参加者リストに自分の名前が 2 回表示される

参加者リストに自分の名前が 2 回表示されます。

ビデオエンドポイントのユーザーが出席者のリストに複数回表示されます。

参加者リストに出席者の名前が 2 回表示されています。

参加者リストにユーザーが 2 回表示されています

メモ: CMR クラウドは Cisco Webex Video Platform に名前を変更しました。 一部のリンクやテキストは引き続き CMR クラウドを参照している場合がありますが、情報は変更後のサービスに適用されます。

原因:
この問題は、ビデオエンドポイントのユーザーがビデオコールバックを使用して音声会議に接続した場合の正常な動作です。

解決方法:

Cisco Webex ビデオプラットフォーム 3.0 では、ビデオコールバックと呼ばれる新機能が導入されました。 これにより、ユーザーは Webex Meetings 内で [ビデオシステムにコールバック] を使用できるようになりました。

ユーザーがコールバックを使用してエンドポイントから接続されると、そのユーザーは参加者リストに 2 回表示されます。 最初のエントリは Webex プロファイルまたは Webex ユーザー名で、2 番目のエントリはそのユーザーのビデオシステムです。 ビデオシステムには音声が添付されています。 参加者リストに 2 回表示される場合でも、両方のユーザーは 1 つにリンクされています。 リスト内のどちらかのユーザーにミュートや退出などの変更があった場合は、1 人のビデオエンドポイントのユーザーに影響があり、そのユーザーはミーティングでミュートされたり切断されたりします。 1 人のユーザーに行われたアクションは、リスト内の両方のユーザーに影響します。

次の例を参照してください。

2 人の参加者のリストは正常であり、実際には 1 人のビデオエンドポイントのユーザーを表しています。

この投稿記事は役に立ちましたか?