offer-all
voice-class sip profiles 2341
voice-class sip tenant 234
!This should be CUBE internal interface name. In this sample GigabitEthernet2/0/1 is the internal interface
voice-class sip bind control source-interface GigabitEthernet2/0/1
voice-class sip bind media source-interface GigabitEthernet2/0/1
voice-class sip requri-passing
dtmf-relay rtp-nte

ファイアウォールと証明書の設定のタスク フローをセットアップする

Edge Audio を有効にするには、ファイアウォールに適切なポートと署名済み証明書を設定する必要があります。

ステップ

説明

セクション

1

必要なファイアウォール ポートを開きます。

必要なファイアウォール ポート

2

必要な署名済み証明書を適用します。

信頼できる証明機関からの署名済み証明書

必要なファイアウォール ポート

Unified CM と CUBE の設定を完了したら、必要なファイアウォール ポートを開く必要があります。 ネットワーク要件と開くポートについては、こちらの記事 https://collaborationhelp.cisco.com/article/WBX264 をご参照ください。

信頼できる証明機関からの署名済み証明書

Edge Audio は CUBE に、信頼できる CA 証明機関からの署名済み証明書を相互 TLS (mTLS) 接続向けに提供するよう要求します。 次のリンクを使用して、Cisco が信頼する証明機関のリストを入手します。 https://collaborationhelp.cisco.com/article/WBX9000008850. Edge Audio は、リストされた証明機関が署名した証明書を有効と見なし、接続を許可します。

CUBE はすでに Webex 証明書を承認するように設定されています。 これらは、必須の Quavadis Root CA 証明書を持つ証明機関 (CA) の信頼ストアが組み込まれています。

CA から購入した CUBE 証明書と CA 証明書チェーンをアップロードする必要があります。 CUBE 証明書をアップロードする前に、トラストポイントを設定する必要があります。 詳細については、「CUCM、IP 電話、CUBE 間の SIP TLS および SRTP のエンタープライズ CA (サードパーティ CA) 署名済み証明書の構成とトラブルシューティング」にある CUBE の構成についてのセクションをhttps://www.cisco.com/c/en/us/support/docs/unified-communications/unified-border-element/200614-Configure-and-Troubleshoot-Enterprise-CA.htmlで参照してください。

Edge Audio が mTLS ハンドシェイク中に証明書を送信すると、CUBE はトラストプールの証明書に対して検証します。 Cisco Root CA でトラストプール バンドルを更新するには、このコマンドで http://www.cisco.com/security/pki/ から最新の「Cisco Trusted Core Root Bundle」をダウンロードします:

crypto pki trustpool import clean url <latest_bundle_url>

トラストプールの更新に関する詳細は、「公開鍵インフラストラクチャ構成ガイド」、「Cisco IOS XE ガイド」の PKI トラストプール管理の章を参照してください。

Edge Audio コールバックのタスク フローをセットアップする

Edge Audio コールバックをセットアップする前に、展開が適切に設定されていることを確認してください。

  • 次の DNS SRV 設定を適用します。

    • 各 Expressway-E ターゲットの DNS SRV は、ポート 5062 をポイントしている必要があります。

    • SRV レコードにある完全修飾ドメイン名 (FQDN) を解決するために A レコードを事前設定します。

  • 一部の展開では、企業間通話と Edge Audio コールバックにも同じ Expressway-E ターゲットを使用する場合があります。 展開でこれらのターゲットを再利用する場合は、Edge Audio Expressway-E ターゲットの SRV レコードに専用のドメインを使用します。 1 組の SRV レコードに異なるポートを混在させることはできません。

  • Unified CM 構成は、ネットワーク内外のユーザーに Edge Audio コールを適切にルーティングする必要があります。


Webex からの通話を処理するためにネットワークが正しく設定されていないと、Edge Audio は Webex PSTN または CCA-SP パートナー ネットワークにフェイルオーバーします。

Edge Audio コールバックは次のように設定します。

ステップ

説明

セクション

1

Webex サイトの管理またはControl Hub のいずれかのポータルで Edge Audio コールバックを設定します。

Webex サイトの管理に Edge Audio コールバック設定を適用する

または

Control Hub に Edge Audio コールバック設定を適用する

2

(オプション) ポータルサイトで内線コールバックを有効にします。

(オプション) 内線コールバックのタスク フローをセットアップする

コールバック用の国際配信メディア

Edge Audio では、すべてのコールバックに対してグローバルに配信されるメディアを使用します。 最適な接続性を実現するために、Webex は SRV に基づきエンタープライズ エッジにもっとも近いメディア ノードを選択します。 トラフィックは Webex クラウドからその通話の最も近いエンタープライズ エッジに渡されます。 このルーティングにより待ち時間を最小限に抑え、Webex バックボーンのトラフィックを維持し、インターネットをオフにします。

Webex サイトの管理に Edge Audio コールバック設定を適用する

1

Cisco Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通サイト設定] > [音声設定] を選択します。

2

[Edge Audio が許可されたコールバック番号] セクションで、コールバックの設定を適用する [国/地域] を選択し、CUBE DNS SRV のドメイン名を入力します

例えば、DNS SRV レコードが _sips._tcp.example.com の場合、ここに example.com を入力します。

3

[追加] をクリックします。

[追加] をクリックすると、Edge Audio は構成された DNS SRV の接続性を自動的にテストし、SRV にもっとも近い Webex メディアを検索します。 設定を適用する前に、DNS SRV が接続テストを通過していることを確認します。


 

Webex が追加された SRV の地理的位置を判別できない場合、Webex はサイトの場所に基づいてデフォルトのメディア ノードを選択します。

Webex は MaxMind DB を使用して、IP アドレスを検索します。 IP アドレスの場所の不一致があった場合、MaxMind に連絡して問題を修正してください。

4

接続確認の詳細を表示するには、ステータス インジケータをクリックして、[SIP 宛先の確認] ページを表示します。

5

すべてのコールバック設定を適用したら、[設定の適用] を選択します。

Control Hub に Edge Audio コールバック設定を適用する

1

admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング][サイト] を選択します。

2

Edge Audio を設定するサイトを選択し、[サイトの設定] を選択します。

3

[共通設定] > [音声設定] の順に選択します。

4

[Edge Audio が許可されたコールバック番号] セクションで、コールバックの設定を適用する [国/地域] を選択し、CUBE DNS SRV のドメイン名を入力します

例えば、DNS SRV レコードが _sips._tcp.example.com の場合、ここに example.com を入力します。

5

[追加] をクリックします。

[追加] をクリックすると、Edge Audio は構成された DNS SRV の接続性を自動的にテストし、SRV にもっとも近い Webex メディアを検索します。 設定を適用する前に、DNS SRV が接続テストを通過していることを確認します。


 

Webex が追加された SRV の地理的位置を判別できない場合、Webex はサイトの場所に基づいてデフォルトのメディア ノードを選択します。

Webex は MaxMind DB を使用して、IP アドレスを検索します。 IP アドレスの場所の不一致があった場合、MaxMind に連絡して問題を修正してください。

6

接続確認の詳細を表示するには、ステータス インジケータをクリックして、[SIP 宛先の確認] ページを表示します。

7

コールバック設定を適用したら、[設定の適用] を選択します。

Edge Audio コールバック ルーティング オプション

1 つ以上の国に対して Edge Audio コールバックを有効にする場合、Webex はインターネット上で通話をルートします。 DNS、TCP、または TLS の接続性に問題がある場合、または通話で 380 または 400-699 SIP エラーの応答が生じた場合、Webex は PSTN または CCA-SP パートナー ネットワーク上で通話を再試行するようデフォルトで設定されています。

Edge Audio が、失敗したコールを PSTN または CCA-SP パートナー ネットワークを介して再試行しないようにする方法の詳細については、「Edge Audio のコールバック ルーティング オプションを制御する」を参照してください。

(オプション) 内線コールバックのタスク フローをセットアップする


Edge Audio の内線コールバックは、WBS33 以降でのみ選択できます。 使用しているバージョンを確認するには、「Cisco Webex Meetings バージョン番号の確認」を参照してください。

Edge Audio の内線コールバックにより、ユーザーは[コールバック] 機能と内線を使用して、Webex ミーティングに参加できるようになります。 これは、Webex Meetings でのみ使用可能で、Webex Events、Webex Training、または Webex Support では動作しません。

Edge Audio コールバックのために作成した検索パターンを、内線コールバックで再利用できます。

Edge Audio コールバックは次のように設定します。

ステップ

説明

セクション

1

Webex サイトの管理またはControl Hub のいずれかのポータルで内線コールバックを有効にします。

Webex サイト管理の内線コールバックを有効にする

または

Control Hub の内線コールバックを有効にする

2

内線コールバック電話会議を有効にします。

Webex サイト管理での Webex 電話会議のための内線コールバックを許可する

または

Control Hub での Webex 電話会議のための内線コールバックを許可する

3

Webex がコールバックをルーティングできる国または地域を指定します。

Webex サイトの管理でコールバックを許可する国を設定する

または

Control Hub のコールバックを許可する国を設定する

4

(オプション) CUBE の音声セキュア プロファイルを設定します。

(オプション) CUBE の音声セキュア プロファイル

Webex サイト管理の内線コールバックを有効にする

Webex サイト管理で Webex サイトを管理する場合、または サイト リンク プロセス を完了した場合、Webex サイト管理から内線コールバックを有効にします。

1

Cisco Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通サイト設定] > [音声設定] を選択します。

2

[Edge Audio が許可されたコールバック番号] セクションで、[内線][国/地域] として選択し、CUBE DNS SRV を入力します

3

[追加] をクリックします。

4

[設定を適用] を選択します。

内線コールバックを有効にした後、設定をデータベースに適用するのに 30 分かかります。

Control Hub の内線コールバックを有効にする

Control Hub で Webex サイトをセットアップして管理する場合、Control Hubで内線コールバックを有効にします。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] から [サイト] を選択します。

2

Edge Audio を設定するサイトを選択し、[サイトの設定] を選択します。

3

[共通設定] > [音声設定] の順に選択します。

4

[Edge Audio が許可されたコールバック番号] セクションで、[内線][国/地域] として選択し、CUBE DNS SRV を入力します

5

[追加] をクリックします。

6

[設定を適用] を選択します。

内線コールバックを有効にした後、設定をデータベースに適用するのに 30 分かかります。

Control Hub での Webex 電話会議のための内線コールバックを許可する

サイトの事前設定が完了すると、同じコーポレートサイト上のミーティング参加者が社内電話の番号で通話を受け取るためのオプションを有効にすることができます。 参加者が音声会議に参加する時に音声会議ダイアログに表示されるラベルを編集することも可能です。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] の下の [サイト] を選択します。

2

設定を変更する Webex サイトを選択し、[サイトの構成] をクリックします。

3

[共通設定] で、[内部コールバックの電話会議を有効にする] チェックボックスにチェックを入れます。

4

[内線コールバック オプション ラベル] フィールドで、内線コールバック オプションを見分けるための記述的な名前または語句を入力します。

5

[アップデート] をクリックします。

Webex サイト管理での Webex 電話会議のための内線コールバックを許可する

サイトの事前設定が完了すると、同じコーポレートサイト上のミーティング参加者が社内電話の番号で通話を受け取るためのオプションを有効にすることができます。 参加者が音声会議に参加する時に音声会議ダイアログに表示されるラベルを編集することも可能です。

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。

2

[サイト のオプション] セクションにスクロールして移動して、[内線コールバック電話会議を有効にする] チェックボックスを選択します。

3

[内線コールバック オプション ラベル] フィールドで、内線コールバック オプションを見分けるための記述的な名前または語句を入力します。

4

[アップデート] をクリックします。

Webex サイトの管理でコールバックを許可する国を設定する

Webex サイト管理で Webex サイトを管理する場合、またはサイト リンク プロセスを完了している場合、以下の手順に従って、Webex がコールバックをルーティングできる国または地域を指定します。

1

Cisco Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通サイト設定] > [音声設定] を選択します。

2

[Webex のコールバックを許可されている国] セクションで、チェックボックスを使って国や地域を有効または無効にできます。


 

コールバックには少なくとも 1 つの国または地域を有効にしておく必要があります。

3

変更が完了したら、変更を保存します。

変更がクライアントに送信されるのに最大で 30 分かかります。

Control Hub のコールバックを許可する国を設定する

Control Hub で Webex サイトを管理する場合、以下の手順に従って、Webex がコールバックをルーティングできる国または地域を指定します。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] から [サイト] を選択します。

2

Edge Audio を設定するサイトを選択し、[サイトの設定] を選択します。

3

[共通設定] > [音声設定] の順に選択します。

4

[Webex のコールバックを許可されている国] セクションで、チェックボックスを使って国や地域を有効または無効にできます。


 

コールバックには少なくとも 1 つの国または地域を有効にしておく必要があります。

5

変更が完了したら、変更を保存します。

変更がクライアントに送信されるのに最大で 30 分かかります。

(オプション) CUBE の音声セキュア プロファイル

Edge Audio の内線コールバックを設定し、Webex サイトからの通話のみを承諾するようにおすすめします。 参加者がコールバックを使用して、予期しない Webex サイトからミーティングに参加した場合、CUBE はそれらの通話を拒否します。


音声セキュア プロファイルを設定するには、Webex サイトがバージョン 40.8.0 以上である必要があります。

音声セキュアプロファイルを設定するには、CUBE に以下の設定を行います。

  • 音声セキュア プロファイルの音声クラス URI

  • 音声セキュア プロファイルに対する拒否応答

  • 着信通話のピアにダイヤルする

  • 却下済み通話のピアにダイヤルする

音声セキュア プロファイルの音声クラス URI を作成する

Edge Audio を使用した Webex サイトのパターンを持つ、新しい voice class uri が必要です。 この URI を使用して、コールバック用のダイヤル ピアを作成します。

1

Edge Audio で外部コールバックを許可する Webex サイトのパターンをコピーします。

  • Cisco Webex サイト管理で管理されたサイトについては、Webex サイト管理にサインインし、[設定] > [共通のサイト設定] > [音声設定] の順に選択します。

  • Cisco Webex Control Hub で管理されたサイトについては、https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] の下の [サイト] を選択します。 パターンを表示する Webex サイトを選択し、[サイトの構成] > [共通設定] > [音声設定] を選択します。

2

[Edge Audio カスタマー エッジ] セクションで、[セキュア エッジ] をクリックします。

3

[CUBE] セクションで、[コピー] をクリックします。

4

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

5

次の voice class uri を、サイト管理または Control Hub からコピーしたパターンで入力します。

以下の例では、 x-cisco-site-uuid 9ca12345678e321be0123456e00ab789 パターンを参照として使用します。

!
voice class uri INEdgeAudioSiteName sip
 pattern x-cisco-site-uuid=9ca12345678e321be0123456e00ab789;x-cisco-webex-service=audio
!

 

複数の Webex サイトがある場合は、これらの手順を繰り返して、各 Webex サイトに対して新しい voice class uri を作成します。

音声セキュア プロファイルに対する拒否応答を追加する

参加者が別の組織の Webex サイトからコールバックを使用する場合、適切な拒否の応答を受け取ります。 新しい voice class sip-profilesvoice translation-rulevoice translation-profile を作成し、ダイヤル ピアで使用します。

1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

展開に対して適切な拒否応答を入力します。

拒否応答の例を次に示します。

!
voice class sip-profiles 2001
 response 403 method INVITE sip-header SIP-StatusLine modify "Forbidden" "Unknown Webex Site"
!
voice translation-rule 1
 rule 1 reject /^.*/
!
voice translation-profile call_block
 translate calling 1
!
音声セキュア プロファイルを使用して、着信に対してダイヤル ピアを作成する

新しいダイヤル ピアを作成し、新しい voice class uri を添付します。 このダイヤルピアは、参加者が UUID を持つ Webex サイトから Edge Audio でコールバックを行う際に、通話を可能にします。

1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

展開に適切な着信通話にダイヤル ピアを追加します。

着信ダイヤル ピアの例を次に示します。

!
dial-peer voice 2001 voip
 description External Webex edge audio entry or exit dial-peer to match SiteUUID
 session protocol sipv2
 session target dns:ecccx.<your_region>.webex.com
 session transport tcp tls
 destination uri OUTEdgeAudio
 incoming uri request INEdgeAudioSiteName
 voice-class codec 3 offer-all
 voice-class sip url sips
 voice-class sip early-offer forced
 voice-class sip profiles 2000
 voice-class sip tenant 234
 voice-class sip bind control source-interface GigabitEthernet1/0/0
 voice-class sip bind media source-interface GigabitEthernet1/0/0
 voice-class sip requri-passing
 voice-class sip audio forced
 dtmf-relay rtp-nte
 srtp
!
音声セキュア プロファイルで通話を拒否するために、ダイヤル ピアを作成する

参加者が不正な Webex サイトから Edge Audio のコールバックを使用した場合に通話を拒否するダイヤルピアを作成します。 ダイヤル ピアは、UUID に一致しない Webex サイトからのコールバックに 403 エラーを返します。

1

コマンド ラインを開き、CUBE にサインインします。

2

展開に適切な通話拒否を行うダイヤル ピアを追加します。

ダイヤル ピアの例を次に示します。

!
dial-peer voice 2000 voip
 description External Webex edge audio entry dial-peer to reject no/wrong sit
 call-block translation-profile incoming call_block
 call-block disconnect-cause incoming call-reject
 session protocol sipv2
 session transport tcp tls
 incoming uri request INEdgeAudio
 voice-class codec 3 offer-all
 voice-class sip url sips
 voice-class sip profiles 2001
 voice-class sip bind control source-interface GigaBitEthernet1/0/0
 voice-class sip bind media source-interface GigaBitEthernet1/0/0
 srtp
!

 

通話を拒否するために既存のダイヤル ピアがある場合、音声セキュア プロファイルを作成するために、 destination uri をそのダイヤル ピアから削除してください。

音声セキュア プロファイルを持つ混合モードのダイヤル ピア構成例

この例では、音声セキュアプロファイルを持つ、混合モードのダイヤル ピアを示しています。 さまざまなダイヤル ピアで SRTP フォールバックが設定されています。 セキュアな展開と非セキュアな展開が混在している企業では、このタイプの構成を使用します。


dial-peer voice 23401 voip
 description Internal mix mode Webex edge audio entry or exit dial-peer
 session protocol sipv2
! This should be the enterprise CUCM / SME SRV / IP address
 session target dns:test-ccm.sample.com
 session transport tcp tls
 destination uri INEdgeAudio
 incoming uri request OUTEdgeAudio
 voice-class codec 3 offer-all
 voice-class sip srtp negotiate cisco
 voice-class sip profiles 2341
 voice-class sip tenant 234
 voice-class sip srtp-crypto 234
!This should be CUBE internal interface name. In this sample GigabitEthernet2/0/1 is the internal interface
 voice-class sip bind control source-interface GigabitEthernet2/0/1
 voice-class sip bind media source-interface GigabitEthernet2/0/1
 voice-class sip requri-passing
 dtmf-relay rtp-nte
 srtp fallback
!
dial-peer voice 2001 voip
 description External Webex edge audio entry or exit dial-peer to match SiteUUID
 session protocol sipv2
 session target dns:ecccx.<your_region>.webex.com
 session transport tcp tls
 destination uri OUTEdgeAudio
 incoming uri request INEdgeAudioSiteName
 voice-class codec 3 offer-all
 voice-class sip url sips
 voice-class sip early-offer forced
 voice-class sip profiles 2000
 voice-class sip tenant 234
 voice-class sip bind control source-interface GigabitEthernet1/0/0
 voice-class sip bind media source-interface GigabitEthernet1/0/0
 voice-class sip requri-passing
 voice-class sip audio forced
 dtmf-relay rtp-nte
 srtp
!
dial-peer voice 2000 voip
 description External Webex edge audio entry dial-peer to reject no/wrong sit
 call-block translation-profile incoming call_block
 call-block disconnect-cause incoming call-reject
 session protocol sipv2
 session transport tcp tls
 incoming uri request INEdgeAudio
 voice-class codec 3 offer-all
 voice-class sip url sips
 voice-class sip profiles 2001
 voice-class sip bind control source-interface GigaBitEthernet1/0/0
 voice-class sip bind media source-interface GigaBitEthernet1/0/0
 srtp
!
音声セキュア プロファイルを持つセキュアなダイヤル ピア構成例

この例では、音声セキュア プロファイルを持つ、セキュアモードのダイヤル ピアを示しています。 さまざまなダイヤル ピアで SRTP パス スルーが設定されています。

dial-peer voice 23401 voip
description Internal mix mode Webex edge audio entry or exit dial-peer
session protocol sipv2
! This should be the enterprise CUCM / SME SRV / IP address
session target dns:test-ccm.sample.com
session transport tcp tls
destination uri INEdgeAudio
incoming uri request OUTEdgeAudio
voice-class codec 3 offer-all
voice-class sip profiles 2341
voice-class sip tenant 234
voice-class sip srtp-crypto 234
!This should be CUBE internal interface name. In this sample GigabitEthernet2/0/1 is the internal interface
voice-class sip bind control source-interface GigabitEthernet2/0/1
voice-class sip bind media source-interface GigabitEthernet2/0/1
voice-class sip requri-passing
dtmf-relay rtp-nte
srtp pass-thru
!
dial-peer voice 2001 voip
 description External Webex edge audio entry or exit dial-peer to match SiteUUID
 session protocol sipv2
 session target dns:ecccx.<your_region>.webex.com
 session transport tcp tls
 destination uri OUTEdgeAudio
 incoming uri request INEdgeAudioSiteName
 voice-class codec 3 offer-all
 voice-class sip url sips
 voice-class sip early-offer forced
 voice-class sip profiles 2000
 voice-class sip tenant 234
voice-class sip srtp-crypto 234
 voice-class sip bind control source-interface GigabitEthernet1/0/0
 voice-class sip bind media source-interface GigabitEthernet1/0/0
 voice-class sip requri-passing
 voice-class sip audio forced
 dtmf-relay rtp-nte
 srtp pass-thru
!
dial-peer voice 2000 voip
 description External Webex edge audio entry dial-peer to reject no/wrong sit
 call-block translation-profile incoming call_block
 call-block disconnect-cause incoming call-reject
 session protocol sipv2
 session transport tcp tls
 incoming uri request INEdgeAudio
 voice-class codec 3 offer-all
 voice-class sip url sips
 voice-class sip profiles 2001
 voice-class sip bind control source-interface GigaBitEthernet1/0/0
 voice-class sip bind media source-interface GigaBitEthernet1/0/0
 srtp
!
音声セキュア プロファイルを持つ非セキュアなダイヤル ピア構成例

この例では、音声セキュアプロファイルを持つ、非セキュアなモードのダイヤル ピアを示しています。 内部ダイヤル ピアで SRTP CLI を設定しないでください。

dial-peer voice 23401 voip
description Internal mix mode Webex edge audio entry or exit dial-peer
session protocol sipv2
! This should be the enterprise CUCM / SME SRV / IP address
session target dns:test-ccm.sample.com
session transport tcp
destination uri INEdgeAudio
incoming uri request OUTEdgeAudio
voice-class codec 3 offer-all
voice-class sip profiles 2341
voice-class sip tenant 234
!This should be CUBE internal interface name. In this sample GigabitEthernet2/0/1 is the internal interface
voice-class sip bind control source-interface GigabitEthernet2/0/1
voice-class sip bind media source-interface GigabitEthernet2/0/1
voice-class sip requri-passing
dtmf-relay rtp-nte
!
dial-peer voice 2001 voip
 description External Webex edge audio entry or exit dial-peer to match SiteUUID
 session protocol sipv2
 session target dns:ecccx.<your_region>.webex.com
 session transport tcp tls
 destination uri OUTEdgeAudio
 incoming uri request INEdgeAudioSiteName
 voice-class codec 3 offer-all
 voice-class sip url sips
 voice-class sip early-offer forced
 voice-class sip profiles 2340
 voice-class sip tenant 234
voice-class sip srtp-crypto 234
 voice-class sip bind control source-interface GigabitEthernet1/0/0
 voice-class sip bind media source-interface GigabitEthernet1/0/0
 voice-class sip requri-passing
 voice-class sip audio forced
 dtmf-relay rtp-nte
 srtp
!
dial-peer voice 2000 voip
 description External Webex edge audio entry dial-peer to reject no/wrong sit
 call-block translation-profile incoming call_block
 call-block disconnect-cause incoming call-reject
 session protocol sipv2
 session transport tcp tls
 incoming uri request INEdgeAudio
 voice-class codec 3 offer-all
 voice-class sip url sips
 voice-class sip profiles 2001
 voice-class sip bind control source-interface GigaBitEthernet1/0/0
 voice-class sip bind media source-interface GigaBitEthernet1/0/0
 srtp
!

CCA パートナーおよび Edge Audio

Edge 音声は CCA パートナーと連動します。 設定は同じです。 主な違いは、Webex PSTN 音声ではなく、CCA パートナーのネットワークを使用している点です。 CCA 通話の詳細録画 (CDR) は、Edge 音声を使用してミーティングに接続するすべての顧客の通話を表示します。 CCA CDR に関する詳細は、設計ドキュメントを参照してください。

CCA パートナーが Edge Audio オーダーを送信した後、パートナーは Edge Audio を自分自身で設定するか、顧客の管理者と共同作業して設定するかを選択します。

ダイヤルイン対話型音声応答装置 (IVR) プロンプト言語をカスタマイズする

CCA パートナーのダイヤルイン番号を使用して Edge Audio でルーティングする IVR プロンプトは、デフォルトで英語に設定されています。 別の言語の IVR システムを持つ Edge Audio Webex サイトを設定するには、各言語のダイヤルイン番号を識別する最新の Lua スクリプトを顧客に提供してください。

Lua スクリプトの言語を更新するには、ロケール タグを設定する必要があります。 ロケール タグの詳細については、以下の記事を参照してください: https://help.webex.com/article/4zjt9m

Lua スクリプトを更新した後、顧客に送信します。 顧客は、Unified CM の Lua スクリプトを更新します。

CCA ダイヤルイン番号のデフォルト IVR 言語を設定する

Edge Audio Webex サイトの IVR プロンプトを、英語以外の言語で再生するように更新することができます。 このタスクでは、デフォルトの IVR 言語を英語から、すべての CCA ダイヤルイン番号に対して別の言語に変更する方法について説明しています。


  • 追加できるロケール タグについては、この記事を参照してください。

  • すべてのロケール タグを x-cisco-site-uuid の前に追加します。

始める前に

サイトの管理、Control Hub、または CCA Portal から Lua スクリプトをダウンロードします。

1

テキスト エディターで、Lua スクリプトを開きます。

2

[Edge Audio URL およびサイト uuid での要求 URI の更新] セクションまでスクロールし、選択します。

  • 1 つの IVR 言語ですべての電話番号に対応 - この例では、Lua スクリプトのどこにロケール タグを置くかを示しています。 このコードは、フランス語 (fr_FR) ロケール タグを使用します。 IVR に必要な言語を使用します。
    -- Update Request URI with Webex Express URL and site uuid
    if phoneNumber == "NUMBER_NEEDS_CUSTOM_LANUAGE" then
    local newRequestURI = string.gsub(requestURI, "sip:(.+)@(.*)", "sip:%1@cca.example.webex.com;locale=fr_FR;x-cisco-site-uuid=6f861ef80b622085e053000000000000”)
    msg:setRequestUri(newRequestURI)
    end
  • 1 つの電話番号に対して 1 つの IVR 言語、それ以外の電話番号には別の言語で対応 - この例では、1 つの番号に対して、Lua スクリプトのどこにロケールタグを配置するかを示しています。 このコードは、フランス語 (fr_FR) ロケール タグを使用します。 次に、 else タグの下に他のすべてのIVRプロンプトで再生される言語のロケール タグを追加します。
     -- Update Request URI with Webex Express URL and site uuid
        if phoneNumber == "NUMBER_NEEDS_CUSTOM_LANUAGE" then 
            local newRequestURI = string.gsub(requestURI, "sip:(.+)@(.*)", "sip:%1@cca.example.webex.com;locale=fr_FR;x-cisco-site-uuid=6f861ef80b622085e053000000000000”)
            msg:setRequestUri(newRequestURI)
        else
            local newRequestURI = string.gsub(requestURI, "sip:(.+)@(.*)", "sip:%1@cca.example.webex.com;x-cisco-site-uuid=6f861ef80b622085e053000000000000")
            msg:setRequestUri(newRequestURI)
        end
  • 異なる電話番号に対して複数の IVR 言語 - この例は、Lua スクリプトのどこにロケールタグを配置するかを示しています。 このコードには、最初に割り当てられた言語としてフランス語 (fr_FR) を使用します。 最初のエントリの下に、次の番号に割り当てられた にロケール タグを使用する elseif コード ブロックを追加します。 最後に、すべての IVR プロンプトに対して locales タグを使用する else コード ブロックを追加します。
    Use this
        -- Update Request URI with Webex Express URL and site uuid
        if phoneNumber == "NUMBER1_NEEDS_CUSTOM_LANUAGE" then 
            local newRequestURI = string.gsub(requestURI, "sip:(.+)@(.*)", "sip:%1@cca.example.webex.com;locale=fr_FR;x-cisco-site-uuid=6f861ef80b622085e0537326e00a3c4f")
            msg:setRequestUri(newRequestURI)
        elseif phoneNumber == "NUMBER2_NEEDS_CUSTOM_LANUAGE" then
            local newRequestURI = string.gsub(requestURI, "sip:(.+)@(.*)", "sip:%1@cca.example.webex.com;locale=en_US;x-cisco-site-uuid=6f861ef80b622085e0537326e00a3c4f")
            msg:setRequestUri(newRequestURI)
        else
            local newRequestURI = string.gsub(requestURI, "sip:(.+)@(.*)", "sip:%1@ccax.qa.webex.com;x-cisco-site-uuid=6f861ef80b622085e0537326e00a3c4f")
            msg:setRequestUri(newRequestURI)
        end
    
3

Lua スクリプトを保存し、顧客に送信して、Unified CM にアップロードします。