以下の緊急コーリング ポリシーは、VoIP サービスを使用した緊急通話の制限に関する重要な情報と、VoIP サービスを使用して緊急コールを行う際のユーザーの義務に関する重要な情報を提供します。 従って、Cisco Calling プラン サービスを開始する前に、次の緊急コーリング ポリシーをお読み、同意する必要があります。

緊急コーリング ポリシー

この緊急コーリング ポリシーの「あなた」と「ユーザー」の条件は、エンドユーザー使用許諾契約書で指定された意味を持ちます。

Cisco VoIP サービスからの緊急コールは、従来の緊急コーリング サービスとは異なる動作をします。 Cisco VoIP 電話サービスを使用すると、インターネットや公衆交換電話網(PSTN)を使った電話の送受信を行うことができます。 これらの VoIP は従来の電話サービスに似ていますが、VoIP サービスの性質により、緊急コーリングに固有の制限や状況が生じます。

1. 登録済みのロケーション

ユーザーがインターネット接続している場所ならどこでも VoIP コールが可能なので、発信者の電話番号は発信者の物理的な場所とは限らない場合があります。 そのため、すべての顧客は、VoIP サービスのセットアップ時に、各ユーザーに対し、「登録済みロケーション」をシスコに提供する必要があります。 「登録済みのロケーション」は、ユーザーが VoIP サービスを使用する住所です。

あなたまたはユーザーが VoIP コールを行うのに使用する機器を新しい場所に移動した場合、あなたまたはユーザーは、Control Hub のデバイスの新しい物理的な場所で登録済みのロケーションを直ちに更新する必要があります。 登録済みロケーションが更新されない場合、デバイスから行われた緊急コールが間違った緊急対応センターに送信され、緊急対応者に間違った ロケーション情報を送信し、ユーザーに緊急支援を遅らせます。 複数のユーザーを持つ顧客は、各ユーザーについて正確で最新の登録ロケーションが維持され、それらのユーザーが登録済み場所の変更について認識している必要があります。 ルーティングと緊急コール センターに対して、更新された登録済みロケーションを利用可能にすることに遅延が生じていた可能性があります。

お客様は通知を行う責任があり、本ポリシーに記載されている VoIP サービスの緊急コールの性質と制限について、お客様の VoIP サービスのユーザーまたは潜在的ユーザーに通知することに同意します。

2. 緊急コールのルーティング

お使いの電話サービスによる緊急 VoIP は、従来の電話サービスとは別の方法で処理されます。 ユーザーが緊急コールを行う際、Cisco および/またはサードパーティのサービスプロバイダは、ユーザーのコールをお客様またはお客様のユーザーのアカウントにある登録済みの場所に対応する緊急コールセンターに自動的にルーティングしようと試みてきます。 ユーザーのコールが指定された緊急コール センターにルーティングできない場合、コールは専用のコール センターにルーティングされます。 お客様のユーザーに専用のコールセンターに対し、名前、住所、および電話番号の入力が求められる場合があります。

Cisco は緊急コール センターの手配者または緊急サービス オペレータに、あなたまたはあなたのユーザーのアカウントに関連付けられた名前、登録済みロケーション、および電話番号の自動提供を試みきます。 コールを受け取った手配者は、この情報をキャプチャまたは保持できない可能性があります。 ですから、緊急コールを行う場合、発信者は直ちに、そのロケーション (異なる場合は緊急のロケーション) を発信者に直ちに通知する必要があります。 発信者が発言できない場合、あなたのロケーション情報が最新ではない場合、手配者はあなたを見つけることができない場合があります。

発信者は、発信者の番号または連絡先情報をもっていない可能性があるので、手配者に切断するように言われるまで、緊急コールを切らずにいる必要があります。 発信者が誤って切断された場合、発信者は直ちにコールバックする必要があります。

ネットワークの輻輳を含む技術的な理由により、緊急コールはビジー信号が発生したり、従来の緊急通話と比較して接続に時間がかかる可能性があります。

3. サービスの制限

VoIP サービスからの緊急コールは以下の状況では機能しません。

  • お客様またはお客様のユーザーが VoIP を行うために使用する機器に障害があるか、正しく設定されていない場合

  • お客様またはお客様のユーザーが停電、またはインターネットサービスの停電、停止、または切断を経験している場合

  • Cisco VoIP サービスが終了または中断されている場合

お客様またはお客様のユーザーが VoIP サービスを使用して行われた緊急コールの制限が快適でない場合、Cisco はお客様またはお客様のユーザーが従来の緊急コーリング サービスにアクセスする別の方法を検討することを推奨します。

4. 責任

当社は、緊急通話サービスに対するシスコの責任に関して、適用されるオファーの説明に含まれる責任の制限を慎重に見直す必要があります。

ハンドセット ステッカー

Cisco は Cisco VoIP サービスで使用される任意のハンドセットに以下の言語で印刷されたステッカーを貼付することをお勧めします。

注意

9-1-1 をダイヤルする場合、住所/場所を提供する準備をしてください。

詳細については、https://help.webex.com/en-us/04id6db/Emergency-Calling-Policy を参照してください。