デバイスのトラブルシューティングを行う場合は、次の資料の情報を使用します。

デバイスを再起動して、新しい設定または設定を適用します。元の初期設定を復元する場合は、リセットを実行します。

1 

電話画面の左上隅をタップします。

2

メニューオプションのリストから [設定] をタップします。

3 

画面上のメニューオプションをスクロールして、[再起動] をタップします。

4

[再起動] をタップして目的を確認します。

技術的な問題が発生している場合は、デバイスを再起動することができます。Cisco Webex Control Hub からのデバイスの再起動は設定に影響せず、ログファイルが保持されます。


電源サイクルを実行すると、最新バージョンのログファイルが失われます。これにより、デバイスの電源を入れ直す前に、ログをダウンロードすることが困難になります。

1 

https://admin.webex.com/ のカスタマービューから [デバイス] に移動します。

2

インベントリからデバイスを選択して、[詳細設定] を開きます。

3 

[検索] バーをクリックして [メンテナンス] > [再起動] を選択します。

4

ドロップダウン リストから [再起動] を選択します。

5 

[適用] をクリックします。

電話機のログを生成して、サーバにアップロードすることができます。Cisco テクニカルサービス (TAC) では、問題のトラブルシューティングを行うときにログを使用します。

ログファイルを生成する前に、電話機が登録されている必要があります。

1 

電話画面の左上隅をタップします。

2

メニューオプションのリストから [設定] をタップします。

3 

[問題と診断] > [ログの送信] を選択します。

電話機のログが生成され、サーバにアップロードされます。成功した場合は、電話機に時間とログ ID とともにメッセージが表示されます。

電話機を工場出荷時の初期状態にリセットできます。電話機は、ユーザーセットアップとネットワーク セットアップの設定値をデフォルト値にリセットしてから、再起動します。

1 

電話画面の左上隅をタップします。

2

メニューオプションのリストから [設定] をタップします。

3 

画面上のメニューオプションをスクロールして、[リセット] をタップします。

4

[リセット] または [キャンセル] をタップします。

設定メニューから工場出荷時のリセットができない場合は、電話機自体から工場出荷時のリセットを行うことができます。

1 

電話機から電源を取り外すには、次のいずれかの方法を使用します。

  • LAN ケーブルを抜きます。
  • 電源アダプタを取り外します。
2

5 秒間待ってから、電源を再接続します。

3 

スタンバイ LED が点灯するのを待ちます。

4

[ボリュームアップ] を 5 秒間ほど押し続けます。

LED バーが赤に変わります。
5 

[ミュート] を押します。LED バーが赤になってから 10 秒以内に [ミュート] ボタンを押さなければ、デバイスは正常に再起動します。

工場出荷時のリセットが処理中であることを確認すると、LED バーが 3 回点滅します。

問題のレポートには、Cisco テクニカルサポートサービスが問題のトラブルシューティングを行う際に使用するデバイスログが含まれています。ファームウェアまたはハードウェアの問題がある場合は、レポートを送信します。

1 

https://admin.webex.com/ のカスタマービューから [デバイス] に移動します。

2

インベントリからデバイスを選択します。

3 

[問題をレポートする] をクリックします。

ブラウザに Webex ヘルプセンターのウィンドウが開きます。

4

ヘルプウィンドウの説明欄に問題の説明を入力します。最大 249 文字です。

5 

[送信] をクリックします。

ネットワークステータスは、電話機の [ネットワーク接続] 画面の上部に表示され、デバイスがネットワークに接続できるかどうかを示します。 次の表を使用して、ネットワーク接続のトラブルシューティングを行います。

表 1ネットワーク ステータス

ステータス

意味

注記

ネットワークが接続されました。

電話機には IP アドレスがあります。

電話機をネットワークに接続します。

ネットワークが切断されました。

電話機は IP アドレスを持っていません。

ネットワークまたは接続の問題は、ステータスメッセージログには表示されません。

ネットワークを再接続しています。

電話機は、IP アドレスを取得します。

DNSが設定されていません。

電話機にドメインネームシステム (DNS) のアドレスがありません。利用可能な場合、電話機は最初の利用可能な DNS とドメイン名を使用します。

DNS エラーが発生している場合は、赤い点赤い点アイコンが ホーム画面に表示されます。

DNS エラーは、ステータスメッセージログには表示されません。

IEEE 802.1x 認証に失敗しました。

電話機は 802.1 x 認証に失敗しました。

ステータスメッセージログには、802.1 x が有効または無効と表示されます。

重複した IPv4 アドレス

設定された IPv4 アドレスが一意でないか、DHCP サーバからの IPv4 アドレスが一意ではありません。

Webex 接続に問題がある場合は、問題のトラブルシューティングを行う際に、次の情報を参照できます。

  • カレンダー 

  • 構成

  • 認証情報(Authentication information)

  • 暗号化(Encryption)

  • 位置情報

  • メトリクス

  • 通知

  • 電話帳

  • 登録

  • ソフトウェア アップグレード 

1 

電話画面の左上隅をタップします。

2

メニューオプションのリストから [設定] をタップします。

3 

[問題と診断] > [Webex 接続の詳細] に移動します。

デバイスが IP アドレスを失った場合、またはネットワークへの接続に失敗した場合は、ホスト型アクセスポイント (AP) モードになります。このモードでは、デバイスのウェブページからデバイスログをダウンロードすることができます。 ログを使用して、ネットワークの問題のトラブルシューティングを行います。

1 

電話画面の左上隅をタップします。

2

メニューオプションのリストから [設定] をタップします。

3 

[問題と診断] に移動します。URL とログイン情報を確認します。

4

Web ブラウザーを開き、URL とログイン情報を入力します。