41.7 以降のサイトでは、Meetings の Webex Assistant をオンにせずに、自動字幕をオンにできます。 自動字幕は、MeetingsWebex Events (新) で利用できます。

政府版 Webex は字幕をサポートしていません。

不快な単語が使用されている場合、クローズド キャプション内のそのような単語の一部の文字が、アスタリスクで置き換えられます。

当社では、よくある不快な言葉とフレーズを基にして、独自の不快語句フィルターを作成しました。 今後も、ユーザーから何らかの語彙が不快であると指摘された場合には、単語やフレーズを追加します。

キャプションはミーティング コントロールの上に表示される

誰も話していない場合、最後の字幕は 4 秒後に消えます。

字幕を表示するには、画面左下にある [字幕を表示]クローズド キャプションを表示する を選択します。

サイトが Webex Assistant なしの自動字幕をサポートしていない場合、主催者は Webex Assistant をオンにして自動字幕をオンにする必要があります。

次に行うこと

英語が母国語ではない場合や、英語で話された内容を理解するのが難しい場合、Webex Meetings では英語を 100 以上の言語に翻訳して字幕で表示できます。 詳細については、「リアルタイム翻訳をオンにする」を参照してください。

誰も話していない場合、最後の字幕は 4 秒後に消えます。

1

[その他] > [字幕] をタップします。

サイトが Webex Assistant なしの自動字幕をサポートしていない場合、主催者は Webex Assistant をオンにして自動字幕をオンにする必要があります。

2

[字幕] をオンまたはオフに切り替えます。

3

字幕の設定を終了すると、設定が保存されます。

次に行うこと

英語が母国語ではない場合や、英語で話された内容を理解するのが難しい場合、Meetings では英語を 100 以上の言語に翻訳して字幕で表示できます。 詳細については、「リアルタイム翻訳をオンにする」を参照してください。

41.7 以降のサイトでは、Meetings の有料プランを利用している主催者と出席者は、MeetingWebex Assistant をオンにすることなく、字幕とリアルタイム翻訳をオンにできます。 ただし、バージョン 41.6 以前のサイトでの字幕とリアルタイム翻訳のユーザーは、バージョン 41.7 以降を使用しているユーザーとミーティングする際に、以下の問題と制限が発生します。

  • 主催者に字幕についての資格があり、Meetings の新しいバージョンを利用しているユーザーが字幕をオンにしている場合、バージョン 41.6 以前のサイトの Android ユーザーは字幕を表示できますが、字幕をオフにすることはできません。

  • バージョン 41.6 以前のサイトでミーティングまたはイベントを開催している主催者が Webex Assistant をオフにするか、41.7 以降のサイトの出席者が Webex Assistant がすでにオフの状態で字幕をオンにした場合、次のことが発生します。

    • ハイライトと音声コマンドがミーティング中またはイベント中に利用できなくなります。

    • バージョン 41.6 以前のサイトの出席者は、ミーティングまたはイベントでハイライトまたは音声コマンドを使用できませんが、Webex Assistant がオンになっているかのように表示されます。 クローズド キャプションのオン/オフは引き続き切り替えることができます。

    • バージョン 41.7 以降のサイトの出席者には、クローズド キャプションが一時的に利用できなくなっているというエラー メッセージが表示されます。 出席者は [字幕を表示] を選択して字幕をオンにできます。