このサービスをアクティベートにすると、あなたのボイス ポータル番号を含むメールが届きます。 この電話番号に発信して、自動音声応答の挨拶を録音します。 これは、このロケーションのコールのユーザーがボイスメールのメッセージと設定にアクセスするための電話番号です。


ボイス ポータルの内線番号は、通常、ボイス ポータル電話番号の最後の 4 桁です。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューで、[サービス]>[Calling]>[ロケーション] に移動して、更新するロケーションを選択します。

2

[コール設定] リストで、[音声ポータル]をクリックします。

3

音声ポータルの名前を入力します。

4

発信者 ID の名前発信者 ID の姓を入力してください。


 

アジア太平洋地域の顧客の場合、[発信者 ID 名] フィールドは自動的に入力され、変更することはできません。

5

[言語] ドロップダウン メニューでロケーションの音声通知言語を選択します。

6

[着信コール]で、 [電話番号] を選択するか、または [内線] 番号をドロップダウンメニューからそのロケーションに設定されている番号から設定します。


 
ロケーションに割り当てたボイスメールの番号と内線が、デフォルトでドロップダウンメニューに表示されます。
7

[音声ポータル管理パスコード] で、ロケーションのパスコードを設定し、確認のためにパスコードを再入力します。


 
管理者のみがこのパスコードにアクセスできます。

 
ユーザーや管理者が音声ポータル番号をダイヤルすると、IVR システムは 2 つのオプションを提供します。
  • パスコードを入力 - ユーザーは自分の番号や内線から電話をかける際に、ボイスメールの暗証番号 パスワードを入力して自分のメール ボックスにアクセスします。 このオプションに対して管理者パスコードを入力すると、ボイス ポータルへのアクセスに失敗します。

  • メールボックス番号とパスコードを入力するには「*」を押下 - ボイス ポータルにアクセスする管理者とユーザーのいずれも同様です。 管理者は、この手順で設定した電話番号とパスコードを入力して、自動音声応答の挨拶やメールボックスの設定を管理することができます。 割り当てられていない番号から発信するユーザーも、このオプションを利用できます。 ユーザーは、電話番号や内線番号、ボイスメールの暗証番号を入力することで、どの番号からでもボイスメールにアクセスできます。

8

[保存] をクリックして変更を確認します。