拡張カスタマー コンテキスト ガジェット

顧客コンテキストのガジェットは、次の場合にエージェントのデスクトップで自動的に有効になります。

  • あなたの組織はコンテキストサービスを使用する権利があります。

  • Cisco Finesse はコンテキストサービスに登録されています。

また、拡張カスタマコンテキストガジェットを有効にすることもできます。拡張カスタマーコンテキストガジェットを使用して、顧客、リクエスト、およびアクティビティ情報を管理します。通話に応答するか、チャットメッセージを受け入れるか、顧客の電子メールを開くと、拡張カスタマコンテキストガジェットがアクティビティを表示し、リクエストに追加します。あなたの電話、チャット、または電子メールアプリケーションが顧客を識別した場合、ガジェットは利用可能な顧客、リクエスト、およびアクティビティ情報を表示します。詳細は、次を参照してください。「Cisco Finesse のチーム向けの拡張カスタマーコンテキストガジェットを有効にする」。

拡張カスタマー コンテキスト ガジェット

  • 顧客管理ペイン - 現在開いている顧客と 10 人までの最近の顧客を表示します。顧客管理ペインを使用して、顧客を検索したり、新しい顧客を手動で作成することができます。また、顧客管理ペインで顧客の上にマウスを置くと、顧客の詳細を表示することもできます。顧客管理ペインの使用の詳細については、以下を参照してください。顧客を手動で作成するまたは顧客を検索する

  • 顧客の旅 - 顧客とあなたの組織の間で記録された対話のコレクションを表示します。顧客のリクエストにコンテキストを提供するために、顧客の旅を使用します。顧客の旅に関する詳細は、以下を参照してください。「顧客の旅行情報を表示する」または「リクエストに応答する」。アクティビティや顧客の旅の中で移動することもできます。詳細は、次を参照してください。「アクティビティを移動する

  • 顧客の詳細 - 顧客を特定し、顧客の名前、電子メール、電話番号などの顧客の詳細を表示します。詳細は、次を参照してください。「顧客情報を更新する」または「新しい顧客レコードを作成する」。

  • リクエストの詳細 - 顧客の意図に関する情報を提供します。リクエストの詳細には、リクエストの名前と顧客の問題の説明が含まれます。コンテキストサービスは、リクエストの 5 日後、またはリクエストに関連付けられたアクティビティが更新されるたびに、自動的に各リクエストを閉じます。

  • アクティビティの詳細 - 特定の顧客との対話に関する情報を提供します。アクティビティの詳細には、アクティビティのメディアタイプとアクティビティに割り当てられたタグが含まれます。各特定のアクティビティには異なるフィールドが含まれている可能性があるため、アクティビティの詳細はアクティビティによって異なる場合があります。

      

    管理者はCisco Webex Control Hubアクティビティに表示されるフィールドを変更できます。詳細については、「コンテキスト サービス のフィールドの管理」および「コンテキスト サービス のフィールドセットの管理」を参照してください。

  • コメント - 顧客との対話に関する追加情報を提供します。コメントは各アクティビティに固有のものです。詳細については「コメントを追加する」を参照してください。

  • リクエストの追加 - 新しいリクエストを作成します。顧客の現在のリクエストとは無関係の問題を解決するための新しいリクエストを作成します。詳細は、次を参照してください。「新しいリクエストを作成する」。

  • 移動アクティビティ - アクティビティを別の顧客に移動します。詳細は、次を参照してください。「アクティビティを移動する」。

  

Customer Context ガジェットのリンクをクリックして、新しいタブでリンクを開きます。詳細が編集できない場合でも、リクエスト、アクティビティ、またはワークアイテムの詳細内のリンクをクリックできます。

この投稿記事は役に立ちましたか?