Care Assistant に関連付けられた Cisco Webex Teams スペースには次の 3 つのタイプがあります。

  • ユーザーとボット スペース—このスペースは、ユーザーが質問するためにボットにメッセージを直接送るときに、Cisco Webex Teams ユーザーと Care アシスタントの間で作成されます。

  • エキスパート スペース—このスペースには、Care アシスタント ボットにより設定された質問に解答する主題に関するエキスパートを含みます。

  • ボット所有者スペース—このスペースはボット作成後にユーザーと Care アシスタントの間で作成されます。

使用可能なコマンドは、自分が居るスペースに応じて異なります。

ユーザーとボット スペース

このスペースで Cancel コマンドを使用して、ヘルプの要求をキャンセルできます。

エキスパート スペース

このスペースで次のコマンドを使用することができます。


エキスパート スペースにコマンドを入力する前に、ボットに @mention してください。

  • I Can または Yes—このコマンドを使用して、プライベートに Cisco Webex Teams ユーザーの質問をヘルプすることができます。 このコマンドをタイプすると、Care アシスタントのボットは、あなたと質問のある Cisco Webex Teams ユーザーの間に新しいスペースを作成します。

  • Answer—このコマンドを使用して、質問のある Cisco Webex Teams ユーザーに Care アシスタントを通じてメッセージと添付ファイルを送信します。 回答の後に入力されたすべてのテキストは、Cisco Webex Teams ユーザーに送信されたメッセージ含まれます。

  • Wrong Space—このコマンドを使用して、エキスパートが支援できないスペースに質問がもたらされたことを Care アシスタントに伝えます。 ボットは次にユーザーに質問を言い換えて、より適切なエキスパート スペースに適合できるかどうか確認するように指示します。

  • Stats—このコマンドを使用して、このエキスパート スペースに対して待ち行列を作成している質問の数を確認します。

ボット所有者スペース

このスペースで Cancel コマンドを使用して、ユーザーの観点から新しく作成されたボットをテストすることができます。 Cancel コマンドは、ユーザーとボット スペースのように、ボット所有者スペースでも同じように動作します。

関連情報