出席者がミーティングまたはイベントに登録する必要がある場合は、セッション前およびセッション中に次の操作を行えます。

  • 出席者のリストを表示して、出席者がミーティングまたはイベントに登録したかどうかを確認する。

  • 出席者がミーティングまたはイベントに参加する前に、出席者の名前、メールアドレスなどの情報を取得する。

  • 出席者ごとに登録要求を承認または拒否する。

登録が必要なミーティングまたはイベントに招待すると、ユーザーには次の内容を含む招待メール メッセージが送信されます。

  • ミーティングまたはイベントに関する情報。

  • ミーティングまたはイベントに登録するためのリンク。

  • このオプションを選択した場合、イベントの登録 ID がランダムになります。

ミーティングまたはイベントに必要な登録を設定するには:

1

Webex サイトにサインインし、[ミーティングをスケジュール] または [イベントをスケジュール] を選択します。

2

ミーティングまたはイベント情報を入力した後、[高度なオプションを表示] > [スケジューリング オプション] を選択します。

3

[登録] の下の [必須] を選択します。


 

定期的なミーティング、または [主催者より早く参加] オプションが選択されている場合、登録は使用できません。 これらのオプションが選択されている場合、ミーティングまたはイベントの登録は無効になり、以前の出席者の登録は完全に削除されます。 これらの出席者の登録を復元するには、Cisco テクニカル アシスタンス センターに連絡してください

これらの機能に関する詳細は、「Webex Meetings と Events の高度なスケジューリング オプション」を参照してください。

  • ゲスト出席者の不正なイベント アクセスを防止するには、[登録 ID][登録者ごとにランダムな ID 認証を生成] の横のチェックボックスをオンにします。 イベントがスケジュールされると、出席者はメールで登録 ID を受け取ります。 出席者がイベントに参加する際、登録 ID と認証のためのメール アドレスを入力します。

     

    この機能は遅延したリリース サイクルで使用可能です。 status.webex.com/maintenance を参照して、ご利用のサイトで使用できるようになるタイミングを確認してください。

  • 不正アクセスからミーティングまたはイベントを保護するために、[承認ルール] の下の [すべての登録要求を自動的に承認] チェック ボックスはオフのままにします。 主催者は、すべての登録要求を手動で承認または拒否します。 承認ルールについての詳細は、[ルール実行の原則] をクリックします。 登録要求の承認または拒否の詳細については、「ミーティングおよびイベントの登録要求を承認または拒否する」を参照してください。

     

    このチェック ボックスをオフのままにして、ミーティングまたはイベントの開始後に出席者が登録した場合、参加者は登録確認メールを受信してミーティングのパスワードを入力するまでミーティングに参加できません。 詳細については、「ミーティングおよびイベントの登録要求を承認または拒否する」を参照してください。

  • [すべての登録要求を自動的に承認する] チェックボックスをオンにし、ミーティングまたはイベントの開始後に出席者が登録すると、出席者はパスワードを入力する必要なくすぐにミーティングまたはイベントに参加できます。
  • [登録者数] の下の [登録者数の上限] で、ライセンス数より小さい数字を入力して登録上限を設定します。
4

(オプション) 登録フォームをカスタマイズして各出席者に関する追加情報を取得するには、「Webex Meetings および Webex Events (新) 登録フォームをカスタマイズする」の手順を実行します。

5

[スケジュール] をクリックします。

  • 1 人以上の出席者をミーティングに登録した後は、登録フォームをプレビューできても編集はできなくなります。

  • 誰も登録されていない場合、[出席者の登録が必要] チェック ボックスのチェックを外し、カスタム登録フォームを編集できます。

  • 1 人以上の出席者がミーティングに登録された後に、[出席者の登録が必要] チェック ボックスのチェックを外すと、すべての登録が削除されます。 [出席者の登録が必要] チェック ボックスに再度チェックを入れると、標準の登録フォームに戻り、出席者の名前とメール アドレスが表示されます。