デスクトップとモバイルの通訳メニュー

主催者数

主催者は、スケジュールするミーティングおよびウェビナーの同時通訳を有効にできます。あなたが主催する場合は、音声チャンネルを作成し、通訳を招待し、言語に割り当てる必要があります。ミーティングおよびウェビナーの主催者はミーティング中に通訳も管理できます。新しい言語チャンネルを追加し、参加者を通訳者に指定することにより、より多くの出席者のニーズに対応できます。


 
ミーティングの開始後にパーソナル会議室のミーティングの解釈を追加のみできます。

以下は、主催者として実行できるタスクです。

通訳者

通訳者は、出席者がミーティングまたはウェビナーの内容を理解するために欠かせない存在です。参加前に主催者から受け取る招待メールで、翻訳者として招待されていることと、割り当てられた言語が知らされます。このメールには、ミーティングやウェビナーに参加するための情報が含まれています。

また、通訳者は出席者リストの名前の横に固有のアイコン () が追加され、パネリストや他の出席者とは区別されます。

通訳として、オリジナルのミーティング、ウェビナー、パーソナル会議室 音声を聞き、アクティブなスピーカー および共有コンテンツを見て、ターゲット言語に変換することができます。両方向で通訳をする場合は、対象言語の方向を切り替えられます。担当言語に複数の通訳者が割り当てられている場合、順番になったらそれらの通訳者に通訳を引き継げます。 引き継ぎの調整をする必要がある場合、あるいは通訳者全員で情報共有しておきたい場合は、チャット メッセージを送信します。

の事前割り当て時に、通訳の順番を決定する。ホストはミーティング中に順番を管理できます。通訳 1 は、2 の手引きを行い、次に 3 人の通訳を受け取り、その後、1 名の通訳に戻る方法があります。

通訳者として実行できるタスクは以下のとおりです。

出席者

出席者は、ミーティングまたはウェビナーに参加する前、または参加中いつでも、好みの言語のチャンネルを選択できます。デスクトップ アプリ からビデオ デバイス に接続する場合、デスクトップ アプリまたはビデオ デバイスから希望の言語と言語のボリュームをコントロールして、その言語と言語のボリュームは同期した上で残されます。

出席者として実行できるタスクは以下のとおりです。

既知の問題

  • 通訳者がミーティングまたはウェビナーに参加するための専用パスワードはありません。通常のミーティング パスワードまたはパネリストのパスワードのどちらかを使用する必要があります。

  • 2 人の出席者が同じメール アドレスでミーティング、ウェビナーパーソナル会議室のミーティングミーティングに参加し、その出席者が両方の出席者を彼らに通訳にした場合、両方の出席者が通訳になります。

制限事項

  • ウェブキャストビューでは、同時進行の解釈はウェビナーでは利用できません。

  • Webex サイトからスケジュールする同時進行の解釈を有効にした場合、ミーティングおよびウェビナーでブレイクアウト セッションまたは練習 セッションを作成できません。

  • Webex Meetings デスクトップ アプリからミーティングをスケジュールし、ミーティング テンプレートにブレイクアウト セッションが含まれる場合、スケジュールしたミーティングでは同時通訳を利用できません。

  • Meetings デスクトップ アプリでミーティングをスケジュールする場合、通訳者の事前割り当てはできません。ミーティング中に言語チャンネルと通訳者を追加する必要があります。

  • 主催者は個別に通訳者をミュートできますが、[全員をミュート] または [参加時にミュート] を使用して、通訳者をミュートすることはできません。

  • 通訳の受け渡しで問題を避けるため、主催者がロビーに通訳を移動したり、ミーティング、ウェビナー、会議室から退出パーソナル会議室のミーティング。

  • 主催者は通訳者の役割を共同主催者またはプレゼンタに変更できません。また、通訳者は画面を共有できません。

  • ミーティング、ウェビナーまたはウェブ セミナーにパーソナル会議室のミーティングコールインまたはコールインではなく、[コンピューター音声を使用する ] を選択する 必要があります。

  • 同時解釈されたミーティングの記録は、元の音声のみをキャプチャします。