Webex Services Enterprise トライアルのセットアップ

1

Cisco Webex Partner として証明される必要があります。 これにより、 Webex Partner Hub にアクセスできるようになり、すべてのセットアップと構成のステップを完了することができます。

2

顧客トライヤルを開始するには、販売フル管理者ロールをもつユーザーでなければなりません。 詳細は、「パートナー管理者の役割」を参照してください。

3

「Cisco Webex Teams ソリューションの概要」「Webex 製品ページ」を見直して、以下の Cisco Webex サービス、その機能、顧客やユーザーに提供する利点を理解してください。

  • メッセージ
  • ミーティング (Hybrid Calendar Service など)
    • Cisco Webex Teams での 1000 名の参加者のミーティング

    • Cisco Webex Meetings での 1000 名の参加者

    • ミーティングの Cisco Webex Assistant

  • Calling
    • Webex Calling (クラウドベースのサービス) —顧客が Webex Callingのトライアルを希望している場合、ユーザーのために多数の DID を必要とし、場所ごとには 2 個の DID が必要です。 承認済みの PSTN プロバイダを使用してこれらの番号を取得できます。

    • ハイブリッド コール サービス (既存のプレミス コール コントロールを使用)

顧客向けにトライアルを開始して、顧客は、サブスクリプションを購入する前に、Webex サービスを試すことができます。

1

https://admin.webex.com のパートナー ビューから、[顧客] に移動し、[トライアルの開始] をクリックします。

2

[新規トライヤルの開始] ページで、顧客の会社名、管理者のメール アドレス、および業種を入力します。 会社の正確な業種が見つからない場合、次の最適なオプションを選択してください。

3

[データの常駐地域を判別するための国] ドロップダウンから国を選択します。 この情報は、顧客のデータを保存するのに適切なリージョンを選択するのに役立ちます。


 

複数の場所がある場合は、最も多くのユーザーがいるものを選択します。 ユーザーの体験を最大化し、遅延を最小限にするために、データはほとんどのユーザーに最も近いデータセンターに保存されている必要があります。

国がどの地域にマッピングされるかを検索するには、 国にマッピングされているデータの近傍性地域を確認してください。

4

この顧客の拠点が Cisco Webexサービスのサポート対象地域にあることを認定します。 詳しい情報については、「Cisco Webex はどこで利用できますか?」 をご覧ください。 準備ができましたら、[次へ] をクリックします。

5

新しい顧客のトライアルのために次のものを選択し、[次へ] をクリックし ます。

  • トライアル サービス — メッセージ、ミーティング、コーリング、Webex Devices、およびそのサービス固有の詳細情報から選択します。
  • ライセンス数 —ライセンス数は、Webex デバイスを除き、トライアルのすべてのサービスに適用されます。 たとえば、200 ライセンスを選択した場合、トライアルは選択したサービスごとに 200 ライセンスをプロビジョニングします。

     

    顧客がトライアルの開始後にライセンス数を変更する場合、パートナー ハブのトライアルの隣にある [編集] をクリックします。

  • トライアル期間—顧客がサービスを利用して評価するために十分な期間を指定します。 この継続時間は、トライアルのすべてのサービスに適用されます。

6

Webex Meetings 用の Cisco Webex Enterprise エディションを選択した場合、Webex Meetings のサイト URL を入力し、タイムゾーン を選択します。

7

Webex Devices を選択した場合、顧客に出荷するデバイスを選択するか、このステップをスキップします。 以下に該当する場合、このステップをスキップします:

  • 顧客にデバイスを出荷する必要はありませんが、デバイスの登録ライセンスを含める必要があります。
  • 顧客がトライアルで使用するデバイスをパートナーが提供する場合。
  • 顧客が現在使用中のデバイスをトライアルで使用する場合。

 

各デバイスのタイプについて、出荷を 1 回のみ処理できます。 たとえば、2 台の電話の出荷を選択する場合、後で戻って、電話を追加で 3 台出荷することはできません。


 

Cisco Webex Board のトライヤルは、ライセンス専用トライヤルであり、Cisco Webex Board ハードウェアは含みません。 ハードウェアは別に用意する必要があります。 トライヤルごとに最大 5 個の Cisco Webex Board ライセンスをプロビジョ二ングできます。

8

[保存] をクリックし、次のオプションのいずれかのアクションを選択します。

  • No-後で設定を完了するか、または顧客管理者が組織のためにセットアップを実行できるようにします。
  • Yes—今すぐ顧客にサービスを設定します。 1 回目のセットアップ ウィザードが開きます。 トライアルのセットアップ完了後、次のステップを説明するステータス プロンプトが表示されます。

次に行うこと

サービスが完全に提供された後、新規顧客の管理者は、ウェルカム メールを受信し、https://admin.webex.com にサイン インするための指示を受信します。

顧客を支援する場合は、パートナー組織 から https://admin.webex.com に進み、顧客名をクリックし、[顧客のセットアップ] または [顧客の表示] をクリックし、組織の設定と顧客の代理のユーザーを設定してください。

組織の Webex Calling をセットアップする顧客を支援する方法については、「Webex Calling の設定ワークフロー」を参照してください

まもなく発表! Cisco Webex Control Hub の新デザインと機能を一足先にご紹介します。

現在販売関係を持ってない既存顧客に対して、Webex サービスのトライアルを開始することができます。 顧客の同意に基づいて、パートナー ハブの顧客のリストに顧客の組織が追加され、開始したトライアルを管理できます。


顧客がまだ購入していないサービス、または他のパートナーがトライアルを開始していないサービスのみをトライアルすることができます。 例えば、ミーティングまたはメッセージを購入した場合は、Webex Calling を試すことができます。 別のパートナーが Webex Calling のトライアルを開始していて、顧客が Meetings をもっていない場合、Meetings のトライアルを開始できます。

1

https://admin.webex.com のパートナー ビューから、[顧客] に移動し、[トライアルの開始] をクリックします。

2

[新規トライヤルの開始] ページで、会社名、管理者のメール アドレス、および業種を入力します。

3

[データの常駐地域を判別するための国] ドロップダウンから国を選択します。 この情報は、顧客のデータを保存するのに適切なリージョンを選択するのに役立ちます。


 

複数の場所がある場合は、最も多くのユーザーがいるものを選択します。 ユーザーの体験を最大化し、遅延を最小限にするために、データはほとんどのユーザーに最も近いデータセンターに保存されている必要があります。

国がどの地域にマッピングされるかを決定するには、 国にマッピングされているデータの近傍性地域を確認してください

4

この顧客の拠点が Cisco Webex サービスのサポート対象地域にあることを認定します。 詳しい情報については、「Cisco Webex はどこで利用できますか?」 をご覧ください。 [次へ] をクリックします。

5

正しい既存の顧客組織のトライアルを開始していることを確認するには、[次へ] をクリックします。


 

確認画面が表示されない場合、入力したメール アドレスは既存の組織に属していないということを意味します。 [戻る] をクリックして、正しい顧客のメール アドレスを入力していることを確認します。

6

新しい顧客のトライアルのために次のものを選択し、[次へ] をクリックし ます。

  • トライアル サービス — メッセージ、ミーティング、コーリング、Webex Devices、およびそのサービス固有の詳細情報から選択します。
  • ライセンス数 —ライセンス数は、Webex デバイスを除き、トライアルのすべてのサービスに適用されます。 たとえば、200 ライセンスを選択した場合、トライアルは選択したサービスごとに 200 ライセンスをプロビジョニングします。

     

    顧客がトライアルの開始後にライセンス数を変更する場合、パートナー ハブのトライアルの隣にある [編集] をクリックします。

  • トライアル期間—顧客がサービスを利用して評価するために十分な期間を指定します。 この継続時間は、トライアルのすべてのサービスに適用されます。

7

Webex Meetings 用の Cisco Webex Enterprise エディションを選択した場合、Webex Meetings のサイト URL を入力し、タイムゾーン を選択します。

8

Webex Devices を選択した場合、顧客に出荷するデバイスを選択するか、このステップをスキップします。 以下に該当する場合、このステップをスキップします:

  • 顧客にデバイスを出荷する必要はありませんが、デバイスの登録ライセンスを含める必要があります。
  • 顧客がトライアルで使用するデバイスをパートナーが提供する場合。
  • 顧客が現在使用中のデバイスをトライアルで使用する場合。

 

各デバイスのタイプについて、出荷を 1 回のみ処理できます。 たとえば、2 台の電話の出荷を選択する場合、後で戻って、電話を追加で 3 台出荷することはできません。


 

Cisco Webex Board のトライヤルは、ライセンス専用トライヤルであり、Cisco Webex Board ハードウェアは含みません。 ハードウェアは別に用意する必要があります。 トライヤルごとに最大 5 個の Cisco Webex Board ライセンスをプロビジョ二ングできます。

9

[トライアル リクエストの送信] をクリックします。

トライアルの同意メールは、ステップ 2 で提供された管理者メールに送信されます。

ユーザーが会社組織のフル管理者である場合、承諾メールが送信されます。 ユーザーがフル管理者ではない場合、承諾メールが指定されたメールと組織のすべてのフル管理者のメールに送信されます。 フル管理者の 1 人は0 日以内に要求を承認すると、トライアルのプロビジョニングを終了ができるようになります。

フル管理者は、Control Hub にサインインすると、[トライアル保留中のリクエスト] 画面も表示されます。 フル管理者は、[フル管理者] ボックスをオンにして、トライアルのフル管理者アクセスを要求したパートナーに対してトライアル サービスのプロビジョニングとユーザーとライセンスの管理を許可することができます。 [フル管理者] ボックスにチェックが入ってない場合、パートナーは、トライアル サービスをプロビジョニングするだけのプロビジョニング管理者になります。

次に行うこと

パートナー組織の [顧客] タブで顧客組織のステータスを確認できます。

顧客はトライアルの保留中の顧客の同意ステータスで開始し、トライアルを受け入れるには、[プロビジョニングの詳細待ち] に変更されます。 顧客がこの状態の間、顧客をクリックして同意メールを再送信するか、トライアルをキャンセルし、リストから顧客を削除できます。

30 日以内に顧客が何もアクションを起こさない場合、トライアルがキャンセルされ、顧客はパートナー組織から削除されます。


顧客がまだ購入していないサービスのみトライアルすることができます。 例えば、ミーティングまたはメッセージを購入した場合は、Webex Calling を試すことができます。 すでに Webex Calling (以前の Spark Call) を購入している場合、同じ顧客アカウントで Webex Calling を試すことはできません。

有料版を使用している顧客に、トライアル版を追加することができ、顧客は、Cisco Webexサブスクリプションに加えて新しい機能を試すことができます。 Parter Hub の [顧客] タブで顧客をクリックすると、その顧客が現在持っているサービスのリストを確認することができます。

1

https://admin.webex.com のパートナー ビューから、[顧客] に移動し、顧客名をクリックし、トライアルの隣の追加 ボタンをクリックします。

顧客の情報、既存の購入済み機能、およびそれを管理しているパートナーを確認します。

2

利用可能な機能で新規トライアルに含めるものをチェックし、[トライアルの開始] をクリックします。

全顧客の管理者にメールが送信され、トライアルが開始されたことを知らせます。

確立した Webex Services のエンタープライズ トライアルを管理する

顧客が Cisco Webex サービスを試行する時間に余裕を与えるために、Control Hub で既存のトライアルを延長することができます。

1

https://admin.webex.com のパートナー ビューから、[顧客] に移動して、顧客の名を選択してから、トライアルの隣の [編集] をクリックします。

2

[トライアル期間] ドロップダウンを使って、トライアル期間を本日から 30 日間に設定します。 たとえば、トライアルで 65 日間残っていて、本日 30 日間延長することにした場合、95 ではなく、トライアルに 30 日を追加します。


 

デバイスのトライアルについては、Webextrials_deviceextensions@cisco.com にメールを送信してトライアル期間を延長する必要があります。 デバイスは、最大 120 日間トライアル期間があります。 すべての内線はトライアル チームにより承認される必要があります。

Control Hub で顧客の Webex サービス エンタープライズ トライアルのサービスを追加または削除することができます。

1

htps://admin.webex.com のパートナー ビューから、顧客に移動して、顧客を選択します。

2

トライアルの隣の [編集] をクリックします。

3

追加するサービスの隣にあるチェックボックスを選択するか、または削除するサービスの隣にあるチェックボックスをオフにして、[保存] をクリックします。

顧客が Control Hub[Webex サービスの購入に関心があります] をクリックすると、メールを受け取ることがあります。 Cisco Commerce を使用して、 顧客のトライアルを有償の注文に変換することができます。 当社は、トライアル期間中の使用状況に関するデータを引き続き保持します。


デバイス トライアルの終了時に、すべてのトライアルで使用されたデバイスが返される必要があります。 新しいデバイスは、サービス注文が処理されるときに、Cisco Commerce Workspace を通して注文することができます。 返却プロセスの詳細については、ここをクリックしてください。

顧客のためにトライアルから有償版への変換を実施する第 1 層パートナーは、以下の手順を使用してください。 第 2 層パートナーが、トライアルから有償版への変換を実施するには、ディストリビューターと連絡を取る必要があります。

スケジューリングを始める前に

プロビジョニング メールとしては、パートナーの管理者または顧客の管理者のいずれかに設定することができます。 これらのメールが手元にあることを確認してください。 プロビジョニング連絡先として自分自身を入力して、すべてのサービスが正しく変換されていることを確認することをお勧めします。 現在のサービスの損失を防ぐために、すべての適用可能なサービスが有償版に含まれていることを確認してください

1

このメールのサービスのセットアップをクリックすると、Control Hub にダイレクトされ、その後、パートナーまたは顧客管理者のどちらであるかを指定します。

2

トライアル顧客管理者のメール アドレスを入力し、すべての顧客情報が正しいことを確認します。


 

メール アドレスの入力をミスしたり、異なるアドレスを入力したりすると、トライアルは正常に移行できず、顧客に対して別の Cisco Webex 組織が作成される可能性があります。 注文のプロビジョニングに関するサポートが必要な場合は、これらのビデオ チュートリアルを参照してください。

顧客のために、コントロールハブの既存のトライアルをキャンセルすることができます。 顧客は Control Hub でいつでもトライアルをキャンセルすることもできます。

1

htps://admin.webex.com のパートナー ビューから、顧客に移動して、顧客を選択します。

2

[ごみ箱] アイコンをクリックします。

3

[はい] をクリックします。

  • サービスの中断がないことを保証するために、カスタマーにはトライアルが終了する前に連絡することをお勧めします。

    • 顧客管理者はトライアルの有効期限が切れる 7 日前にメールで通知され、有効期限当日に再度通知されます。 これらのメールには、Cisco Webex Control Hub 上のサブスクリプション ページにある [購入] ボタンへのリンクが含まれています。 顧客管理者は、Control Hub の概要ページにアクセスすると、ライセンスに有効期限切れのタグが付いていることがわかります。

    • あなたとパートナー管理者は、トライアルの有効期限が切れる 7 日前にメールで通知され、有効期限当日に再度通知されます。 パートナーの顧客リストには、有効期限が切れるトライアル サービスと有効期限までの残りの日数に関する詳細が含まれます。

    • ユーザーには、トライアルの有効期限が切れてから 30 日後にこれらのトライアル サービスが利用できなくなったことを通知するメールが届きます。

  • トライアルには、有効期限が切れてから 30 日間の猶予期間が設けられています。 この期間中に、有効期限が切れたトライアルを有償版のサービスに変換することができます。

  • 猶予期間中にライセンスの変換を行わなかった場合、顧客の組織のユーザーは無償版の組織に移動されます。 猶予期間終了後、パートナー管理者および顧客管理者は、ライセンス、Cisco Webex Meetings サイト URL、管理者ロール、Cisco Webex Calling の設定を復旧できなくなり、ユーザーを顧客の組織に戻すことができなくなります。 このプロセスを元に戻すことはできません。

  • Cisco Webex Calling を含むトライアルについては、30 日間の猶予期間が終了するとコール機能が利用できなくなりますが、その後 15 日間は引き続き電話番号を使用することができます。

Cisco 提供デバイスのトライアル

顧客は、Control Hub に表示されている有効期限の日付ではなく、エンド ユーザー使用許諾契約書 (EULA) のメールに記載している日付から二週間以内にデバイスを Cisco に返却する必要があります。 デバイスの返却方法の詳細については「返品許可のガイドライン」を参照してください。

米国では、各エンドポイントは、返品用ラベルと一緒に発送されています。 顧客は元のパッケージに戻して、提供されたリターン ラベルを同封し、荷物の集荷のためにコールバックする必要があります。 その後、当社が RMA (返品許可) を処理します。

顧客がオリジナルの RMA ラベルとパッケージングを紛失した場合は、顧客のために新規ラベルのリクエスト (米国のみ) を行うか、または地元での返却プロセスを決定することができます。 米国以外の顧客は、トライアルで使用したデバイスの集荷を手配するために、キャリア (カナダおよび EMEAR では DHL、オーストラリアでは Expeditors) に連絡する必要があります。 完全な手順については、RMA のガイドラインを参照して ください。 返却されたデバイスのシリアル番号は、トライアルに出荷されたデバイスのシリアル番号と一致する必要があります。


デモの注文番号がわからない場合は、webextrials_info@cisco.com にメールを送信してください。 メールには、顧客の組織 ID (org ID)、顧客管理者のメール アドレス、またはすべてのトライアル デバイスのシリアル番号が記載されています。