通話キューのアナウンスを編集する

通話キューのアナウンスは、キューで待っている間に発信者に聴こえるメッセージと音楽です。 既存の通話キューのアナウンスを管理できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、 [Calling] > [機能] を選択します。

2

[通話キュー]をクリックし、リストから編集する通話キューを選択します。

3

サイド パネルの [通知] の隣にある、[管理] をクリックします。

4

次のアナウンス設定サービスを編集します。

発信者が最初にキューに入ったときに、メッセージが再生されます。

1

[ウェルカム メッセージ] を有効にします。


 
ウェルカム メッセージは、エージェントが通話に対応できない場合にすべての発信者に再生されます。
2

[ウェルカム メッセージは必須] チェック ボックスをオンにします。


 
[ウェルカム メッセージは必須] をクリックすると、エージェントが応答可能な場合でも、エージェントにつながる前に発信者にメッセージが流れます。
3

次のいずれかのメッセージ タイプを選択します。

  • デフォルトのアナウンスを再生する。

  • カスタム アナウンスを再生する - カスタム メッセージまたはエントランス アナウンス メッセージをアップロードできます。

4

[保存] をクリックします。

発信者に、予想される待ち時間または順番待ちの人数を知らせます。

1

[キューに入った通話に対する推定待ち時間のメッセージ] を有効にします。


 
このオプションが有効な場合、ウェルカム メッセージが流れた後、ご案内のメッセージが流れる前に再生されます。
2

[デフォルトの処理時間] を分単位で設定します。

3

順番待ちの人数または待ち時間を通知する方法を選択します。

  • キューでの順番をアナウンス - 発信者に順番待ちの人数のメッセージを再生します。

    1. 順番待ちの人数を流す発信者の数を入力します。 たとえば、発信者の数を 25 人に設定する場合、1 ~ 25 人目の発信者にこのメッセージが流れます。

  • 待ち時間をアナウンス - 顧客に予想待ち時間を知らせるメッセージを再生します。

    1. 時間を分単位で入力すると、待ち時間が指定された時間より短い発信者にメッセージが再生されます。

4

[大人数のメッセージを再生] を選択すると、全体の人数が指定した最大順番待ち人数より多い場合にアナウンスを再生できます。

5

[保存] をクリックします。

ウェルカム メッセージが流れた後、保留音の前に、メッセージが再生されます。 これは通常、現在のプロモーションや、製品やサービスに関する情報などを再生するカスタム アナウンスです。

1

[ご案内のメッセージ] を有効にします。

2

発信者にご案内のメッセージを流す時間を秒単位で設定します。

3

次のいずれかのメッセージ タイプを選択します。

  • デフォルトのアナウンスを再生する。

  • カスタム アナウンスを再生する - カスタム メッセージまたはアナウンス メッセージをアップロードできます。


 
アナウンス メッセージは 4 つまで設定できます。
4

[保存] をクリックします。

すばやく応答する必要があるすべての通話で、通常の案内アナウンスや保留音の代わりに、より短いご案内のメッセージを再生します。 この機能により、発信者に標準のご案内のメッセージが流れているときに、エージェントに接続され突然メッセージが終了することを防げます。

1

[ご案内のメッセージ バイパス] を有効にします。

2

発信者にご案内のバイパス メッセージを流す時間を秒単位で設定します。


 

デフォルトでは、発信者にご案内のバイパス メッセージを流す時間は 30 秒です。1 ~ 120 秒の範囲で設定できます。

キューに新しい着信が入ったときに、キューでの通話の最長待ち時間がこのしきい値以下である場合、ご案内のバイパス メッセージが流れます。

3

次のいずれかのメッセージ タイプを選択します。

  • デフォルトのアナウンスを再生する。

  • カスタム アナウンスを再生する - アナウンス メッセージを選択するか、カスタム メッセージをアップロードできます。


     
    アナウンス メッセージは 4 つまで設定できます。
4

[保存] をクリックします。

ご案内のメッセージ後に保留音を繰り返し再生できます。

1

[保留音] を有効にします。


 
設定したら、設定で最大 4 つの音楽タイプを追加できます。
2

内線通話に別の音楽ソースを選択します。

3

次のいずれかのメッセージ タイプを選択します。

  • デフォルトの音楽を再生する。

  • カスタムの音楽を再生する - 発信者に流すカスタムの音楽をアップロードできます。

4

[保存] をクリックします。

着信通話が接続される直前に、エージェントにメッセージを再生します。 メッセージでは通常、発信元の通話キューの ID を通知します。

1

[コール ウィスパー] を有効にします。


 
このメッセージはエージェントにのみ再生されます。エージェントが 2 つ以上のキューに割り当てられている場合に便利な機能です。
2

次のいずれかのメッセージ タイプを選択します。

  • デフォルトのアナウンスを再生する。

  • カスタム アナウンスを再生する - カスタム メッセージまたはエントランス アナウンス メッセージをアップロードできます。


     
    アナウンス メッセージは 4 つまで設定できます。
3

[保存] をクリックします。

通話キューの通知ファイル設定を編集する

通話キューのアナウンスは、キューで待っている間に発信者に聴こえるメッセージと音楽です。 既存の通話キューのアナウンス ファイルを管理できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、 [Calling] > [機能] を選択します。

2

[通話キュー]をクリックし、リストから編集する通話キューを選択します。

3

サイド パネルの [アナウンス ファイル] の横にある、[管理] をクリックします。

4

アナウンス ファイルをアップロードするか、アナウンスを録音します。

  • [ファイルを添付] をクリックすると、ローカル マシンから音声ファイルをアップロードできます。
  • [録音] をクリックすると、アナウンスを録音できます。
    1. [録音] ボタンをクリックして、アナウンスの録音を開始します。
    2. [停止] ボタンをクリックして、録音を停止します。
    3. [再生] ボタンをクリックして、録音されたメッセージを再生して確認します。
    4. [保存] ボタンをクリックして、録音されたアナウンス ファイルを保存します。
アップロードまたは録音されたすべてのファイルのリストが表示されます。 使用しないファイルは削除できます。