会社のネットワークで遅延をトラブルシューティングするには?

会社のネットワークで遅延をトラブルシューティングするには?

ビジネス ネットワークの遅延の根本原因を判別するには?


解決方法:

会社のネットワークの顧客の遅延をトラブルシューティングする場合は、以下の手順を参照してください。

  • VPN クライアントの接続を確認 - VPN 接続は、接続に対する大量のオーバーヘッドを追加し、遅延を生じさせた。 コマンド プロンプトで、コマンド ipconfig を入力し、Enter を押します。 2 つの IP アドレスが表示される場合、VPN が使用されることを示す場合があります。
    • 推奨事項: 遅延を経験している場合は、VPN 接続を無効に設定してください。
       
  • プロキシ サーバーを最適化 - 一部のプロキシ サーバーは、構成に応じて、遅延が加わる場合があります。 コマンド プロンプトで、コマンド netSH WinHTTP Show Proxy (Windows 7 / Vista) を入力すると、ネットワーク上でプロキシが使用されているかどうか判別します。
    • 推奨事項: IT 部門に webex.com ドメインの例外を作成して、プロキシの WebEx コンテンツのキャッシングを避けるように助言してください。
       
  • ゲートウェイの負荷 - これは、会社のネットワークで過負荷になっているゲートウェイが原因となります。 遅延が発生しているときに複数のトレースルート (トレース) を実行すると、その原因が判明する場合があります。 これは、企業ネットワークのピーク使用時で最悪になることがあります。
    • 推奨事項: IT と話してネットワークが使用している接続の種類 (T1、T3、OC3 など)、ネットワークと一般的なピーク使用期間のユーザーの数を理解し、過負荷となっているゲートウェアが問題であるかどうかを理解してください。

調査目的で、次の情報を収集してください。

  • クライアントの WebEx サイトへの 3 つの転送トレース。
  • http://www.speedtest.netなどのサイトから、少なくとも 3 つの速度テスト結果を取り込んでください。 クライアントは最も近いサーバーへのトレースを実行し、WebEx サイト ロケーションに最も近いサーバーへのトレースを実行するように勧めてください。


関連記事:

この投稿記事は役に立ちましたか?