Windows 10 のシステム設定に次のような変更を加えれば、常に Webex を使用してコールを行うことができます。

1

Windows の検索バーから、[デフォルトのアプリ設定] システム設定を検索し、[アプリごとにデフォルト値を設定する] をクリックして、[Webex] を選択します。

2

表示される関連付けの一覧の各プロトコルについて、[Webex]を選択します。

3

(オプション) Windows 版 Microsoft Outlook で、連絡先番号をクリックしたときに Webex でコールを行うようにする場合は、「Cisco Webex Teams を使用して Microsoft Outlook アカウントを接続する」の手順に従ってください。

次に行うこと


ウェブサイトまたは Microsoft Outlook の番号から発信して、Webex でコールを行うことができます。 「クリックして別のアプリからコールする」を参照してください。

Mac では、Webex で変更を加えるだけで十分です。

1

プロファイル画像をクリックして、[基本設定] > [全般] を選択します。 次に、[コールを開始] をクリックし、[Webex]を選択します。

2

(オプション) Mac 版 Microsoft Outlook で、連絡先番号をクリックしたときに Webex でコールを行うようにする場合は、「Cisco Webex Teams を使用して Microsoft Outlook アカウントを接続する」の手順に従ってください。

次に行うこと


ウェブサイトまたは Microsoft Outlook の番号から発信して、Webex でコールを行うことができます。 「クリックして別のアプリからコールする」を参照してください。